Business News 公開
[super 656]
私たちが見つけた最高のBusiness Newsポッドキャスト
私たちが見つけた最高のBusiness Newsポッドキャスト
Podcasts are a great way for people to stay up to date with the latest news, learn new strategies and develop their professional skills, regardless of whether they are at home or not, all of this for free. Here you can find the latest business news and analyses shared by journalists from all over the globe as well a weekly roundup of the most important news. The podcasts offered in this catalog enable you to have the economy and the markets "under surveillance" as they transform tons of written, time-consuming content into simplified, human-read audio. Furthermore, you can inform yourself about the latest stock market news, the weekly economic, monetary, geo-political news and events, while driving, at the gym, doing chores, etc. In addition, these podcasts allow you to broaden your knowledge of the current and upcoming business trends and opportunities, and ways of making money. Some podcasts offer you the opportunity to interact with experts of all industries, invited on a daily basis to comment on and analyze the latest business events.
もっと

Download the App!

show episodes
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
ゆる〜くマネーについて語るラジオ 「マネラジ。」 出演者:頼藤 太希(よりふじ たいき)、高山 一恵(たかやま かずえ) 家事・育児中、ご飯中、旅行中、就寝前などで、「お金」について本当にゆる〜く勉強できちゃうPODCAST番組です。 「あ〜そういうのあるある!」から「なるほど〜!」まで、筋書きのないドラマでとことん話していきます。お金の気になるニュースの解説・考察、オススメの書籍の紹介などもします! この番組ではリスナーの皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。 info@moneyandyou.jpまでお寄せください。
 
日本が抱える課題について考え、より良い未来に向けて議論するプロジェクト・未来会議。「本当に大切なことは何か。」をテーマに、ラジオNIKKEIの番組と日本経済新聞の紙面や電子版ほかグループ各メディアを通じて経営者と若い方々が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。日本を代表する有力企業経営者から提示される課題に、感性あふれる提案をお寄せください。アイデアのご応募やプロジェクトの詳細は、日本経済新聞社の特設サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)をご覧ください。
 
Loading …
show series
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『未来会議プロジェクト』は「本当に大切なことは何か。」をキーワードに、未来に向けた様々な課題を企業トップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動したプロジェクトです。今回は 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/CEO 芳井敬一さんへのインタビュー【後編】の模様をお送りします。ラジオNIKKEI による
 
