Business Disciplines 公開
[super 1695745]
私たちが見つけた最高のBusiness Disciplinesポッドキャスト
私たちが見つけた最高のBusiness Disciplinesポッドキャスト
Over the years, podcasts have become an increasingly popular medium for information transfer. They are convenient, timely, with suitable length for commuting, and usually free. They can help you fetch the latest news from all business disciplines, with accounting, economics and finance being some of them. Also, thanks to podcasts, you can keep yourself updated with the latest financial news, stock market prices and much more, on your way to work or at home. If you have the money, but you feel uncertain about what to invest in, you can find many highly rated podcasts where experts share a myriad of investment ideas. In addition, you can listen to experts, invited to guide future entrepreneurs about how to recognize investment opportunities, patent an idea, and on some occasions you can get in touch with them and pose your own questions, should you have one. If you are eager to learn, you can find many business courses, hosted by entrepreneurs, aimed at helping people become effective managers and leaders and realise their truest potential.
もっと

Download the App!

show episodes
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
税理士の大久保圭太が、経営者をはじめ、ビジネスパーソンが知っておくべき 財務やお金に関わる情報をわかりやすくお伝えする番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/ ●大久保圭太: 早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。 中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する財務コンサルティング・企業再生・M&A業務に従事。2011年に独立しColorz国際税理士法人(旧税理士法人ACS)及びColorz Consulting株式会社を設立。税理士業務にとどまらずColorz Groupの代表として、累計数百社に及ぶ財務戦略プロジェクトを統括。 ●プロデュース:CKプロダクション株式会社 https://ck-production.com ●ナビゲーター:円道一樹 ●アートワークデザイン:湊慎太朗
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。 「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。 また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
日本最大級の人事ポータルサイト「HRpro」プレゼンツ。 「楠田祐の人事放送局〜有名企業の人事にズバリ聞く!」 年間数百社の人事を訪問し続けている人事のスペシャリストであり、シンガーソングライターとしても活躍するHRエグゼクティブコンソーシアム代表の楠田祐が、有名企業の人事や人事をサポートする専門家を招いて、企業が抱える課題や実際の事例を紹介しながら解決策を模索していきます。 (パーソナリティ:HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田祐、企画・制作:ProFuture株式会社、制作:Podcast Producer 田島一希)
 
Loading …
show series
 
【質問】 ハイパーインフレや食糧難になってくるのはいつ位でしょうか? https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2022/20220121_QA_HyperInflation.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月21日収録] ———————–野村秀明 による
 
【質問】 英国がワクチン義務化、パスポート、マスク着用等すべての規制を撤廃すると発表しました。この理由はどのように考えればよいですか? ブースターも含め十分国民に打たせまくったので、コロナはいったん終わり。次は別の感染症を流行らせて、別のワクチンを打つのでしょうか? 天然痘でしょうか? https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2022/20220121_497_England.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月21日収録] ———————–野村秀明 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、マルハニチロの赤尾杉一輝さん、日清食品の池田貢介さん、ビジネスコーチの永井貴博さんです。楠田祐 による
 
日本は、まだマシです。 例えば、フィリピンの ドゥテルテ大統領は、 「未摂取で外出した者は逮捕せよ!」 なんてことを命じ始めています。 一体、フィリピンで 何が起こっているというのでしょうか? 今回は、そんな フィリピンの現状について 音声にて解説しました。 日本の未来はどうなる? そして、V接種の行き着くところなど 私達の生活にも大きく影響してくる話も 出ておりますので、ぜひチェックしてみてください。 音声概要(9分6秒) ・V信者だらけのフィリピン ・未摂取で外出しただけで逮捕 ・科学的根拠とは一体? ・なぜ自然免疫ではダメなのでしょうね? ・権力に弱すぎる一般大衆 ・楽観主義者たちに言わせてもらいます ・日本に某国から飛翔体が飛んでくる意味 ・V接種の行き着くところ ・Do it yo…
 
