Business 公開
[super 932129]
×
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Business ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
Listening to business podcasts is a great way for people to stay on top of the latest business news and trends, because of their portability - they can be listened to on the way home, in a car, during work, and even while working out. They are a good way for people to broaden their knowledge of management, leadership, analytics and all the vagaries of business, local and abroad, even if they are short of free time. Here you can find a lot of podcasts hosted by professionals and small business owners, with years of experience behind them, who analyse and comment on the latest events, often accompanied by other experts. Also, there are podcasts that offer a weekly analysis of top business and investing stories, the Ad sector, an inside look at the stocks, etc. Aside from analyses, there are courses designed by experts, offering strategies and insight in everything one might need to start building their digital business as well as specific actions for them to take in order to achieve their desired management and career objectives.
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
毎日夕方に15分生放送。 (月)「世界の経済・政治ニュースから」 (火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」 (水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」 (木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」 (金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。 いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。 キャスターは山本郁、大橋ひろこ、辻留奈が担当いたします。
 
10万部を超えるベストセラーになった『営業マンは断ることを覚えなさい』、 『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』などの著作を通して"勝てるビジネス"や"売れる仕組み"、継続発展する組織作りのためのコアな情報を発信し続けてきた経営コンサルタント石原明が、毎週リスナーの皆様のご質問に直接お応えするスタイルでお届けする、すべてのビジネスパーソンに向けたビジネスのヒント満載の番組です。 石原の生のトークから、主催する勉強会に毎月100名以上の参加者が途切れることなく詰め掛けるその理由を感じていただけるはずです。
 
「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します! 小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。
 
経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。
 
上場企業から中小企業まで延べ200社以上の組織構築・人材開発支援を行った井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ●井上健一郎:「感情」に重きを置いた、独自の組織マネジメントを展開。 主な著書に『デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?』、『部下を育てる「ものの言い方」』、『“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法』。 ●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー ●湊慎太朗:アートワークデザイン
 
税理士の大久保圭太が、経営者をはじめ、ビジネスパーソンが知っておくべき 財務やお金に関わる情報をわかりやすくお伝えする番組です。 ●大久保圭太: 早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。 中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する財務コンサルティング・企業再生・M&A業務に従事。2011年に独立しColorz国際税理士法人(旧税理士法人ACS)及びColorz Consulting株式会社を設立。税理士業務にとどまらずColorz Groupの代表として、累計数百社に及ぶ財務戦略プロジェクトを統括。 ●円道一樹:ナビゲーター/プロデューサー
 
「ダイレクト・レスポンス・マーケティングを使った集客・販売」「コピーライティング」「インターネットを使った集客・販売」「起業、新規ビジネスの立ち上げ」に関する「効果実証済み」の情報をご提供する事によって、中小ビジネスの集客、売上アップ、利益向上をサポートしています。
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
「労務トラブル対応を間違えてほしくない」そんな思いから、弁護士の岸田鑑彦が経営者の立場に立ち、間違えやすい労務トラブルに適切な最初の一手、さらにその先の二手、三手をお伝えします。 パーソナリティー:使用者側労務専門弁護士 岸田鑑彦(きしだあきひこ) ナレーター:栃尾江美(とちおえみ) 制作:Podcast Producer 田島一希(たじまかずき)
 
商売の極意 ― それは、人の営みのヒミツ。 人間の科学 ― それは、商売に通ずるトビラ。 この番組では、学術研究と商売の現場での実践を併せもった小阪裕司(プロフィールhttp://www.kosakayuji.com/profile.php)独自の視点から、「商売の極意と人間の科学」をお伝えいたします。【小阪裕司:博士(情報学)/オラクルひと・しくみ研究所代表、人の「感性」と「行動」を軸にした独自のビジネスマネジメント理論を研究・開発し、2000年からその実践企業の会「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰。学術研究と現場実践を合わせ持った独自の活動は、産官学民多方面から高い評価を得ている。日本感性工学会理事、九州大学・静岡大学・中部大学客員教授】 番組バックナンバーはこちらから。http://www.kosakayuji.com/podcast_backnumber.php
 
海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています
 
日本最大級の人事ポータルサイト「HRpro」プレゼンツ。 「楠田祐の人事放送局〜有名企業の人事にズバリ聞く!」 年間数百社の人事を訪問し続けている人事のスペシャリストであり、シンガーソングライターとしても活躍するHRエグゼクティブコンソーシアム代表の楠田祐が、有名企業の人事や人事をサポートする専門家を招いて、企業が抱える課題や実際の事例を紹介しながら解決策を模索していきます。 (パーソナリティ:HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田祐、企画・制作:ProFuture株式会社、制作:Podcast Producer 田島一希)
 