英国における異文化シリーズで、ロンドン及びロンドン以外のイギリスを交互に紹介していて、今日はロンドン以外ということで、スコットランドにあるスカイ島をご紹介したいと思います。スカイ島は非常に大きな島です。南北方向に7、80㎞くらいありますから車でとばしても1、2時間かかるくらいの距離があります。定かではありませんが、九州でいうと、種子島とかよりも大きいのかもしれません。スコットランドの一番北にあるハイランド地方、その沖にある島で、スコットランドの沖に「ヘブリディーズ」諸島というのが展開していますが、本土から遠く離れたところに列島のように並んでいるのが「アウター・ヘブリディーズ」、沿岸に展開している島が「インナー・ヘブリディーズ」といいます。その「インナー・ヘブリディーズ」の一番上にある島がスカ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日も、企業戦略における立地の重要性について考えていきたいと思います。土地は有限な資源ですから、優良な土地を確保することはとても重要です。優良な土地ほど稀少と言えます。稀少な資源を先に押さえるほど、競合他社はその資源を使うことが出来ませんから、競争上の優位を持続させやすい。例えば小売店舗の場合、駅の近く等出来るだけ人通りの多い場所へ立地したいですよね。かつ店舗の中でも、出入口の近くであったり、レジの近くの棚の方が商品を売りやすいです。更に言うと、商品棚の中でも目線の高さに近い棚ほど商品がお客さんの目に止まりやすい。ですから、売場がお客さんに近づけば近づく程販売機会が広がるし、お客さんにとっても利便性が高まると言えます。その意味で、お客さんの自宅や職場にもし売場を構えることが出来たら、これは究…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、立地の観点から企業戦略を考えてみたいと思います。立地というのは事業を営むために適した土地を選び、決めることです。土地は戦略的に非常に重要で、土地やスペースは供給に限りがあるものです。優良な土地は有限かつ稀少であるがゆえに、それをいち早く確保した企業は競争上の優位を獲得できるというわけです。こうした立地の戦略論の代表例に、ドミナント立地があります。ドミナントとは、英語で「優勢な」「支配的な」といった意味です。都心部などで、特定のコーヒーチェーンやコンビニが集中して出店しているということがよくありますよね。例えばスターバックスですと、天神近辺だけで10店舗あります。また、セブンイレブンは数え切れないくらいあるのですが、ざっくり言って30店舗くらいあります。ある特定のエリアの中で集中的に複…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「ミニLED」搭載テレビについてピックアップ。有機EL搭載テレビと比較し、その実力を探ります。後半は「大化け期待! 成長株投資~米国株~」をお送りします。米国株式市場は右肩上がりで株価が上昇しており、今後も安定的な成長が見込めます。資産を増やす確率を上げたい場合、米国株が強力な援軍となります。そこで今回は米国株取引の方法とメリット・デメリット、ネクストGAFAM銘柄について紹介します。解説は、日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「ミニLED」搭載テレビについてピックアップ。有機EL搭載テレビと比較し、その実力を探ります。後半は「大化け期待! 成長株投資~米国株~」をお送りします。米国株式市場は右肩上がりで株価が上昇しており、今後も安定的な成長が見込めます。資産を増やす確率を上げたい場合、米国株が強力な援軍となります。そこで今回は米国株取引の方法とメリット・デメリット、ネクストGAFAM銘柄について紹介します。解説は、日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
■第124回は、FIREにおける4つの問題点をクリアしてFIREを目指す方法「4%ルールを過信しすぎている」「将来の年金が減る問題を軽んじている」「FIREを目指すと今の生活が犠牲になりがち」「子供がいると早期リタイアは厳しい」といった、FIREにおける4つの問題点をクリアして、FIREを目指す方法について、ゆる〜く話しています。仕事がつらいとばかり考えて早期リタイア(RE)を目指すのではなく、まず経済的自立(FI)を確立することで人生の選択肢の幅を広げることが大切です。はじめてのFIRE(宝島社)https://www.amazon.co.jp/dp/429902415X1日1分読むだけで身につくお金大全100(自由国民社)https://www.amazon.co.jp/dp/44261…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『未来会議プロジェクト』は「本当に大切なことは何か。」をキーワードに、未来に向けた様々な課題を企業トップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動したプロジェクトです。今回は 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/CEO 芳井敬一さんへのインタビュー【前編】の模様をお送りします。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
