×
Business 公開
[super 932129]
×
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 1月 2020)
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 1月 2020
Listening to business podcasts is a great way for people to stay on top of the latest business news and trends, because of their portability - they can be listened to on the way home, in a car, during work, and even while working out. They are a good way for people to broaden their knowledge of management, leadership, analytics and all the vagaries of business, local and abroad, even if they are short of free time. Here you can find a lot of podcasts hosted by professionals and small business owners, with years of experience behind them, who analyse and comment on the latest events, often accompanied by other experts. Also, there are podcasts that offer a weekly analysis of top business and investing stories, the Ad sector, an inside look at the stocks, etc. Aside from analyses, there are courses designed by experts, offering strategies and insight in everything one might need to start building their digital business as well as specific actions for them to take in order to achieve their desired management and career objectives.
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
毎日夕方に15分生放送。(月)「世界の経済・政治ニュースから」(火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」(水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」(木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」(金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。キャスターは山本郁、大橋ひろこ、辻留奈が担当いたします。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
10万部を超えるベストセラーになった『営業マンは断ることを覚えなさい』、『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』などの著作を通して"勝てるビジネス"や"売れる仕組み"、継続発展する組織作りのためのコアな情報を発信し続けてきた経営コンサルタント石原明が、毎週リスナーの皆様のご質問に直接お応えするスタイルでお届けする、すべてのビジネスパーソンに向けたビジネスのヒント満載の番組です。石原の生のトークから、主催する勉強会に毎月100名以上の参加者が途切れることなく詰め掛けるその理由を感じていただけるはずです。
 
「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します! 小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。
 
「QT PROモーニングビジネススクール」の毎日のオンエア内容をポッドキャスティングやブログでお届け。パソコンはもちろん、スマートフォンでも快適にご覧いただけます。
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
ユニークな中小企業の、成功秘話やこれからの夢を紹介。仕事を創り、関西の元気を応援します。
 
上場企業から中小企業まで延べ200社以上の組織構築・人材開発支援を行った井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。●井上健一郎:「感情」に重きを置いた、独自の組織マネジメントを展開。 主な著書に『デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?』、『部下を育てる「ものの言い方」』、『“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法』。●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー●湊慎太朗:アートワークデザイン
 
「ダイレクト・レスポンス・マーケティングを使った集客・販売」「コピーライティング」「インターネットを使った集客・販売」「起業、新規ビジネスの立ち上げ」に関する「効果実証済み」の情報をご提供する事によって、中小ビジネスの集客、売上アップ、利益向上をサポートしています。
 
税理士の大久保圭太が、経営者をはじめ、ビジネスパーソンが知っておくべき 財務やお金に関わる情報をわかりやすくお伝えする番組です。●大久保圭太: 早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する財務コンサルティング・企業再生・M&A業務に従事。2011年に独立しColorz国際税理士法人(旧税理士法人ACS)及びColorz Consulting株式会社を設立。税理士業務にとどまらずColorz Groupの代表として、累計数百社に及ぶ財務戦略プロジェクトを統括。●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
BNI Japan Official Podcastでは、ナショナルディレクター大野真徳が、BNIメンバーへのメッセージをお送りします。
 
日経トレンディと日経クロストレンドの編集部員が、旬な話題やキーワードをテンポ良く解説するインターネットラジオです。毎週更新で、これを聞けば1週間のネタが仕込めます。
 
日経トレンディと日経クロストレンドの編集部員が、旬な話題やキーワードをテンポ良く解説するインターネットラジオです。毎週更新で、これを聞けば1週間のネタが仕込めます。
 
「労務トラブル対応を間違えてほしくない」そんな思いから、弁護士の岸田鑑彦が経営者の立場に立ち、間違えやすい労務トラブルに適切な最初の一手、さらにその先の二手、三手をお伝えします。 パーソナリティー:使用者側労務専門弁護士 岸田鑑彦(きしだあきひこ) ナレーター:栃尾江美(とちおえみ) 制作:Podcast Producer 田島一希(たじまかずき)
 
経済ジャーナリスト・町田徹、シンクタンクエコノミストによる時事問題の解説と徹底研究。 画期的な提言、斬新な解決策を提案します。日本の経済を新しい時代へ。
 
Loading …
show series
 
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期第5回と題して、小次郎講師こと手塚宏二さんに伺います。ラジオNIKKEI による
 