町田徹の経済ニュースふかぼり!2022.1.21放送分今回は、こちらのトピックを取り上げます。「これはカーボンニュートラルの光明か⁉三菱商事が価格破壊で、3か所すべての洋上風力発電の開発権を落札!」昨年のクリスマス・イブ、12月24日。秋田県の2カ所と千葉県沖の1カ所、あわせて3つの海域で洋上風力発電所を開発する権利を賭けた競争入札の結果が発表されました。結果は、圧倒的な低価格を武器に、三菱商事を核に中部電力の子会社なども参加する企業グループが、3カ所すべてを総取り! でした。日本では、再生可能エネルギー由来の発電コストが欧米の数倍の高水準で高止まりしていて、それが、カーボンニュートラルの大きな足かせと懸念されていたので、今回の三菱商事の価格破壊は、昨今、稀に見る朗報だと僕は考えています。と…
 
2022年1月21日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉日曜日、トンガ沖の海底火山が「100年に1度」の大噴火。〈第9位〉水曜日、アメリカのバイデン大統領は、記者会見で「私の推測では、ロシアはウクライナに侵攻するだろう」と発言。〈第8位〉月曜日午前、北朝鮮が再び弾道ミサイルの発射実験を強行。〈第7位〉月曜日、中国の4半期GDPが3期連続で減速したことが明らかに。〈第6位〉秋田沖、銚子沖などあわせて3か所の洋上風力発電基地の開発占有権、三菱商事などの企業連合がすべて落札! 〈第5位〉月曜日、岸田内閣が通常国会を召集。〈第4位〉ドローン攻撃か⁉ 月曜のUAEでの爆発をきっかけに、インフレ懸念から世界同時株安。〈第3位〉「パンデミックの終息はほど遠く…
 
第267回「実務経験のない税理士と組みたい!?」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
世界大戦は今ではない模様です。 紛争の緊張感が高まっているウクライナ。 DSやロシアのそれぞれの思惑が 正面からぶつかり合っている国です。 そのウクライナの大統領が、 「紛争終結で合意する時だ 」 とする声明を発表しました。 今回は、そんなウクライナの 近況について解説していきます。 本当に終結は可能性なのか? そして、ウクライナを火種とした 第三次世界大戦のシナリオとは? 世界情勢に大きく関わってくる話になりますので、 ぜひチェックしておきましょう。 音声概要(8分10秒) ・大金が振り込まれた某大統領の正体 ・正教VSカトリック ・ロシアにとっての核心的利益とは? ・第三次の2つのシナリオ ・協議の本当の意図 ・世界大戦が勃発する条件 ・DSのマリオネット君 …etc このコンテンツの続…
 
【質問】 2022年はアメリカで中間選挙がありますが、どのようなシナリオがありますでしょうか? https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2022/20220112_QA_MiddleElection.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月12日収録] ———————–野村秀明 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、マルハニチロの赤尾杉一輝さん、日清食品の池田貢介さん、ビジネスコーチの永井貴博さんです。楠田祐 による
 
町田徹の経済ニュースふかぼり!今回は、こちらのトピックを取り上げます。「東証の市場再編は『大山鳴動してネズミ1匹』に終わるのか!? 市場という鏡を磨いても、実態は変わらないという見方も」東京証券取引所は、火曜日、2016年3月から6年近い歳月をかけて準備してきた市場区分の見直しを、今年4月4日から実施することを念頭に、全上場企業の新しい所属先を公表しました。実質最上位となる「プライム市場」には1841社が上場。この結果、従来の東証1部上場企業の8割強が横滑りすることになり、プライム以外に移る企業は、2割弱にとどまります。当初から懸念されていたことですが、上場企業や引受証券会社への配慮が幅を利かせてしまい、上場や退場、降格を巡る基準を厳格にすることによって、企業の成長意欲を刺激しようという狙い…
 
2022年1月14日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉北朝鮮の朝鮮中央通信が、「火曜日に極超音速ミサイルの発射実験を実施、キム・ジョンウン総書記が視察した」と認める。〈第9位〉イギリスで政局が混迷! おととしの感染拡大によるロックダウンの中、首相官邸がパーティーを開催。〈第8位〉水曜日に発表されたアメリカのCPI=消費者物価指数、先月は、39年半ぶりの7%台に上昇! 〈第7位〉火曜日、FRBのパウエル議長がアメリカ議会で証言。〈第6位〉火曜日、東証の市場再編の危うさが浮き彫りに!〈第5位〉世界でコロナの猛威が一段と。〈第4位〉在日アメリカ軍、コロナ対策で日曜日から14日間の外出制限を実施。〈第3位〉昨日、全国の新型コロナ新規感染者数は1万86…
 
