Business 公開
[super 932129]
私たちが見つけた最高のBusinessポッドキャスト
私たちが見つけた最高のBusinessポッドキャスト
Listening to business podcasts is a great way for people to stay on top of the latest business news and trends, because of their portability - they can be listened to on the way home, in a car, during work, and even while working out. They are a good way for people to broaden their knowledge of management, leadership, analytics and all the vagaries of business, local and abroad, even if they are short of free time. Here you can find a lot of podcasts hosted by professionals and small business owners, with years of experience behind them, who analyse and comment on the latest events, often accompanied by other experts. Also, there are podcasts that offer a weekly analysis of top business and investing stories, the Ad sector, an inside look at the stocks, etc. Aside from analyses, there are courses designed by experts, offering strategies and insight in everything one might need to start building their digital business as well as specific actions for them to take in order to achieve their desired management and career objectives.
もっと

Download the App!

show episodes
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
関西には、先進性と創造性に富んだ、ユニークな中小企業が多く存在します。これまでに多くのビジネスが関西で生まれ、日本全国、さらには世界へと広がりました。番組では、社会を明るく照らす関西企業の社長に、その取り組みや成功秘話、これからの夢を語っていただきます。そして、企業同士のマッチングや新規人材開拓などにつなげ、関西の元気を応援します。
 
上場企業から中小企業まで延べ200社以上の組織構築・人材開発支援を行った井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/inoue/q/ ●井上健一郎:「感情」に重きを置いた、独自の組織マネジメントを展開。 主な著書に『デキる部下だと期待したのに、なぜいつも裏切られるのか?』、『部下を育てる「ものの言い方」』、『“ゆとり世代"を即戦力にする50の方法』。 ●プロデュース:CKプロダクション株式会社 https://ck-production.com
 
税理士の大久保圭太が、経営者をはじめ、ビジネスパーソンが知っておくべき 財務やお金に関わる情報をわかりやすくお伝えする番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/ ●大久保圭太: 早稲田大学商学部卒。会計事務所を経て、中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。 中堅中小企業から上場企業まで、幅広い企業に対する財務コンサルティング・企業再生・M&A業務に従事。2011年に独立しColorz国際税理士法人(旧税理士法人ACS)及びColorz Consulting株式会社を設立。税理士業務にとどまらずColorz Groupの代表として、累計数百社に及ぶ財務戦略プロジェクトを統括。 ●プロデュース:CKプロダクション株式会社 https://ck-production.com
 
「ダイレクト・レスポンス・マーケティングを使った集客・販売」「コピーライティング」「インターネットを使った集客・販売」「起業、新規ビジネスの立ち上げ」に関する「効果実証済み」の情報をご提供する事によって、中小ビジネスの集客、売上アップ、利益向上をサポートしています。
 
多様なジャンルの専門家の講義で「使える学び」をお届けする文化放送のラジオ番組「オトナカレッジ」。 「マネー学科」(ダイヤモンド・ザイ)、「教養学科」(各専門家)、「健康学科」(水島広子・笠井奈津子)、「世界史学科」(茂木誠)の各学科で、ライフスタイルの提案と教養をテーマに講義をお届けします。 また「経済・ビジネス学科」では、経済学の考え方(飯田泰之)、スキルアップ(日経ビジネスアソシエ)、マーケティング(永井孝尚・牛窪恵)、観光ビジネス(鳥海高太朗)、最新経済トピックス(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)など、ビジネスの現場で使える講義をお届けします。
 
「労務トラブル対応を間違えてほしくない」そんな思いから、弁護士の岸田鑑彦が経営者の立場に立ち、間違えやすい労務トラブルに適切な最初の一手、さらにその先の二手、三手をお伝えします。 パーソナリティー:使用者側労務専門弁護士 岸田鑑彦(きしだあきひこ) ナレーター:栃尾江美(とちおえみ) 制作:Podcast Producer 田島一希(たじまかずき)
 
