公開カテゴリー
[subscription 16]
もっと

Download the App!

show episodes
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
Loading …
show series
 
「地球温暖化 避けられない脱炭素問題」 3人の専門家によるパネルディスカッションの後編元・環境事務次官・日本経済研究センター特任研究員の小林光さん日本経済研究センター政策研究室長の小林辰男さん日本最大の発電会社 JERA取締役常務執行役員の奥田久栄さんラジオNIKKEI による
 
2020年10月30日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 「劇場版『鬼滅の刃』」の興行収入が歴代最速の10日間で100億円を突破。第9位 政府・自民党、年内にも、学術会議の国からの独立を提示する構え。第8位 GAFAとマイクロソフトの決算が出揃う。日本ではソニーや佐川急便が巣篭もり需要で好調。第7位 木曜日、中国の「5中全会」が閉幕。2035年までの長期計画を策定、1人当たりGDPで先進国の仲間入り目指す。第6位 GoToトラベルキャンペーン、2月以降、大型連休明けまで延長か。第5位 乗り換え時の持ち運び、電話番号は無料、メアドも可能に。総務省が携帯値下げのアクションプランを公表。KDDIとソフトバンクはサブ…
 
第444回収録 世界は中国共産主義の需要が高まる!? 超監視社会が求められる意外な理由… http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2020/20201028_444_NewSociaty.mp3 音声ダウンロード(MP3) [10月11日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
東南アジアで新型コロナウイルスの感染者が 再び増え、2020年のマイナス成長が 拡大する懸念が出てきました。 外貨が稼げなくなった新興国は 財政面で窮地に立たされ、 東南アジアの国家破綻となる 可能性があります。 東南アジアの国家破綻シナリオ について考えました。 【音声内容】 ・フィリピンが直面する財政難の現実 ・経済が戻らないフィリピンの根深い問題 ・東南アジアの国がインフレになる理由 ・アジア国家破綻シナリオ… このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登…
 
シンガポール、フィリピン、ルーマニア この数十年で3カ国の移住を経験した 横森一輝が海外移住のメリットと 移住で考えるべき2つのポイントを伝授しました! 【音声内容】 ・横森お勧めの海外移住先 ・移住で考えるべき2つのポイント このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。小崎 による
 
【質問】当方、ミャンマー在住10年超で現地に根を張りローカル相手のビジネスをしております。現在、ミャンマーはコロナの第2波によるロックダウンで経済が完全にストップしている状態。政府補填もほぼほぼ無い国ですので、倒産、閉店が相次いでます。とはいえ、社会は混乱状態に陥ってはいません。この国は長期間の鎖国による経済停滞の結果、最大都市のヤンゴンにおいてすら生活の都市化が浅いのと、バックボーンの伝統農村社会は依然として機能しおり、食料は安価で豊富なのが原因かもしれません。 さて、質問ですが、これから起こりうるリセッションのなかでミャンマーという国はどういう流れになると予想されますか? ロヒンギャの問題で政治的には孤立し、経済的にはほぼ中国の属国状態ですが、国内的には潤沢な食料に支えられて貧しくとも自…
 
地球環境を破壊し、人類の未来を脅かす 地球温暖化への危機意識が 急速に世界で広まっています。 欧州は3月、2050年に炭素ガス排出ゼロの 目標を掲げ、脱炭素と経済成長の両立を図る 欧州グリーンディールを発表しました。 グリーンディール政策はプロレス団体が 仕向ける社会の方向性でもあり、 ビジネスのあり方もそれに合わせて 事業展開を考える必要があります。 【音声内容】 ・グリーンディール政策が与えるビジネスへの影響 ・石油エネルギーを止める裏の目的… ・二酸化炭素の排出権を取引するブロックチェーン ・プロレス団体系クリーンエネルギーのシナリオ このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください…
 
横森一輝の投資マインドセット いい時は利益を伸ばすことに集中しろ! このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。小崎 による
 
