Business 公開
[super 932129]
×
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 4月 2020)
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 4月 2020
Listening to business podcasts is a great way for people to stay on top of the latest business news and trends, because of their portability - they can be listened to on the way home, in a car, during work, and even while working out. They are a good way for people to broaden their knowledge of management, leadership, analytics and all the vagaries of business, local and abroad, even if they are short of free time. Here you can find a lot of podcasts hosted by professionals and small business owners, with years of experience behind them, who analyse and comment on the latest events, often accompanied by other experts. Also, there are podcasts that offer a weekly analysis of top business and investing stories, the Ad sector, an inside look at the stocks, etc. Aside from analyses, there are courses designed by experts, offering strategies and insight in everything one might need to start building their digital business as well as specific actions for them to take in order to achieve their desired management and career objectives.
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
毎日夕方に15分生放送。 (月)「世界の経済・政治ニュースから」 (火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」 (水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」 (木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」 (金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。 いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。 キャスターは山本郁、大橋ひろこ、辻留奈が担当いたします。
 
10万部を超えるベストセラーになった『営業マンは断ることを覚えなさい』、 『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』などの著作を通して"勝てるビジネス"や"売れる仕組み"、継続発展する組織作りのためのコアな情報を発信し続けてきた経営コンサルタント石原明が、毎週リスナーの皆様のご質問に直接お応えするスタイルでお届けする、すべてのビジネスパーソンに向けたビジネスのヒント満載の番組です。 石原の生のトークから、主催する勉強会に毎月100名以上の参加者が途切れることなく詰め掛けるその理由を感じていただけるはずです。
 
「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します! 小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
上場企業から中小企業まで延べ200社以上の組織構築・人材開発支援を行った井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ●井上健一郎:「感情」に重きを置いた、独自の組織マネジメントを展開。 主な著書に『デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?』、『部下を育てる「ものの言い方」』、『“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法』。 ●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー ●湊慎太朗:アートワークデザイン
 
税理士の大久保圭太が、経営者をはじめ、ビジネスパーソンが知っておくべき 財務やお金に関わる情報をわかりやすくお伝えする番組です。 ●大久保圭太: 早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。 中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する財務コンサルティング・企業再生・M&A業務に従事。2011年に独立しColorz国際税理士法人(旧税理士法人ACS)及びColorz Consulting株式会社を設立。税理士業務にとどまらずColorz Groupの代表として、累計数百社に及ぶ財務戦略プロジェクトを統括。 ●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー
 
「ダイレクト・レスポンス・マーケティングを使った集客・販売」「コピーライティング」「インターネットを使った集客・販売」「起業、新規ビジネスの立ち上げ」に関する「効果実証済み」の情報をご提供する事によって、中小ビジネスの集客、売上アップ、利益向上をサポートしています。
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
「労務トラブル対応を間違えてほしくない」そんな思いから、弁護士の岸田鑑彦が経営者の立場に立ち、間違えやすい労務トラブルに適切な最初の一手、さらにその先の二手、三手をお伝えします。 パーソナリティー:使用者側労務専門弁護士 岸田鑑彦(きしだあきひこ) ナレーター:栃尾江美(とちおえみ) 制作:Podcast Producer 田島一希(たじまかずき)
 
Loading …
show series
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第192回目のテーマは・・・・ <第192回のテーマ>-——————————————————— ① あなたの価値が一気に格上げされるマフィア理論とは? ② あなたの子供に資産、スキル、ビジネスリソース、そのすべてを引き継ぐ方法 ————————————————————————————— 業界のトップに上り詰めたとしても、 一歩、業界の外にでてしまうと、 新参者扱いをされ、マイナスからのスタートとなります。 そんな時に、ぜひ活用したい戦略をあなたに伝授します。 この戦略を使うと、 あなたのことを誰も知らない 市場に参入したとしても、 一気に新規客…
 
「仕事を通じて社員の幸せ度をアップさせるための対話」とは?というテーマでお話しています。組織に貢献したいという熱意を持った社員を生み出すためには、やはり「対話」が重要で、上司と部下との対話の場を制度化して増やしていく必要があるというお話でした。ただ、対話の場を増やすだけでは質が担保されず、なかなか上手く機能しないという状況が起こっています。最近では、「心理的安全性」が確保されていないとなかなか部下の本音が引き出されないと言われています。皆さん、グーグルという会社をご存じですよね。この会社は、「働き甲斐のある会社ランキング」上位の常連企業です。データも活用して、働いている社員のエンゲージメントをいかに高めていくか考えている会社です。グーグルは、チームを上手く機能させる要素は何なのかを膨大なデー…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前回に引き続き、100年に一度のモビリティ革命「MaaS」に焦点を当てて送る。ソニー、三井不動産、セブン&アイ、三菱商事などといったモビリティ産業外の企業が参入し、新ビジネスアイデアを実現している。全産業を巻き込む「Beyond MaaS」について、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏と、日経BP発行「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」編集担当者で同副編集長の勝俣哲生氏が解説します。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前回に引き続き、100年に一度のモビリティ革命「MaaS」に焦点を当てて送る。ソニー、三井不動産、セブン&アイ、三菱商事などといったモビリティ産業外の企業が参入し、新ビジネスアイデアを実現している。全産業を巻き込む「Beyond MaaS」について、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏と、日経BP発行「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」編集担当者で同副編集長の勝俣哲生氏が解説します。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
2020年3月27日放送分。1週間のニュースの中から10の政治・経済ニュースを町田徹が選んでカウントダウン方式でお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースのトップ3は第1位 東京都がオーバーシュートの危機。小池都知事が今週末の外出自粛を要請。第2位 所得減少世帯への現金給付など柱に、政府がGDPの1割 相当の経済対策を検討。第3位 東京オリンピック・パラリンピックが来年夏までに延期。 でした夕方5時35分からの「町田徹の経済ニュースふかぼり!」もどうぞお楽しみにラジオNIKKEI による
 
 松下幸之助・稲盛和夫の哲学においては、「幸福」や「成功」が中心的なものとなっている。 前者の幸福の例でいえば、例えば、松下幸之助では、「繁栄による平和と幸福」(PHP)の研究のために、周知のように、「PHP研究所」を設立し、様々な活動を行っている。ここでは、幸福とともに繁栄と平和とが掲げられている。他方、稲盛和夫では、京セラの経営理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」として、物心両面の幸福を中心的なものとして考えている。1 幸福と成功の方程式―続きー(1) 幸福の方程式 これまで説明してきた心の法則を前提として、ここでは、どうしたら幸せな人生が送れるのかについて、日常的な実践上の指針として、心の法則を方程式の形で簡潔に再構成した「幸福…
 
第257回「質問:在宅ワークにおける組織マネジメントとは?」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
第70回残業代計算の続き。 固定残業代、管理監督者性が争点になった場合に検討すべき試算案とは? ■杜若経営法律事務所HP http://www.labor-management.net/岸田鑑彦,栃尾江美 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
「周りにショッピングモールが乱立し廃墟化。当院にも退去勧告が・・・」とのことですが(笑)、そんなご環境の中でも「患者さんに恵まれ、経営的にも無借金」ですので、かなりの実力をお持ちだと思います。資産や設備を持たずに、高単価の勤務医として他院に勤めつつコンサルもする、というのも面白いかもしれません。 MP3ファイル
 
 松下幸之助・稲盛和夫の哲学においては、「幸福」や「成功」が中心的なものとなっている。 前者の幸福の例でいえば、例えば、松下幸之助では、「繁栄による平和と幸福」(PHP)の研究のために、周知のように、「PHP研究所」を設立し、様々な活動を行っている。ここでは、幸福とともに繁栄と平和とが掲げられている。他方、稲盛和夫では、京セラの経営理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」として、物心両面の幸福を中心的なものとして考えている。1 幸福と成功の方程式―続きー(1) 幸福の方程式 これまで説明してきた心の法則を前提として、どうしたら幸せな人生が送れるのかについて、日常的な実践上の指針として、心の法則を方程式の形で簡潔に再構成した「幸福の方程式」…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、「感覚遮断実験」についてお話します。「感覚遮断実験」とはその名の通り、視覚や聴覚といった感覚を遮断してしまう実験になります。多くの職場では、働いている人、一人一人に部屋が割り当てられているのではなく、おそらく広いスペースに沢山の椅子と机が並べられていて、職場の人達と並んで作業するといったスタイルが多いのではないかと思います。そういった職場の環境では、すぐ近くに誰かがいるため、分からないことが出てきた時にすぐ誰かに尋ねることが出来たり、働く人達の仕事に対する満足感が高まったり、職場の環境としての長所が沢山あると思います。その一方で、他の人達の会話や電話の音といった雑音を騒音と感じて仕事に集中出来ないといった短所もそれなりにあると思います。大学の先生の作業スペースは、多くの場合個室になっ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、「心と脳の関係」についてお話します。「心と脳は関係があるのか」については、心理学の分野だけではなく、哲学の分野や認知科学の分野でも議論がなされているところですが、未だこれといった結論は出ていない気がしています。数年前、リハビリの専門学校で心理学の講義を担当した際に、「心はどこにありますか」と学生さん達に質問したところ、多くの学生が凄く自信満々で「脳にある」と答えていました。おそらくリハビリの学校だったので、他の授業で体や脳についての講義を受けたところだったからこそ、皆自信満々に答えたのかもしれません。皆さんは、「心はどこにありますか」と聞かれたらどんな風に答えますか。「心臓の位置にある」と思っているという方もいらっしゃるでしょうし、色んな知識を得た上で色んなことを考えるのは脳で、脳が…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
夢の中でも動画編集するほどのめり込むという武沢氏。 経営者という立場からYouTubeというプラットフォームをどう捉え、使っているのか? 「がんばれ!社長」の武沢信行氏をお迎えしての2度目の対談後編。 MP3ファイル
 
前回から、「仕事を通じて社員の幸せ度をアップさせるための対話とは」というテーマでお話しています。前回は、一人一人の社員の働き甲斐やエンゲージメントをアップさせるためには、最終的には上司(リーダー)と部下(メンバー)のコミュニケーションの量と質の両方を上げていかなければならないというお話でした。ここでいう「エンゲージメント」とは、社員一人一人が自発的に自分の力を組織に対して発揮しようという一人一人の貢献意欲のことを指します。それが上がることで、会社の利益にも繋がり、働いている人にとっても会社にとってもメリットがあります。最近、「対話の場作り」を日本企業も重視するようになり、「One on One」というのが盛んになっています。これは、上司(リーダー)と部下(メンバー)との1対1の対話の場、コミ…
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第191回目のテーマは・・・・ <第191回のテーマ>-——————————————————— ① 業界トップになった人が次に目指すべき場所とは? ② 稼げない人だけに共通する考え方とは? ————————————————————————————— これまで業界のトップや神になる方法を お伝えしてきました。 これらを実践していただければ、 誰でも確実にトップになることができます。 そこで今回は、そのトップになった時に おさえておきたい最重要なマインドセットを お伝えします。 あなたが、これから自分自身を どんどん飛躍させていきたいのなら 絶対に…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。100年に一度のモビリティ革命「MaaS」。なぜ、トヨタは未来都市「Woven City(ウーブン・シティ)」をつくったのか。そして、グーグルは何を目指すのか? ホンダ、JR東日本、東急、小田急電鉄などの日本の自動車・交通業界の有力企業が成長戦略の1丁目1番地として取り組む「モビリティ革命」について、今週と来週の2回シリーズでお送りする。1回目の解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏と、日経BP発行「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」編集担当者で同副編集長の勝俣哲生氏が解説します。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。100年に一度のモビリティ革命「MaaS」。なぜ、トヨタは未来都市「Woven City(ウーブン・シティ)」をつくったのか。そして、グーグルは何を目指すのか? ホンダ、JR東日本、東急、小田急電鉄などの日本の自動車・交通業界の有力企業が成長戦略の1丁目1番地として取り組む「モビリティ革命」について、今週と来週の2回シリーズでお送りする。1回目の解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏と、日経BP発行「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」編集担当者で同副編集長の勝俣哲生氏が解説します。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
2020年3月20日放送分。1週間のニュースの中から10の政治・経済ニュースを町田徹が選んでカウントダウン方式でお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースのトップ3は第1位 ニューヨーク市場が終値で2000ドル割れ。3年ぶり低水準に。第2位 サウジ原油がヨーロッパ向けに大幅8ドル値引き。第3位 アメリカ政府が経済安定化に100兆円対策を表明。 でした夕方5時35分からの「町田徹の経済ニュースふかぼり!」もどうぞお楽しみにラジオNIKKEI による
 
特集「喜びの経営実践」の2回目。「感情と情報のやり取り」と題して、㈱マイプレジャー社長の河内優一さんにお話しいただきます。尚、番組では皆さまの経営のお悩み、会社運営のご相談など、次のアドレスからご投稿をお待ちしております。アドレスは、 https://ssl.radionikkei.jp/inquiry/form285.html 。また、小山社長関連の講演会のご案内は、http://koyama-book.jp/20171215_lecture.html をクリックいただきご確認ください。ラジオNIKKEI による
 
以前、企業全体でコンプライアンスを行うためには、社内に規則を作ったり、教育研修を行ったり(専門用語でコンプライアンスの制度化とかシステム作りといいます)、このような仕組みを構築しなければならないということを話しました。実は、これを聞いたある方から、「小さな企業ではそもそもこういうものを作るのは難しい。ただ、会社は成長しつつあるので、会社がどのくらいの規模になったらこれを行うべきなのか」という質問をいただきました。今日は組織がどのくらいの大きさになったら、このようなコンプライアンスの制度やシステム構築が必要になるのか考えてみたいと思います。企業において、コンプライアンスの制度やシステムを作ることは非常に一般化してきました。いま、ヒアリングに行くと、大手のほとんどの企業においては制度やシステムを…
 
そもそも指導書は何の為に作るのでしょうか? 相手に納得してもらう為の指導書について細かく解説します。 ■杜若経営法律事務所HP http://www.labor-management.net/岸田鑑彦,栃尾江美 による
 
在米35年、長く金融機関にお勤めで、「日本の若者が創業しIPOしている有望な企業をアメリカに紹介する事業をやりたい」とのことですが、まず、仕事はやめずにやりましょう。日本のベンチャーの若者側にとっても価値が大きそうです。面白いベンチャーを1社ご紹介しますので、ご一緒にビジネスできそうか、一度お話ししましょう。 MP3ファイル
 
今日はコミュニケーションの観点から、パワーハラスメントの防止策について考えていきたいと思います。パワーハラスメント対策の法制化がなされ、職場におけるパワーハラスメント防止策を講じることが、事業主の義務となりました。部下を持つ実務家の皆さんにとっては、自らの行動や指導がハラスメントにならない、あるいは誤解を生じさせないために、部下とのコミュニケーションにより一層気を配るシーンも増えるのではないかと思います。そこで今日は、より良い部下とのコミュニケーションを行うには、どのような視点が必要かについてお話したいと思います。先日、私は部下とのコミュニケーションに悩んでいると、友人から相談を受けました。友人曰く、新人の部下を指導しているが、自分の気持ちが伝わらないらしいのです。話を詳しく聞くと、自身の経…
 
第256回「質問:ヒトへのアプローチの多さの秘訣は?」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login