Business News 公開
[super 656]
私たちが見つけた最高のBusiness Newsポッドキャスト
私たちが見つけた最高のBusiness Newsポッドキャスト
Podcasts are a great way for people to stay up to date with the latest news, learn new strategies and develop their professional skills, regardless of whether they are at home or not, all of this for free. Here you can find the latest business news and analyses shared by journalists from all over the globe as well a weekly roundup of the most important news. The podcasts offered in this catalog enable you to have the economy and the markets "under surveillance" as they transform tons of written, time-consuming content into simplified, human-read audio. Furthermore, you can inform yourself about the latest stock market news, the weekly economic, monetary, geo-political news and events, while driving, at the gym, doing chores, etc. In addition, these podcasts allow you to broaden your knowledge of the current and upcoming business trends and opportunities, and ways of making money. Some podcasts offer you the opportunity to interact with experts of all industries, invited on a daily basis to comment on and analyze the latest business events.
もっと

Download the App!

show episodes
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
ゆる〜くマネーについて語るラジオ 「マネラジ。」 出演者:頼藤 太希(よりふじ たいき)、高山 一恵(たかやま かずえ) 家事・育児中、ご飯中、旅行中、就寝前などで、「お金」について本当にゆる〜く勉強できちゃうPODCAST番組です。 「あ〜そういうのあるある!」から「なるほど〜!」まで、筋書きのないドラマでとことん話していきます。お金の気になるニュースの解説・考察、オススメの書籍の紹介などもします! この番組ではリスナーの皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。 info@moneyandyou.jpまでお寄せください。
 
日本が抱える課題について考え、より良い未来に向けて議論するプロジェクト・未来会議。人類は、「 」社会へと向かう。をテーマに、ラジオNIKKEIの番組と日本経済新聞の紙面や電子版ほかグループ各メディアを通じて経営者と若い方々が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。日本を代表する有力企業経営者から提示される課題に、感性あふれる提案をお寄せください。アイデアのご応募やプロジェクトの詳細は、日本経済新聞社の特設サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)をご覧ください。
 