「地球温暖化 避けられない脱炭素問題」 3人の専門家によるパネルディスカッション元・環境事務次官・日本経済研究センター特任研究員の小林光さん日本経済研究センター政策研究室長の小林辰男さん日本最大の発電会社 JERA取締役常務執行役員の奥田久栄さんラジオNIKKEI による
 
今日は「アメリカ政府とGAFAの蜜月の終焉。グーグルの成長を支えた司法省の競争政策が、なぜ、一転してグーグルの前に立ちはだかったのか?」と題してお送りします。ラジオNIKKEI による
 
2020年10月23日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 新戦略兵器削減条約で、ロシアが対米譲歩案を公表。第9位 JR東日本、来年春から首都圏17路線で終電の時刻を繰り上げ。第8位 福島第一原発の処理済み汚染水の海洋放出で、中国が「周辺国との協議」を要求。第7位 ペイパル社が来年にも仮想通貨での支払いを可能に。第6位 「報復措置」の性格を明確にした中国輸出管理法が全人代で成立。第5位 ANAの最終赤字規模が世界の航空大手を上回る恐れ。リストラは相変わらず鈍く、処分航空機数は1割にとどまる。第4位 総務省、携帯料金引き下げ策の第2弾を公表へ。柱は、eSIM(イーシム)導入とメールアドレス維持の義務化に。第3位 …
 
世界中の農作物が洪水、バッタ被害で 今年は不作が予測されています。 収穫期に入った日本でも害虫被害が 発生しているといいます。 日本の先物市場を調べるとコシヒカリが 10倍の出来高ができているという 不可思議な取引がされている。 食糧危機は本当に起きるのか? 横森の分析を交えて解説しました! 【音声内容】 ・日本でも起きている農作物の害虫被害 ・価格低迷のコシヒカリが10倍の出来高の謎 ・先物の売り手を大混乱させる手口とは? ・作物価格が暴騰するポイント このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。 会員の方はログインしてください。 ログイン 会員登録がまだの方は是非ご登録ください。 今なら7日間無料でお試しいただけます。 無料会員登録をする 無料会員登録後にお支払い…
 
【質問】余剰資金をMSCIやS&P500などのインデックスファンドに入れて長期保有を検討していますがどう思われますか? 質問1175 インデックスファンド 長期投資の罠 http://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2020/20201011_1175_IndexFund.mp3 音声ダウンロード(MP3) [10月11日収録] ———————– 経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。小崎 による
 
2020年10月16日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 海上保安庁が昨日から無人航空機の活用実験をスタート。第9位 バイトに賞与・契約社員に退職金不支給は「不合理と言えず」。最高裁判所が判決を下す。第8位 大阪都構想の是非を問う2度目の住民投票、11月1日に投開票へ。第7位 アップルが恒例の「iPhone」の新製品の4機種を発表。最安機種は7万4800円と前回より割高に。第6位 選挙運動を再開したトランプ大統領が3日連続で大規模集会を開催。バイデン氏への攻撃強めるものの、株式市場の混乱は続く。第5位 G20が途上国債務の半年返済猶予で合意。G7は中国のデジタル通貨導入に懸念を表明。第4位 広がる新型コロナの…
 
「中国、インドから東南アジアにシフトするベンチャーマネー コロナ危機後の技術革新はどこへ向かうのか?」 日本経済研究センターアジア予測室長兼主任研究員の上原正詩さんラジオNIKKEI による
 
2020年10月9日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 海外との移動規制措置の緩和を加速。韓国とのビジネス往来の次は、帰国・入国時の2週間の待機措置を免除へ。第9位 ソニーとキオクシアがファーウェイとの取引再開をアメリカ商務省に申請。第8位 中国の電気自動車市場の取り込みで、テスラが7月から9月に過去最多の世界販売。トヨタと日産はイギリスに関税補てんを要求第7位 今度は、本人に無断でデビットカードを作成された疑惑が浮上。ゆうちょ銀行が一部mijicaの利用を停止。第6位 三井住友銀行が休眠口座減らしとネット利用促進へアメとムチ。第5位 みずほフィナンシャルグループがメガバンクで初めて週休3、4日制を12月から…
 
2020年10月2日送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 日本郵政がゆうちょ銀行株急落で3兆円の減損処理を表明。第9位 半導体大手のキオクシアが上場延期を決定。アメリカ政府のファーウェイ規制が今年の東証最大の上場に水をさす。第8位 ワシントン連邦地裁がティックトックの配信を禁止する大統領令を差し止める仮処分を決定。第7位 原因不明のシステム障害で、東証が昨日の売買を終日停止に。第6位 新型コロナで世界の死者が100万人、感染者が3300万人を突破。死者は 20日間で10万人増加と勢い衰えず。第5位 コロナ、日本の地価回復にも冷や水。全国全用途が0.6%減少と3年ぶり下落に。第4位 アゼルバイジャンとアルメニアの…
 
2020年9月25日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 都内のタクシー配車時間を平均5分と日本交通が1年で半分に短縮。AI機能の配車アプリの活用が効果を発揮。第9位 香港警察が取材から弱小メディアやフリーランスを除外。政府登録メディアや有名メディアに限定して、報道管制の強化を狙う。第8位 三井住友信託で1000社、みずほ信託で400社。株主総会の議決権行使書の最終日到着分を無効扱いにする不適切処理。第7位 菅総理とIOCバッハ会長が、東京大会の実現に向けて緊密な協力を確認。第6位 ゆうちょ銀行、不正な貯金引き出しの被害額が6000万円に拡大。池田社長が記者会見で公表が遅れたと反省の言葉も。第5位 TikTo…
 
2020年9月18日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 火曜、日産自動車元会長のゴーン事件で初公判。ケリー元役員は容疑を全面的に否認。第9位 アメリカのスノーフレイク社、水曜日にニューヨーク市場で245ドルの初値を付け、アメリカで今年最大の新規株式公開が実現。第8位 水曜、日本政府の原発輸出戦略の行き詰まりが鮮明に。日立製作所が、懸案のイギリスでの原子力発電所事業からの撤退を発表。第7位 預金の不正な引き出し、ゆうちょ銀行に続き、水曜にみずほ銀行も公表。第6位 ソフトバンクグループがわずか4年でイギリスのアーム社を売却。4兆2千億円で、アメリカのエヌビディア社に。第5位 水曜、アメリカの連邦準備理事会が、「…
 
2020年9月11日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースはコロナ関連ニュース・イギリス製薬大手が、説明できない問題の発生に対応し、コロナのワクチン治験を各地で中断。・コロナが産業構造の転換を促しており、セブンイレブンが宅配サービスを強化へ。ファナックはロボット化需要の高まりで3倍に増産も。・東京都が「夜10時までの時短営業」を来週火曜日で終了へ。・「家賃払えない」人の給付金申請が90倍に増加。コロナ対策の国内への生産回帰補助金1600億円に11倍の応募が殺到。・政府、買い物や飲食に使える「GoTo地域クーポン」を来月から開始へ。今日、「Go Toトラベル」東京発着の旅行商品の来週からの販売も決まる見通し。 ・インドの感…
 
2020年9月4日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 JR東日本が来年春から首都圏の終電を30分程度繰り上げ。第9位 三井住友信託銀行が、失業者の返済を一時免除する住宅ローンを導入へ。第8位 中国4大銀行の不良債権問題が再燃。収益も10年ぶり大幅減益に。第7位 アメリカが国際刑事裁判所の検事に制裁措置を発表。第6位 「中国の核弾頭、今後10年で2倍の200発に」。アメリカ国防総省が報告書。第5位 コロナ対策が原因で、アメリカの財政赤字が過去最大に膨らむ見通し。第4位 希望者全員に新型コロナ・ワクチンを無料で接種。政府が検討。第3位 「野党勢力指導者は旧ソ連の神経剤と同種毒物で攻撃を受けた」と、ドイツのメルケ…
 
2020年8月28日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースはコロナ関連をまとめて中国とロシアが新型コロナウイルスのワクチンを外交の道具に。新型コロナ感染者、東京都は2万人を、世界は2400万人を突破。新型コロナ対策の雇用調整金の期限延長へ。入院の規定など、無症状者の対応見直しを検討へ。東京都は飲食店などの時短営業を来月15日まで延長。9月に「GoToトラベル」の東京発着追加の可否を判断。韓国で新型コロナ感染再拡大。。各国でコロナ対策として年金取り崩しを認める特別措置の設置が相次ぐ。第6位 河井夫妻が無罪主張。買収事件で地裁初公判。第5位 タイ王室批判団体のページへの接続をフェイスブックが遮断。第4位 アメリカ中西部の黒人…
 
2020年8月21日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 国がコロナワクチンの賠償責任を肩代わり。海外企業からの調達を円滑に進める狙いで、新法制定へ。第9位 日本の貨物船座礁でモーリシャスが賠償請求へ。第8位 武田薬品工業が一般用医薬品事業をアメリカのファンドに2500億円で売却へ。第7位 国民民主党が、立憲民主党との合流を決定。過半の議員が新党へ。第6位 イラン大統領が「重大な過ち」とUAEを批判。第5位 EUがベラルーシへの制裁を決定。大統領選挙の不正調査も要求。第4位 上場企業、4月から6月の純利益が57%減少で7四半期連続のマイナス。第3位 中国漁船の尖閣諸島周辺での操業 接続海域にとどまり領海侵入は…
 
2020年8月14日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 日航機墜落35年。遺族が分散して慰霊登山。第9位 ウーバー運転手は従業員。アメリカ・カリフォルニア州上級裁判所が仮命令。第8位 モバイル4社の4月から6月期の業績に明暗。第7位 ニューヨーク市で10万人を雇用。アマゾンなど27社が共同発表。第6位 「黒い雨」訴訟で国、広島県、広島市が控訴。第5位 日本の鉄鋼・アルミがアメリカの追加関税 7割の適用外に。第4位 GoTo事業は旅館・ホテルの登録が3割どまり。国の景気下支え事業として不適切との指摘も。第3位 香港の国安法違反容疑で逮捕・保釈の活動家らが、中国や当局への抗議活動を再開。第2位 新型コロナウイル…
 
2020年8月7日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 レバノン、首都で非常事態宣言。第9位 3メガバンクと りそな銀行が、個人間の送金手数料引き下げを検討。第8位 新型コロナウイルス、世界の感染者1860万人、死者70万人を突破。第7位 新型コロナウイルス、昨日の国内新規感染者は1477人に。第6位 賃金伸びずボーナスは減り、野菜は高騰。第5位 元徴用工訴訟の資産差し押さえ命令に対し、日本製鉄が不服として即時抗告。第4位 香港がアメリカ国籍の民主活動家を指名手配。香港国家安全維持法を海外滞在の外国人にも適用。第3位 売却か、それともサービス停止か。アメリカのトランプ大統領がティックトックの排除へ強権を発動。…
 
今日は「今年前半 緊迫する世界情勢を読み解く5つの事件」という内容で、同日放送の「町田徹の経済ニュースカウントダウン」で紹介した5位から3位の事件に引き続き、2位「マラソン会議を経て、コロナ復興基金設置合意。EUが存続の危機を乗り越える」、1位「アメリカが違法と宣言した『中国の南シナ海領有権』の野望」の事件について町田徹が熱く読み解きます。ラジオNIKKEI による
 
2020年7月31日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。今日は、この番組と5時35分からの「町田徹の経済ニュース ふかぼり」で、「今年前半 緊迫する世界情勢を読み解く5つの事件」をお送りしました。町田徹が選んだ5つの事件に順位を付け、5位から3位までをこの番組で、そして残りの2位と1位を5時35分からの「町田徹の経済ニュース ふかぼり」で紹介します。第5位 香港の1国2制度崩壊。浮き彫りになった習近平中国の危うい体質。第4位 社会の分断が蓄積する不気味なマグマ。アメリカの白人警官の黒人男性殺傷への抗議が示したもの。第3位 日本には大きなチャンスか? 5Gから燃え盛り始めた技術覇権争い。…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login