リーダーシップを考えるということでお話しています。前回は、そもそもリーダーシップとは何なのか、リーダーシップとマネジメントの違いについてお話ししました。良いリーダー像には2つ条件があります。条件1:喜んでついていく人達がいる条件2:ついていく人達は誰に命令されたわけでもなく自らすすんでついていくと決めているこのよいリーダーが発揮している力、それがリーダーシップです。「決められた目標を達成するために部下をしっかりと管理する」マネジメントに対して、リーダーシップは、「大きなビジョンを描いて大勢の人を巻き込みそれを実現する」ものであり、リーダーシップでは部下が喜んでついていくのに対して、マネジメントで部下は仕方なくついて行くという違いが生じます。今日は、マネジメントとリーダーシップの違いをもう少し…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今回は、2回に渡って「リーダーシップ」を考えます。そもそも「リーダーシップ」とは何でしょうか。まずは「良いリーダー像」の話からはじめていきます。皆さんにとってよいリーダーとはどんな人でしょうか。「責任を取るよ」という人、決断力のある人、引っ張っていくタイプの人、上手く皆を乗せられる人。具体的な例としてはは、"I have a dream"の演説で有名なアメリカのキング牧師、アップル創業者のスティーブ・ジョブス、最近では環境運動家のグレータ・トゥーンベリさん、ラグビー日本代表で有名になったリーチマイケルさんなど様々な人が思い浮かびます。リーダーシップは実は経営学の中でも非常に人気があるテーマで、これまで多くの理論が積み重なってきました。本屋に行くと「リーダー」や「リーダーシップ」に関する本が山…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、スシローのハイブリッド店と非接触型サービスを提供するスマートくら寿司についてピックアップ。後半は「日本版FIREの最適解を探る」と題してお送りします。「FIRE(ファイア)」とは、経済的自立を意味する「Financial Independence」と早期リタイアを意味する「Retire Early」を組み合わせた造語。会社から早期リタイアし、経済的な自立を目指す新しい生き方「FIRE」が注目されています。日本人に最適な「FIRE」の手法などを紹介します。解説は、日経トレンディの澤原昇編集長。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、スシローのハイブリッド店と非接触型サービスを提供するスマートくら寿司についてピックアップ。後半は「日本版FIREの最適解を探る」と題してお送りします。「FIRE(ファイア)」とは、経済的自立を意味する「Financial Independence」と早期リタイアを意味する「Retire Early」を組み合わせた造語。会社から早期リタイアし、経済的な自立を目指す新しい生き方「FIRE」が注目されています。日本人に最適な「FIRE」の手法などを紹介します。解説は、日経トレンディの澤原昇編集長。…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『未来会議プロジェクト』は「本当に大切なことは何か。」をキーワードに、未来に向けた様々な課題を企業トップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動したプロジェクトです。今回は 大和ハウス工業株式会社 芳井敬一 代表取締役社長/CEOにご登場いただき、みなさんへの課題を発表していただきます。課題応募の締切りは1月12日(水)正午、日本経済新聞社「未来面」の特設サイトまで。ラジオNIKKEI による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
昨日から渋沢栄一を取り上げています。渋沢栄一の民間外交というテーマですが、今日は渋沢栄一が民間外交においてどう活躍したかの具体的なエピソードについて、いくつかお話していきたいと思います。前回もお話したとおり、渋沢栄一は数え年で古希の時に引退したのですが、この前後10年間において民間外交を積極的に展開しているのです。具体的には、晩年の渋沢は世界各地の要人、しかも各国の大統領や首相クラスの人がくるような大きなイベントの歓迎行事の陣頭指揮をとったり、アジア・ヨーロッパ・アメリカ各地に積極的な実地視察に出かけているのです。もちろん政府からの要請もあったのですが、渋沢自身がその重要性を発言して提案して海外視察に出向いたという記録も残っているので、あながち政府からの要請だけで行ったというわけではないです…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日のテーマは、昨年の末に見事最終回を迎えた大河ドラマの主人公であり、そして、様々な書籍や雑誌で取り上げられている渋沢栄一の民間外交における活躍についてお話していきたいと思います。