Loading …
show series
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
夏休みの頃ですね。 「特別な夏」と言われる2020年の夏ですが、 いかがお過ごしでしょうか? 盆の入りの今日、 東日本大震災で他界された御霊も 10回目のお帰りになるのですね。 さて、誰にも先祖があり歴史があり。 今回はふとした御代田さんのご質問から、 小阪の子供の頃のお話をしています。 「特別な夏」の息抜きにお聴きいただきつつ、 あなたの子供の頃、あなたの「感性のルーツ」を 振り返ってみてはいかがでしょうか。 どうぞ今回も楽しんでお聴きいただきお役立て下さい。 shobai155.mp3
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、アメリカのコロナとトランプの戦いの話をしたいと思うのですけれど、アメリカのコロナ感染状況について、累積や一日当たりの新規感染者とか新規死者はどうなっているのでしょうか? これは昨日もお話しましたけれど、8月5日時点で累積感染者数が477万人。それから、一日当たり大体5~6万人の感染者が出ているということでしたよね。また、一日当たりの死者数は1,000人位ですが、これは日本の累計死者数と大体同じだという話もしました。アメリカの新規感染者数は、4月の頃には2~3万人位でした。ところが、一旦終息するかに見えたのですが、6月半ば位からまた増加してきています。7月後半には一日5~6万人に達して、場合によっては7万人を超える日もあります。特に心配なのが財政ですけれど、元々アメリカは財政赤字の1兆…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
今日は、途上国コロナという話をしたいと思います。中国の感染者数のピークは2月でした。4月になって欧米とか日本に来て、5月には途上国の感染者の方が先進国の新規感染者を上回ってしまったのです。その後、6月以降は途上国とかアメリカの感染者数がまた増えてきて、とても困ったことになっているのです。ちなみに、今トップ3の累積感染者国はどこか知っていますか? 一番多いのはアメリカで、それからブラジルが2番、インドが3番です。ブラジルは「単なる風邪」と言っていたボルソナロ大統領が陽性になりました。7月には陰性で治ったのですが、奥さんも陽性になってしまって、8人の閣僚も感染してしまいました。閣僚の三分の一以上が感染してしまい、閣議をすると感染する状況になってしまったという困った状況です。途上国が困るのは、まず…
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第211回目のテーマは・・・・ <第211回のテーマ>-——————————————————— ① 一流の人たちだけ集う世界の住人になれ ② あなたが今日から幸せに生きるために必要なこと ————————————————————————————— 一流の人たちだけが集うステージが 存在していることをご存知でしょうか? もし、この一流のステージにあなたが 足を踏み入れることができれば 売上はこれまでにないくらい飛躍していき、 ライフスタイルや人脈までもが一気に好転していきます。 今回は、そんな「一流の人たちがだけ集うステージ」 についてお届けしま…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「猛暑でも体を涼しくする 新・ウエアラブル冷却ギア」をピックアップ。番組後半は、「オンライン帰省 親の安否を見守る」と題してお送りします。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために移動や外出が制限される中、実家にいる親との付き合い方も変わってきました。なかでも、積極的に取り入れたいのがビデオ通話を活用した「オンライン帰省」。すぐに始められるオンライン帰省のやり方などを紹介します。解説は日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、「猛暑でも体を涼しくする 新・ウエアラブル冷却ギア」をピックアップ。番組後半は、「オンライン帰省 親の安否を見守る」と題してお送りします。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために移動や外出が制限される中、実家にいる親との付き合い方も変わってきました。なかでも、積極的に取り入れたいのがビデオ通話を活用した「オンライン帰省」。すぐに始められるオンライン帰省のやり方などを紹介します。解説は日経トレンディ編集長の三谷弘美氏。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
2020年8月7日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。町田徹が今週取り上げたニュースは第10位 レバノン、首都で非常事態宣言。第9位 3メガバンクと りそな銀行が、個人間の送金手数料引き下げを検討。第8位 新型コロナウイルス、世界の感染者1860万人、死者70万人を突破。第7位 新型コロナウイルス、昨日の国内新規感染者は1477人に。第6位 賃金伸びずボーナスは減り、野菜は高騰。第5位 元徴用工訴訟の資産差し押さえ命令に対し、日本製鉄が不服として即時抗告。第4位 香港がアメリカ国籍の民主活動家を指名手配。香港国家安全維持法を海外滞在の外国人にも適用。第3位 売却か、それともサービス停止か。アメリカのトランプ大統領がティックトックの排除へ強権を発動。…
 
