show episodes
 
未来の学校はどんなものであるべきでしょう? 脳はどのように学習するのでしょう? TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れた教育者、研究者、コミュニティのリーダーたちがその体験やビジョンを聞かせてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
D
Dream HEART

1
Dream HEART

TOKYO FM

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー
 
彼らはなぜ挑戦を続けるのか?文化、教育、平和、環境、ビジネスも含め、国内外で活躍する人々の姿、生き様を紹介する番組。新パーソナリティに茂木健一郎を迎え、世界を見据えたゲストお招きし発信していきます。
 
この番組は、異文化に暮らす図工の先生とクラフトビール探検家の2人が話す放送室です。 東京に暮らす山ちゃんとロサンゼルスに暮らす谷くんが、日米間の子育て、教育、アート、カルチャーなど、日々起こる人生の山や谷を面白がりながらおしゃべりします。 【山ちゃん】 都内小学校の先生兼ワークショップデザイナー。学校内外でアーティストや専門家、企業と連携した授業やワークショップを実践。子どもたちとともに創造する環境をつくりだす。 ◆ Instagram https://www.instagram.com/tottorie ◆ note https://note.com/uske1928 【谷くん】 アメリカ在住新米パパ。クラフトビール探検家・とも蔵として著書やSNS、YouTubeでクラフトビール文化を発信する傍ら、写真家・グラフィックデザイナーとしても国際的に活動。 ◆ Instagram https://www.instagram.com/tomozobeer ◆ website https://www.tomotany.com ◆ クラフトビールの様々な普及活動 https://link ...
 
武庫川女子大学バスケットボールチーム(MWU LAVYS Basketball Team)のヘッドコーチとして、大学日本一という夢の実現に向けて日々登り続ける坂道の途中に、感じたり考えたりしていることを語るポッドキャストです。 スポーツのコーチングだけでなく、仕事・組織運営・教育・子育…いろんなことに繋がる根源的なことについてBlog, Facebook, Twitter, Instagramで発信している記事では伝えきれないこと……自分が本当に何を感じ、何を考え、何を大切にしているかなんて、一旦自分の体の外に出してみないとわからないので、自分自身の頭の整理のために、自転車通勤途中にスマホに向かってアウトプットしたものを、編集なしで10〜15分の短編でアップします。配信は不定期です。 【SNS情報】 Blog『坂の上の夢』:http://basketball-coach-s.blogspot.com/ Facebook:https://www.facebook.com/kazuaki.sakai411 Twitter 1:https://twitter.com/kazuaki_ ...
 
英語があなたの習慣になる「めざまし英会話」のブログです。iTunesポッドキャスト総合、教育・言語カテゴリで1位獲得しました!iPhoneアプリリリースしました。教育カテゴリ3位ランクイン!iTunesでめざまし英会話で検索してね。
 
本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです。
 
福岡大学経済学部のベンチャー起業論では、毎週来られる様々な業種の企業経営者の方々のお話を聞くだけではなく、学生が積極的に教壇の前に立ち、与えられた課題を発表したり、様々なプロジェクトを立ち上げ、活動しています。この講義を受講することで、行動力を身に付け、社会に出てから役に立つことを実践できます。
 
アルマ出版語学教科書の音声教材:英会話・初中級(大学向け)。アルマ出版は言語教育研究と日本人学生向けに特化した効果的な教科書を出版・販売する会社です。Conversations in Class was written with the singular purpose of training (low) intermediate level Japanese university students to conduct original, personal exchanges of information in a culturally appropriate manner. Frequent pair practice is an integral part of the course, and students will learn much about the lifestyles, habits and opinions of their classmates and teacher. They will build their skills and confiden ...
 
法学専攻の北京大学生と心理学専攻の大阪大学生が日本語・中国語でテーマを持ち寄って雑談する番組です! Contact us :bilingualchat@126.com Twitter:@bilingualchat YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCBAuRrERqyOYaL1TPJ19d4A
 
We are just talking about therapy and rehabilitation!
 
Loading …
show series
 
講談社現代新書『人生百年の教養』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
何やら新しいモノを買ったという谷くん。今回のエピソードは、谷くんが最近買ったAppleのM1チップ搭載MacBook Airのお話からスタートします。 そしていつもと違うメガネで収録に挑んだ山ちゃんから二人の話題はメガネへ。メガネをかけている人なら共感できるメガネあるある話満載でお届けします。 いつも山あり谷あり放送室を聴いてくだり、本当にありがとうございます。皆さまからのお便り、ご感想、ご質問お待ちしております。 それでは、良い一日をお過ごしください! 【リスナーの皆様へ】 ◆ 質問箱を設置しました!番組へのお便り、ご感想等、こちらからお気軽にどうぞ↓ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdQHIyxRFs1D73GZVojXPQ2G5I2D…
 
今週のお客様は、今、注目の映画 『マイスモールランド』の監督、 川和田恵真さんです。 川和田さんは、是枝裕和監督が率いる 「分福」所属の気鋭の新人監督で、 今作で商業映画デビューとなります。 この映画では、日本での難民申請の問題をはじめ、 様々な問題が描かれています。 なぜ、ドキュメンタリー映画としてではなく、 フィクションとして描いたのか? 映画『マイスモールランド』の撮影秘話から、 川和田監督が受け取った、是枝監督からの手紙とは…? じっくりお話を伺っていきます。 来週も引き続き、川和田恵真さんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、川和田恵真 による
 
講談社現代新書『オッサンの壁』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、 今注目の劇作家、根本宗子さんです。 今週は、根本さんと演劇対談! 俳優さんを選ぶ決め手について また、今後、根本さんが一緒に お仕事をやってみたい俳優さんについて、 そして、根本さんの夢とは…? たっぷり伺っていきます。 来週のゲストは、現在公開中の映画『マイスモールランド』の監督、川和田恵真(かわわだ・えま)さんです。茂木健一郎、根本宗子 による
 
講談社現代新書『人間関係のレッスン』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、今注目の劇作家、 根本宗子(ねもと・しゅうこ)さんです。 根本さんは、常に演劇界で新しい仕掛けを考え、 観客を魅了し続けていらっしゃいます。 その根本さんが、小学館より初の長編小説となる、 『今、出来る、精一杯。』を刊行されました。 この作品は、根本さんご自身が脚本・演出を手がけ、 2013年に初演された戯曲を小説化した1冊です。 なぜ、今、この作品を小説として発表されたのか? 作品の魅力と共に、じっくりお話を伺います。 来週も引き続き、根本宗子さんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、根本宗子 による
 
講談社現代新書『社会学史』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
【今回の内容】 目的(why)をはしょって何を(what)どうやって(how)だけを伝えること/状況と関係なくwhatとhowをどんなに忠実に実行しても成果は出ない/原則-準原則-順々原則……を作っていく/戦術的ピリオダイゼーション/複雑系/生き物ような攻撃と機械のような攻撃/ 【SNS情報】 Blog『坂の上の夢』:http://basketball-coach-s.blogspot.com/ Facebook:https://www.facebook.com/kazuaki.sakai411 Twitter 1:https://twitter.com/kazuaki_sakai Twitter 2:https://twitter.com/WinningMastery Instagram:…
 
今週のお客様は、引き続き、 芸人・俳優・コラムニストなど 多方面でご活躍中のマキタスポーツさんです。 「将来は地元・山梨を盛り上げたい」 今回はマキタスポーツさんの夢について、 じっくりお話を伺いました。 来週のゲストは、劇作家・根本宗子(ねもと・しゅうこ)さんです。茂木健一郎、マキタスポーツ による
 
【今回の内容】 年齢を重ねると頭が固くなる/年齢を重ね経験を積むことは本棚の本が増えていくこと/本が増えるだけじゃなく並べ方も固定かする/新しい見方や考え方を受け入れることは本棚の本を一回全部本棚から出して新しい並べ方で整理し直すこと/本が多いほど作業は大変/ 【SNS情報】 Blog『坂の上の夢』:http://basketball-coach-s.blogspot.com/ Facebook:https://www.facebook.com/kazuaki.sakai411 Twitter 1:https://twitter.com/kazuaki_sakai Twitter 2:https://twitter.com/WinningMastery Instagram:https://w…
 
講談社現代新書『現代思想入門』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、芸人・俳優・コラムニストなど 多方面でご活躍中のマキタスポーツさんです。 「生涯に1度しか書けないものを書いた」 マキタスポーツさん自身の過去をモチーフにした、 自伝的な内容の初の長編小説『雌伏三十年』について、 じっくりお話を伺いました。 来週も引き続き、マキタスポーツさんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、マキタスポーツ による
 