Loading …
show series
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
前回は、岸田政権が看板政策として掲げる「新しい資本主義」で、スタートアップ企業を5年間で10倍にする目標を掲げ、そのなかで「1大学1IPO運動」が提案されていることを取り上げ、起業"数"の追求は目標として適切か?という点について考察した。今回も引き続いてこの問題について考えてみたい。起業"数"を目標に掲げてしまうと、当然ながら無理な会社設立が増えることが懸念される。スタートアップの設立に際しては、"EXIT is everything.(出口が全て)"という言葉がある。起業の出口として株式上場やM&Aを目指すタイプか、それとも創業者のライフスタイルに合わせて徐々に事業を成長させるタイプかによって、必要な資金調達方法や求められる経営者の質が全く異なるので、とにかく起業の際には、まず「出口を明確…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 岸田政権は、看板政策として「新しい資本主義」を掲げている。そのなかで、スタートアップ企業を5年間で10倍にする目標を掲げ、その実行計画を策定するため、この10月に「スタートアップ育成分科会」が設置された。 10月14日に発表された事務局資料には、「1大学1IPO運動」という言葉が掲げられて話題になった。「研究大学で1大学につき数十社起業し、1社はIPO(株式上場)を目指す」という提案である。ここで、2つの気になる点が浮かぶ。(1)起業"数"の追求は目標として適切か?(2)IPO(株式上場)は目標として適切か?という点だ。これら、大学発スタートアップを促進する際の数値目標の妥当性について考えてみたい。 まず、「研究大学で1大学につき数十社を起業する」という点について。これは、先ほど紹介した政…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。前回の「2022年ヒット商品ベスト30」に続き、2022年11月3日に「東京コンファレンスセンター・品川」(東京・港)で開催された日経トレンディ恒例の発表会から「2023年のヒット予測ランキング」の模様をお伝えします。2023年にヒットが予想される商品やサービスは何か? 会場の様子を辻留奈氏と構成作家の吉武英樹氏がリポートします。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。前回の「2022年ヒット商品ベスト30」に続き、2022年11月3日に「東京コンファレンスセンター・品川」(東京・港)で開催された日経トレンディ恒例の発表会から「2023年のヒット予測ランキング」の模様をお伝えします。2023年にヒットが予想される商品やサービスは何か? 会場の様子を辻留奈氏と構成作家の吉武英樹氏がリポートします。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日は「食べ放題の店がどうして儲かるのか」というお話です。食べ放題の店と言うと、大食いの客ばかり来るはずです。店としては小食の人、ダイエット中の人に来てほしいわけですけれども、来てほしい客は来ないで来てほしくない客ばかり来るということです。そんなことでは食べ放題の店は潰れるのではないかと心配している人もいると思いますが、実際はそうではありません。今日はその理由について考えてみたいと思います。最大のポイントは、レストランのコスト内で材料費はそれ程多くないということです。安いレストランは諸経費を徹底的に削っているでしょうけれども、割と高級なレストランでは立派な店を構えて従業員を大勢雇ってしっかりしたサービスを提供することに多くのコストが掛かっています。レストランはそもそも客が一人も来なければ材料…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日はですね、「円安は景気に悪いのか」という話です。数年前まで「日本経済は、円高に弱い」というのが常識でした。円高になると輸出が難しくなり、外国に物が売れなくなるため景気が悪くなるというわけです。ところが最近では、「円安が景気に悪い」という人が増えています。円安になると物価が上がり、それによって我々の生活が悪影響を受けるため、円安を悪者にしようという論者が説得力をもつようになってきてるのだと思います。では、一体どちらが良くて、どちらが悪いのでしょう。結論から言うと、私としては「円安も円高も景気に与える影響は±0」と考えています。では、円安の良いところと悪いところをそれぞれ考えてみましょう。今日の論点は、「輸出入数量の話」、「ドルが高く売れる話」、「企業の儲けと消費者の損」の3つです。まず1つ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は、2022年11月3日に「東京コンファレンスセンター・品川」(東京・港)で開催された「日経トレンディ」恒例の発表会「2022年ヒット商品ベスト30」の模様をお伝えします。22年のヒット商品にはどのような傾向があり、ナンバーワンとなったのはどんなサービスか? 進行は辻 留奈氏と構成作家の吉武英樹氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は、2022年11月3日に「東京コンファレンスセンター・品川」(東京・港)で開催された「日経トレンディ」恒例の発表会「2022年ヒット商品ベスト30」の模様をお伝えします。22年のヒット商品にはどのような傾向があり、ナンバーワンとなったのはどんなサービスか? 進行は辻 留奈氏と構成作家の吉武英樹氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日は、「モチベーション」というテーマでお話します。私はリーダーシップのセッションを大学院や企業で数多くやらせていただいています。その際、必ず冒頭で皆さんがリーダーシップで直面している課題や悩みについてお聞きしていますが、最近は特に「メンバーのモチベーションが上げられなくて困っている」という悩みが増えていると感じています。その背景として、リーダーに求められるものが大きく変わってきていることがあるように思います。リーダーが求める理想として、「メンバーが自立的である」「自発的に考えて動く」という点が必ず挙げられています。変化が激しい時代の中では、現場に近い人たちが自分で考えて行動してもらう方が早くて効果的なわけです。一方でキャリアの考え方も多様になり、本人の意欲や希望を満たさないと退職につながっ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
「経営戦略」というついて考えてみたいと思います。これから冬にかけて、そろそろ新年度からの経営計画を作ろうかという声が出てくるのではないかと思います。私はかつて経営コンサルタントとして様々な会社の経営計画作りに関わってきました。その経験から、同じ経営計画でも会社によって考え方や作り方が大きく異なると感じています。ある会社では、今後数年間に渡りどのような会社でありたいのか、どのように社会に貢献していくのか、そうしたビジョン・ミッション・バリューを明らかにすることで経営計画や経営戦略を作ろうと取り組んでいました。一方で、どのようにビジョンを実現するのかというところに重点を置いて、具体的な人員配置の変更や経営管理の仕組み、KPIの在り方等を大幅に組み立て直す形での経営計画・経営戦略作りに取り組む会社…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。先日発表された、日経トレンディ恒例の「2023年ヒット予測100」「2022年ヒット商品ベスト30」。22年のヒット商品にはどのような傾向があったのか? 23年のヒットのキーワードは? など選定までの裏話をお伝えします。解説は日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。先日発表された、日経トレンディ恒例の「2023年ヒット予測100」「2022年ヒット商品ベスト30」。22年のヒット商品にはどのような傾向があったのか? 23年のヒットのキーワードは? など選定までの裏話をお伝えします。解説は日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日は「ともだちのうちはどこ?」というイランの映画です。イラン映画と言われても全く馴染みがない方も多いかと思います。この映画は1993年の公開で、おそらく日本で公開されたイランの商業映画で、話題をさらったものとしては最初だったと思います。観てみてかなり水準が高い映画で、私もびっくりしたのでご紹介してみようと思いました。監督はアッバス・キアロスタミで、イランの大物監督だった方です。この監督の次の作品、その次の作品と三作連続で日本に入ってきて、それぞれ高い評価を受けて、私もびっくりした記憶があります。まずこの作品の内容ですが、友達の家にその子どものノートを届けに行く小学生の話です。ですが、これだけで1時間23分の映画を引っ張って、しかも面白い、芸術的に水準が高く素晴らしい出来栄えです。この映画、…
 
