Artwork

コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

178.1 第167話【前編】

11:27
 
シェア
 

Manage episode 391021537 series 2621156
コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

6年前
仁川征爾は査問委員会の厳粛の中心に座り、委員たちの厳しい視線を一身に受けていた。
部屋の空気は緊張で張り詰めている。オフラーナの制服を身に纏った委員たちの表情は、仁川の忠誠心を疑うかのように冷ややかだった。
「では始めよう。」
委員長が静かに宣言し査問が始まる。
問いは鋭く、彼の過去をえぐるようだった。仁川の答えは慎重に選ばれ、かつ相手に悪感情を抱かせないように自信をひた隠しにしていた。彼は自分の二重スパイとしての任務を隠し続けながらも、オフラーナという組織への忠誠を誓うような言葉を巧みに操っていた。
この場はツヴァイスタン人民共和国オフラーナによる査問委員会だ。
会議室の壁に掲げられた国旗の下で、仁川は訓練された自らの能力と冷静さを示し続ける。
彼の真の任務、つまりツヴァイスタン人民軍の情報部員としての役割は、心の内にしっかりと秘めながら。
査問委員会が終わりに近づくと、仁川は内心でほっと一息ついた。
「査問委員会は、仁川征爾の疑いは晴れたと結論づける。」
これが、日本に向けて潜入する最終テストだった。
仁川はこれから日本での新たな任務を完璧にこなすための準備が整ったことを確信していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとりの女性がドアの向こう側で、躊躇いながらも決心を固めていた。彼女はそのドアを静かにノックした。
「どうぞ。」
仁川の声が部屋の中から聞こえる。
彼の声はいつも通り落ち着いていたが、今日は何かが違っていた。それは出発の重みだろうか。
彼女は深呼吸をしてからドアを開けた。彼女の目は決意に満ちていたが、心の奥底には不安が渦巻いている。
仁川は荷造りをしているところだった。その姿をただ眺めて一言。
「外の世界を見てみたい。」
彼女は静かに言った。
その言葉は、仁川の動作を止めさせた。
彼は振り返り彼女の瞳を見つめた。彼女はツヴァイスタンの壁に囲まれた生活を知っている。しかし、外の世界に対する憧れは、国の厳しい規制や秘密警察の目をも越えていたようだ。
"外の世界を見てみたい" と言った彼女の心は、親や社会の目から逃れたいという渇望で満たされていた。仁川は、彼女にとっての一時的な自由であり、彼を通じて外の世界を垣間見ることが彼女の希望だった。
仁川は近づき彼女の手を取った。
彼女の手は冷たく震えていた。
「アナスタシア、僕も君にはもっと広い世界を見てほしい。」
と仁川は言った。
彼の声には温かみがあったが、同時に悲しみも混じっていた。
「でもそれを見たところで僕たちの世界は、そう簡単には変わらない。」
と彼は続けた。
彼は自身が秘密警察オフラーナであることはもとより、人民軍の軍人であることも彼女には秘していた。
秘密警察に秘密は作り得ない。つまり彼は常時監視の環境にある。不用意な発言は先の査問委員会の対象となる。
いま彼がアナスタシアに話した言葉は、どうとでもとれる最も適切なものであったのは間違いない。
彼の言葉にアナスタシアは頷いたが、その目は涙で潤んでいた。
彼女は仁川が秘密警察であることを知ってたのだ。そして彼がこれからどれほど危険な環境に身を投じるかも。