今日はその導入として、民間外交についてお話していきたいと思います。まず、民間外交とは何かというお話ですが、簡単に言えば、その名の通り民間レベルにおける外国への交渉や交友、働きかけの全般を意味します。政府間で行われる外交は公式外交とか政府間外交と呼ばれるのですが、これらの外交ではどうしてもカバー出来なかったり色々な理由で解決が難しい問題を解決することを試みる役割が期待され、民間外交は現在非常に多くの場所で行われていると言えます。例えば、スポーツや芸術などの分野における国際親善の試合とか、外国の産業団体、自動車とか船と…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。2022年初回の放送は、11回目となる伝統のスペシャルチェック企画「編集部員の2022年注目商品チェック」をお送りします。22年にヒットする商品や市場で注目されるサービスなどを日経トレンディと日経クロストレンドの編集部員が独自の視点で大胆に予測します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。2022年初回の放送は、11回目となる伝統のスペシャルチェック企画「編集部員の2022年注目商品チェック」をお送りします。22年にヒットする商品や市場で注目されるサービスなどを日経トレンディと日経クロストレンドの編集部員が独自の視点で大胆に予測します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と日経トレンディの澤原昇編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
【今回のまとめ】 ネガティブ・ケイパビリティは、学問の探究や芸術家の創作活動、戦略家が直観を得るうえで有効だ。そのためには、好奇心を持ち続けること、怒りや悲しみといった持続性のある感情を大切にすること、少数派であることを厭わないこと、などが重要だ。・前回は、様々な社会の状況や自然現象、苦悩に意味付けし、それを分かろうとする「ポジティブ・ケイパビリティ」と、どうにも答えの出ない、対処しようもない事態に耐える「ネガティブ・ケイパビリティ」について紹介した。今回は、「ネガティブ・ケイパビリティ」の重要性について更に考えてみたい。・前回解説したように、ポジティブ・ケイパビリティには、良い面もある一方で、目の前の陳腐な解決策に拙速に飛びついたり、画一的な思考やマニュアル化に囚われて自分自身の頭で考えな…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】人間は、様々な社会の状況や自然現象、自分の苦悩の理由を分かろうとする「ポジティブ・ケイパビリティ」と、どうにも答えの出ない、対処しようもない事態に耐える「ネガティブ・ケイパビリティ」の両方を持つ。近年は「ポジティブ・ケイパビリティ」によって拙速で安易な答えに飛びつきがちなように見えるが、ここには重大な問題が潜んでいる。・近年、アントレプレナーシップ教育のなかで、学生や受講者がイノベーティブな事業を提案する演習に取り組む場面も多い。その過程で、ややもすればパッと頭に浮かんだ安易なアイデアに飛びついて、そのまま深堀りせずにソリューション(解決策)を提示するように見える場面に出会う。・教員としては、もっと対象事象を深く理解し、問題の根本原因を多角的にあぶり出して、複雑な要因を考慮し…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は映画と文化のシリーズで、日本映画で「64-ロクヨン-」をご紹介したいと思います。テレビコマーシャルなどで予告がたくさん流されたので、名前だけは知っているという方も多いと思います。2016年の公開ですから、およそ5年前、前編と後編に分かれており、前編が5月、後編が6月に公開され、5月に前編を観た人が6月を待ちきれなくなるくらい、後編が気になる出来でした。ジャンルとしては、誘拐映画でしょうか。誘拐を扱った映画は沢山あり、映画の中で一つの大きな文化を作っていると言えるかと思います。「クライマーズ・ハイ」「半落ち」などで有名な横山秀夫の原作をドラマ化しています。この「64-ロクヨン-」に関しては、テレビドラマにもなり、非常に有名になった作品です。「64」というのは「昭和64年」ということで、昭…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
■第123回は、2021年お金の重大トピック振り返り! 格安スマホ、ポイント投資、クレカ投資、FIRE、米国株・ETF他。2022年注目のメタバース、NFT2021年は東京オリンピック開催など多くのニュースがありましたが、今回はお金関連で特に注目度が高かったトピックを振り返りました。「ゆる〜くお金について語るラジオ」の通り、ゆる〜く話しています。出演者の頼藤太希、高山一恵と一緒に楽しく2021年を振り返っていただければ幸いです。はじめてのお金の基本(成美堂)https://www.amazon.co.jp/dp/44153307622022最新版 投資信託 勝ちたいならこの5本!(河出書房新社)https://www.amazon.co.jp/dp/4309289487はじめてのFIRE(宝…
 