ロシアのウクライナ侵攻で多くのものが破壊されました。ウクライナの子供たちが未来を築く場所である何百もの学校も例外ではありません。それでもウクライナの人々は知識と好奇心の追求をあきらめません。教育指導者のゾーヤ・リトヴィンは、この感動溢れるトークで、キーウから避難した体験を語り、戦争と破壊の最中にも子供たちを教育し続けようと奮闘する様子をリアルに伝えます。彼女は言います。「たとえ爆撃中の避難所でお腹を空かせていようと難民キャンプにいようと、子供たちが学び続け、先生方が教え続ける限り私たちは負けません」ゾーヤ・リトヴィン による
 
講談社現代新書『独学の思考法 地頭を鍛える「考える技術」』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は…引き続き、 イラン出身で、俳優やタレント、ナレーターなど、 多方面でご活躍中、サヘル・ローズさんをお迎えします。 児童養護施設の子供達と日本の現状、 そして、サヘルさんが描く未来について、 今週は、サヘルさんが行っている、 ボランティア活動のお話を中心に、 じっくり伺いました。 来週のゲストは、芸人・俳優・コラムニストのマキタスポーツさんです。茂木健一郎、サヘル・ローズ による
 
今年から毎日ある事を継続しているという山ちゃん。今回のエピソードは、そんな山ちゃんが習慣にしている観察スケッチについて色々とお話ししてみました。 そして二人の話題はお散歩へ。良い感じのおっさん臭漂うトピックではありますが、散歩ってとっても良いらしいですよ〜。谷くんのアメリカの真冬キャンプで経験した心温まるほっこりキャンプエピソードも最後にご用意しております。 いつも山あり谷あり放送室を聴いてくださっている皆さま、本当にありがとうございます。皆さまからのお便り、ご感想、ご質問お待ちしております。 それでは皆さん、良い一日をお過ごしください! 【リスナーの皆様へ】 ◆ 質問箱を設置しました!番組へのお便り、ご感想等、こちらからお気軽にどうぞ↓ https://docs.google.com/fo…
 
講談社現代新書『人はどう死ぬのか』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
★この4月で「ドリームハート」は…  丸9年を迎えることが出来ました!  リスナーのみなさまのお陰でございます。  これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします! そんな記念すべき、今週のお客様は… イラン出身で、俳優やタレント、ナレーターなど、 多方面でご活躍中、サヘル・ローズさんをお迎えします。 ご自身の生い立ちから、現在の活動に至るまで、 どんな経験をし、苦難とどう向き合って来られたのか? じっくりお話を伺います。 来週も引き続き、サヘル・ローズさんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、サヘル・ローズ による
 
講談社現代新書『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、デジタルクローン、 「P.A.I.(Personal Artificial Intelligence)」 (パーソナル人工知能)を開発された、 株式会社オルツの副社長で開発責任者、 米倉豪志さんをお迎えします。 「AI開発と作曲をすることは、自分の中では同じこと。」 米倉さんは、実は、プロの作曲家としても、ご活躍中。 芸術のものづくりの世界にも、いずれAI分野が入ってくる …とおっしゃる米倉さん。 一体、米倉さんは、どのような人生を歩まれてきたのか? 米倉さんの原点について、じっくりとお話しを伺っていきます。 来週のゲストは、イラン出身で、俳優やタレント、ナレーターなど多方面でご活躍中のサヘル・ローズさんです。…
 
講談社現代新書『スピノザ 人間の自由の哲学』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
アナタは、「もう1人、自分がいたらなぁ」 …と思ったことはありませんか? そんな夢のような出来事が現実に起こるかも? …しれません。 今週のお客様は、デジタルクローン、 「P.A.I.(Personal Artificial Intelligence)」 (パーソナル人工知能)を開発された、 株式会社オルツの副社長で開発責任者、 米倉豪志さんをお迎えします。 デジタルクローンは、どのように生まれたのか? そして、今後、どのように発展していくのか? また、デジタルクローンが生まれた事により、 私たちの生活は、どのように変わるのか? 脳科学者である、茂木健一郎氏と、 「AI×未来」をテーマにお話しをしていきます。 来週も引き続き、米倉豪志さんをゲストにお迎えします。…
 
講談社現代新書『まだ間に合う 元駐米大使の置き土産』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、 「マナカナ」の愛称で親しまれている、 女優の三倉佳奈さんです。 佳奈さんは、女優業のほかにも、 2人のお子さんを育てている、お母さんでもあります。 そこで、今回は「脳科学×子育て」をテーマに、 お話をしていきます。 佳奈さんのお子さんたちは、 佳奈さんのお仕事を、どうご覧になっているのか? 茂木さんが激推しするオススメの外遊びとは? じっくり伺っていきます。 来週のゲストは、デジタルクローン「P.A.I.」(パーソナル人工知能)を開発する、株式会社オルツの副社長、米倉豪志(よねくら・ごうし)さんです。茂木健一郎、三倉佳奈 による
 
いつも山あり谷あり放送室を聴いてくださっている皆さま、本当にありがとうございます。僕らがポッドキャストを始めてから1年が経ちました。 今回のエピソードは、山谷FMリスナーの皆さまへのお知らせでございます。このエピソードを聴いてビビビッ!と来た方、ご連絡お待ちしております。 それでは皆さん、良い一日をお過ごしください! 【リスナーの皆様へ】 ◆ 質問箱を設置しました!番組へのお便り、ご感想等、こちらからお気軽にどうぞ↓ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdQHIyxRFs1D73GZVojXPQ2G5I2DwgnYeOkPjPDHrbgVTm8hA/viewform ※収録中に読み上げるかもしれません。 ◆ 山谷FMの公式Twitterはこちら…
 
講談社現代新書『海外メディアは見た 不思議の国ニッポン』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、 「マナカナ」の愛称で親しまれている、 女優の三倉佳奈さんです。 4月からスタートするミュージカル 『犬との約束』のお話はもちろん、 倉本聰さんのごはんを食べてしまった?! 国民的な人気を博した子役時代のお話なども、 たっぷり伺います。 来週も引き続き、三倉佳奈さんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、三倉佳奈 による
 
 皆さん、最近面白い本を読みましたか?なんと、とってもユニークな本に出会ったという山ちゃん。『今日の宿題』というタイトルで、様々なジャンルで活躍する著名人からの問いかけを寄せ集めた本です。  今回のエピソードは、実際にそれらの問いかけについて考えるという宿題で遊んでみました。そして、ある問いから二人の話題は洋服へ。先日山ちゃんが生徒たちと一緒に、恋愛をテーマにしたファッションブランドの展示会へ行った時のお話もしました。  それでは皆さん、良い一日をお過ごしください! ◆ ニサイ(nisai)のウェブサイトこちら↓ https://nisaitoyou.com/ ニサイ(nisai)はデザイナー・松田 直己さんが2015年にスタートさせた日本のファッションブランドです。 ◆ 本屋B&Bさんの本…
 
講談社現代新書『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、 「2022年の活躍が楽しみなボカロP」として、 大注目の現役大学生ボカロP(=VOCALOIDプロデューサー) ノラさんです。 今回は、ボカロPがメジャーシーンでデビューする、 最近の動きについて、クリエイターとして、 どう思っているのか? また、ノラさんが今後目指していく夢とは何か…? じっくり伺っていきます! 来週のゲストは、女優の三倉佳奈(みくら・かな)さんです。茂木健一郎、ノラ による
 
最近巷でよく耳にするウェルビーング。第3回 JAPAN PODCAST AWARDSのベストウェルビーング賞にノミネートされた僕たちの山あり谷あり放送室ですが…。 今回のエピソードは、『一体ウェルビーングとは何ぞや?』というテーマから、山ちゃんがゲスト出演した教育系のポッドキャストの話に。山ちゃんの発言一つ一つに激しく感銘を受けた谷くんが色々と質問しちゃいます。 そして最後にウェルビーングと教育の話を受け、谷くんが最近観て面白かったマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画の話題に。この映画、ホントにめちゃめちゃオモロいです! なので皆さんにもどんな内容なのか、その感動をぜひシェアさせてください。マイケル・ムーア監督の最高傑作。絶対観なさい、谷くんに騙されなさい! それでは皆…
 
講談社現代新書『教養としての金融危機』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、 ボカロP(=VOCALOIDプロデューサー)として、 ご活躍中の現役大学生、ノラさんです。 ノラさんの楽曲制作について、 そして、ノラさんを中心に結成された、 ネット発の音楽ユニット「今夜、あの街から」など、 ボカロに興味がある茂木が、 『ボカロの音楽シーン』について、迫っていきます! 来週も引き続き、ノラさんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、ノラ による
 