・前回は、九州大学に設立されたアントレプレナーシップ教育のセンターであるQRECについて、その設立の経緯や、現在の社会でなぜアントレプレナーシップが必要なのかについて解説した。・今回から3回は、QRECが提供している教育について解説したい。・設立10年が経過した現在のQRECでは、年間に30科目以上を開講し、累計の履修者数は毎年1,500人を越えるまでになっている。QREC自体は学生定員を有していないため、全学部・大学院に向けて講義は開放され、履修可能となっている。QRECのアントレプレナーシップ関連科目を多く履修する学生は、所属する学部/大学院の専門性に加えて、アントレプレナーシップ(不確実な環境のなかで機会を発見し、そこから価値を生み出す一連の行動に必要な力)を学び、獲得することができる…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
「国内金価格、80年最高値の更新は?」と題して、志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
・今回から4回に渡って、九州大学のアントレプレナーシップ教育の全体像について解説したい。・九州大学では、2010年12月にQREC(ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター)という組織が設置され、ここが全学に対してアントレプレナーシップ教育を提供している。設立10年が経過した現在は、年間に30科目以上を開講し、累計の履修者数は毎年1,500人を越えるまでになっている。ちなみに、QBS(社会人学生)の履修は、2018年度は100人を越えており、90名という定員規模に対して、1人平均1科目以上を履修していることになる。・設立のきっかけは、組織名にもあるように、ロバート・ファンさんという九州大学のOBで、卒業後米国に渡ってビジネスで大成功した方からの寄付だった。当時、九州大学は創立100…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。最新トレンドをチェックする前半の「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「シャオミ」をピックアップ。後半は、「相鉄に学ぶブランド再構築、濃紺の電車に込めた狙い」と題してお送りします。2019年11月30日に「相模鉄道(以下、相鉄)・JR直通線」が開通し、神奈川県を走る相鉄の車両が都内の新宿駅や渋谷駅に乗り入れを始めました。相鉄が直通運転用に用意した車両は、車体全体が濃紺のインパクトのあるデザイン。相鉄をアピールするため“走る広告塔”の役目を担いながら運行しています。解説は、チェックコーナーでおなじみ、日経BP鉄道担当編集員の黒よっしー氏。進行は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。最新トレンドをチェックする前半の「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「シャオミ」をピックアップ。後半は、「相鉄に学ぶブランド再構築、濃紺の電車に込めた狙い」と題してお送りします。2019年11月30日に「相模鉄道(以下、相鉄)・JR直通線」が開通し、神奈川県を走る相鉄の車両が都内の新宿駅や渋谷駅に乗り入れを始めました。相鉄が直通運転用に用意した車両は、車体全体が濃紺のインパクトのあるデザイン。相鉄をアピールするため“走る広告塔”の役目を担いながら運行しています。解説は、チェックコーナーでおなじみ、日経BP鉄道担当編集員の黒よっしー氏。進行は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
「経済に待ったをかける安全保障 米中の覇権争いとイラン情勢の読み解き方とは」日本経済研究センター研究主幹の刀祢館久雄さん 2020年1月24日(金)ON AIRラジオNIKKEI による
 
「岡安盛男のFXトレンド」と題して、岡安盛男さん(FXアナリスト)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
今日は「中国勢から覇権を取り返せるのか? 2030年を睨んだ6G開発競争の勝利の条件とは?」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2020年1月24日放送分。1週間のニュースの中から10の政治・経済ニュースを町田徹が選んでカウントダウン方式でお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースのトップ3は第1位 中国とリブラに対抗、日銀やECBがデジタル通貨の発行に前のめりに。第2位 5Gでの遅れの挽回を6Gで。官民が開発・実用化にむけて本格的に始動。第3位 出店者団体が公正取引委員会に楽天の調査を要請。「送料無料」に反旗。でした夕方5時35分からの「町田徹の経済ニュースふかぼり!」もどうぞお楽しみにラジオNIKKEI による
 
特集「地球を守るビジネス経営」の2回目。「環境整備進化論」と題して、㈱プリマベーラ社長の吉川充秀さんにお話しいただきます。尚、番組では皆さまの経営のお悩み、会社運営のご相談など、次のアドレスからご投稿をお待ちしております。アドレスは、 https://ssl.radionikkei.jp/inquiry/form285.html 。また、小山社長関連の講演会のご案内は、http://koyama-book.jp/20171215_lecture.html をクリックいただきご確認ください。ラジオNIKKEI による
 
今日は戦略的提携を脅かすリスクについて考えてみたいと思います。今日、戦略的提携は企業経営にとって重要な戦略的選択となっています。その一方で、戦略的提携を成功に導くためには、乗り越えるべき課題も多いです。効果的な提携を結ぶための第一歩は、パートナーとして適切な相手と組むことだと思います。ところがこれはなかなか簡単ではありません。そこで今回は、戦略的提携のパートナー探しにおける逆選択の問題について取り上げてみたいと思います。逆選択とは、良い経済取引やパートナー探しをしようとして、合理的に振舞おうとする時、かえって悪い選択をしてしまう現象のことです。こういった悪い選択が起こる状況は、いわいる「情報の非対称性」が存在する時であることが知られています。情報の非対称性とは、経済取引においてお互いがもって…
 
第248回「質問:「優しさ」と「甘さ」の違いとは?」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
残業代請求の争点となる労働時間の考え方について岸田さんと栃尾さんで意見が対立。 激論を交わします。 ■杜若経営法律事務所HP http://www.labor-management.net/岸田鑑彦,栃尾江美 による
 
人の能力のレベルには(おっしゃる様に5階層、ではなく)、私は12階層くらいあると思っています。例えば私が講演する時には、聞き手から紹介が出る、つまり顧客化をゴールに話をします。そのためにまず、参加者全員を「バスに乗せる」作業(これがレベル合わせです)をしてから、アクセルを入れて本題に入るようにしています。 MP3ファイル
 
「専門家の目~世界の金の動き」と題して、池水雄一さん(日本貴金属マーケット協会 代表理事)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
今回も戦略的提携について話したいと思います。戦略的提携というのは、二つ以上の組織が製品やサービスの開発や製造、販売などで協力関係を構築することです。前回は戦略的提携によって期待される効果として、①パートナーと仕事を持ち寄ることによって得られる規模の経済、②パートナーとの協業を通じて得られる学習効果、③パートナーとのリスク分散やコスト分担、があることを話しました。今回は更に④経営支援やノウハウの相互補完、⑤市場への新規参入、⑥不確実性への対応、といった効果について話します。まず経営資源やノウハウの相互補完ですが、例えば新たな製品やサービスの立ち上げを考えてみます。2018年10月にトヨタとソフトバンクが戦略的提携を発表しました。自動車と通信という異業種の最大手同士の戦略的提携ということで大変話…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
前回は、「評価」というプロセスには4つの機能「マッチング」、「基準の伝達」、「期待の伝達」、「組織文化の構築」があり、それらを通して組織におけるメンバー間の関係性やコミュニケーションのあり方が左右されるという話をしました。誰もが大事だと思う「評価」ですけれども、これを効果的に、つまり、高く評価すべき人を高く評価し、そうでない人にはそれなりの評価をする、そして、それらの評価を受けた人がそれを妥当なものとして納得するようにしようと思うと、これは非常に難しいものです。実際、「評価なんて簡単だ」と言う方はなかなかいないのではないかと想像します。そこで本日から何回かは、「評価の難しさ」がどこから来るのかについて、少し考えてみようと思います。「評価の難しさ」にはいくつかの次元、軸があります。まず、「評価…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期第4回と題して、小次郎講師こと手塚宏二さんに伺います。ラジオNIKKEI による
 
前回まで、いくつかの理論をご紹介しながらヒトのモチベーションについて、お話をしてきました。ここからは、組織におけるヒトのモチベーションと切ってもきれないプロセス、すなわち「評価」についてお話をしていきたいと思います。その中でも今日は、「組織が『評価』を行うのは、そもそも何のためなのか?」という点について考えていきます。実はこの点は、近年非常にホットは話題で、日本でも海外でも「『評価』という仕組みがあるせいで、上司と部下の間に本来あるべき信頼関係を損ねてしまっているのではないか」という意識があります。そこから転じて「いっそ『評価』というものを無くしてしまったらどうなるだろうか」と考えて、従来の評価の仕組みを無くしてしまったケースも見られるようになりました。そういった事例のうちいくつかは、この番…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第182回目のテーマは・・・・ <第182回のテーマ>-——————————————————— ① 新規客を一瞬にしてリピート客に変えるセールス技術 ② 億を売り上げるメルマガライティングの心構え ————————————————————————————— 今回のテーマは、無料体験やプレゼントで 新規客を集めたと後にする 『セールス』についてです。 せっかく新規客の集客に成功したとしても、 その後のセールス次第では、 お客様は身構えてしまい、商品を販売することはできません。 それでは、どのようにして新規客をうまく誘導し、 優良な見込み客に変えて…
 