第266回「特別ゲスト・コーチ秋山ジョー賢司氏「不安が覚悟に変わる 心を鍛える技術」」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、マルハニチロの赤尾杉一輝さん、日清食品の池田貢介さん、ビジネスコーチの永井貴博さんです。楠田祐 による
 
町田徹の経済ニュースふかぼり!今回は、こちらのトピックを取り上げます。「今年の最大のリスクは、中国のコロナ対策なのか⁉アメリカの調査会社が指摘した世界の10の危ういポイントとは。」アメリカのコンサルティング会社「ユーラシア・グループ」は、月曜日、恒例の「世界の10大リスク」の今年版を発表しました。ユーラシア・グループは、もともと旧ソ連の研究を専門にしていた国際政治学者のイアン・ブレマー氏が1998年に、「地政学的リスクの分析」を専門とするコンサルティング会社として創設しました。年次報告は、毎年1月に発表されていますが、最初に注目を集めたのは、2011年のレポートです。「G0」という言葉を使い、アメリカとロシアの2大超大国時代やアメリカ1極体制が終わり、世界的なリーダーシップ不在の時代に突入す…
 
2022年1月7日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉水曜日。カザフスタンのトカエフ大統領が、抗議デモに対抗して全土に非常事態宣言を拡大。〈第9位〉木曜日、北朝鮮の朝鮮中央通信が、前の日に「極超音速ミサイル」発射実験を行ったと認める。〈第8位〉中国の不動産大手「中国恒大」、今日から4日間、オンラインで社債の債権者集会を開催。〈第7位〉月曜日、アメリカ、中国、ロシア、イギリス、フランスが「5大核兵器保有国首脳による核戦争を防ぎ、軍拡競争を避けるための共同声明」を発表。〈第6位〉木曜日、アメリカのトランプ前大統領支持者によるアメリカ連邦議会議事堂占拠から1年の節目。〈第5位〉インフレ過熱懸念から利上げの前倒しに言及!水曜日、FRB(アメリカ連邦準備…
 
第265回「1億円未満のM&Aのデューデリでは、具体的に何を調査しますか?」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
第264回「豪華特典多数!お年玉WEB年賀状企画!」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
今日は時間を変更して16時20分からお送りしました。ドイツのショルツ政権誕生でEU・世界が向かう新たな方向は?日本経済新聞のロンドン駐在の編集委員で、ベルリン自由大学で政治学博士号を取得されている赤川省吾さんとリモートで結び、町田さんがインタビューしました。ドイツ連立政権に緑の党が加わったことで変わること来年のヨーロッパはフランスやハンガリーなどで大きな選挙があることEUの下0本ニュートラル、政策、人権問題、中国問題などについてさらにそれらを踏まえた日本はドイツ、フランス、そしてEUとどう付き合っていくのかを聞いていきます。お楽しみにラジオNIKKEI による
 
2021年12月31日送分。今日の「町田徹の経済ニュース カウントダウン」はスペシャル編成として、「緊迫するウクライナ情勢、ロシア軍の1月侵攻はあるのか⁉」というタイトルで、日本経済新聞のロンドン駐在の編集委員で、ベルリン自由大学で政治学博士号を取得されている赤川省吾さんとリモートで結び、インタビューします。 そしていつも5時35分からお送りしている経済ニュースふかぼり!は4時20分から引き続きお送りします。ラジオNIKKEI による
 
「日本の今へのレールは30年前に敷かれていたのか?おととい公開の外交文書から浮き彫りになったこと」 外務省が、水曜日、極秘扱いだったものを含めて、作成から30年が経過した外交文書を公開しました。黒塗りで伏せられている部分もありますが、それでも、今回、公開された外交文書は、1989年から1991年に作成された18ファイル、7319ページにも及びます。この中には、その後の日本の経済や産業に大きな影響を与えた日米構造協議を巡る駆け引きや、中国の民主化を日米両国がどう見ていたか、そして湾岸戦争に向かう中で、アメリカから自衛隊の海外派遣を迫られていた事実が克明に記されています。レールがすでに30年前に敷かれており、歴史の抗し難い流れが続いてきたことが浮き彫りなんです。今日は、外交文書が白日の下にさらし…
 