商売の極意 ― それは、人の営みのヒミツ。 人間の科学 ― それは、商売に通ずるトビラ。 この番組では、学術研究と商売の現場での実践を併せもった小阪裕司(プロフィールhttp://www.kosakayuji.com/profile.php)独自の視点から、「商売の極意と人間の科学」をお伝えいたします。【小阪裕司:博士(情報学)/オラクルひと・しくみ研究所代表、人の「感性」と「行動」を軸にした独自のビジネスマネジメント理論を研究・開発し、2000年からその実践企業の会「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰。学術研究と現場実践を合わせ持った独自の活動は、産官学民多方面から高い評価を得ている。日本感性工学会理事、九州大学・静岡大学・中部大学客員教授】 番組バックナンバーはこちらから。http://www.kosakayuji.com/podcast_backnumber.php
 
ゆる〜くマネーについて語るラジオ 「マネラジ。」 出演者:頼藤 太希(よりふじ たいき)、高山 一恵(たかやま かずえ) 家事・育児中、ご飯中、旅行中、就寝前などで、「お金」について本当にゆる〜く勉強できちゃうPODCAST番組です。 「あ〜そういうのあるある!」から「なるほど〜!」まで、筋書きのないドラマでとことん話していきます。お金の気になるニュースの解説・考察、オススメの書籍の紹介などもします! この番組ではリスナーの皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。 info@moneyandyou.jpまでお寄せください。
 
海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています
 
新経営戦略塾・経営のヒント+

1
新経営戦略塾・経営のヒント+

石原明(経営コンサルタント)、小島幹登(連続起業家)

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー
 
新経営戦略塾・経営のヒントプラスは、経営コンサルタントの石原明先生が創設された、累計ダウンロード数6000万回を超える番組。2021年2月からは、会員制の勉強会“新経営戦略塾”の講師も務める小島幹登社長が、毎週金曜日に配信。 【創設者】石原 明 (いしはら あきら) 経営コンサルタント。経営ノウハウやマーケティングを学ぶ「新経営戦略塾」には約1200人が登録。著書に、累計30万部を超える『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)など。 【講師】小島 幹登(こじま みきと)連続起業家 (株)イーメディック代表取締役及び下記を初めとする30社以上の企業オーナー 化粧品通販(年商10〜20億円を3社、内2社は会社売却)、医薬品通販、美容クリニック(年商8億円で、2019年に大手に売却)、歯科クリニック(事業譲渡)、泌尿器科クリニック(全国6医院まで拡大し事業譲渡)、瞬読事業(速読教室。書籍は2冊で13万部)、株式投資などの投資家向け情報提供サービス(会員約3000名)、不登校支援スクール、テニススクール事業、セミナー・講演のプロデュース。そ ...
 
日本が抱える課題について考え、より良い未来に向けて議論するプロジェクト・未来会議。人類は、「 」社会へと向かう。をテーマに、ラジオNIKKEIの番組と日本経済新聞の紙面や電子版ほかグループ各メディアを通じて経営者と若い方々が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。日本を代表する有力企業経営者から提示される課題に、感性あふれる提案をお寄せください。アイデアのご応募やプロジェクトの詳細は、日本経済新聞社の特設サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)をご覧ください。
 
日本最大級の人事ポータルサイト「HRpro」プレゼンツ。 「楠田祐の人事放送局〜有名企業の人事にズバリ聞く!」 年間数百社の人事を訪問し続けている人事のスペシャリストであり、シンガーソングライターとしても活躍するHRエグゼクティブコンソーシアム代表の楠田祐が、有名企業の人事や人事をサポートする専門家を招いて、企業が抱える課題や実際の事例を紹介しながら解決策を模索していきます。 (パーソナリティ:HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田祐、企画・制作:ProFuture株式会社、制作:株式会社オトポート)
 