今日の作品は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を取り上げます。英語でも日本語でも同じタイトルです。この作品を知っている方は、3部作だというのはご存じだと思いますが、パート2とパート3まであって、パート1の日本公開年が1985年、パート2が1989年、パート3が1990年で、かなり前の映画ですが、未だにあちこちで観られています。金曜ロードショーで放送されたりしますが、何度観ても面白い映画です。このように残ってくる映画と、そうでない映画がありますが、この作品はかなり希有な存在と思っています。監督はロバート・ゼメキスという方で、アメリカ映画のいわゆるSF映画ですが、非常に構成がうまく出来ている事、コメディーが非常に良質で安心して観ていられる映画という事もあり、残っている作品だと思います。私の世代で…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。2021年の年始の放送では、21年にヒットが予想される商品や市場で注目されるサービスなどを日経トレンディと日経クロストレンドの各編集部員がそれぞれの視点で予想しました。番組前半では、その結果がどうだったかを検証する「21年年始の予測ネタの振り返り」をお送りします。番組後半は、編集部員が「本当はこれをヒットランキングに入れたかった!」をテーマにお届けします。解説は、日経クロストレンド編集長の佐藤央明氏と日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。2021年の年始の放送では、21年にヒットが予想される商品や市場で注目されるサービスなどを日経トレンディと日経クロストレンドの各編集部員がそれぞれの視点で予想しました。番組前半では、その結果がどうだったかを検証する「21年年始の予測ネタの振り返り」をお送りします。番組後半は、編集部員が「本当はこれをヒットランキングに入れたかった!」をテーマにお届けします。解説は、日経クロストレンド編集長の佐藤央明氏と日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、カーボンニュートラルについてお話をします。気候変動と戦うためにカーボンニュートラルを推進しなければいけないというのが国全体の大事なアジェンダになってきています。もし皆さんが「我が社のカーボンニュートラルを君に推進してもらいたい」と社長に言われたら、どうしますか。※カーボンニュートラルとは、温室効果ガスを出す量と数量を一緒にして、プラスマイナスゼロにしようということです。国としては、2050年までに国全体としてカーボンニュートラルに到達することを目指しています。日本は更に、2030年までに排出量がピークだった2013年に比べて温室効果ガスの排出量を46%削減しようと国が決めて発表しました。このゴールに向けて、産業界全体をあげた取り組みがはじまっています。これは、苦しいだけの話ではありま…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
前回、前々回と2回に渡り「サステナビリティを大事にした事業」についてお話してきました。「地球環境」、「労働環境」、それから「私たちの心身の健康」を大切に理念に掲げて事業を興すというお話でした。そうした事業を立ち上げるためには、最初の資金が大切で、その資金をどうやって生み出していくのかについてご紹介しました。ここまでは、いわゆる「攻め」のサステナビリティのお話でした。今日は、「守り」のお話です。やはり企業がサステナビリティを傷つけてしまうリスクはあります。そのため、どうやってリスクを防いでいくかについてお話します。典型的なリスクが3種類あります。1つ目は、「温室効果ガスの排出」です。温室効果ガスとはCO2やメタンガスなどです。例えば、化石燃料を燃やすことを促進することで、気候変動の悪化に寄与し…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
前回はRemottyという、私達にとってはあまり今まで馴染みがなかったツールをご紹介しました。リモートワークをするときに、チームのコミュニケーションを助けてくれるツールで、ソニックガーデンという元々フルリモートで仕事をしている会社が作ったツールです。今回はそれを踏まえた上での話をしようと思います。まず前提として、僕自身はRemottyというのは非常に優れたツールだと思っています。しかしながら、それでは優れたツールを導入しさえすれば自動的に問題が解決されるかというと、勿論そうではない。ツールはあくまでツールであって、それを上手く活用して使いこなさなければ宝の持ち腐れになります。そこで、今回は改めてリモートワークでチーム内のコミュニケーションを円滑に進めるためにはどの様なことが必要なのかを考えて…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login