公開カテゴリー
[subscription 16]
もっと

Download the App!

show episodes
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
Loading …
show series
 
1989年ベルリンの壁崩壊、 1991年にソ連崩壊、 社会主義が崩れ去ってから 30年が経とうとしています。 なぜ、アメリカを中心とする資本主義陣営を 脅威に陥れるほど力を持っていた社会主義国は 衰えてしまったのでしょうか? 社会主義国をめぐる世界の動向を 横森が解説しました。 【音声内容】 ・社会主義国はどのようにしてつくられたのか? ・潰されてしまった社会主義国 ・レーニンの背後にいた組織とは? ・トロツキーと中国の関係とは? ・ベルリンの壁崩壊までの流れ ・ゴルバチョフの裏 このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする…
 
【質問】2020/12下旬より、暗号通貨のXRPが大きく下がり、他通貨とは異なる動きをし始めました。デジタル通貨への移行に向けて、Ripple(XRP)を他企業や国が買収するなどの動きもあるのでしょうか。 質問1192 ビットコインを超える次世代仮想通貨とは? http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2021/20210104_1192_Ripple.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月4日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
横森一輝の投資マインドセット 投資目的の本質を考えよ! このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。小崎 による
 
今日は「いったい誰が命とくらしを守れるのか?6日間で11都府県への拡大を迫られた緊急事態宣言!早くも限定的・集中的対処という政府方針は瓦解した」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2021年1月15日送分。 1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田轍が選んでお伝えします。町田轍が今週取り上げたニュースは、第10位 中国でスパイ罪に問われた日本人2人の実刑が確定。昨年11月に、非公開の裁判で上訴が棄却されていた!第9位 新型コロナ危機で経済に明暗。パソコン販売は順調も、航空機大手2社は氷河期に突入。第8位 NHK、最大1割程度の受信料引き下げも。2021年度からの3カ年計画を決定。第7位 政府、新型コロナウイルス対策の特措法改正案まとめる。緊急事態宣言の前でも、「命令」や「過料」に道開く悪法に。第6位 4月の衆参補欠選挙に連敗すれば「政局も」と下村氏。釈明するも、自民党内に「菅おろし」の気配漂う。第5位 温室効果ガスの削減目標設定を促す国際組織「SBTイニシアチ…
 
【質問】2021年はどんな年になりますか? デフレが深刻になる年と考えてよいでのしょうか 質問1191 2021年はインフレか、デフレのどっちになるのか? http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2021/20210104_1191_2021Deflation.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月4日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
2017年の就任以来、 何かと世間を騒がせてきた トランプ大統領。 今回の米大統領選でも バイデンとの攻防に 世界中が注目しています。 不正選挙疑惑、 米議会での騒動、 戒厳令の予告、 さらには、 トランプ大統領自身の SNSアカウント永久凍結まで。 米大統領選で起こった事件が何を意味し、 これから世界で何が起こるのか 横森が解説しました。 【音声内容】 ・ペンスはプロレスを面白くするための”希望”だった ・CNNはDS寄りの論調 ・トランプのSNSアカウント無期限停止する理由 ・1月20日までに戒厳令が出される!? ・戒厳令によってメディアは軍の管理下に入る ・デマを流すマスメディアとYouTuber ・なぜSNSユーザーを敵に回すのか ・トランプは正義のヒーローではない このコンテンツの…
 
http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2021/20210112_453_Inbo.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月12日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
「最低でも2000万人分の  ワクチンを提供しなければ  軍事協定を終了する。  アメリカ軍はフィリピンを  離れらなければならなくなる」 フィリピンのドゥテルテ大統領の発言が 2020年12月27日に フィリピンのマスメディアによって 伝えられました。 この軍事協定とは、 アメリカとフィリピンが1998年に結んだ 訪問軍地位協定(VFA)のこと。 フィリピン大統領のこの発言が どのような意味を持つのか 横森が解説しました。 【音声内容】 ・世界中の政治家がワクチンを欲している ・経済を優先するとワクチンが必要 ・ワクチンとはいったい何か? ・規制されていく海外渡航 ・世界中で起こる洗脳 このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 …
 