株式会社武蔵野の小山昇社長が、豊かな経験をもとに、中小企業経営についてわかりやすく解説します。第一週は「小山昇の経営相談室」です。尚、皆さまの経営のお悩み、会社運営のご相談など、次のアドレスからご投稿くださいhttps://ssl.radionikkei.jp/inquiry/form285.html また、武蔵野へのお問合せ等は、https://www.m-keiei.jp/ をご覧ください。 ラジオNIKKEI による
 
第191回「質問:資産2000万以上が条件の人材派遣業で消費税免除を受ける方法はあるのか?」大久保圭太、円道一樹 による
 
第276回「質問:組織における「素直さ」の重要性とは?」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】・MITアントレプレナーシップ・センターは、設立から30年を経て、体系的なアントレプレナーシップ関連科目や、多様な学生支援プログラムを提供している。インスピレーションからアクセラレーションまで、各種プログラムが連続的に配置されている点が特徴だ。 前回、1990年にMITアントレプレナーシップ・センターがスタートしたことを話したが、驚くべきことに、スタート当初はエド・ロバーツ教授の大学のオフィスがセンター設置場所だった。活動が拡大するにつれて徐々に広いスペースを獲得し、現在では教員やスタッフの執務スペース以外に、学生たちのオープンスペース、会議室、3Dプリンタなどを備えた工房、キッチンも設置されており、小さなイベントはこのセンター内で行われている。 1996年には、常勤マネジン…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
【今回のまとめ】・MITでアントレプレナーシップ教育を本格的に進めるために、1990年にアントレプレナーシップ・センターが設立された。ビジネススクールや工学部など学内組織が協力して設置された点が重要だ。 1990年代に入ると、学生たちのアントレプレナーシップへの関心は更に高まり、学生によるビジネスプラン・コンテストである1K(優勝賞金が1,000ドル)もスタートした(現在は賞金規模が100倍の100Kに)。ロバーツ教授は、当時の様子を「学生が自分たちでビジネスプラン・コンテストをやりたいって、研究室を訪ねてきたんだ。具体的な相談は、コンテストの優勝賞金を工面してもらえないか?ということ。その場で知り合いのベンチャーキャピタリストに電話したら快くOKしてくれて、それで1Kがスタートしたんだよ」…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 今日は、平川克美さんの『ビジネスに「戦略」なんていらない』という本を紹介します。洋泉社という出版社から新書として2008年に刊行されており、現在では新本として購入することが難しいかも知れませんが、知的刺激に満ちた好著ですので、古本市場などで探して一読されることをお勧めします。 著者の平川克美さんは、略歴によると1950年のお生まれで、早稲田大学理工学部を卒業された後、翻訳サービスを提供するアーバン・トランスレーションという会社を設立し、その後も99年にはシリコンバレーでのインキュベーション・カンパニーの設立に参加し、2001年にはリナックスカフェという会社を設立するなど、実業の世界に携わってこられた方です。一方、今日ご紹介する本の旧版に当たる『反戦略的ビジネスのすすめ』を2004年に出版さ…
 
今日は原価率の話をしようと思うんです。 あ。閉じるのちょっと待って。 原価率の話は半年くらいでビジネスを軌道に乗せる為に、一番大切だったりします。 逆に半年で立ち上がっていない理由にもなってたりしますから、必ず聞いて欲し […]コンテンツラボ 河野竜夫 による
 
第170回は「プロフィール最適化のススメ」と題してお送りします。 このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。 安:それでは大野さん 大野:はい。 安:今回は「プロフィール最適化」ということなんですが、このお話をしていただけますでしょうか。 大野:はい、そうですね。今回は英語版で話してくれている、シドニーのフェイスチャプターというところのメンバーのトムさん、彼はパーソナルブランディングの専門家ということでお話ししてくださっています。 以前も第59回で、このBNIのコネクトプロフィールについてはお話ししていますけれども、やはりコネクトのプロフィールをちゃんと書いていない人が、結構やはり多いということですよね。なので、例えば空白であったりとか、書い…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第210回目のテーマは・・・・ <第210回のテーマ>-——————————————————— ① 無限にチャンスを引き寄せ続ける人の特徴 ② 大逆境の中で大成功を掴む極意 ————————————————————————————— 人生が大きく変わるチャンスは 生涯の中で3回訪れると言われています。 この数回しかないチャンスをどうせなら 最大限活かして人生を短期間で大きく変えたいと思いませんか? 今回は、このチャンスを最大限活かすための 大切なエッセンスをお届けします。 実は、今回のお話をマスターしていただければ、 チャンスは3回どころではな…
 