2021年12月24日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉香港議会、議席の99%にあたる89議席を親中派が獲得。〈第9位〉水曜日、厚生労働省の部会がアルツハイマー治療薬承認の可否判断を先送り。〈第8位〉火曜日のヨーロッパ市場で天然ガス価格が最高値更新、インフレ懸念に拍車も。〈第7位〉火曜日、アメリカ軍の駐留経費の日本側負担が前の年から100億円増えた 年2110億円で合意。〈第6位〉マグニチュード9の日本・千島海溝地震で、19.9万人が死亡する恐れも。〈第5位〉月曜日、中国人民銀行が政策金利1年ものLPRを0.05%下げて3.80%に。〈第4位〉水曜日、極秘扱いのものも含めた外交文書を外務省が公開。〈第3位〉世界で猛威をふるうオミクロン!イギリ…
 
第263回「経費処理の境目。妻とのゴルフは経費に・・・」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、経済産業省の春口浩子さん、大塚製薬の西山和枝さん、Kids Publicの重見大介さんです。楠田祐 による
 
「政権だけじゃない。国会も機能不全に陥っている!」今日、このタイトルで国会の問題を取り上げてみようと思ったきっかけは、「文書交通費」の見直しが、ほぼ絶望になっているからです。「文書交通費」と言えば、10月の総選挙で当選した日本維新の会の衆議院議員が議員としての在籍日数がたった1日しかなかったにもかかわらず、1か月分の満額=100万円を支給され、自身のブログで「世間常識からしたらおかしい」と投稿したのをきっかけに、新聞やテレビで大きく取り上げられました。その結果、与野党が臨時国会での見直しに合意して関連法を改正するとしたはずの問題です。ところが、双方が自分たちの見直し案に拘り、時間切れでなんの見直しも行われない見通しとなっているんです。この問題を見ていて、おかしいのは岸田政権だけじゃなくて、国…
 
2021年12月17日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉シベリアで去年6月に記録された「38度」は北極圏での史上最高気温。火曜日に「WMO」(世界気象機関)が正式に認定。〈第9位〉トヨタが2030年に350万台のEV(電気自動車)を販売する目標を発表〈第8位〉1月のアメリカ議会占拠事件、トランプ前政権の黙認疑惑が深まる。〈第7位〉水曜日、ロシアのプーチン大統領が北京オリンピック開会式への出席を表明。〈第6位〉韓国がTPPへの加盟申請を進める意向を表明。〈第5位〉昨日の貿易統計で明暗くっきり。 牛肉や日本酒の人気で農林水産物・食品の輸出額が初の1兆円超え。〈第4位〉水曜日、日本のGDP(国内総生産)が去年までの8年間にわたって水増しされていた疑…
 
第262回「決算書が読めないと税理士は選べない!?」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、経済産業省の春口浩子さん、大塚製薬の西山和枝さん、Kids Publicの重見大介さんです。楠田祐 による
 
「3回目接種だけじゃない。所信表明演説で浮き彫りになった岸田総理の問題点」11月の総選挙を経て、第2次政権の発足に漕ぎ着けた岸田総理が月曜日、衆参両院の本会議で所信表明演説を行いました。演説は冒頭から、「私は、新型コロナを克服し、新しい時代を切り拓くという極めて難しい課題に、国民の皆さんと共に挑んでいきます。」「みんなで協力し、この国難を乗り越え、その先に、新しい時代を創り上げていこうではありませんか。」という呼びかけから始まるもので、口下手だった菅前総理とは対照的に、優しい言葉を連ねました。温厚そうな人柄が滲み出ており、良い演説だったと感じた人も多いかもしれません。でも、決して鵜呑みにしてはいけないと思います。今回の34分余りの演説で、岸田総理が何をどうするのか明確に語ったのは、『コロナ対…
 