今日はビジネスに関した英語表現のシリーズで、いわゆる日本標準産業分類の製造業に24の下位分類の4つ目です。4番目には「木材・木製品製造業」があり、家具などを思い浮かべますが、ここに家具は入っておらず別項目になっています。公文書では「木材・木製品」は"lumber and wood products"と書いてあります。「ランバー」は英語では"lumber"と書いて日本語ではカタカナで「ランバー」とは言わないですが、木材のことです。同じ発音で最後の"er"が"ar"になると「腰」という意味になります。運転席と助手席に腰当の柔らかいものを置いたりしますが、それを「ランバーサポート」といいます。それと発音は同じですが綴りが違うものです。木材は公文書では"lumber"になっていますが、"timber…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 都市の活性化には、国内外からの企業の誘致と並んで、新たな起業も重要になります。福岡では飲食店や新しいお店のオープンを目にすることが多いですが、これらが特に街の賑わいを作り出していると思います。前回は、福岡市が9年連続で年間50社の企業誘致の達成に成功していること、その背景には、福岡市が世界でも居住や環境を中心に、とても高く評価されているというお話をしました。森記念財団が毎年公表されている「世界都市総合ランキング」の2021年版で、福岡は42位でした。これは各国の首都などとの比較においても、高い評価を受けているといっても良いと思います。やはり都市の魅力や評価が高いからこそ、毎年多くの企業の進出もあるのだと思います。前回は、社会学者のリチャード・フロリダの『クリエイティブ都市論』において、新た…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
福岡市が毎年多くの企業誘致に成功していることから、その背景としての客観的な都市の魅力や評価について、森記念財団の「世界都市総合ランキング」から説明します。     先日のニュースで、福岡市は9年連続で、年間50社の企業誘致の達成に成功しているとのことでした。今日は街に賑わいをもたらせること、都市の活性化のお話をしたいと思います。コロナ禍にあっても、多くの企業が福岡にオフィスを設置されるというのは大変なことです。外資系企業などを中心に、コロナ禍にあってオフィスの移転や新規の設置を控えた企業もある一方で、こんな時期だからこそ、首都圏の一極集中によるリスクを分散することやテレワークの進展が、追い風になったのかもしれません。また2013年からの9年連続で、50社の誘致に成功したということは、立地交付…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、Z世代の「タイパ」(タイムパフォーマンス)の実態とその理由をピックアップ。後半は「ファミリーマートの店舗集客大作戦」をお送りします。ファミマは店舗をメディアと位置づけ、オンラインとオフラインの両面でマーケティングを駆使して顧客を店舗に集めています。店舗に大勢の人が集まる繁盛店を築きながら、今までと違う新しい小売りを目指すファミマの具体的な取り組みを検証します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、Z世代の「タイパ」(タイムパフォーマンス)の実態とその理由をピックアップ。後半は「ファミリーマートの店舗集客大作戦」をお送りします。ファミマは店舗をメディアと位置づけ、オンラインとオフラインの両面でマーケティングを駆使して顧客を店舗に集めています。店舗に大勢の人が集まる繁盛店を築きながら、今までと違う新しい小売りを目指すファミマの具体的な取り組みを検証します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
■第133回は、iDeCo改正やNISA改正案のポイント解説iDeCoやつみたてNISAを通じて、投資信託の積立を始める人が増えています。iDeCoは2022年に大きな改正が3つありました。①老齢給付金の受給開始年齢が5年延長(2022年4月から)②iDeCoの加入年齢が5年延長(2022年5月から)③企業型確定拠出年金加入者もiDeCoに加入しやすくなった(2022年10月から)この中で特に大きいので③です。企業型確定拠出年金とiDeCoが併用しやすくなりましたが、どんな人にとっておすすめなのか、併用する際の注意点などを解説しています。またNISA改正案が出ていますが、今後、審議が行われ、最終的には2022年12月中旬頃に発表される税制改正大綱にて制度の詳細が明らかになる見込みです。NIS…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、年代、男女別スマホゲームランキングをピックアップ。後半は「マーケの危機、今、再考すべきこと」をお送りします。最近はステルスマーケティングやおとり広告など企業の信頼を大きく揺るがす問題がいくつも発生しています。マーケターは今、自身が顧客に向きあう姿勢を再点検すべき時にあります。企業と顧客との関係性をどう築くべきか、識者の対談を通じて紹介します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、年代、男女別スマホゲームランキングをピックアップ。後半は「マーケの危機、今、再考すべきこと」をお送りします。最近はステルスマーケティングやおとり広告など企業の信頼を大きく揺るがす問題がいくつも発生しています。マーケターは今、自身が顧客に向きあう姿勢を再点検すべき時にあります。企業と顧客との関係性をどう築くべきか、識者の対談を通じて紹介します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日は、「スタートアップ企業の投資判断」というテーマで「スタートアップ企業」について考えていきます。実は、私が今勤めているグロービス経営大学院では、積極的にスタートアップ企業に対する投資を行っています。特に、在校生あるいは卒業生の方がクラスで考えた事業計画を基に立ち上げた企業に対し、企画の段階から投資を実施していくということも行っています。おかげ様で、昨年は卒業生が立ち上げた企業のうち二つの会社が上場するという素晴らしい成果を上げることも出来ました。受講生・卒業生の皆さんが大学院の学びを活かして何かを成し遂げるというのは本当に嬉しいことです。スタートアップ企業と言いましても様々な会社があります。いわゆる「B to C(ビジネストゥーコンシューマー)」、つまり、消費者個人向けのビジネスもありま…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login