【山谷用語大辞典】オナログ世代《名》アナログとオンラインのハイブリッド世代。雑種。 オフライン時代に生まれ、オンライン時代の今を生き抜く、昭和生まれのジレンマ世代。山谷FMでは、それをオナログ世代と名付けてみました。 今回のエピソードは、無駄ばかりだったあの当時のアナログの良さを知りつつも、現代のオンラインの恩恵を受け、時代の変化に適応しながらも必死に生き抜こうとする、そんな僕ら昭和生まれオナログ世代の葛藤について語ってみました。 それでは皆さん、良い一日をお過ごしください。 【リスナーの皆様へ】 ◆ 番組へのお便り、ご感想、ご質問、お問合せはコチラからお気軽にどうぞ↓ 収録中に読み上げるかもしれません。 yamatanifm@gmail.com ◆ 山谷FMの公式Twitterアカウントが…
 
講談社現代新書『性と宗教』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、全国で公開中! 映画『さがす』の監督片山慎三さんです。 片山監督は日本人で唯一、韓国の映画監督、 ポン・ジュノさんの作品で助監督を務めた経歴を お持ちの映画監督でもいらっしゃいます。 今回は、映画『さがす』の制作秘話はもちろん、 ポン・ジュノさんとの出会いから映画監督になるまでと、 じっくりお話しを伺っていきます。 来週のゲストは、ボカロPとしてご活躍中の現役大学生、ノラさんです。茂木健一郎、片山慎三 による
 
先日、山ちゃんが内閣総理大臣賞を受賞したお話をさせて頂きましたが、授賞式当日のセレモニー裏話で盛り上がり過ぎ、表彰された学校の授業内容に一切触れる事なく終わってしまいました。その節は大変失礼しました。 そんなわけで今回のエピソードは、内閣総理大臣賞キッズデザイン賞受賞に至った、山ちゃんの勤める学校のプロジェクト内容のお話からスタートします。 次に二人の話題は、山ちゃんが最近ハマったというハーブティーのお話へ。皆さん、ハーブティーって飲まれますか?好きな方はもちろん、普段飲まない方も興味を持って頂ける内容です。 そして最後は谷くんのステーキな失敗談。谷くんがこの世で一番美味しいステーキの焼き方を研究し、キャンプ場で起きてしまった悲劇まで盛り沢山でお届けします。 それでは皆さん、良い一日をお過ご…
 
講談社現代新書『平安京の下級官人』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、全国で公開中! 映画『さがす』で主演を務められている、 俳優で脚本家、そして映画監督と マルチにご活躍中でいらっしゃる、 佐藤二朗さんです。 今、テレビや映画で見ない日はないというほど、 大活躍の佐藤二朗さんですが、実は、強迫性障害からくる、 <メモ癖>で悩んでいた幼少期があるそうです。 脳科学者・茂木健一郎と「個性について」 また「アドリブの演技について」 もちろん、映画『さがす』の秘話などなど、 じっくりお話を伺います。 来週のゲストは、映画『さがす』の監督、片山慎三(かたやま・しんぞう)さんです。茂木健一郎、佐藤二朗 による
 
【今回の内容】 攻撃を新しくつくり直す/当たり前を疑う自己破壊/既にわかっていることを教えるコーチングと新しいことに挑戦するコーチング/同じことを繰り返したら同じ結果にしかならない/同じ人間が長期間指導を継続すると変化が生まれづらい/一人での挑戦は怖い/二人での挑戦は相互に質問・提案し合うことで思考が活性化する/何かを破壊しないかぎり新しい創造は生まれない 【SNS情報】 Blog『坂の上の夢』:http://basketball-coach-s.blogspot.com/ Facebook:https://www.facebook.com/kazuaki.sakai411 Twitter 1:https://twitter.com/kazuaki_sakai Twitter 2:https…
 
講談社現代新書『ふしぎなキリスト教』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、昨年行われました、 「ショパン国際ピアノコンクール」で、 日本人として過去最高位の2位入賞という快挙を成し遂げた、 ピアニストの反田恭平さんです。 今週は、反田さんの様々な活動に注目します。 オーケストラのための株式会社を設立したきっかけ、 なぜ、奈良に拠点を置かれたのか? そして、自主レーベルを立ち上げた理由、 また、海外から「サムライ」と呼ばれ、 トレードマークとなった長髪は、 今後、どうされるのか…?などなど、 今週も、じっくりお話しを伺っていきます。 来週のゲストは、現在、全国で公開中の映画『さがす』で主演を務められている、俳優の佐藤二朗(さとう・じろう)さんです。…
 
昔からある重い病を抱えているという山ちゃん。先日家族で公園へ行った矢先、その病が発祥し大変な事態が起きたそう。 今回のエピソードは、山ちゃんのハプニングから『近くて遠い』というお話に。近いようで遠い。遠いようで近い。そんな不思議なトークから二人の話題は、谷くんが最近ハマっているコミュニケーションツールの話に。 スマホやインターネットにより便利過ぎるこの世の中。そんな時代に生きる皆さんのオススメや今ハマっているコミュニケーションツールは何ですか? 【リスナーの皆様へ】 ◆ 番組へのお便り、ご感想、ご質問、お問合せはコチラからお気軽にどうぞ↓ 収録中に読み上げるかもしれません。 yamatanifm@gmail.com ◆ 山谷FMの公式Twitterアカウントができました! SNSでもどうぞよ…
 
講談社現代新書『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです…
 
今週のお客様は、昨年行われました、 「ショパン国際ピアノコンクール」で、 日本人として過去最高位の2位入賞という快挙を成し遂げた、 反田恭平さんです。 2017年に1度、番組にお迎えしてから、 5年ぶりの凱旋となります。 反田さんは、ショパン国際ピアノコンクールで、 一体、何を思っていたのか、2位を受賞された時の喜び、 今後、ピアニストとしてのビジョンなど、 じっくりお話しを伺っていきます。 また、本編でお伝えしきれなかった、 反田さんのお話も聴く事が出来る スペシャルバージョンでお送りします! 来週も引き続き、反田恭平さんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、反田恭平 による
 
号外です!なんと僕たちが『第3回 JAPAN PODCAST AWARDS』にノミネートされちゃいました! これは日本最大規模のポッドキャストアワードで『今、絶対に聞くべきポッドキャスト』として、氷川きよし、叶姉妹、ロバートなど芸能人やインフルエンサーがズラりと並ぶ中、何故か無名の僕たちが日本のベスト27に選出されちゃいました。 山谷FMがノミネートされた部門は、ベストウェルビーング賞で全5作品。その中には僕らの子供の頃からのアイドル、あのキョンキョンが!本当に夢のような出来事に今でも信じられません。 今回のエピソードは、果たしてどんな流れでこの奇跡が起きたのか?どのように選ばれたのか?どう通知されたのか?などポッドキャストアワードの裏話も満載のトークです。 これから名だたる審査員8名で最終…
 
講談社現代新書『裏道を行け ディストピア世界をHACKする』のリーディングをお届けします。 本コンテンツは、講談社現代新書シリーズの新刊・名作から毎週1冊ずつ取り上げ、概略紹介と冒頭を朗読で楽しめる番組です。 新刊のみならず、既刊の名作も積極的に取り上げ、より幅広い知識・教養を提供いたします。 新書の概略と冒頭本文を音声でお届けすることで、“立ち読み感覚” で気軽に教養に触れ、学びたいテーマとの出会いや、新たな発見の機会をご提供します。 【講談社現代新書シリーズについて】 現代思想、経済、金融、哲学、社会学、サブカルチャーなどをテーマとして毎月3~4冊の新刊を発行している新書シリーズです
 
今週のお客様は、引き続き、 映画『カメラを止めるな!』で話題を集めた、 業界大注目の映画監督、上田慎一郎さんです。 上田監督が映画監督を目指したきっかけや、 日本の映画界について語っていただきます。 また、「リスクや挑戦が見えないと、 頑張れない性格」とおっしゃる上田監督を 脳科学者・茂木健一郎氏が分析! 上田監督は、一体、どんな方なのか?! その人物像に迫ります! 来週のゲストは、クラシック音楽の世界三大コンクールの一つとされる「ショパン国際ピアノコンクール」で、日本人として過去最高位の2位入賞という快挙を成し遂げた、反田恭平(そりた・きょうへい)さんです。茂木健一郎、上田慎一郎 による
 
【今回の内容】 シーズンの最初は身体操作から/脳内イメージと実際の動きの差が大きいとスキルは身につかない/バスケットボールでは通常意識は身体の外へ向く/新体操が下手なプレイヤーは意外に多い/脳内イメージに実際の動きを近づける/ 【SNS情報】 Blog『坂の上の夢』:http://basketball-coach-s.blogspot.com/ Facebook:https://www.facebook.com/kazuaki.sakai411 Twitter 1:https://twitter.com/kazuaki_sakai Twitter 2:https://twitter.com/WinningMastery Instagram:https://www.instagram.com/…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login