【質問】来年、バーゼル3が始まると思うのですが、ネットやマスコミでもあまり聞かないのですが、始まると経済、雇用にどのような影響がありますか? 質問1190 BIS規制バーゼルⅢがもたらす金融機関への影響… http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2020/20201228_1190_Basel3.mp3 音声ダウンロード(MP3)[12月28日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
2021年1月8日送分。 今回の町田徹の経済ニュース カウントダウン」では、 町田徹が選んだ今年2021年第1週の海外ニュース7本と、国内ニュース7本をそれぞれカウントダウン形式で紹介しました。世界7位 アメリカの長期金利が10か月ぶりに1%超え。国債増発に警戒感ジワリ。世界6位 北朝鮮で5年ぶりの労働党大会。キム委員長は経済政策の失敗を認めるも、防衛力の強化に拘り。世界5位 火曜日、イギリスが3度目のロックダウンを開始。ドイツもロックダウンの3週間延長を決定。世界4位 WHOの調査団が中国に入れず。事務局長が失望を表明。世界3位 イランがウランの20%濃縮開始を発表。IAEAもこの動きを確認。世界2位 香港警察が、民主派の前議員53人を一掃逮捕。「民主化運動」潰しと、中国流の「法の支配」の…
 
今日は夕方4時からの「町田徹の経済ニュースカウントダウン」に引き続いた内容で「今年は日本の地球温暖化対策元年だ! 後編。期待の星に急浮上した水素の実力と日本の現状は?」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2021年1月1日送分。「今年は日本の地球温暖化対策元年だ! 前編1年遅れで政府が打ち出したのグリーン成長戦略の実力は?」と題して、この後の夕方5時35分からの「町田徹の経済ニュース ふかぼり」とあわせて、一昨日収録したスペシャル編制の番組をお送りします。5時35分からの 町田徹の経済ニュース ふかぼり での後編もお楽しみに。ラジオNIKKEI による
 
「核のゴミ問題から見た原子力政策の課題:カーボンニュートラル政策でも原子力は生き残れない?」 日本経済研究センター特任研究員 長崎大学 核兵器廃絶研究センター教授の鈴木達治郎さんラジオNIKKEI による
 
2020年12月25日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 売り上げのほとんどが架空のものだった企業の粉飾決算。最高裁が引受主幹事のみずほ証券の賠償責任も認定。第9位 20ギガまでのスマホ料金、ソフトバンクも2980円とドコモに追随。第8位 トランプ大統領が93兆円コロナ対策予算の修正を要求。国防権限法案にも拒否権を行使する構え。第7位 「アリババを独禁法違反の疑いで調査」と中国当局が発表。ネット大手に対する統制の強化が鮮明に。第6位 土壇場で、イギリスとEUがFTAで合意。関税ゼロの貿易維持へ。 第5位 加速するコロナウイルスの突然変異、イギリスでまた別の変異種も確認。 第4位 昨日、全国は2日連続で過去最多…
 
「アメリカのバイデン政権誕生は、核軍縮のゲームチェンジャーか?」 日本経済研究センター特任研究員 長崎大学 核兵器廃絶研究センター教授の鈴木達治郎さんラジオNIKKEI による
 
2020年12月18日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 ロシア製ミサイルの導入に対し、アメリカがトルコを制裁。ロシアを巡っては、アメリカの財務省や商務省をハッキングした疑惑も。第9位 FRBの緩和継続を受けて、ニューヨークでビットコインが初の2万ドル。東京では円が9カ月ぶり高値に。第8位 韓国のムン大統領、ユン検察総長の解任を断念、2カ月の停職で容認。第7位 アメリカ、ヨーロッパ、中国で巨大IT企業へのけん制、規制、制裁が相次ぐ。第6位 家電のバルミューダと電子楽器のローランドが対照的な初値を付ける。第5位 月曜日の選挙人投票でバイデン氏が過半数を獲得し、アメリカ大統領に確定。トランプ氏は敗北認めず、北極圏…
 