第261回「社員の独立支援をする「グラキリス経営」」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、経済産業省の川村美穂さん、積水化学工業の荒木郁乃さんです。楠田祐 による
 
「財務省の矢野次官の月刊誌への寄稿に思う、私の官僚論。あるべき姿は『国士』か?それとも『テクノクラート』か?」 大正大学教授で日本経済研究センター研究顧問 小峰隆夫さんラジオNIKKEI による
 
「これはカーボンニュートラルにも大きく寄与する技術なのか?NTTが掲げる次世代通信技術『IOWN(アイオン)』の潜在力。」岸田総理は、先月26日、早くから予定されていた電気通信分野の先端技術を視察するため、NTTの「武蔵野研究開発センター」に赴きました。そして、この技術が、単なる通信分野の変化にとどまらず、半導体やPC、大型コンピューターを一変させ、カーボンニュートラルにも寄与する可能性を知り、「日本が世界をリードする大きなきっかけになるのではないかという強い可能性を感じた」という感想を漏らしたんです。確かに、うまくいけば、「一石二鳥」どころか、「一石三鳥」の凄い話になるかもしれないんです、この技術はNTTが、おととしから提案しているIOWN(アイオン)という構想の「光電融合技術」といいいま…
 
2021年12月3日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。〈第10位〉ウクライナ情勢を巡り、アメリカとロシアが外相会議を開催。〈第9位〉火曜日、アメリカ軍は、三沢基地所属のF16戦闘機が青森空港に緊急着陸、着陸前に燃料タンク2個を周辺に投棄したと発表。〈第8位〉「中国のスパイ活動は脅威」イギリスのMI6長官が異例の演説〈第7位〉WTA(女子テニス協会)、中国で行われるツアーを全て停止へ〈第6位〉昨夜、産油国 が来年1月の計画どおりの原油増産を確認。〈第5位〉火曜日、総務省が選挙区別人口を算出。小選挙区は「10増10減」が確定。〈第4位〉火曜日に行われた立憲民主党代表選、泉健太氏を新しい代表に選出。〈第3位〉火曜日、 アメリカのFRB(連邦準備理事会)のパウエ…
 
第260回「助成金や補助金の取り扱いにおける税務テクニック」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、経済産業省の川村美穂さん、積水化学工業の荒木郁乃さんです。楠田祐 による
 
「日本経済研究センターがDXの潜在力を測る指数を開発! 84カ国中16位の日本は国際競争を生き残れるのか?」 日本経済研究センター副主任研究員 高橋えり子さんラジオNIKKEI による
 
「バイデン大統領が焦るインフレ懸念。日本には波及しないのか?」夕方4時からの兄弟番組でお伝えしたように、今週は、インフレを何としても阻止しようというアメリカのバイデン大統領の決断に関連するニュースがテンコ盛りでした。アメリカ人にとっては、この季節、11月下旬のサンクスギビングから12月のクリスマスの時期は特別な時期です。離れて暮らす家族のもとを訪ねる旅に出る人や、親しい人へのクリスマス・プレゼントなどを求めて財布のひもを緩める人も多いシーズンで個人消費の大半が集中するときだからです。そんな時期に、危機的なインフレが襲い掛かったり、ガソリン価格の高騰に見舞われたりしたら、経済政策に非難が集中するのは明らかですよね...そういった面では、バイデン大統領が対策を焦る気持ちが理解できないこともありま…
 
2021年11月26日送分。 今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。 〈第10位〉小笠原諸島の海底火山福徳岡ノ場」噴火で発生した「軽石」。先週土曜日までに、伊豆諸島や関東沿岸でも漂着を確認。〈第9位〉水曜日。新生銀行は、ネット金融大手のSBIホールディングスによるTOBへの防衛策を取り下げ。傘下入りが確実に。〈第8位〉日本、アメリカ、オーストラリア、インドが参加するQuad(クアッド)、来年、日本で初の対面での首脳会議を開催へ。〈第7位〉 火曜日。アメリカが、来月開催する「民主主義サミット」に招待するおよそ110の国と地域のリストを公表。〈第6位〉月曜日、アメリカのバイデン大統領が、FRB(連邦準備理事会)のパウエル議長を再任する人事案を公表。〈第5位〉水曜日午前、…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login