Experts 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
Transcript Hello, I’m Kasumi Kobayashi. Thank you for listening Japanese classical literature audiobooks. Today, I’d like to introduce a new podcast created by Mme Miyuki Seguchi, who is a journalist and licensed guide. A couple of days ago, I had a chat with her and was impressed by her passion for exploring and sharing Japanese culture worldwide.…
 
八百屋のお鳩 おや鳩子ばと お鳩が三羽 八百屋の軒で クックと啼いた。 茄子はむらさき キャベツはみどり いちごの赤も つやつやぬれて。 なあにを買おうぞ しィろいお鳩 八百屋の軒で クックと啼いた。 二つの草 ちいさい種は仲よしで、 いつも約束してました。 「ふたりはきっと一しょだよ、 ひろい世界へ出る時は。」 けれどひとりはのぞいても、 ほかのひとりは影もなく。 あとのひとりが出たときは、 さきのひとりは伸びすぎた。 せいたかのっぽのつばめぐさ、 秋の風ふきゃさやさやと、 右に左に、ふりむいて、 もとの友だちさがしてる。 ちいさく咲いた足もとの、 おみこし草を知りもせず。 折り紙遊び あかい、四角な、色紙よ、 これで手品を使いましょ。 私の十のゆびさきで、 まず生まれます、虚無僧が。 み…
 
Many Thanks for the text : Aozora Bunko Transcript 正岡子規 夜寒十句  虚子を猿楽町に訪ひて夜に入りて帰途に就く。小川町に出づるに男女竪にも横にも歩行あるきて我車ややもすれば人に行き当らんとする様なり。彼等の半は両側の夜店をあさり行くにぞある。考へて見れば今宵は五十稲荷の縁日なり。我昔こゝらにさまよひし頃は見んとも思はざりし夜店なれど、此頃は斯かかる事さへなつかしく店々こまかに見もて行かんと思ふに実にせんなき身とはなりけり。古き雑誌書籍売る店、歯磨石鹸など売る店、根掛丈長など売る店の並びたる中に 縁日の古著屋多き夜寒かな  それ等を離れて曲り角に小き店を出し四角な行燈を地に据ゑて片側につたやと書き片側に大きんつばと赤く書きたるも淋しげにあは…
 
This is a two-minute preview. Complete version will be available at Patreon * members only Link to the post at Patreon  宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。...Kasumi Kobayashi による
 
Transcript: Hello, thank you for listening Japanese Classical Literature (podcast). I'm Kasumi Kobayashi. This is an announcement to let you know that I created a fan subscription site with Patreon. Patreon is a platform where creators can post exclusive contents to supporters. I would like you to join my private club to listen to exclusive episode…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login