2020年12月11日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 日曜日の未明、はやぶさ2が小惑星からカプセルを持ち帰る。第9位 イギリスとEUのFTA交渉期限を日曜日まで再延長と両首脳が合意。第8位 「報道機関の記事の利用料」の不払い是正でフェイスブックとグーグルが本格化の動き。第7位 アメリカ司法省のグーグル提訴に続き、今度は連邦取引委員会がFacebookを独禁法違反で提訴。第6位 「ペンシルバニア州の郵便投票は有効だ」トランプ大統領の選挙結果を覆す試みを、アメリカ最高裁が認めず。第5位 「日本学術会議の2023年9月までの独立を」。自民党が政府に提言。第4位 イギリスで、コロナワクチンに2人が強いアレルギー反…
 
2020年12月4日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 再来年にも、スポーツ振興くじ「toto」で、サッカーに次ぎバスケが対象に!水曜日に改正スポーツ振興投票法が成立。第9位 火曜日、改正漁業法が施行に。漁業先進国並みの厳格な資源管理で、漁業の生産回復を目指す。第8位 バイデン前副大統領が財務長官にイエレン元FRB議長を起用。新政権の広報・財政チームを女性が独占。第7位 中国経済に黄色信号。マンション市場の在庫が4年ぶりの高い水準に。目立つ地方での販売不振、地方政府は値下げも推奨。 第6位 福島県立医大付属病院がサイバー攻撃の被害を3年以上も公表せず。第5位 NTTドコモがオンライン受付専用の新料金プラン「ア…
 
2020年11月27日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 「サッカー界のスーパースター」マラドーナさん心臓麻痺で死去。第9位 上限額引き上げなどの雇用調整助成金の特例、厚労省がさらに2月末まで延長の方針。第8位 菅総理、後期高齢者の医療費で、2割負担枠の創設に意欲。第7位 イージス艦2隻で地上配備より4800億円以上の割高に。迎撃ミサイルシステム巡り、自民党は防衛省試算を容認の構え。第6位 ゴーン元会長の勾留は「根本的に不当」で、「適切な賠償」を。国連人権理事会の作業部会が意見書をとりまとめ。第5位 NY株、3万ドル突破。4年で5割上昇。巨大ITがけん引し、アメリカの政権移行を好感。第4位 習氏がバイデン氏に…
 
2020年11月20日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 「アップルが、利用者の同意なく行動を追跡して欧州連合の法律に違反」オーストリアの弁護士がドイツとスペインの当局に訴え起こす。第9位 4~9月期決算が出揃う。一般企業は最終38%減益、地銀は6割が減益か赤字に。第8位 アメリカ大統領選で全50州の勝敗が確定し、バイデン候補が対中通商戦略と貿易協定復帰の青写真を明らかに。第7位 来春卒業予定の大学生の10月段階の就職内定率が5年ぶりの7割割れ。前の年との比較では、リーマンショック以来の下げ幅に。第6位 野口さんを載せた民間宇宙船「スペースX製のクルードラゴン」が見事に打ち上げとドッキングに成功。 第5位 カ…
 
2020年11月13日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 プレイステーション5が昨日発売。XboxシリーズX/Sとの覇権争いの行方は?第9位 中国のネット通販大手アリババ、「独身の日」に7兆7000億円の売り上げ。第8位 日銀が地域金融機関を対象にマイナス金利の呪縛を解く再編支援策を導入。第7位 宮城県知事が東北電力・女川原発の再稼働に同意。被災原発の第1号として2022年にも運転再開か?第6位 ホンダ、自動運転「レベル3」認可を世界で最初に取得。トヨタは「レベル2」で追随の構え。第5位 中国の意向に沿って4人の議員資格をはく奪した香港政府に抗議して、民主派議員15人が辞職。第4位 日曜日、秋篠宮さまの立皇嗣…
 
2020年11月6日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 老舗のアパレル・ブランド、レナウンが完全消滅へ。第9位 取り締まりの強化で、金の密輸が激減。第8位 4人死亡のウィーン銃撃テロ事件で、イスラム国が犯行声明。第7位 金融庁が東証集中緩和へ。私設取引の利用促す。第6位 中国の全人代の「海警局」整備法案、尖閣付近での武器使用の権限を明記。加藤官房長官が「高い関心を持って注視」とコメント。第5位 大阪都構想、僅差で再び否決。維新の求心力低下の引き金か。第4位 政府・与党が「10兆円から15兆円」規模で今年度の第3次補正予算を編成へ。来年度予算と一体編成で「15カ月予算」とし、規模を大きく見せる方針。第3位 コロ…
 
「地球温暖化 避けられない脱炭素問題」 3人の専門家によるパネルディスカッションの後編元・環境事務次官・日本経済研究センター特任研究員の小林光さん日本経済研究センター政策研究室長の小林辰男さん日本最大の発電会社 JERA取締役常務執行役員の奥田久栄さんラジオNIKKEI による
 
2020年10月30日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 「劇場版『鬼滅の刃』」の興行収入が歴代最速の10日間で100億円を突破。第9位 政府・自民党、年内にも、学術会議の国からの独立を提示する構え。第8位 GAFAとマイクロソフトの決算が出揃う。日本ではソニーや佐川急便が巣篭もり需要で好調。第7位 木曜日、中国の「5中全会」が閉幕。2035年までの長期計画を策定、1人当たりGDPで先進国の仲間入り目指す。第6位 GoToトラベルキャンペーン、2月以降、大型連休明けまで延長か。第5位 乗り換え時の持ち運び、電話番号は無料、メアドも可能に。総務省が携帯値下げのアクションプランを公表。KDDIとソフトバンクはサブ…
 
「地球温暖化 避けられない脱炭素問題」 3人の専門家によるパネルディスカッション元・環境事務次官・日本経済研究センター特任研究員の小林光さん日本経済研究センター政策研究室長の小林辰男さん日本最大の発電会社 JERA取締役常務執行役員の奥田久栄さんラジオNIKKEI による
 
今日は「アメリカ政府とGAFAの蜜月の終焉。グーグルの成長を支えた司法省の競争政策が、なぜ、一転してグーグルの前に立ちはだかったのか?」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2020年10月23日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 新戦略兵器削減条約で、ロシアが対米譲歩案を公表。第9位 JR東日本、来年春から首都圏17路線で終電の時刻を繰り上げ。第8位 福島第一原発の処理済み汚染水の海洋放出で、中国が「周辺国との協議」を要求。第7位 ペイパル社が来年にも仮想通貨での支払いを可能に。第6位 「報復措置」の性格を明確にした中国輸出管理法が全人代で成立。第5位 ANAの最終赤字規模が世界の航空大手を上回る恐れ。リストラは相変わらず鈍く、処分航空機数は1割にとどまる。第4位 総務省、携帯料金引き下げ策の第2弾を公表へ。柱は、eSIM(イーシム)導入とメールアドレス維持の義務化に。第3位 …
 
2020年10月16日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 海上保安庁が昨日から無人航空機の活用実験をスタート。第9位 バイトに賞与・契約社員に退職金不支給は「不合理と言えず」。最高裁判所が判決を下す。第8位 大阪都構想の是非を問う2度目の住民投票、11月1日に投開票へ。第7位 アップルが恒例の「iPhone」の新製品の4機種を発表。最安機種は7万4800円と前回より割高に。第6位 選挙運動を再開したトランプ大統領が3日連続で大規模集会を開催。バイデン氏への攻撃強めるものの、株式市場の混乱は続く。第5位 G20が途上国債務の半年返済猶予で合意。G7は中国のデジタル通貨導入に懸念を表明。第4位 広がる新型コロナの…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login