Loading …
show series
 
2023年2月3日金曜日。経済ジャーナリスト町田徹が取り上げた今週の経済ニュースは以下の5つでした。〈第5位〉ロシアの強硬派や反政権派の間で、ロシア軍を批判する声が広がる。〈第4位〉去年12月の食品の店頭価格、5%を超える値上がりに。〈第3位〉アメリカ政府、中国のファーウェイに対し全面禁輸を検討か!?〈第2位〉 水曜のFOMC(連邦公開市場委員会)で、アメリカのFRB(連邦準備理事会)が利上げ幅を0.25%に縮小。〈第1位〉130万円などの「年収の壁」問題。岸田総理が解消の意欲を表明。そして「今日のふかぼり」はこちらのテーマを取り上げました。「『年収の壁』、いろいろ言われるけど、ホントに注意すべきこととは?」岸田首相は、先週月曜日、衆参両院の本会議で行った今国会の施政方針演説でこのように述べ…
 
第321回 特別ゲスト・白川正芳氏「第三者承継の教科書 中小企業の新しい選択肢」 ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
第406回 相手に「なぜ/どうして」と聞いても詰問にならない方法 井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓↓↓ https://ck-production.com/podcast/inoue/q/井上健一郎、円道一樹 による
 
この政策が実現したら、 とんでもないインフレがアメリカを襲います。 というのも、紙幣ではなく“硬貨”を発行して、 財源にしてしまうおうという話が 出てきているらしいのです。 硬貨は政府が発行元なので、 FRB(アメリカの中央銀行)に借金をすることなく、 無限に作ることが出来るという話です。 確かに、理論上はその通りなのですが… もし、本当に実行されたら、 間違いなくアメリカ経済は おかしな事になります。 これはどうも日本のMMT理論と 同じ匂いがプンプンと漂ってきています。 というわけで今回は、 アメリカで噂されている ・政府硬貨発行のウワサ について、詳しく 検証していきたいと思います。 動画概要(8分25秒) ・どこにでもいるバカげた政策論者 ・余談:コーヒーこぼしてパソコンお陀仏 ・そ…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
会社売却と事業売却の違いとは?同じ売却でも、実は、全く違いますが多くの方は違いを理解していません。小島社長に、その本質的な違いを解説して頂きました。この違いが分からないと、売却時に、「そんなはずじゃなかった。。」というリスクが発生する場合があります。 また、「フランチャイズに加盟して、その事業を売却することの是非」についても、解説して頂きました。「売却の意味」について、より深く学ぶことが出来る貴重な音声です。是非、お聞きください。 ★Information★――――――――― ■経営のヒント+への質問 Podcastへの質問は、【info@m-aim.jp】こちらのメールアドレス宛に、件名を「経営のヒントプラスの質問」と明記してお送りください。 たくさんの質問をお待ちしています。 ■小島幹登…
 
【質問内容】 横森さんは中国寄り(習近平擁護)の発言が見受けられますが、横森さんは保守なのかリベラルなのか、どちらの思想でしょうか? https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2023/20230127_QA_YokomoriShiso.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月27日収録] ———————–野村秀明 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
『未来会議プロジェクト』は「人類は、『   』へと向かう。」をキーワードに、未来に向けた様々な課題を企業トップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、日本経済新聞『未来面』の紙面と連動したプロジェクトです。今回は1月11日の放送で募集した大和ハウス工業株式会社 代表取締役取社長/CEO 芳井敬一さんからの課題「あなたの生きる喜びは何ですか?」にお寄せいただいたみなさんの投稿の中から、芳井社長にお選びいただいた優れたアイデアと芳井社長からのご講評をご紹介します。なお番組内で発表しきれなかった投稿は日本経済新聞電子版「未来面」のサイトでも発表されていますので、合わせて御覧ください。
 
”1年で売上10倍!” ”年商10億突破!” こんなふうにビジネスは売上規模で評価されるものです。 自分もそうありたいものだと思いますよね。 では,上手くやりさえすれば売上が大きくなるのか?というとそうでもないんです。 […] The post そのビジネスがどこまで伸びるか見極める方法【第659回】 first appeared on 株式会社コンテンツラボ.コンテンツラボ 河野竜夫 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
「イノベーション」という現象の不思議さや面白さを反映しているような逸話をお話しするシリーズです。今日は、「赤の女王」というエピソードを紹介します。イギリスで出版されたイノベーション論のテキストで、「マネージングイノベーション」という本があります。日本語版では「イノベーションの経営学」というタイトルで販売されています。その第一章は、ルイス・キャロルの鏡の国のアリスの引用から次のように始まります。"赤の女王は言いました。ここでは同じ場所に留まるだけでも必死に走らなければならないの。そしてどこか他所へ行くつもりなら、せめてその倍の速さで走らないとね。"鏡の国に迷い込んだ主人公のアリスに向かって、トランプのハートのクィーンが言うセリフですが、生き残るためには進化し続けなければならないという意味です。…
 