「約束して。戻ってきて。」
と彼女は小さな声で言った。
仁川は彼女を抱きしめそっと耳打ちした。
「戻るよ、必ず。」
彼の声は決意に満ちていた。しかしスパイとしての生活は何も約束できないことを、二人は知っていた。
その夜アナスタシアは一人、ツヴァイスタンの星空を眺めながら、仁川の安全を祈った。
彼が見るはずの外の世界を心の中で描いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出発日。
朝の光がまだ新しい空気を満たすベルゼグラード。彼の車は静かにアナスタシアの家の前を通過した。
その瞬間、彼の目に飛び込んできたのは、アナスタシアが秘密警察に連行される姿だった。
驚愕に打たれた仁川は、車を急停止させた。
近くにいた人に何が起こっているのかを尋ねると、「反動的発言があったから」という返答が返ってきた。
ふと彼の頭にアナスタシアの両親の姿がよぎった。
アナスタシアの両親は、彼女が成長するにつれてますます心配の種を抱えるようになっていた。
特に父親は、伝統的な価値観とツヴァイスタンの厳格な社会規範に深く根ざしており、娘の自由奔放な性格に常に眉をひそめていた。彼にとって、アナスタシアは家族の名誉と伝統を守るべき存在であり、仁川のような外国人との接触は、家族の評判を損ねるものと見なされていた。彼の問題行動はしばしばで、娘と仁川に行動を逐一監視する事もあった。
一方で母親は、より保護的でありながらも、娘の幸福を心から願っていた。
しかし母親もまた、社会的な圧力と「良い家族」であることの期待に縛られていた。
彼女はアナスタシアが仁川との関係で苦しみや危険に晒されることを深く恐れており、時にはその恐れがアナスタシアに対する過干渉となって表れていた。
アナスタシアの父親はあの日のあのセリフを耳にしていたようだ。
娘への過干渉故のストーカー行動から来るものであろう。
あの言葉には、外の世界への憧れと、ツヴァイスタン社会の枠を超えたいという強い願望が込められていた。
これを「反動的発言」と捉えた父親は、家族の名誉を守るため、そして娘を「誤った道」から引き戻すために、秘密警察に通報する決断を下した。
アナスタシアの両親は彼女を愛してはいたが、その愛はツヴァイスタンの伝統と社会規範によって歪められていた。
彼らは自分たちが正しいと信じる選択をしたが、その結果が娘の運命をどのように変えるかは、その時点では想像もしていなかったのである。
ーしまった…。
出発にはまだ余裕がある。彼は躊躇いながらも車から飛び出し、アナスタシアの方へと駆け寄る。
彼女に声をかけようとしたその瞬間、自分が秘密警察の一員である現実が脳裏をよぎった。
この場で彼女を弁護すれば、自分への疑念を招くかもしれない。
心の内で激しい葛藤に苦しむ仁川。
その時、アナスタシアが彼の存在に気付いたようで、彼の方を見た。
彼女は涙を浮かべながらも、優しい笑顔を見せて頷いた。
そして彼女は警察車両と共にその場を去った。
仁川はその場に崩れ落ち慟哭した。
周囲の目も気にせずに。
そこに居合わせた一人の親切な男が、慰めの言葉をかける。
力を失いながら立ち上がる仁川の目の前には、アナスタシアの家があった。
そこで過ごした幸せな時の記憶が、彼の心を駆け巡る。
しかしその記憶は突如として途切れた。
アナスタシアの家の窓から、彼をじっと見つめる一人の人物がいた。
それは彼女の妹、エレナだった。
彼女の目には何かを訴えかけるような切迫感があった。
仁川はエレナと視線を交わし無言のメッセージを受け取った。
  continue reading

100 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 391021537 series 2621156
コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

6年前
仁川征爾は査問委員会の厳粛の中心に座り、委員たちの厳しい視線を一身に受けていた。
部屋の空気は緊張で張り詰めている。オフラーナの制服を身に纏った委員たちの表情は、仁川の忠誠心を疑うかのように冷ややかだった。
「では始めよう。」
委員長が静かに宣言し査問が始まる。
問いは鋭く、彼の過去をえぐるようだった。仁川の答えは慎重に選ばれ、かつ相手に悪感情を抱かせないように自信をひた隠しにしていた。彼は自分の二重スパイとしての任務を隠し続けながらも、オフラーナという組織への忠誠を誓うような言葉を巧みに操っていた。
この場はツヴァイスタン人民共和国オフラーナによる査問委員会だ。
会議室の壁に掲げられた国旗の下で、仁川は訓練された自らの能力と冷静さを示し続ける。
彼の真の任務、つまりツヴァイスタン人民軍の情報部員としての役割は、心の内にしっかりと秘めながら。
査問委員会が終わりに近づくと、仁川は内心でほっと一息ついた。
「査問委員会は、仁川征爾の疑いは晴れたと結論づける。」
これが、日本に向けて潜入する最終テストだった。
仁川はこれから日本での新たな任務を完璧にこなすための準備が整ったことを確信していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとりの女性がドアの向こう側で、躊躇いながらも決心を固めていた。彼女はそのドアを静かにノックした。
「どうぞ。」
仁川の声が部屋の中から聞こえる。
彼の声はいつも通り落ち着いていたが、今日は何かが違っていた。それは出発の重みだろうか。
彼女は深呼吸をしてからドアを開けた。彼女の目は決意に満ちていたが、心の奥底には不安が渦巻いている。
仁川は荷造りをしているところだった。その姿をただ眺めて一言。
「外の世界を見てみたい。」
彼女は静かに言った。
その言葉は、仁川の動作を止めさせた。
彼は振り返り彼女の瞳を見つめた。彼女はツヴァイスタンの壁に囲まれた生活を知っている。しかし、外の世界に対する憧れは、国の厳しい規制や秘密警察の目をも越えていたようだ。
"外の世界を見てみたい" と言った彼女の心は、親や社会の目から逃れたいという渇望で満たされていた。仁川は、彼女にとっての一時的な自由であり、彼を通じて外の世界を垣間見ることが彼女の希望だった。
仁川は近づき彼女の手を取った。
彼女の手は冷たく震えていた。
「アナスタシア、僕も君にはもっと広い世界を見てほしい。」
と仁川は言った。
彼の声には温かみがあったが、同時に悲しみも混じっていた。
「でもそれを見たところで僕たちの世界は、そう簡単には変わらない。」
と彼は続けた。
彼は自身が秘密警察オフラーナであることはもとより、人民軍の軍人であることも彼女には秘していた。
秘密警察に秘密は作り得ない。つまり彼は常時監視の環境にある。不用意な発言は先の査問委員会の対象となる。
いま彼がアナスタシアに話した言葉は、どうとでもとれる最も適切なものであったのは間違いない。
彼の言葉にアナスタシアは頷いたが、その目は涙で潤んでいた。
彼女は仁川が秘密警察であることを知ってたのだ。そして彼がこれからどれほど危険な環境に身を投じるかも。
「約束して。戻ってきて。」
と彼女は小さな声で言った。
仁川は彼女を抱きしめそっと耳打ちした。
「戻るよ、必ず。」
彼の声は決意に満ちていた。しかしスパイとしての生活は何も約束できないことを、二人は知っていた。
その夜アナスタシアは一人、ツヴァイスタンの星空を眺めながら、仁川の安全を祈った。
彼が見るはずの外の世界を心の中で描いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出発日。
朝の光がまだ新しい空気を満たすベルゼグラード。彼の車は静かにアナスタシアの家の前を通過した。
その瞬間、彼の目に飛び込んできたのは、アナスタシアが秘密警察に連行される姿だった。
驚愕に打たれた仁川は、車を急停止させた。
近くにいた人に何が起こっているのかを尋ねると、「反動的発言があったから」という返答が返ってきた。
ふと彼の頭にアナスタシアの両親の姿がよぎった。
アナスタシアの両親は、彼女が成長するにつれてますます心配の種を抱えるようになっていた。
特に父親は、伝統的な価値観とツヴァイスタンの厳格な社会規範に深く根ざしており、娘の自由奔放な性格に常に眉をひそめていた。彼にとって、アナスタシアは家族の名誉と伝統を守るべき存在であり、仁川のような外国人との接触は、家族の評判を損ねるものと見なされていた。彼の問題行動はしばしばで、娘と仁川に行動を逐一監視する事もあった。
一方で母親は、より保護的でありながらも、娘の幸福を心から願っていた。
しかし母親もまた、社会的な圧力と「良い家族」であることの期待に縛られていた。
彼女はアナスタシアが仁川との関係で苦しみや危険に晒されることを深く恐れており、時にはその恐れがアナスタシアに対する過干渉となって表れていた。
アナスタシアの父親はあの日のあのセリフを耳にしていたようだ。
娘への過干渉故のストーカー行動から来るものであろう。
あの言葉には、外の世界への憧れと、ツヴァイスタン社会の枠を超えたいという強い願望が込められていた。
これを「反動的発言」と捉えた父親は、家族の名誉を守るため、そして娘を「誤った道」から引き戻すために、秘密警察に通報する決断を下した。
アナスタシアの両親は彼女を愛してはいたが、その愛はツヴァイスタンの伝統と社会規範によって歪められていた。
彼らは自分たちが正しいと信じる選択をしたが、その結果が娘の運命をどのように変えるかは、その時点では想像もしていなかったのである。
ーしまった…。
出発にはまだ余裕がある。彼は躊躇いながらも車から飛び出し、アナスタシアの方へと駆け寄る。
彼女に声をかけようとしたその瞬間、自分が秘密警察の一員である現実が脳裏をよぎった。
この場で彼女を弁護すれば、自分への疑念を招くかもしれない。
心の内で激しい葛藤に苦しむ仁川。
その時、アナスタシアが彼の存在に気付いたようで、彼の方を見た。
彼女は涙を浮かべながらも、優しい笑顔を見せて頷いた。
そして彼女は警察車両と共にその場を去った。
仁川はその場に崩れ落ち慟哭した。
周囲の目も気にせずに。
そこに居合わせた一人の親切な男が、慰めの言葉をかける。
力を失いながら立ち上がる仁川の目の前には、アナスタシアの家があった。
そこで過ごした幸せな時の記憶が、彼の心を駆け巡る。
しかしその記憶は突如として途切れた。
アナスタシアの家の窓から、彼をじっと見つめる一人の人物がいた。
それは彼女の妹、エレナだった。
彼女の目には何かを訴えかけるような切迫感があった。
仁川はエレナと視線を交わし無言のメッセージを受け取った。
  continue reading

100 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド