show episodes
 
『バーボンシアター』では主にアニメや映画についてイッケとハヤタがポッドキャストで話します。ゲストの出演もあり、内容も時にはゲームやノベルにまで話が及ぶボーダレスな文化系ポッドキャストです。
 
Loading …
show series
 
「そこ☆あに」708回目は『ロードス島戦記 OVA』特集です。 原作は水野良によるファンタジー小説。1988年〜1993年刊行(現在はスニーカー文庫)全7巻。 OVA版は1990年〜1991年に発売、全13話。2006年にDVDで復刻。2018年にデジタルリマスターBlu-rayBOXスタンダードエディションが発売。 制作時は原作小説が連載中だった為、内容・結末が異なる。 「魔神との戦いから30年、”呪われた島ロードス”に、再び戦乱の兆しが見え始めていた。 武者修行の旅に出た若き戦士・パーンは、仲間たちと冒険を続けるうちに、戦乱の影で暗躍する“謎の魔女”の存在を知る。 やがて戦いは各国の英雄たちを巻き込み、ロードス島全土の運命を左右することに――」 そこ☆あに「懐かしアニメ企画」第1弾。今回…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 熨子山 天宮ゆかりの現場にいる佐々木の胸元が震えた。 新着メッセージの通知のようである。 「ちょい俺便所。」 こういって佐々木はその場を外した。 「陶専門官。こちら佐々木です。」 「天宮憲行のコロシの現場にあった洗面器。ここから採取されたのが天宮ゆかりの指紋。で、土の中から掘り出されたゆかりの側には憲行の財布。しかし犯行時刻にゆかりが憲行と接触した形跡はない。」 「はいそうです。」 「曽我の時と似ている。」 「曽我殺し?曽我殺しは石川実行部隊による粛正と専門官から聞きましたが。」 「いや粛正の実行犯が殺された件だ。」 「え?それは初耳です。」 「だろうな。」 「なんかややっこしいですね。」 「とにかくその曽我を殺した…
 
「そこ☆あに」707回目は『2021年夏アニメ最終回特集』です。 最終回を迎えた作品の中でスタッフが最終話まで視聴した作品は13本、投稿が届いた作品は10作品でした。 事前に推し作品アンケートを行いましたので、その順位で発表を行っています。 告知していたように、すでに次クールの発表が行われている作品への投稿は除いています。  第1位「かげきしょうじょ!!」  第2位「小林さんちのメイドラゴンS 第2期」  第3位「転生したらスライムだった件 第2期 第2部」  第4位「Sonny Boy -サニーボーイ-」  第5位「うらみちお兄さん」  第6位「RE-MAIN」「ぼくたちのリメイク」「精霊幻想記」  第9位「ゲッターロボ アーク」「東京リベンジャーズ」 順位外「平穏世代の韋駄天達」「BLU…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 冷蔵庫を開くと、いつもそこにあるはずの牛乳がないことに気がついた。 「しまった…。」 ジャージ姿のまま椎名は外に出た。 部屋を出て徒歩三分。横断歩道の先にコンビニエンスストアがあった。 信号が青になり歩き出すタイミングで、コンビニから客が出てきた。 その客と横断歩道上ですれ違いざまに椎名は口を開いた。 「Мы готовы.」 「Спросите в туалете.便所で聞く」 コンビニに入った椎名はそのまま店のトイレに入った。 そしてその備品棚に手を伸ばす。 そこには一台の携帯電話が置かれていた。 「Офрана начинает терять свою популярность. オフラーナは仲間割れが始まって…
 
「そこ☆あに」706回目は『Sonny Boy -サニーボーイ-』特集です。 原作・監督・脚本 夏目真悟によるオリジナルアニメ作品。アニメーション制作はマッドハウス。 全12話。今回は第11話「少年と海」まで視聴済みでの特集です。  「誰もいない空っぽの教室、退屈な日々。それはいつもと変わらない夏休みのはずだった。 突如、異次元を漂流し始めた学校と、そこに取り残され、 超能力に目覚めた36人の少年少女。なぜ? どうして?  ……次々と浮かぶ疑問の渦の中、理不尽に満ちた世界でのサバイバル生活が始まりを告げる」 先週から2週続けて未視聴の作品の特集となりました。当初思っていた感想を裏切ってくれたのはどちらも同じで、こちらは楳図かずおの「漂流教室」のオマージュと思っていたら…と完全良い方に裏切られ…
 
「そこ☆あに」705回目は『不滅のあなたへ』特集です。 原作は、大今良時によるマンガ。「週刊少年マガジン」にて2016年から連載中。既刊16巻。 TVアニメ版は監督 むらた雅彦・シリーズ構成 藤田伸三・アニメーション制作はブレインズ・ベース。 第1シリーズは2021年4月から8月まで全20話放送。第2シリーズが2022年秋放送予定。 「フシは最初、地上に投げ込まれた“球”だった。 持っていたのは 「刺激を受けた物の姿へ変化できる能⼒」と「死んでも再⽣できる能⼒」。 球から⽯、オオカミ、そして少年へと姿を変化させていくが、 赤子のように何も知らぬままさまよう。 やがて出会う人々に⽣きる術を教えられ温かい感情を知り、 人間を模して成⻑していくフシ。 宿命の敵・ノッカーとの壮絶な闘い、⼤切な人との…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「内紛でしょうか。」 「小寺三佐、それは私も考えていた。天宮憲行はオフラーナ派のツヴァイスタンシンパ。一方、妻の天宮ゆかりは人民軍派のツヴァイスタンシンパ。同じシンパといえど出自が違う。このふたつ、犬猿の仲だ。」 「その通りです、赤石隊長。オフラーナ派の下間芳夫の影響からツヴァイスタンにのめり込んでいった憲行と違って、ゆかりは生粋の活動家。しかも過激派です。ゆかりは夫を隠れ蓑にして活動に明け暮れていました。」 「そうだ。あの二人は見せかけの夫婦。その証拠にゆかりはしょっちゅう外出していたと聞く。」 「警察が聞き込みに行ったときも、ゆかりはいなかったと情報が入っています。」 「うん。」 「大方、活動のための外出でしょう…
 
「そこ☆あに」704回目は『白い砂のアクアトープ』特集です。 舞台は沖縄県南城市にある「がまがま水族館」。監督 篠原俊哉・シリーズ構成 柿原優子・アニメーション制作P.A.WORKSによるオリジナルアニメ作品。2クール全24話放送予定。 今回は第10話「置き去りの幻」まで視聴済みでの特集です。 「沖縄のちいさな水族館で働く18歳の女子高生・海咲野くるるは、東京で居場所をなくし、逃避行した元アイドル・宮沢風花と出逢う。 くるると風花はそれぞれの思いを胸に、水族館での日々を過ごすようになる。 しかし、その大切な場所に、閉館の危機が迫りくる。 少女たちの夢と現実、孤独と仲間、絆と葛藤——。 きらめく新たなページが、この夏、開かれる。」 P.A. WORKS「色づく世界の明日から」コンビでの2作目。…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ツヴァイスタンから亡命してきた拉致被害者、仁川征爾。 報告書によれば拉致された仁川はあの国の秘密警察オフラーナの厳重な管理の下、秘密警察要員として育成された。 仁川の主な任務は日本語教育、亡命・移民者の管理監督だった。 一方的に人生を狂わされた仁川だったが、彼は彼なりの努力をもって、ツヴァイスタン労働党員の党籍を得るまでになった。 労働党員となった彼の生活水準は貧困にあえぐあの国の中にあっては比較的良い部類であり、食うには事欠かない生活を送っていたようである。 そんな彼が命がけであの国から脱出してきた。 なぜか。 理由は二つ考えられる。 ひとつは純粋にツヴァイスタンに嫌気がさして逃げてきた。 もうひとつは亡命を偽装し…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 熨子山山頂の展望台に続く遊歩道。 愛犬を連れ立って歩く男がいる。 木々が生い茂る地形のためか、薄明(はくめい)時のこの場所はまだ暗い。 帽子の上から装着されたLEDライトの光が、暗がりに漂う自分の白い吐息を照らす。 気温は11度。 「ワンッワンッ!!」 めったに鳴くことのない愛犬が突如立ち止まり吠えだした。 「どしたぁペロ。」 犬が吠える先には雑木林。もちろんその先には人気がない。 嫌な予感しかしない。 LEDライトを手にした彼は恐る恐るペロが吠える方を照らす。 彼の予感は的中した。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「なに?天宮の奥方が遺体で見つかった?」 「はい。先程熨子山で発見されたと報告が入りま…
 
「そこ☆あに」703回目は映画『岬のマヨイガ』特集です。 2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年となる2021年に、「ずっとおうえん。プロジェクト 2011+10…」として、フジテレビが被災地を舞台とするアニメーション作品3本を制作する事が決定。 そこあにでも特集したTV版「バクテン!!」(劇場版製作中)。12月公開の映画「フラ・フラダンス」。そして2021年8月27日に公開された、映画「岬のマヨイガ」。 原作は柏葉幸子による児童文学。監督 川面真也、脚本 吉田玲子。アニメーション制作はdavid production。 「居場所を失った17歳の少女・ユイ。彼女がたどりついたのは、どこか懐かしさと共にあたたかみを感じさせる、海の見える古民家“マヨイガ”だった.。 それは、岩手県…
 
そこあに増刊号vol.55 今回は8月1日発売の第11巻をもって完結したライトノベル『終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?』特集です。ゲストに著者の枯野瑛さんをお迎えしてお話を伺いました。 『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』から数えて7年。本当に完結おめでとうございます! この言葉に尽きますね。こうして作品の最後を一緒に迎えられたこと、また、そこ☆あにこの作品きっかけで知ってくださった方も多く、いろんな意味で感謝の気持ちでいっぱいになりました。 すっかり恒例のリスナー・読者の皆さんから枯野先生への質問や感想も、かつてないほどの数をいただきました。ありがとうございました。メッセージはどれも熱いものばかりで、みんなが「お疲れ様でした」「ありがとうござい…
 
「そこ☆あに」702回目は『かげきしょうじょ!!』特集です。 原作は斉木久美子による漫画。「ジャンプ改」(集英社)にて2012年6月号から2014年11月号まで連載。 その後同誌の休刊に伴い、タイトルを改題して「MELODY」(白泉社)にて2015年4月号より連載中。既刊11巻。 アニメ版は2021年7月より放送。アニメーション制作はPINE JAM。 今回は、第八幕「薫の夏」まで視聴済みでの特集です。 「大正時代に創設され、未婚の女性だけで作り上げる美しく華やかな舞台で世代を超えて人々の心を魅了する「紅華歌劇団」 その人材を育成する「紅華歌劇音楽学校」に、高い倍率をくぐり抜け入学してきた第100期生たち。 天真爛漫・178cmの長身を持つ「渡辺さらさ」 全てに無関心な元・国民的アイドル「奈…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「私は上司に報告しました。医者がタレこんだ写真はなかったと。すると数日後、警察はその家に抜き打ちの持ち物検査に入りました。」 「で…。」 「彼女は毅然としてそんな写真はありませんって言い通しました。まさか窓の木枠にそれが入ってるとは警察も思わず、結果はセーフでした。」 「同朋意識があなたの心を動かした結果…ですか。」 「いいえ。そんな高尚な意識は私は持っていません。それまでに私は数々の日本人移民、亡命者を通報し、検挙してきました。その任務遂行能力の高さを買われて私は秘密警察の管理下に置かれたようなものですから。」 「ではなぜその家族だけにそのようなリスクをとった?」 「写真が美しかった…。」 「はい?」 「私にはその…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 5年前 都内マンションの一室。 仁川征爾はここに3ヶ月の間、軟禁状態で警察からの聴取を受けることとなった。 聴取係は山田、高橋、田中の3名。 見るからに偽名とわかるこの3名の担当官、彼ら2名がペアとなり、交代で仁川と向き合った。 取調べは過酷だった。 下間によって連れ去られた当時の詳細から始まって、ツヴァイスタンに入ってからどういう人間と出会ったか。朝目覚めてから夜眠るまでどう言った毎日を過ごしていたのか。待遇は。価値観は。生活環境は。食事は。 どういった統治機構で国は治められているのか。どういった連中が力を持っているのか。軍の状況は。警察の状況は。経済状態は。衛生状態はどうか。微に入り細に入り聴取された。 人間の記…
 
「そこ☆あに」701回目は『白蛇:縁起』特集です。 中国のアニメ制作会社・追光動画(Light Chaser Animation)とアメリカのワーナー・ブラザースが共同制作したフル3DCGアニメーション映画。中国の民間伝説「白蛇伝」を題材に用いた完全新作ストーリー。中国大陸では2019年1月11日に公開、日本では2021年7月30日より日本語吹替版が公開。 「見た目は人間の美少女である白蛇の妖怪・白(ハク)は、悪の国師を刺殺しようとするも失敗してしまう。 逃亡の末、記憶をなくしてしまったが蛇狩りの村の少年・宣(セン)に救われる。 白の記憶を取り戻すため、二人は冒険の旅に出る。」 中国らしいパーツを散りばめた魅力的なキャラクターに、日本語吹き替えのキャスティングが気持ちよく合致してどの方もハマ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 深夜のちゃんねるフリーダム。報道以外のほとんどのフロアの電気は消えている。そのなかで社長室の電気だけは煌々と灯っていた。 「ま、かけて。」 「あ、自分外します。」 「いやいい。デスクも一緒にいてくれ。」 「あ、はい。」 安井と黒田がソファに座るのを見届けて、加賀は立ち上がった。 そして二人の前まで来て、なんの予告もなく安井の顔面を拳で殴りつけた。 殴打音 「あ…が…。」 「社長!」 「デスクは黙ってろ。」 自分の拳をハンカチで拭いながら、加賀は安井と向かい合いようにソファに腰を掛けた。 「ひとりでなんでもかんでも背負うんじゃねぇよ。バカが。」 「…。」 「安井君。なんで俺に相談してくれなかったんだ。なんで黒田君にも相…
 
「そこ☆あに」700回目は『サイダーのように言葉が湧き上がる』特集です。 「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイ監督が手がける初のオリジナル劇場アニメ作品。 アニメ音楽レーベル「フライングドッグ」の設立10周年記念作品として制作され、2021年7月22日より公開。アニメーション制作は、SIGNAL.MD。 「17回目の夏、君と会うーー。 コミュニケーションが苦手な俳句少年・チェリーと、 コンプレックスを隠すマスク少女・スマイル。 何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、 言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。」 そこあにの700回目の特集は、一夏の恋の物語を描いた青春映画となりました。 イシグロキョウヘイ監督の名前もクレジットされていますが、ス…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 部屋から顔を覗かせたのは年老いた男だった。 まばらな白髪頭。老眼鏡なのか鼻メガネをかけている。 上目遣いでこちらの方を注意深い様子で見る。 「言っとったお客さん連れてきた。」 三好がこう言うと老人は目を細めて、彼の後ろに立つ岡田を見る。 頭から足の爪先までを舐めるように。 「入んな。」 人ひとりの出入りしか出来ないほど狭い玄関口。 三好と岡田が靴を脱ぐと、それだけでそこは埋まった。 上り框のところには灯油のポリタンクが二つ積み重ねられ、それが狭小さに拍車をかける。 二人は身を捩りながら奥に進んだ。 部屋に入ると壁の至る所にポスターが貼られている。 「憲法9条を殺すな」「原発反対」「男女平等共同参画」「日米安保反対」「…
 
「そこ☆あに」699回目は『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』です。 2015年スタートしたソーシャルゲームFate/Grand Orderを原作としたアニメ TVアニメシリーズとしては Fate/Grand Order -First Order- 2016年12月31日放送。 Fate/Grand Order -MOONLIGHT LOSTROOM- 2017年12月31日放送。 第七特異点を元にしたFate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 2019年10月〜2020年3月放送。 第六特異点を元にした「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram」が2020年1…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ー瞬間催眠なんか誰がどう考えてもただのオカルト話だ。誰も取り合ってくれない。 ーだが相馬周。あの男なら話を聞いてくれるはずだ。 ーいや...。そもそもあの男はこの事を調べるために俺に接近してきた。 ーそれをうっすらと感じていたから、俺はあの男のオファーに乗った。 ーそう。縋る思いで。 井戸村は石大病院に向かうタクシーにあった。 窓からは流れゆく金沢の夜の街並みが見える。 ーあのときの俺は目標を失っていたんだ。 ー生きる糧を失っていただけなんだ。 ーぽっかりと空いてしまった心の穴。それを埋めることができればそれで良かった。 石大病院の病院部長のポストを斡旋した男の姿が、井戸村の頭から離れない。 ー別に金が欲しかったんじ…
 
「そこ☆あに」698回目は『ぼくたちのリメイク』特集です。ゲストに小林智樹監督をお迎えしたリモートインタビューをお送りします。 原作は木緒なちによるライトノベル。アニメーション制作はfeel.。 今回は第4話「できることを考えて」まで視聴済みでの特集です。 「会社の倒産を機に実家に帰ることになったしがないゲームディレクター・橋場恭也。 もしあのとき、10年前の大学選択で芸大入学を選んでいたら…… 輝かしいクリエイターたちの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか大学入学時に時間が巻き戻っていた!? シェアハウス男女4人の共同生活と、憧れの芸大ライフ。 ここから人生のリメイクがはじまる!」 実写にも合いそうなドラマテイストなストーリーですが、アニメ化に当たってはまずそこがハードルになったそうで…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「だけど事実はオカルト研究だった。そう言う事ですね。」 「結局あの時もあいつは俺にブラフをかけていたって訳だ。」 「利用されましたね。」 井戸村はため息をつく。 「そう言うことを俺は言ってるんじゃ無いんだ坊山。」 「はい?」 「別に俺はいいんだよ。コロコロ手の内で転がされても。」 「じゃあ…。」 「許せんのだよ。その男が。あいつこう言っただろう。『もしもそれがそんなオカルト研究だとしたら、この国は滅ぶでしょうね。間違いなく』ってよ。」 「はい。」 「これって裏返したら国を滅ぼす研究をしてますよって宣言だろ。」 「あ…。」 「俺は許せんのだよ。国立大学って名の下で国を滅ぼす研究をしてる輩が。そして知らなかったとはいえそ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「ちょっくら外で煙草吸ってきてもいいけ?」 「どうぞごゆっくり。」 古田は店から出た。 「はいもしもし。」 煙草を咥え火を付ける音 「井戸村ってまだそこにいるの?」 「おう。おる。」 「もうしばらくしたら坊山って男が合流するみたいよ。」 「坊山?」 「ええ。そいつの部下。病院の人事課長。」 「部下が何しに。」 「わかんない。」 「ふうむ…。」 「井戸村。何でも随分ヤバいことに首突っ込んでたみたいよ。」 「ヤバいこと?なんや?」 「それもわかんないの。とにかく周りを巻き込みたくないからってウチの楠冨帰らせたみたい。」 「…何や…ひょっとしてその坊山ってやつがヤバいんか。」 「違う。坊山も楠冨と一緒よ。巻き込みたくないん…
 
「そこ☆あに」697回目は『2021年夏アニメ新番組青田買い』特集です。 今期新番組でスタッフが視聴した作品は30本。投稿をいただいた作品は10本でした。 今回から前回の最終回特集に続き、事前に推し作品アンケートを行いましたので、その順位で発表を行っています。  第1位「かげきしょうじょ!!」  第2位「Sonny Boy」「小林さんちのメイドラゴンS」「白い砂のアクアトープ」  第5位「うらみちお兄さん」「死神坊ちゃんと黒メイド」  第7位「ぼくたちのリメイク」「月が導く異世界道中」  第9位「NIGHT HEAD 2041」「ヴァニタスの手記」「ラブライブ! スーパースター!!」「精霊幻想記」  第13位「RE-MAIN」「カノジョも彼女」「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生し…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 個人が警察組織を打倒する。そんなものどう考えても無理だ。 ただでさえ非正規雇用の身分で経済的に不安定。それが故に精神状態も不安定。 そこに妹の仇を討つために警察組織を打倒するという壮大な野望を植え付けられた彼は、自身の現実と目標との果てしない距離に絶望し、社会に対する怨みを増幅させる。 この状態が続けば朝戸の精神は消耗しきる。 それが光定には見えていた。 だから鍋島の複製を作り出すための実験を、朝戸に行った。 もしも鍋島能力を朝戸が手に入れることができたとしたら、彼なりの復讐を成し遂げることができるだろう。 なぜなら対象を意のままに操ることができるようになるのだから。 警察のお偉方が処罰されるよう鍋島能力を使えばいい…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「大体のことは掴めました。」 「…。」 「改めて聞きます。あなたは本当のところどうしたいんですか。」 「…。」 「このまま朝戸と空閑の様子を観察…もとい、ナイトとビショップを観察し、その実験結果を見て次なる研究へ繋げていく。という道もありますよ。」 「…。」 「やめるのは簡単です。ですが天宮先生も小早川先生も曽我先生も、みんな居なくなった。もうあなたしか居ないんです。この研究を担う人材は。」 「…。」 光定は沈黙を保った。 3日後の5月1日金曜。 金沢駅において何らかのテロ行為が予定されている。なにも昨日、今日決まった話ではない。この日に決定的なアクションを起こす。これは空閑によって以前から予定されていた。光定は催眠…
 
「そこ☆あに」696回目は『スクライド20周年記念 オレたちの好きな谷口悟朗監督特集』です。 7月2日、突如として発表された『リバコメ!!×スクライド』ライブ配信イベント。スクライド20周年のお祭りに乗じて、そこ☆あにでは“谷口悟朗監督作品”というくくりで特集を企画してみました! 今回は「好きな谷口悟朗監督の3作品」をコメントと一緒にお送りいただき、投稿にあった作品について語っていきます! 振り返ると、そこ☆あにでは谷口監督の作品でいくつもインタビューに行かせていただきました。過去のインタビューはすべてお聞きいただけますので、気になる作品は是非チェックしてみてくださいね。(那瀬ひとみ) ※配信当時の機材環境の都合、音質に差がありますことをご了承ください。 そこあに「スクライド」#191(20…
 
「そこ☆あに」695回目は『バクテン!!』特集Part3です。 原作は四ッ木えんぴつ。監督は黒柳トシマサ、シリーズ構成・脚本は根元歳三。アニメーション制作はゼクシズによるオリジナルアニメ。2021年4月より全12話ノイタミナ枠にて放送。最終話にて劇場版の制作が発表されました。 「『笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く』 中学生活最後の夏、『男子新体操』と出会い、強烈に魅せられた少年「双葉翔太郎」。 私立蒼秀館高等学校に入学した翔太郎は、男子新体操部の門を叩く。 そこには、個性的な先輩たちと、中学男子新体操のスター「美里良夜」がいた。 何か一つのことに懸ける、熱い青春の日々。 ときに挫折し、すれ違うも、共に仲間と過ごす毎日の中で、一生懸命一つの目標に向かって、チームでひた走る姿を描く「スポ根…
 
「そこ☆あに」694回目は『2021年春アニメ最終回特集』です。 最終回を迎えた作品の中でスタッフが最終話まで視聴した作品は19本、投稿が届いた作品は12作品でした。 今回から事前に推し作品アンケートを行いましたので、その順位で発表を行っています。 ・第1位「オッドタクシー」 ・第2位「ゾンビランドサガ リベンジ」 ・第3位「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」 ・第4位「スーパーカブ」 ・第5位「SSSS.DYNAZENON」「バクテン!!」(来週特集を行います) ・第7位「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」 ・第8位「さよなら私のクラマー」「フルーツバスケット The Final」「聖女の魔力は万能です」 ・第11位「憂国のモリアーティ」「戦闘員、派遣します!」 順位…
 
「そこ☆あに」693回目は劇場アニメ『映画大好きポンポさん』特集です。 原作は杉谷庄吾【人間プラモ】によるマンガ作品。2017年「pixiv」に投稿された。 pixiv上で80万ビューを超え、「このマンガがすごい!」、「マンガ大賞」に入賞。 今回の映画は、監督・脚本は平尾隆之、キャラクターデザインは足立慎吾、アニメーション制作はCLAP。2021年6月4日公開。 「敏腕映画プロデューサー・ポンポさん。 彼女のもとで新人製作アシスタントをしている、観た映画をすべて記憶してしまう生粋の映画オタク、ジーン。 ある日、ジーンはポンポさんから、新作映画の15秒CMの制作を任される。 的確に映像をつなぎ合わせ、映画づくりに没頭するジーンの姿を見て、ポンポさんは次に制作する映画『MEISTER』の監督にジ…
 
「そこ☆あに」692回目は『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』特集です。 TVシリーズは、監督 橘正紀・シリーズ構成 大河内一楼。2017年7月から1クール12話で放送。制作はStudio 3Hz・アクタス共同制作によるオリジナルアニメ作品。 2018年にTVシリーズの続編全6章の制作が発表。 今回の第1章「Crown Handle」は監督 橘正紀・脚本 木村暢・アクタス制作により、2021年2月11日公開。第2章は秋公開予定。 「19世紀末ロンドン。共和国のスパイ集団に新たな任務が課せられた。 それはとある古本屋店主の共和国への受け渡し。王国により拘置所に拘束されていた古本屋店主をアンジェとドロシー、ちせの連携で奪還に成功する。 一方その頃、王国では女王暗殺未遂事件を契…
 
「そこ☆あに」691回目は『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特集です。 原作は、富野由悠季による小説。1989年〜90年にかけて角川スニーカー文庫より刊行。 今回の劇場版は村瀬修功監督、脚本は機動戦士ガンダムUCのむとうやすゆき。アニメーション制作はサンライズ。 全3部作で公開予定。今回の特集となる第1部は2021年6月11日上映開始。 「第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。 U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。 そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年…
 
「そこ☆あに」690回目は『ゾンビランドサガ リベンジ』特集です。 MAPPA、エイベックス・ピクチャーズ、Cygames共同企画によるオリジナルアニメ。 第1期「ゾンビランドサガ」は2018年10月から全12話で放送。 第2期「ゾンビランドサガ リベンジ」は2021年4月より放送中。アニメ制作は前期と同様MAPPA。 今回は第9話「佐賀事変 其ノ弐」まで視聴済みでの特集です。 「2021年4月沈黙は破られ、遂に新感覚ゾンビアイドル系オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」の幕が上がる。 最終回が終わる頃、佐賀県という言葉は、新しい意味を持つだろう。 これは「運命へのリベンジ」。 理不尽な運命の炎に焼き焦がされてきた我々の尊厳を取り戻す戦い。」 待ちに待ったゾンビランドサガの続編、…
 
「そこ☆あに」689回目は『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 Paladin; Agateram』特集です。 2015年スタートしたソーシャルゲームFate/Grand Orderを原作としたアニメ TVアニメシリーズとしては Fate/Grand Order -First Order- 2016年12月31日放送 Fate/Grand Order -MOONLIGHT LOSTROOM- 2017年12月31日放送 第七特異点を元にしたFate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 2019年10月〜2020年3月放送 第六特異点を元にした「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wanderi…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 二人は声を出して笑った。 携帯バイブの音 「うん?」 椅子の背もたれにかけたスーツの上着から携帯を取り出した井戸村はその表示を見ると不愉快な表情になった。 「部長?」 「ちょっと席を外す。すぐに戻るから。」 井戸村は店の外に出た。 「なんだ。こんな時間に。」 「病院部長。至急ご報告があります。」 「なに…坊山まさかお前、東一のお客さんに無礼でも…。」 「それどころじゃありません。」 かぶせてくる坊山の物言いに、井戸村はただごとではないことを察した。 「なにがあった。」 「光定先生。ヤバいですよ。」 「光定先生がヤバい?」 「はい。」 「先生がヤバいのは今に始まったことじゃない。」 「確かに…ってかそういう時限の話じゃ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら Wi-Fiスポットである一階ロビーにいるはずの相馬。その彼の姿が見えない。 このまま応接に戻っても光定しかいないとなると、これまた自分が叱られる。 一応、探すだけ探したというアリバイは作らねばなるまいと坊山は周辺を探った。 といってもここには暗くなった2件の喫茶店。郵便局、受付、外来の一部など限られたものしかない。 お客人の姿はどこにも見当たらなかった。 バイブ音(短い) 「うん?」 坊山は足を止めた。 妙な音が聞こえた気がする。 ここは外来の廊下。その長い廊下先は暗闇が待ち構えている。 ー勘弁してくれ…。夜の病院、そんなに得意じゃないんやって…。 と心のなかでつぶやいた瞬間、その廊下の先に二人の幼女が手をつないでこ…
 
「そこ☆あに」688回目は『バクテン!!』特集Part2です。 原作は四ッ木えんぴつ。監督は黒柳トシマサ、シリーズ構成・脚本は根元歳三。アニメーション制作はゼクシズによるオリジナルアニメ。2021年4月より全12話ノイタミナ枠にて放送中。 今回は第6話「楽しんで!」まで視聴済みでのインタビュー特集です。シリーズ構成・脚本の根元歳三さんインタビューをたっぷりお届けいたします。 「『笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く』 中学生活最後の夏、『男子新体操』と出会い、強烈に魅せられた少年「双葉翔太郎」。 私立蒼秀館高等学校に入学した翔太郎は、男子新体操部の門を叩く。 そこには、個性的な先輩たちと、中学男子新体操のスター「美里良夜」がいた。 何か一つのことに懸ける、熱い青春の日々。 ときに挫折し、す…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ノックする音 「失礼いたします。」 ドア開く 「あれ?」 坊山が立ち止まったため、光定は彼の背中にぶつかった。 「あの…坊山さん?」 「あーそうやった…。」 「はい?」 「Wi-Fiスポットどこやって言っとったんでした。お客さん。」 「Wi-Fi?」 「ひょっとしたら一階のロビーに居るんかも。」 「はぁ…。」 「ちょっと呼んできます。先生はこちらでお待ち下さい。ついでにお茶も用意しますんで。」 ただひたすらに呆れた顔を見せる光定には目もくれず、坊山はその場から姿を消した。 「ダラなこと言っとんなや!それのどこが報道ねんて!結局洗脳して上書きしとるだけやろうが!」 「…。」 「自分の思うようにいかんくなったら他人の記憶…
 
「そこ☆あに」687回目は『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』特集です。 原案・シリーズ構成はライトノベル「Re:ゼロから始める異世界生活」を執筆した長月達平と、アニメ版脚本を一部担当した梅原英司。WIT STUDIO制作によるオリジナルアニメ作品。2021年4月より放送中。 今回は前半 第7話「Galaxy Anthem -歌でみんなを幸せにするために-」まで。 後半 第8話「Elegy Dedicated With Love -たった一人の大切なパートナー-」まで視聴済みでの特集です。 「史上初の自律人型AIとして生み出され、施設のAIキャストとして活動するヴィヴィは日々、歌でみんなを幸せにするためにステージに立ち続ける。 ある日、そんなヴィヴィの元に、マツモトと名乗…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 金沢郊外のとあるテナントビル。 その中のひとつの扉には一枚の紙が貼られていた。 「体調不良のためしばらくの間休講とさせていただきます。」 この貼り紙をみた塾生たちは皆、それをスマホで撮りどこかに送っている。 その場で親に電話で連絡を取るものもいるし、これ幸いと友達と遊びに行く連中もいる。 その行動は人それぞれだ。 事前に案内が出ていなかったのだろう。皆、驚きを隠せない様子だった。 「千種の死を受けて急の休み。(゚ν゚)クセェな。」 踵を返した古田は外に出た。 ここ数日振りっぱなしだった雨がようやく上がったようだ。 濡れた地面に街灯の明かりが反射して、キラキラと輝いて見える。 こころなしか空気もいつもより澄んでいるよう…
 
「そこ☆あに」686回目は『シドニアの騎士』特集です。 原作は弐瓶勉による漫画。「月刊アフタヌーン」にて2009年から2015年まで連載。全15巻完結済み。 TVアニメ版はポリゴン・ピクチュアズ制作により第1期が2014年4月から6月まで全12話で放送。第2期「第九惑星戦役」が2015年4月から6月まで全12話で放送されたました。 今回は続編にあたる映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』6月4日公開(緊急事態宣言期間の延長により変更)に合わせて、TVシリーズを振り返る特集となります。 「対話不能の異生物・奇居子(ガウナ)により、太陽系が破壊されてから1000年後の世界。 人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を放浪する播種船・シドニアの最下層部で育てられた少年・谷風長道は、祖父の死を期に街へ出、…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「どうしたんですかヤスさん。」 「三波の居場所がわかったぞ黒田。」 「え!?どこですか。」 「家だよ。」 「家?」 「自宅で引きこもってる。」 「は?」 「なぁあいつの住所ってどこだよ。俺行くから。」 突然の電話と三波の情報、黒田は状況を飲み込めないでいた。 彼の前に座る加賀はそのまま続けろと合図をする。 「住所って言われても俺もあいつの家なんて知りません。調べて俺が行きます。」 「いや俺が行く。」 「何言ってんですか三波は俺の部下です。俺が行きます。ヤスさんは会社に戻ってください。」 「なんでだよ。俺が引っ張ってきたネタだ。俺がやる。」 「ヤスさんはヤスさんの仕事があるでしょう!」 「…。」 「ヤスさんは制作の頭な…
 
「そこ☆あに」685回目は今期新番組から『オッドタクシー』特集です。 映像制作会社のP.I.C.S.とOLMの共同制作によるオリジナルTVアニメ。 監督はP.I.C.S.の木下麦、脚本は「セトウツミ」などで知られる漫画家の此元和津也がアニメ脚本で初参加。 今回は第4話「田中革命」まで視聴済みでの特集です。 「平凡な毎日を送るタクシー運転手・小戸川。 身寄りはなく、他人とあまり関わらない、少し偏屈で無口な変わり者。趣味は寝る前に聞く落語と仕事中に聞くラジオ。 彼が運ぶのは、どこかクセのある客ばかり。 バズりたくてしょうがない大学生、何かを隠す看護師、いまいち売れない芸人コンビ、街のゴロツキ、売出し中のアイドル… 何でも無いはずの人々の会話は、やがて失踪した1人の少女へと繋がっていく。」 今回は…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「どうです。気分が悪いとかありませんか。」 「まぁ…。」 「頭痛はまだあると聞きましたが。」 「はい。」 「どんな感じの頭痛ですか?」 「…突然、頭の奥深くからズキンと来る感じです。」 「あぁ…。」 ーなんだこのやり取り。無表情だけど普通じゃん。片倉さんから聞いているコミュ障って話と違うぞ。 「詳しい検査をしないことには頭痛の原因はわかりません。明日、検査しましょうか。」 「はぁ。」 「いまは検査できる人間がいませんので、明日MRI撮りましょう。それまで三波さん。こちらでお休みください。」 「あ…でも…。」 「お仕事ですか?」 「はい。」 「死にたいんだったら行ってもいいですよ。」 「はい?」 「死にたければこのまま…
 
「そこ☆あに」684回目は『2021年春アニメ新番組青田買い』特集です。 今期新番組でスタッフが視聴した作品は35本。投稿をいただいた作品は11作品でした。投稿を元に取り上げた作品は、「スーパーカブ」「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」「イジらないで、長瀞さん」「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」「美少年探偵団」「蜘蛛ですが、何か?」「転スラ日記」「結城友奈は勇者である ちゅるっと」「SSSS.DYNAZENON」「憂国のモリアーティ」です。 他にスタッフオススメ作品として、「極主夫道」「灼熱カバディ」「やくならマグカップも」「東京リベンジャーズ」「ましろのおと」「魔入りました!入間くん 第2シリーズ」「ゾンビ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 目を開くと白い天井が見える。 ここはどこだ。自分の家の部屋ではないことは明らかだ。 彼はとっさに身を起こす。 「痛っ…。」 右側頭部にズキンとした痛みを覚え、彼はゆっくりと体を倒した。 「すいません…。頭が割れそうなんで救急車、お願いできませんか…。」100 「そっか…俺、救急車呼んだんだった…。病院か…ここ…。」 目を瞑り眠りにつこうとした。 「はっ!」 飛び起きた彼はベッド右側にあるカーテンを開いた。 眼下には山側環状線が見える。 瞬間、三波の背筋が寒くなった。 「とにかく、石大に近づくのはやめろ。」89 「ここ、石大だ…。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 数時間前 北陸新幹線内 彼は…
 
「そこ☆あに」683回目は今期新番組から1本目『バクテン!!』特集です。 原作は四ッ木えんぴつ。監督は黒柳トシマサ、シリーズ構成・脚本は根元歳三。アニメーション制作はゼクシズによるオリジナルアニメ。2021年4月より全12話ノイタミナ枠にて放送中。 今回は第2話「一緒に跳びたい!」まで視聴済みでの特集です。 前半30分(5分ほどから)はゼクシズの新宅潔アニメーションプロデューサーのリモートインタビューをお届けいたします。 「『笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く』 中学生活最後の夏、『男子新体操』と出会い、 強烈に魅せられた少年「双葉翔太郎」。 私立蒼秀館高等学校に入学した翔太郎は、男子新体操部の門を叩く。 そこには、個性的な先輩たちと、中学男子新体操のスター「美里良夜」がいた。 何か一つ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 5年前 「にわかには信じがたい話です。」 「正常な感想だ。」 「ですが他ならぬ陶課長のお話です。」 「ということは?」 「信じます。信じますが…なかなか受け入れられません。」 「いいんだ。そう言ってくれるだけで十分だ。」 「しかしどうしてそんな大事なことを自分に。」 「俺は苦労人をリスペクトしている。」 「…それは自分のことですか。」 「そうだ。」 都内駅構内の某コーヒーチェーン店。 入れ代わり立ち代わり人が出入りする店の奥に向かい合って座る中年男性ふたり。 彼らの存在を気に留めるものはいない。 「調べさせてもらったよ。随分ハードな生き方を強いられてきたみたいじゃないか。」 「なぜ自分なんかに関心をお示しに?」 「な…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 自宅に帰ってきた三波はベッドに倒れ込んだ。 「痛ぇ…。頭痛ぇぞ…。なんだこれ。」 「今日手に入れた情報はすべてデタラメだ。小早川は気が狂っていた。お前は疲れている。このままおとなしく家に帰るんだ。そこでじっとしていろ。」94 「何しやがったあいつ…。さっきまではそこまでじゃなかったのに、ここに来て何だこの頭痛…。おとなしくしてろって、このまま寝てろってのかよ。」 身を起こそうとすると自身の後頭部に鈍い痛みが走る。 「あ、痛っ!」 彼は突っ伏した。 「やべ…これあれかな…。脳梗塞とかかな…。だったら洒落になんねぇぞ…。」 三波は携帯を手にした。 「すいません…。頭が割れそうなんで救急車、お願いできませんか…。」 電話を…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login