「2020年、投資戦略に重ねたいわが家の変化」と題して、野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
様々な経営者から学ぶシリーズ4回目の今日は、これまでとは少し毛色が異なります。「確信犯」と「鈍感力」という言葉を使っていいほどに、嫌われることもある方ですが、とにかく結果を出す、そんなリーダーとの出会いについてお話します。実はこの方は、私が前職で常務をしている時に会長をされていた方です。この方はアメリカ出身の方で、大学に行けなかったほど貧しい生まれでしたが、大学に行くために18歳で自ら陸軍に志願し、良い奨学金を取るために非常に努力をされます。結果的に特殊部隊のリーダーまで務め、その後奨学金をもらって大学に進学しアメリカの大手企業に入社するわけですが、2年目で新規事業を立ち上げ、結果的に数年間で五百億円のビジネスにまで育て上げました。日本には中々いないタイプのリーダーだと思いますが、その後自分…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。今回は「効率化よりCX(顧客体験)をマネジメントする“CXM”(カスタマー・エクスペリエンス・マネジメント)」に注目した書籍『実践的CXM』(2019年10月 日経BPより発行)の著者、Emotion Tech代表取締役CEO・今西良光氏と同社マーケティング部 部長・須藤勇人氏、編集担当の日経トレンディ副編集長・佐々木淳之氏をお招きしてお送りします。「企業の熱狂的ファンを作る」「なぜあなたの商品はもう一度買ってもらえないのか?」「代表的5社(NTTドコモ、バイク王、トヨタ自動車…)の事例」を分析します。解説と進行は、日経トレンディ編集長の佐藤央明氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。今回は「効率化よりCX(顧客体験)をマネジメントする“CXM”(カスタマー・エクスペリエンス・マネジメント)」に注目した書籍『実践的CXM』(2019年10月 日経BPより発行)の著者、Emotion Tech代表取締役CEO・今西良光氏と同社マーケティング部 部長・須藤勇人氏、編集担当の日経トレンディ副編集長・佐々木淳之氏をお招きしてお送りします。「企業の熱狂的ファンを作る」「なぜあなたの商品はもう一度買ってもらえないのか?」「代表的5社(NTTドコモ、バイク王、トヨタ自動車…)の事例」を分析します。解説と進行は、日経トレンディ編集長の佐藤央明氏。…
 
「2020年の展望とデジタル資本主義」日本経済研究センター理事長の岩田一政さん 2020年1月17日(金)ON AIRラジオNIKKEI による
 
「岡安盛男のFXトレンド」と題して、岡安盛男さん(FXアナリスト)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
今日は「テレビ番組のネット同時配信が4月からスタート。NHKの悲願が5年近くも揉めたワケ」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2020年1月17日放送分。1週間のニュースの中から10の政治・経済ニュースを町田徹が選んでカウントダウン方式でお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースのトップ3は第1位 投資ファンドの規模拡大が頭打ち。調達額10年ぶり前年割れ。第2位 米中、第1段階合意に署名。第3位 台湾総統に蔡氏が再選。過去最多得票と香港問題が追い風。でした夕方5時35分からの「町田徹の経済ニュースふかぼり!」もどうぞお楽しみにラジオNIKKEI による
 
特集「地球を守るビジネス経営」の1回目。「"もったいない"をビジネスに」と題して、㈱プリマベーラ社長の吉川充秀さんにお話しいただきます。尚、番組では皆さまの経営のお悩み、会社運営のご相談など、次のアドレスからご投稿をお待ちしております。アドレスは、 https://ssl.radionikkei.jp/inquiry/form285.html 。また、小山社長関連の講演会のご案内は、http://koyama-book.jp/20171215_lecture.html をクリックいただきご確認ください。ラジオNIKKEI による
 
昨日は、九州大学、国立台湾師範大学、奄美イノベーションという企業の産学連携のプロジェクトとして、台湾から4名の方々が奄美大島に来られて、5週間滞在しながら行われた活動の話をしました。もともとは、国立台湾師範大学のビジネス・スクールの教授である友人と私が、この3年間取り組んでいるプロジェクトの一環で、なぜ台湾からの観光客の誘致を目的として、プロジェクトを行ったかを、改めて説明したいと思います。まず旅行好きな台湾の人たちにとって、もともと日本はもっとも多くの人が訪問する国であること。昨年は、台湾の人口の5人に1人が、日本を訪問したとのことでした。また、台湾と日本の関係はとても良好で、相互に親近感があるといえるのではないでしょうか。ただ少し残念なことに、台湾の人たちにとって、雪の北海道や、ディズニ…
 
第247回「質問:年上の方に指示を出さなければなりません・・・」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
弁護士に相談したことがない方にとっては、どきどきのファーストコンタクト。 岸田さんに相談を受ける側の視点をお聞きしました。 ■杜若経営法律事務所HP http://www.labor-management.net/岸田鑑彦,栃尾江美 による
 
「資金をだまし取られた」などのアクシデントがあったそうですが、大手商社のビジネス感覚で個人事業をスタートしてしまったのが良くなかったですね。スペインワインを日本に、とのことですが、そう考えている人は何百人といて、単なる小売りだと難しいでしょう。かなり特徴のあるワイナリーと独占契約するとか、選ばれる理由が必要です。 MP3ファイル
 
「専門家の目~商品相場の現状と見通し」と題して、江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)に伺います。ラジオNIKKEI による
 
Google login Twitter login Classic login