Artwork

コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

181.2 第170話【後編】

7:56
 
シェア
 

Manage episode 400169619 series 2621156
コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

「っくしょん!」
パソコンの前に座ったままで目を瞑り、軽く睡眠をとっていた椎名はくしゃみによって目を覚ました。
自分の体調について尋ねる声はない。椎名を監視しているはずの片倉や岡田といった連中も今は眠っているのかもしれなかった。
しかしこちらから向こうの様子は見えないので迂闊な言動は慎むべきだ。とりあえず椎名はSNSのタイムラインを流し読みすることにした。
ハッシュタグ立憲自由クラブでフィルタリングされたそこには、日章旗と旭日旗が入ったアイコンがよく見られる。その中で椎名は「日本大好き」という名前のアカウントが時々ポストしているのを発見した。
やるしなかない
戦うしかない
完全にもう俺らは米帝の植民地だ
出たとこ勝負でもいいじゃないか
全ては行動あるのみ
何か薄ぼんやりとした何かを鼓舞するポストだ。
椎名は即座にこのポストを縦読みする。
ーや た か で す
続けて日本大好きアカウントは以下のポストをした。
川岸からの合図で動くとしよう
ー川岸…岸…。騎士…ナイトか。ナイトの合図で始まると言うことだな。
桃は未だ見ず
ー桃…?
椎名は一瞬考えたが、すぐにそのポストの意味を把握した。
ー桃…ピンクか…。ピンク稼業はヤドルチェンコの表の姿。そうか、ヤドルチェンコの行方は矢高もまだ把握できていないか…。
ー上々だ。これは面白くなってきた。
「お、椎名起きてたか。」
タイムラインをぐりぐり下の方まで移動しながら椎名はこの声に応えた。
「すいません。すこし寝てました。」
「あぁ俺も今起きたところや。」
「久しぶりにカツ丼食ったら、急に眠くなってしまって…。」
「あぁ俺も。夜中にあんな脂っこいモン食ってもたれてしまうかと思ったら、しばらくして急に眠くなっちまってな。今起きたンやけど、案外すっきりしとる。」
「お若いですね。自分は少々もたれています。」
他愛もないやりとりをした。
「で、どうや。なにか動きはあったか。」
「いや。目立ったものはありません。」
「これからお前さん、どう出る。」
「まず朝戸を現地まで誘導します。」
「いつ、どうやって。」
「昼過ぎにいまの宿を出てもらって、駅近くのどこかの店で待機してもらいます。」
「どこにする。」
「お任せします。その店に誘導します。」
「わかったこちらで選定し、お前に指示する。」
片倉は合わせて空閑に関する対応についても、椎名に意見を求めた。
「空閑はこのまま放置します。頃合いを見て逮捕してください。」
「頃合いってなんや。」
「片倉さんのタイミングで結構です。」
「…。」
この間に椎名は反応した。
「いかがされましたか。」
「随分あっさりとしとるんやな。」
「駄目ですか。」
「…いや。」
「空閑逮捕に関する注意事項はないか。」
「彼は男前です。くれぐれもその誘惑に気をつけてください。」
「…。」
片倉は沈黙で応えた。
ー知ってるな。この様子。
「椎名。」
「はい。」
「サングラスはかけていった方が良いかね。」
「サングラス?え?なんで?」
「あぁサングラス。あれ?お前知らんがか。」
「え?なんですか?」
「鍋島やって鍋島。」
ーやはり分かっていた…。しかしどうしてサングラスをかけろって話なんだ。
「鍋島能力の発動はその目からくるもんやってのは、俺ら警察では周知のことや。要はその目からの刺激を直接的に受容せんときゃいい。そのためのサングラス。」
ーなんだって…。
椎名は必死で表情を取り繕った。
「そいつを研究しとったのは光定であり、第2小早川研究所。あいつらはその科学的証明をなんとかしてやろうとおもっとったんやけど、結局のところそれはできんかった。でもな俺らにとってはそんなよう分からん超常現象の解明とかは正直どうでもいいんや。そのややっこしい現象に対応する方法さえあればそれでいい。光定や小早川、天宮みたいな秀才の頭で解明できんもんの対応方法だけは、俺らは早々に確立しとる。高卒でデカしかしたことのないウチのもんが秒で生み出したって訳。」
「秒でとは…。」
「6年前の鍋島事件のことはあんたも知っとるやろ。あのとき鍋島と直接対峙するとき、既にその方法は確立しとった。」
すうっと息を吸って椎名はにやりと笑った。
「参りました。」
椎名の部屋のドアが開かれた。
「椎名賢明。悪ぃが別の部屋に移ってもらえるか。」
椎名の部屋のドアを開いて入ってきた片倉の顔から表情が消えていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM
ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。
すべてのご意見に目を通させていただきます。
場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。
  continue reading

100 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 400169619 series 2621156
コンテンツは 藤 真一 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、藤 真一 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

「っくしょん!」
パソコンの前に座ったままで目を瞑り、軽く睡眠をとっていた椎名はくしゃみによって目を覚ました。
自分の体調について尋ねる声はない。椎名を監視しているはずの片倉や岡田といった連中も今は眠っているのかもしれなかった。
しかしこちらから向こうの様子は見えないので迂闊な言動は慎むべきだ。とりあえず椎名はSNSのタイムラインを流し読みすることにした。
ハッシュタグ立憲自由クラブでフィルタリングされたそこには、日章旗と旭日旗が入ったアイコンがよく見られる。その中で椎名は「日本大好き」という名前のアカウントが時々ポストしているのを発見した。
やるしなかない
戦うしかない
完全にもう俺らは米帝の植民地だ
出たとこ勝負でもいいじゃないか
全ては行動あるのみ
何か薄ぼんやりとした何かを鼓舞するポストだ。
椎名は即座にこのポストを縦読みする。
ーや た か で す
続けて日本大好きアカウントは以下のポストをした。
川岸からの合図で動くとしよう
ー川岸…岸…。騎士…ナイトか。ナイトの合図で始まると言うことだな。
桃は未だ見ず
ー桃…?
椎名は一瞬考えたが、すぐにそのポストの意味を把握した。
ー桃…ピンクか…。ピンク稼業はヤドルチェンコの表の姿。そうか、ヤドルチェンコの行方は矢高もまだ把握できていないか…。
ー上々だ。これは面白くなってきた。
「お、椎名起きてたか。」
タイムラインをぐりぐり下の方まで移動しながら椎名はこの声に応えた。
「すいません。すこし寝てました。」
「あぁ俺も今起きたところや。」
「久しぶりにカツ丼食ったら、急に眠くなってしまって…。」
「あぁ俺も。夜中にあんな脂っこいモン食ってもたれてしまうかと思ったら、しばらくして急に眠くなっちまってな。今起きたンやけど、案外すっきりしとる。」
「お若いですね。自分は少々もたれています。」
他愛もないやりとりをした。
「で、どうや。なにか動きはあったか。」
「いや。目立ったものはありません。」
「これからお前さん、どう出る。」
「まず朝戸を現地まで誘導します。」
「いつ、どうやって。」
「昼過ぎにいまの宿を出てもらって、駅近くのどこかの店で待機してもらいます。」
「どこにする。」
「お任せします。その店に誘導します。」
「わかったこちらで選定し、お前に指示する。」
片倉は合わせて空閑に関する対応についても、椎名に意見を求めた。
「空閑はこのまま放置します。頃合いを見て逮捕してください。」
「頃合いってなんや。」
「片倉さんのタイミングで結構です。」
「…。」
この間に椎名は反応した。
「いかがされましたか。」
「随分あっさりとしとるんやな。」
「駄目ですか。」
「…いや。」
「空閑逮捕に関する注意事項はないか。」
「彼は男前です。くれぐれもその誘惑に気をつけてください。」
「…。」
片倉は沈黙で応えた。
ー知ってるな。この様子。
「椎名。」
「はい。」
「サングラスはかけていった方が良いかね。」
「サングラス?え?なんで?」
「あぁサングラス。あれ?お前知らんがか。」
「え?なんですか?」
「鍋島やって鍋島。」
ーやはり分かっていた…。しかしどうしてサングラスをかけろって話なんだ。
「鍋島能力の発動はその目からくるもんやってのは、俺ら警察では周知のことや。要はその目からの刺激を直接的に受容せんときゃいい。そのためのサングラス。」
ーなんだって…。
椎名は必死で表情を取り繕った。
「そいつを研究しとったのは光定であり、第2小早川研究所。あいつらはその科学的証明をなんとかしてやろうとおもっとったんやけど、結局のところそれはできんかった。でもな俺らにとってはそんなよう分からん超常現象の解明とかは正直どうでもいいんや。そのややっこしい現象に対応する方法さえあればそれでいい。光定や小早川、天宮みたいな秀才の頭で解明できんもんの対応方法だけは、俺らは早々に確立しとる。高卒でデカしかしたことのないウチのもんが秒で生み出したって訳。」
「秒でとは…。」
「6年前の鍋島事件のことはあんたも知っとるやろ。あのとき鍋島と直接対峙するとき、既にその方法は確立しとった。」
すうっと息を吸って椎名はにやりと笑った。
「参りました。」
椎名の部屋のドアが開かれた。
「椎名賢明。悪ぃが別の部屋に移ってもらえるか。」
椎名の部屋のドアを開いて入ってきた片倉の顔から表情が消えていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM
ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。
すべてのご意見に目を通させていただきます。
場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。
  continue reading

100 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド