Business News 公開
[super 656]
×
最高の Business News ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 7月 2020)
最高の Business News ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 7月 2020
Podcasts are a great way for people to stay up to date with the latest news, learn new strategies and develop their professional skills, regardless of whether they are at home or not, all of this for free. Here you can find the latest business news and analyses shared by journalists from all over the globe as well a weekly roundup of the most important news. The podcasts offered in this catalog enable you to have the economy and the markets "under surveillance" as they transform tons of written, time-consuming content into simplified, human-read audio. Furthermore, you can inform yourself about the latest stock market news, the weekly economic, monetary, geo-political news and events, while driving, at the gym, doing chores, etc. In addition, these podcasts allow you to broaden your knowledge of the current and upcoming business trends and opportunities, and ways of making money. Some podcasts offer you the opportunity to interact with experts of all industries, invited on a daily basis to comment on and analyze the latest business events.
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
毎日夕方に15分生放送。 (月)「世界の経済・政治ニュースから」 (火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」 (水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」 (木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」 (金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。 いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。 キャスターは山本郁、大橋ひろこ、辻留奈が担当いたします。
 
Loading …
show series
 
これまで、リアリスティック・ジョブプレビュー(RJP)について話しています。企業が人材を雇うときに、採用された人たちが後から「こんな筈じゃなかった」とか「聞いていた話と違う」と思ってしまうのを防ぐために、RJPは効果的な方法です。企業が自分達の仕事はこういうものです、こんな困難なことや課題もあります、という情報をきちんと正直に提示するというのがRJPの骨子ですが、それはなかなか企業にとってはやりづらいことでもある。ではどうしたらいいのか、というところまで前回お話しました。RJPをきちんと受けとめてもらえれば、様々な良い効果があります。しかし、日々情報の洪水にさらされている現代人は、なかなかそこまで丁寧に情報を吟味する状況にないのが実情なので、タイミングが重要な鍵を握ります。言い換えると、RJ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
ここのところ、入社試験や採用についてお話しています。そのなかでも特に、入社した後に「こんなはずじゃなかった」「聞いていた話と全然違うじゃないか」という悲しい事例の発生を防ぐために有効なリアリスティック・ジョブプレビュー(RJP)というプロセスを前回ご紹介しました。RJPとは、この組織の風土や仕事の進め方はこうなっています、あなたが採用された場合にお願いするのはこういう仕事ですよ、こんな大変なことやこういう課題もあります、というのをあらかじめ採用候補者に対してきちんと提示するということです。しかし、なかなかRJPを実際に行っている組織は少ないのが現実です。RJPを上手くやれば、仕事のことがよく分かっている人だけが応募してくるので効果的です。にもかかわらず、実際にそれを行っている組織が少ないのは…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。今回と次回は、「テレワーク時代の必須スキル!“秒速”プレゼン術」と題して2回構成でお送りします。コロナ禍の影響で「Microsoft Teams」「Zoom」「Google Meet」といったWeb会議システムの利用が増加。ネット越しで行うプレゼンテーションが注目されています。第1回目は、日経BPが6月22日に発刊した書籍『“秒速”プレゼン術』を元に、同書籍の担当編集者で日経クロストレンド副編集長の松元英樹氏が「ネット越しでも注目を引き付ける表現方法」「短時間でのスライド作成」などのノウハウを紹介。解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。今回と次回は、「テレワーク時代の必須スキル!“秒速”プレゼン術」と題して2回構成でお送りします。コロナ禍の影響で「Microsoft Teams」「Zoom」「Google Meet」といったWeb会議システムの利用が増加。ネット越しで行うプレゼンテーションが注目されています。第1回目は、日経BPが6月22日に発刊した書籍『“秒速”プレゼン術』を元に、同書籍の担当編集者で日経クロストレンド副編集長の松元英樹氏が「ネット越しでも注目を引き付ける表現方法」「短時間でのスライド作成」などのノウハウを紹介。解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今回のまとめ: この本は1万3000年に亘って人類史に影響を及ぼしてきた要因に迫っており、ポスト・パンデミックの世界がどのような姿になるのかを展望する上での手掛かりを与えてくれます。 今回はジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』という本をご紹介します。新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため世界的な規模で経済・社会が大きな犠牲を払うことになり、私たちの仕事や生活のスタイルも様変わりしました。このパンデミック後の世界がどのような姿になるのかは、多くの人々が関心を寄せる問題であり、この問題に対する展望を持つことは、政治家や政策担当者ばかりではなく、経営のリーダーにも求められるでしょう。この本は1万3000年に亘って人類史に影響を及ぼしてきた要因を明らかにしようとしており、今後の歴史的展望を…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今回のまとめ: この小説は、他人の死に間接的にもせよ意図せずに関わってしまう可能性があるパンデミックのような状況の下で、人間はいかに生き、職務に関わるべきかを問いかけています。 今日は、フランスの作家アルベール・カミュの『ペスト』という小説をご紹介したいと思います。カミュは、1913年に当時フランス領であったアルジェリアに生まれ、苦学してアルジェ大学を卒業した後、パリの新聞で記者として活躍しますが、1940年にはドイツ軍がフランスに侵攻したため、ナチスに占領されたパリでレジスタンス運動に参加しています。戦後は1942年に刊行した『異邦人』という作品で一躍注目を集め、その後も人間が理性的な期待に反して直面する事態を意味する「不条理」という概念と、不条理への抵抗を軸とした文筆活動を展開し、195…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、無印良品「コオロギせんべい」をピックアップ。番組後半は、歌手の西川貴教さんの出演でも知られる、エステーの芳香剤「消臭力」のテレビCMの大転換の裏側を紐解きます。新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの企業と同じくエステーも難しい判断を迫られました。エステーは、原材料の調達ができず新商品を製造ができなくなり、マーケティング戦略の大幅な転換を迫られました。コロナ禍で下した異例の決断とは? 解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、無印良品「コオロギせんべい」をピックアップ。番組後半は、歌手の西川貴教さんの出演でも知られる、エステーの芳香剤「消臭力」のテレビCMの大転換の裏側を紐解きます。新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの企業と同じくエステーも難しい判断を迫られました。エステーは、原材料の調達ができず新商品を製造ができなくなり、マーケティング戦略の大幅な転換を迫られました。コロナ禍で下した異例の決断とは? 解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
  人を育てる問いとは」というテーマでお話しています。前回は、私がグロービス経営大学院で生徒に話をする際に心がけている問いかけをご紹介しました。今日は、言葉ではなく「環境をどうつくるか」について、心理的安全性ということをテーマにお話します。  私が教員をしている中で気をつけていることの一つが、「人のコメントは出来るだけ否定はしない」ということです。どんなにピントがずれたことを言っていたとしても、まずは「なるほど、なるほど」と返します。その時に、怒った・苛立った顔をしないことがポイントです。また、可能であれば「その考え方はこういう流れで考えると実はこういう重要なポイントに繫がりますね。いいことを言ってくれましたね」と軌道修正しています。  受講生の皆さんは、勇気を持って発言してくれていますから…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
  「人を育てる問いとは」というテーマでお話しています。前回は私が子どもの頃に、ロンドンの学校で先生からかけられた言葉を元にお話しました。今日は、私がビジネススクールでこれからリーダーになる方々に問いかける問いについてお話します。  私はこれからリーダーになる方には、「(あなたはリーダーとして)で、どうするの?」という問いかけをします。  実は、この言葉は私自身の経験に由来します。私は25年前にアメリカのビジネススクールを卒業して日本に帰ってきました。学位を取得し、自分なりに「これから活躍できるんだろうな」と思っていました。しかし、分析や批判はできますが、実際の自分自身の行動に大きな変化が現れた感じがあまりしませんでした。頭が良くなった気はするし、考えることが出来るようになった気もしますが、…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は欧米コロナの話をしたいと思います。6月10日の段階で世界の感染者数が724万人で、死者が41万人いるのです。途上国の新規感染者数が欧米の新規感染者数を超えたのは5月です。そういう意味で、世界ではまず武漢や中国で始まって、それから欧米にいって、その後途上国にいった。世界中がパンデミックに今なっているのですけれど、世界の経済的損失は大体どのくらいだと思います? そもそも、世界のGDP合計はどのくらいでしょうか。大きい数字はなかなか知らないかもしれませんが、世界のGDPは約80兆ドル、1ドル100円で換算すると8,000兆円です。その大体10%の8兆ドル(800兆円)位がコロナでやられたと言われています。2019年の実質的GDP成長率はプラス2.9%でした。2020年の実質GDP成長率につい…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は日本のコロナの話ですけれども、ちょっとマクロの話をしてみようと思います。コロナのピークはいつ頃だったか知っていますか? 4月10日くらいには、700人以上新規感染者がいました。新規感染者数と、現在感染者数は全く別の話です。現在感染者数は、新規感染者が入ってくると増えて、治って退院していくと減るわけです。そうすると、新規感染者数のピークが先にきますが、その頃は治っていく人達よりも新規感染者が多いので、現在感染者数は増え続けることになります。ところが、新規感染者数が減ってくると、段々治っていく人のほうが多くなります。一時、現在感染者が10,000人位いたのが、今は1,000人位になりました。新規感染者数のピークは報告ベースで4月10日、現在感染者数のピークは4月末です。ピークを考える時に、…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、バーチャルサイクリングサービス「Zwift(ズイフト)」「火をほぼ使わない!? 勝間流の料理食べチョク」をピックアップ。番組後半は、「新・巣ごもり時代の部屋作りベストバイ」と題してお送りします。withコロナの今、テレワークの活用などで自宅は単なる生活の場ではなくなりました。オンもオフも快適に過ごせる部屋はどうすればつくれるのか。各界の達人のアドバイス、買うだけで巣ごもり生活が快適になるアイテムを紹介します。解説は、日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、バーチャルサイクリングサービス「Zwift(ズイフト)」「火をほぼ使わない!? 勝間流の料理食べチョク」をピックアップ。番組後半は、「新・巣ごもり時代の部屋作りベストバイ」と題してお送りします。withコロナの今、テレワークの活用などで自宅は単なる生活の場ではなくなりました。オンもオフも快適に過ごせる部屋はどうすればつくれるのか。各界の達人のアドバイス、買うだけで巣ごもり生活が快適になるアイテムを紹介します。解説は、日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、投資で増やす前に働いて稼ぎ、生活を見直して出費を抑えよう、という話です。老後資金が足りないと不安に思っている人は、持っている資金で投資して増やそうと考える場合が多いようです。しかし、投資で増やそうとするとリスクをとる必要が出て来るので、失敗して足りない老後資金をさらに減らしてしまう可能性もあるわけです。そんなリスクを冒さなくても、働いて稼げば良いのです。働いて稼げば、リスク無しで老後資金を充実させる事が出来るわけですから。老後も働きましょう。今の高齢者は昔に比べて元気ですから、定年で引退するのは勿体ないです。幸いなことに、少子高齢化による労働力不足で、高齢者でも仕事を見つける事が可能になっていますから。サザエさんの登場人物である波平氏は、54歳です。高度成長期の定年が55歳だったのは…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】コトづくりの支援メニューは、対象企業がどの段階にあるかで異なる。その中でも、経営者のマインドチェンジや従業員のスキル獲得、業界を超えた連携ができるネットワークを持つことが極めて重要だ。 前回は、モノづくりの強みを生かしたコトづくりの事例として、熊本に立地するオオクマ電子の取り組みを紹介した。今回は、「モノづくりからコトづくり」へとシフトしようとする九州の半導体・エレクトロニクス業界の団体(SIIQ;九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会)の取り組みを紹介したい。 SIIQでは、個々の企業のコトづくり力を向上させるために、対象企業群を(1)コトづくり未検討企業(=重要性や自社経営課題の認識が不十分)、(2)コトづくり検討企業(=コトづくり事業の検討を始めている企業)、…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】熊本県に本社をおく「オオクマ電子」のように、モノづくりの強みを生かして新たなコトづくりに取り組む好事例も出てきている。 前回は、製造業の分野で「モノづくりからコトづくりへ」と価値の源泉がシフトしていること、コトづくりが成功した企業には共通する7つの特徴があることを紹介した。今回は、その特徴をより分かりやすく説明するために、具体的な事例を紹介したい。 熊本に本社をおく「オオクマ電子」は、元々先代の社長の時代から半導体・エレクトロニクス分野の画像処理を得意としていたが、大手メーカーからの下請受注という構造のため、自社の業績は半導体産業の景況や大手メーカーの業績の影響を受けていた。そこで、先代と現社長が新事業の可能性を検討した結果、景気の影響を受けにくい「医療分野」にターゲットを絞…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】 かつて「シリコンアイランド」と呼ばれた九州に集積立地する半導体・エレクトロニクス産業を、従来型のモノづくりから脱却させ、より付加価値の高いコトづくりを主体的に担えるように支援する活動が活発化している。 近年、製造業の分野でも「モノづくりからコトづくりへ」という言葉が普及している。これまで日本の製造業が強みとしていた「モノづくり」の力だけでは競争に勝てない、という問題意識に端を発している。最近は、価値の源泉がモノ自体の付加価値から、モノが生み出すユーザーの使用感や経験価値(=コト)にシフトしている。 今回は、この「モノづくりからコトづくり」へとシフトしようとする九州の半導体業界の団体(SIIQ;九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会)の取り組みを紹介したい。九州には…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、オンライン直売所「食べチョク」と日清食品のデリバリーサービス「RAMEN EX」をピックアップ。番組後半は、「今こそ食べたい! 絶品テークアウト&通販グルメ」と題してお送りします。4月に発令された政府の緊急事態宣言以降、飲食店の多くが新しくテークアウトや通販を開始。今だからこそ食べられる絶品グルメが次々生まれ、盛り上がりを見せています。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、“おうち時間”が増える中で生まれた「新・飲食スタイル」を紹介します。解説は日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、オンライン直売所「食べチョク」と日清食品のデリバリーサービス「RAMEN EX」をピックアップ。番組後半は、「今こそ食べたい! 絶品テークアウト&通販グルメ」と題してお送りします。4月に発令された政府の緊急事態宣言以降、飲食店の多くが新しくテークアウトや通販を開始。今だからこそ食べられる絶品グルメが次々生まれ、盛り上がりを見せています。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、“おうち時間”が増える中で生まれた「新・飲食スタイル」を紹介します。解説は日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
これから4回に渡り、「人を育てる問い」というテーマでお話ししていきます。様々な問いかけがあると思いますが、自分が成長したと感じる大切な問いや私自身が教員としてリーダーを育てるために用いている問いをテーマにお話をします。今日は、私自身が受けた言葉についてのお話です。皆さんは、子ども時代に先生にかけられた言葉で一番印象に残っている言葉は何ですか。私は、遡ること50年前になりますが、私が6歳の時にロンドンの学校で先生に掛けられた言葉が今なおすごく記憶に残っています。第二次大戦が終わって25年程経った1970年のことですが、私は現地の必ずしも恵まれている方ではない地域の現地の学校に通っていました。毎週月曜日には必ず全員が出てきて、一人一人がクラスの前で週末何をしたのかということをお話する決まりがあり…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
働き手の皆さんのお悩みにお答えするシリーズです。今回は、転職をされた方からのお悩みです。転職をして仕事の内容はあまり変わらないけれども、進め方で以前の会社にいた時の方が効率的だったと思う部分があり、新しい会社でも変えていきたいと思っているけれども、最初から目立って「この人、大変な人だな」と思われたくもないため、どうしたらいいか悩んでいるとのことです。非常に多いお悩みです。転職をしたけれども、どのタイミングから活躍し始めたらいいかといった話も、今回のお悩みと類似する問いかもしれません。会社が良いポジションで誰かを採用したということは、当然その人に活躍してほしいという期待があるわけです。しかし、そもそも今その部署で働いている人々からするとどうでしょう。突然転職した人が入ってきて、正しそうな人が、…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
昨日は、東京、大阪、名古屋を中心とする三大都市圏に次ぐ地方都市という意味で、約50年前に「札仙広福」という類似性のある4つの地方都市が紹介されたというお話でした。その中でも、福岡はこの50年の間に、特に大きな成長を遂げたとのことだったかと思います。今日は福岡の50年間について、メディアという切り口から考察して行きたいと思います。ずいぶん前のことですが、太宰府天満宮の宮司の西高辻さんのご講演の中で、九州の中心はこの1100年くらいの間に、太宰府、長崎、鹿児島、熊本、北九州、福岡と歴史的に次々に移動しているというとても興味深いお話をされていました。明治時代から第二次世界大戦前までは、九州の中心と言えば熊本で、多くの国の機関が置かれていました。旧制高校の五高、第五高等学校も熊本ですね。また、50年…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login