年間500社の人事を訪問し続ける人事のプロフェッショナルであり、シンガーソングライターとしても活躍する楠田祐がお送りする人事の課題解決のためのトークセッション。今回のゲストは、前回に引き続き、ソフトバンクの源田泰之さん、AGC高橋健さん、ワークス・ジャパンの大川道隆さんです。楠田祐 による
 
 今日は『資治通鑑』という中国の歴史書をご紹介します。資料の資、政治の治、通すに鑑賞の鑑と書きます。この鑑(かねへんに監督の監)という字は、「かがみ」という訓を持ち、ありのままを写すことから歴史書という意味があります。このタイトルは政治に資する通史を意味している訳です。 編纂したのは、北宋の時代、1019年に生まれた司馬光という儒学者であり歴史家であった人です。『資治通鑑』は戦国期から北宋建国前年までの1362年間に亘る歴史を書いた294巻にも上る膨大な文献です。私はこの大著を通読した訳ではなく、ごく一部を訳出したちくま学芸文庫版で触れた程度ですから、無論、専門家としての立場で内容の全体像を解説しようとするのではありません。 では、どういう観点に立って本書を紹介するのかと言うと、洋の東西を問…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、ソニーのアパレル新素材「Triporous(トリポーラス)」をピックアップ。番組後半は、「SDGs 廃棄物から価値を生む 資生堂の新ブランド『BAUM(バウム)』の狙い」と題してお送りします。今や日本企業にとって避けて通れない「SDGs」(持続可能な開発目標)ですが、多くの企業がまだ手探りの状態。今回はSDGsを巡る世界や市場の流れの中、家具工場で余った木材を容器に使った資生堂の新ブランド「BAUM」の立ち上げの狙いを紹介します。解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聞けるポッドキャスト。番組前半の最新トレンドをチェックする「WEEKLY TREND KEYWORDS」では、ソニーのアパレル新素材「Triporous(トリポーラス)」をピックアップ。番組後半は、「SDGs 廃棄物から価値を生む 資生堂の新ブランド『BAUM(バウム)』の狙い」と題してお送りします。今や日本企業にとって避けて通れない「SDGs」(持続可能な開発目標)ですが、多くの企業がまだ手探りの状態。今回はSDGsを巡る世界や市場の流れの中、家具工場で余った木材を容器に使った資生堂の新ブランド「BAUM」の立ち上げの狙いを紹介します。解説は、日経クロストレンド編集長の吾妻拓氏。…
 
今日は「今年前半 緊迫する世界情勢を読み解く5つの事件」という内容で、同日放送の「町田徹の経済ニュースカウントダウン」で紹介した5位から3位の事件に引き続き、2位「マラソン会議を経て、コロナ復興基金設置合意。EUが存続の危機を乗り越える」、1位「アメリカが違法と宣言した『中国の南シナ海領有権』の野望」の事件について町田徹が熱く読み解きます。ラジオNIKKEI による
 
2020年7月31日放送分。1週間のニュースの中から政治・経済ニュースを町田徹が選んでお伝えします。今日は、この番組と5時35分からの「町田徹の経済ニュース ふかぼり」で、「今年前半 緊迫する世界情勢を読み解く5つの事件」をお送りしました。町田徹が選んだ5つの事件に順位を付け、5位から3位までをこの番組で、そして残りの2位と1位を5時35分からの「町田徹の経済ニュース ふかぼり」で紹介します。第5位 香港の1国2制度崩壊。浮き彫りになった習近平中国の危うい体質。第4位 社会の分断が蓄積する不気味なマグマ。アメリカの白人警官の黒人男性殺傷への抗議が示したもの。第3位 日本には大きなチャンスか? 5Gから燃え盛り始めた技術覇権争い。…
 
株式会社武蔵野の小山昇社長が、豊かな経験をもとに、中小企業経営についてわかりやすく解説します。第5週の今回は、「小山昇社用の仕事シリーズ」と出して、最近の著書の中らご紹介します。尚、皆さまの経営のお悩み、会社運営のご相談など、次のアドレスからご投稿くださいhttps://ssl.radionikkei.jp/inquiry/form285.html また、武蔵野へのお問合せ等は、https://www.m-keiei.jp/ をご覧ください。 ラジオNIKKEI による
 
第190回「質問:このタイミングで業界再生ファンドを立ち上げることの意義は?」大久保圭太、円道一樹 による
 
第275回「質問:好循環しはじめた組織の中で、何をすべきか?」井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。井上健一郎、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
本日は、組織が新しいメンバーを選抜する際の「妥当性」にフォーカスしてお話をしていきます。ある組織が採用を行う時、それが妥当なものであったかどうかをどうやって判別するか。これには色々な観点があり、一つひとつ掘り下げていくとそれだけでも一冊の本になるほどです。ちなみにこの採用活動のより詳しい論考にご興味がおありの方がいらっしゃいましたら、今神戸大学で教鞭をとっておられる服部泰宏先生が書いた『採用学』という書籍があります。非常に面白い本なので、ぜひお手にとってご覧ください。採用の妥当性に話を戻すと、色々な観点はあるものの、ざっくり「採用すべき人を採用できた」、「採用すべきでない人を不採用にした」という二点が達成できれば、これをもって採用活動は妥当なものだったと評価できる。これは皆さんもご同意いただ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
YouTube「小阪裕司チャンネル」始めました。 https://www.youtube.com/channel/UCtH73krTrRqmEKabaq4UPug 4ヵ月ほどになります。 SNSをやらない小阪が何故YouTubeだけ始めたのか? 4ヵ月の間にもずいぶん変化しているけれど、 その変化は何なのか? これからどうなっていくのか? 裏話・表話まじえて本人がお話ししておりますので、 どうぞ今回も楽しんでお聴きいただきお役立て下さい。 YouTube「小阪裕司チャンネル」 https://www.youtube.com/channel/UCtH73krTrRqmEKabaq4UPug ご登録もどうぞよろしくお願いいたします! ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● ワクワク系マーケテ…
 
今日は、組織が新しいメンバーを選抜し、採用するプロセスについてお話します。一般的に、企業は自社で働きたいという人を全て無条件で受け入れる事はしません。最近では来る者拒まずという事で応募してきた人全てを受け入れ、その代わりに仕事をして合わなかったらすぐバイバイというユニークな事例も見られるようになってきてはいます。ただ、これはまだまだ例外的な存在であって、ほとんどの組織にとって候補者をいかに選抜するかというのは重要なポイントになります。採用すべき候補者をいかに見極めるかについて、まず大きな分かれ目となるのは、本日お話する募集モデルと選抜モデルの区別になります。募集モデルというのは、社員を採用するにあたって、まずは出来る限り多くの応募者を集めるやり方の事です。自社が採用活動を行っていることを広く…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
第169回は「ブランドリフレッシュ」と題してお送りします。 このポッドキャストは、コンビニの人材育成を支援するこんくり株式会社の提供でお送りいたします。 安:さて、大野さん。 大野:はい。 安:今回は、BNIのブランドリフレッシュについてのお話ですね。 大野:そうですね。これは5月の15日に、すでにブランドの刷新ということで、日本でも刷新の手続きをもう始めていますけれども。日本のメンバーの皆さんも、すでに新しいロゴを目にされているんじゃないかとは思うんですけども、念のためこのポッドキャストのサイトのほうにもロゴの画像をアップしておきますので、確認してみていただきたいと思います。 この新しいロゴを見ていただくと、幾つか特徴というか、意味合いが込められているんですけども、私、正直言うと「これ新し…
 
今日はビジネスに関した英語表現です。前回から、産業の名称についてみてきています。総務省の日本標準産業分類から、色々な職業の名前を見て勉強していこうという話です。総務省はお役所ですから、我々の日常生活とは少し違った言い方をしていたりする場面もあるので、中々面白いことだと考えています。前回は農業でしたので、いわゆる農林水産業ということで、今回は林と水産について、簡単に見ていきたいと思っています。まずは基本の林業ですね。"forestry"と言います。林や森のforestにrとyをつけて"forestry"です。それから、漁業はfishにeryを付けて"fishery"と言います。先程の分類によると、林業の中にも色々と細かい区分けがありますが、大きな区分けの中に育林業というのがあります。つまり、林…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。ラジオNIKKEI による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login