https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2023/20230127_544_EggsInflation.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月27日収録] ———————–野村秀明 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
■第136回は、2024年NISA改正に備えて今やるべきことや、2024年以降の戦略について2024年に始まる統合NISAでは、・制度が恒久化・非課税期間の無期限化・年間投資枠の拡大・生涯投資枠1800万円(うち成長投資枠1200万円)の設定・つみたて投資枠と成長投資枠、両制度の併用可・売却枠(投資元本ベースの管理)の再利用可といった改正が行われます。今回は、2024年からのNISA改正にあたり、現行NISAは始めておいた方がいいのか、特定口座の資産は売却して新しいNISAに備えるべきなのかなど…気になる10の疑問にプロが回答します。Q1.投資資金は2024年に向けて貯めておいた方がいい?Q2. 2023年に始めた方が良いのはわかったけど、一般NISAとつみたてNISAどっちを始める? Q3…
 
はじめまして。安田 聡子と申します。QBSでは「産業と技術」という科目でイノベーションについて講義しています。ここでは、イノベーションという現象の不思議さや面白さを反映しているような逸話を紹介していきたいと思います。今日は、「帆船効果」と呼ばれる現象をご紹介します。帆船とは帆を掛けた船のことです。まずは、イノベーションについてお話しします。イノベーションとは、新しい知識や製品サービスを生みみ出し、それを普及させることによって社会に新しい価値を提供することです。そして、そのイノベーションのプロセスには長い年月がかかっているということを意味します。今私たちが便利に使っている物は、何年も前に生まれた小さなアイデアから始まっているわけです。例えば、今話題になっている自動運転技術も、最初の開発から既に…
 
フランスで尋常ではない規模の ストライキが発生しています。 その数なんと100万人越えです。 多くの公共交通機関やサービス、学校は まともに機能しなくなったと言います。 一体、フランスで何が起こってる というのでしょうか? 実は、理由は至ってシンプルで、 ・年金受給年齢の引き上げ に対して、国民が猛反発しているのです。 ただ… 話はこれだけでは終わりません。 年金問題なんて、日本でもよく言われてる通り、 少子高齢化が進んでいる多くの先進国にとって メジャーな議論の1つです。 では、この事態の本質はどこにあるのか? それが、今回の動画になります。 今、世界全体がとある方向に 動かされようとしていると 横森は分析しています。 その行きつく先は… ・財政問題 もっというと、国債暴落、 デフォルトに…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は日経BPから発行された書籍『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』を紹介します。名物現役広報パーソンであり、この本の2人の著者のおひとりであるDoen代表取締役 CEOの遠藤眞代(えんどう・まさよ)さんをゲストにお招きし、これまで語られることのなかった「メディアとの攻防」について、企業の側からその実態をお話しいただきます。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と同書編集担当の酒井康治編集委員。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は日経BPから発行された書籍『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』を紹介します。名物現役広報パーソンであり、この本の2人の著者のおひとりであるDoen代表取締役 CEOの遠藤眞代(えんどう・まさよ)さんをゲストにお招きし、これまで語られることのなかった「メディアとの攻防」について、企業の側からその実態をお話しいただきます。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と同書編集担当の酒井康治編集委員。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第330目のテーマは・・・・ <第330回のテーマ>-——————————————————— ① 顧客をスターにしてファンを増幅させろ! ② 顧客から尊敬される関係性の作り方 ————————————————————————————— 前回の放送では、 お客さんを活用した新しい集客方法 についてお届けしました。 今回は、その具体的に方法について お届けしたいと思います。 今回の方法を知っておかないと、 自分がかけた大切な時間と労力が すべて水の泡になってしまいます。 反対に今回の方法を取り入れることで 少ない時間とエネルギーで ファンを増幅させ…
 
2023年1月27日金曜日。経済ジャーナリスト町田徹が取り上げた今週の経済ニュースは以下の5つでした。〈第5位〉昨日、IMF=国際通貨基金が「対日4条協議終了にあたっての声明」を公表。〈第4位〉新型コロナ、5類への移行は大型連休明けの5月8日に。〈第3位〉アメリカ司法省がグーグルを反トラスト法違反で提訴。〈第2位〉 月曜日、通常国会が召集され、岸田総理が施政方針演説〈第1位〉各国が慎重だった最新鋭の戦車をウクライナへ供与する問題。アメリカとドイツが揃って方針を転換そして「今日のふかぼり」はこちらのテーマを取り上げました。「日本、アメリカ、韓国のアジア版NATOを懸念する北朝鮮は、戦術核の大量生産と固体燃料型ICBMの開発に突き進むのか!?」日本経済研究センターの首席研究員で、中国、北朝鮮など…
 
第405回 「ふわっ」としたものを概念化しないからズレる!? 井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓↓↓ https://ck-production.com/podcast/inoue/q/井上健一郎、円道一樹 による
 
第320回 「インボイス制度」に登録しないという選択肢はない! ★番組への質問はこちら↓↓ https://ck-production.com/podcast/okubo/q/大久保圭太、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
アメリカの財政が 波乱の様相を呈してきています。 いわゆる、 ・債務上限問題 というやつです。 上限に達すとどうなるかというと、 新規の国債を発行できなくなります。 では、国債が発行できなくなると、 どういう事態に陥るのか? 今回は、ここを詳しく解説しました。 リセッションどころか、 世界大恐慌の発端になるほどの事態が、 今のアメリカで起きようとしているのです。 ドルの価値や、ハイパーインフレなど、 影響の範囲が大きい話になりますので、 この動きには警戒が必要です。 動画概要(13分19秒) ・噂のアメリカ債務上限問題 ・今までは合意してきた民主党&共和党 ・ケビン・マッカーシー下院議長の微妙な立ち位置 ・やはり2023年8月なの? ・新規国債発行がなくなると何が起こる? ・ドル視点で見ると…
 
会社売却と事業売却の違いとは?同じ売却でも、実は、全く違いますが多くの方は違いを理解していません。小島社長に、その本質的な違いを解説して頂きました。この違いが分からないと、売却時に、「そんなはずじゃなかった。。」というリスクが発生する場合があります。 また、「フランチャイズに加盟して、その事業を売却することの是非」についても、解説して頂きました。「売却の意味」について、より深く学ぶことが出来る貴重な音声です。是非、お聞きください。 ★Information★――――――――― ■経営のヒント+への質問 Podcastへの質問は、【info@m-aim.jp】こちらのメールアドレス宛に、件名を「経営のヒントプラスの質問」と明記してお送りください。 たくさんの質問をお待ちしています。 ■小島幹登…
 
前回、「ブリッツスケーリング」という言葉をご紹介しました。アメリカの大企業、いわゆる「GAFAM(Google・Amazon・Facebook・apple・Microsoft)」に代表されるような企業が急成長してきた背後には、「ブリッツスケーリング」と言われる成長戦略があったというお話です。これは中々日本の企業が出来ていない戦略で、そこに日本とアメリカの違いがあるというお話でした。「ブリッツスケーリング」をするためには、企業家・投資家だけではなく、国を挙げてやっていく必要があるという状態になってきています。前回お話した通り、Facebookは1000億円以上集めていますし、集めたお金の使い道がありました。これはどういうことかと言うと、スタートアップの可能性を信じて投資を出来る投資家が育ってい…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
【質問内容】 北海道に住んでいますが、この冬の光熱費が去年と比べると2倍になっています。光熱費はどこまで上がるのでしょうか? また対策などありましたら教えてください。 https://keizaiclub.com/wp-content/uploads/2023/20230120_QA_Utility.mp3 音声ダウンロード(MP3)[1月20日収録] ———————–野村秀明 による
 
年が明けて、 小阪主宰「ワクワク系マーケティング実践会」では、 https://kosakayuji.com/wakuwaku/ 今年の指針を語る講演や会合が立て続いています。 参加した会員さんからは、 「新春セミナーは盛り沢山、 そして今年も成長するべく気合が入る日でもあります。」 「2023年の行動すべき指針を学ばせていただき 更に躍進していく決意ができました。」 「今日、今、この瞬間からギアを上げます!! 顧客にとって面白い意味のあるサービスを提供し続けられるように精進します。」 「前を向いている人達の中にいるということで、勇気ややる気ももらえたような気がします。 さっそく伝染したもようです(笑)」 「いい話を聞いたのはもちろんですが、やらなければいけないことがたくさん湧いてきました。…
 
『未来会議プロジェクト』は「人類は、『  』社会へと向かう。」をキーワードに、未来に向けた様々な課題を企業トップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動したプロジェクトです。今回は 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/CEO 芳井敬一さんへのインタビュー【後編】の模様をお送りします。
 
先週、僕がAmazon上の詐欺手口にひっかかりそうになったって話をしました。 「ネットの世界を知ってる風」の仕事をしているくせに恥ずかしいとも言いましたが、 詐欺に引っかかったことはないものの、詐欺的な手口の勧誘を受けた […] The post 怪しい人や怪しい話を見抜く方法【第658回】 first appeared on 株式会社コンテンツラボ.コンテンツラボ 河野竜夫 による
 
前回は、「GAFAM」と言われるアメリカの大企業がなぜ強いかについてお話しました。いわゆる、Google、Amazon、Facebook、Apple、そしてMicrosoftに共通することとして、ソフトウェアでありコピーがしやすいということ。そしてエコシステムが上手く作れていること。インターネット、スマートフォンで世界が繋がったことで急成長してきたというお話でした。今日は、日本でそういう企業は生まれるのかというお話をしていきます。こういう会社をどうやって作っていくのかについて様々な人の話を聞いてきた結果、日本の起業家は優秀だということがわかりました。世界に通ずるプロダクトを作り上げる入口には立てています。では違いは何かというと、世界で勝負するためのスケーリングの所で起きていると言われています…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今日は中国のゼロコロナ終了とウィズコロナへの転換という話をします。去年、中国はずっとゼロコロナと言っていたんですが、上海のロックダウンや経済があまり回復しないという状況、人民の抗議活動を経て、11月、12月にかけてゼロコロナの緩和とウィズコロナへの転換をはじめました。11月に20条措置ということを行い、12月には10条措置を行いました。最初の20条措置では、中央から地方政府に、このように緩和しなさいと指示がありましが、緩和によるコロナの拡大を懸念した地方は、あまり緩和を行いませんでした。そこで、12月6日に習近平が共産党の政治局会議を召集して、事実上ゼロコロナからウィズコロナへの転換となるさまざまな措置を10条措置として発表しました。これは、無症状や軽症者は自宅隔離で良い、地方政府は独自に工…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
今回は世界景気の悪化について話をします。まずコロナは2021年からワクチンが出来て重症者は少なくなってきましたが、去年の2022年は、1〜3月にオミクロン株が世界中で出てきて、その後色々なところで変異を繰り返しました。BA.2になったり、日本だとBA.5になったり、アメリカだと今XBB1.5というような色々なオミクロン株に変わっています。今年の1月12日段階の統計で、6.7億人の累積感染者数がいて、673万人が死亡したというデータがありますが、これは中国を除いたものです。去年の12月から今年の1月にかけて中国が大変なことになっていて、これは次回に話しますが、中国は何億人も感染したそうで、中国を入れると数字が全く違ってきます。致死率は一時期に比べるとずいぶんと下がりました。一昨年には感染者の中…
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は日経BPから発行された書籍『哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』を紹介します。著者の博報堂生活総合研究所 上席研究員の前沢裕文さんをゲストにお招きし、膨大な調査データをもとにした「40代男性」の意識や行動、価値観などの変化、コロナ禍を経た40代おじさんの姿についてお話しいただきます。さまざまな年代の有識者へのインタビューも紹介します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と同書編集担当の森岡大地副編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
 編集部のトレンド・キーワード解説を音声で聴けるポッドキャスト。今回は日経BPから発行された書籍『哀しくも愛おしい40代おじさんのリアル』を紹介します。著者の博報堂生活総合研究所 上席研究員の前沢裕文さんをゲストにお招きし、膨大な調査データをもとにした「40代男性」の意識や行動、価値観などの変化、コロナ禍を経た40代おじさんの姿についてお話しいただきます。さまざまな年代の有識者へのインタビューも紹介します。解説は日経クロストレンドの佐藤央明編集長と同書編集担当の森岡大地副編集長。Nikkei Business Publications, Inc. による
 
『売上の仕組み化』をテーマに中小企業から一部上場の 大手企業まで計300社以上の業績を改善してきた マーケティングコンサルタント船ヶ山哲がお送りする 第329目のテーマは・・・・ <第329回のテーマ>-——————————————————— ① ライバルを味方につけて集客力を100倍にする ② 2023年を飛躍の年にする年間計画の立て方 ————————————————————————————— あなたは集客が得意ですか? この問いに「得意です」と言い切れる人は ほとんどいないのが現実です。 それほど集客は難しいのですが、 今回お伝えする方法を活用することができれば、 あなたが頑張らなくても、 お客さんを大量に獲得することができます。 商圏やお客さんの数は勝手にどんどん拡大し、 ひいてはビ…
 
2023年1月20日金曜日。経済ジャーナリスト町田徹が取り上げた今週の経済ニュースは以下の5つでした。〈第5位〉先端半導体の対中輸出規制、日本も近くアメリカに同調か。〈第4位〉2011年の福島第1原子力発電所事故を巡る裁判、3人の元東電幹部たちが、またもや刑事責任を免れる。〈第3位〉ポーランドからのドイツ製の戦車の供与が焦点に。〈第2位〉中国にも少子高齢化・人口減少時代が到来。2022年の出生率が過去最低を記録 。〈第1位〉黒田日銀、市場の期待を裏切って、金融緩和縮小を見送り。そして「今日のふかぼり」はこちらのテーマを取り上げました。「世界一の経済大国・中国は幻に終わるのか!?GDPでアメリカを逆転することが不可能に。」2010年、中国は、GDP(国内総生産)で、日本を抜いて、世界第2位の経…
 
第404回 報連相のポイントは、「経過」と「◯◯」 井上健一郎が、組織・人に関わるあらゆる問題をわかりやすく解説する番組です。 ★番組への質問はこちら↓↓↓↓ https://ck-production.com/podcast/inoue/q/井上健一郎、円道一樹 による
 
audiobook.jpとiPhoneアプリで配信している「聴く日経」のヘッドライン部分をお聴きいただけます。「聴く日経」の本編はaudiobook.jpかiPhoneアプリ「聴く日経」でお聴きください。なお、「聴く日経」本編でも日経産業新聞と日経MJはヘッドラインのみ配信しています。
 
会社売却と事業売却の違いとは?同じ売却でも、実は、全く違いますが多くの方は違いを理解していません。小島社長に、その本質的な違いを解説して頂きました。この違いが分からないと、売却時に、「そんなはずじゃなかった。。」というリスクが発生する場合があります。 また、「フランチャイズに加盟して、その事業を売却することの是非」についても、解説して頂きました。「売却の意味」について、より深く学ぶことが出来る貴重な音声です。是非、お聞きください。 ★Information★――――――――― ■経営のヒント+への質問 Podcastへの質問は、【info@m-aim.jp】こちらのメールアドレス宛に、件名を「経営のヒントプラスの質問」と明記してお送りください。 たくさんの質問をお待ちしています。 ■小島幹登…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド