Nagoya U Research FRONTLINE 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 3回目の今回は、修正重力理論を研究する野尻伸一教授(KMI)をお招きし、お話を伺いました。 01:44 研究内容 07:00 野尻さんの研究変遷 10:08 他分野からみた重力理論 12:50 高次元の考え方 16:19 研究における式の見方 19:49 たくさんの重力理論モデルの捉え方 21:45 研究者の道に進むことについて 24:05 研究テーマに物理を選んだきっかけ 25:40 野尻さんのリアルな研究者ライフ 30:47 修正重力理論研究の現状 36…
 
大昔の地球で何が起きて今の地球があるのか、そんなロマン溢れる疑問を追求した研究です。 ////////////////////////////// ◯ 束田和弘准教授 http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/tsukada/index.html ◯ noteでは、ブログ形式でお届けしています。 https://note.com/nagoya_ura/n/n0083abc0613e ◯ Twitterで新着情報をお届けしています! https://twitter.com/Frontline758 ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 http://www.aip.nagoya-u.a…
 
オランダ出身で、天体物理学のポスドク研究員のTom Bakx(トム バックス)さんに、研究や日本での生活についてお話を伺いました。 ////////////////////////////// 関連リンク ・Tom Bakx(トムさんホームページ) ・天体物理学教室(名古屋大学大学院 理学研究科) ・DESHIMA ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
絶滅した巨大翼竜の飛行方法の意外な事実が、計算によって見えてきました。実は彼らは空を飛ばなかった!? /////////////////////////// プレスリリース(2022/5/12):巨大翼竜はほとんど飛ばなかった〜絶滅巨大飛行生物と現生鳥類のソアリング能力の比較〜 依田憲研究室/YODA lab http://yoda-ken.sakura.ne.jp/yoda_lab/Home.html 後藤佑介特任助教 https://research-er.jp/researchers/view/895572 ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 サムネイル画像:Warpaint/Shutterstock…
 
宇宙誕生直後、10のマイナス34乗秒の間に、宇宙は数十桁も膨張したと考えられています。 初期宇宙を知る観測方法としての「原始重力波検出」の研究を紹介します。 ////////////////////////// 川村静児のページ DECIGOホームページ ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
怖い、悲しい、仕方ない、考えたくない… そのように思われがちな老化や死について、先日の名大カフェ「1ミリの虫に問う 仕組まれた老化と死のシナリオ」で、野間健太郎准教授(理学研究科)にお話を伺いました。 /////////////////////////// ◯名大研究フロントラインnote(ブログ) 線虫の顕微鏡映像や画像をご覧いただけます ◯Noma Worm Lab ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
硬くて重いイメージの「鉄」ですが…。 鉄の意外な姿や環境問題への関与について、地球規模で考える研究です。 ///////////////////////// ◯プレスリリース(2022/04/15):人間活動によって放出される大気微粒子が南大洋域への主要な鉄供給源となることを解明 ~地球温暖化予測の高度化に期待~ ◯Matsui Laboratory(名古屋大学 環境学研究科) ///////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部
 
「KMIの研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインメンバーが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか」という切り口で、KMI研究者をゲストに迎え、素粒子宇宙対話をポッドキャスト配信する本企画。 番組趣旨を語った第一回に続き、初めて研究者ゲストを迎える今回は、風間慎吾さん(KMI/宇宙地球環境研究所 准教授)と奥村暁さん(宇宙地球環境研究所/KMI 講師)をお招きし、オンラインでお話を伺いました。 01:49 風間さんの研究 10:07 奥村さんの研究 21:41 アプローチは違うけれど、活発に情報交換 23:41 研究のきっかけ&モチベーション 32:11 フロントラインメンバー石橋の岩石研究との意外な接点!? 34:30 KMISCT近藤さん&長…
 
お風呂のダイエット効果を、皮膚にある体内時計からひも解く研究です。 /////////////////////// ■ 今回の研究紹介記事:「入浴で脂肪が落ちる」 皮膚時計が関与(note) ■ 以前の研究紹介記事:朝食論争最前線 ―食べるべきか、抜くべきか―(note) ■ 小田裕昭准教授(生命農学研究科) /////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
名古屋大学には、海外から来て活躍されている研究者がたくさんいます。今回は、その一人、Katinka Wondergem(カティンカ・ヲンダルゲム)さんにインタビューしました。 ///////////////////////// ◯note記事 ◯Laboratory of Inorganic Chemistry | 無機化学研究室 ///////////////////////// 和訳文の内容確認に際して、理学研究科博士課程1年の白井そらさんにご協力いただきました。
 
体内時計はどのように動いているのでしょうか。 そのカギとなる時計タンパク質の複雑な仕組みに迫る研究です。 /////////////////////// ◯プレスリリース(2022/4/18):概日リズムを奏でる時計タンパク質の内部で「2つの歯車」が噛み合う仕組み ◯自然科学研究機構 分子科学研究所 協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析研究部門 秋山グループ ◯名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 時計機構グループ 近藤孝男研究室 /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
氷河期の終わり、厳しい環境変化の中でもホモ・サピエンスが繁栄に成功した背景を、彼らの狩猟の特徴から読み解く研究です。 ///////////////////////// ◯プレスリリース(2022/4/6):氷河期終末の温暖化と乾燥化の下でホモ・サピエンスが行った狩猟活動を解明 ~動物考古学と地球化学的分析~ ◯名古屋大学博物館 内藤裕一 研究員 ◯名古屋大学博物館/環境学研究科 門脇誠二教授 ◯名古屋大学博物館 ///////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/
 
第57回の今回は、発酵食の研究のご紹介です。 今、名古屋大学博物館で開催中の「世界の発酵食をフィールドワークする」という特別展から、「フィールド発酵食品学」という新しい学問をのぞいてみませんか? /////////////////////////// ◯関連リンク ・名大研究フロントラインnote ・第28回特別展「世界の発酵食品をフィールドワークする」 ・名古屋大学博物館 ・横山智教授
 
大昔、日本にいた大型ワニの近縁種が、中国広東省にもいたことがわかりました。 中国では人と共存していたワニが、人為的に絶滅したのはなぜ!? 画像提供:飯島正也研究員、©雨宮ひかる氏 ///////////////////////// ◯プレスリリース(2022/3/10):中国広東省で有史以降に人為的に絶滅した大型ワニを報告 ◯名古屋大学博物館 飯島正也 学振特別研究員 ◯名古屋大学博物館 ///////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/
 
朝食、食べていますか?体内時計の観点から朝食を食べる意義に迫る研究を紹介します。 /////////////////////// ■ 研究紹介記事(note) ■ プレスリリース(2022/3/23):朝食を食べないと、体重が増えるだけではなく、筋肉量も低下する ■ 小田裕昭准教授(生命農学研究科) /////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
---------- 素粒子宇宙起源研究所(KMI)の研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか ----------- はじめまして! 私たちは、KMI Science Communication Team 略して KMISCT です。 KMI(名古屋大学素粒子宇宙起源研究所)に所属している、サイエンスコミュニケーション活動に興味のある学生が集まり、さまざまな活動を行っています。 そんな私たちですが、今月から新しいポッドキャスト企画「素粒子宇宙円卓会議」を立ち上げました。 初回である今回は、この企画がはじまった経緯や、私たちKMISCTのご紹介をします。 月1回のペースで配信していく予定です。どうぞよろしく…
 
雨は植物にとって恵みである一方で、実は病原体を運んでくる危険な存在でもあります。 そんな雨に対してどのような仕組みで対応しているのでしょうか。 植物の生き抜く術を免疫の観点から紹介します。 ◯関連リンク 2022/3/9発表「植物は雨に打たれると免疫を活性化する」 名古屋大学遺伝子実験施設植物分子シグナル学グループ ◯制作 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
サツマイモはお好きですか? 今回はサツマイモの強さの秘密に迫る研究です。 身近で美味しいサツマイモが未来の農業の鍵になるかもしれません。 ////////////////////////// ▼研究紹介記事(note) ▼プレスリリース(2022/03/02) 何故、サツマイモは痩せた土地でも生育が良いのか? ~病原菌由来の遺伝子を用いて土壌中の有用微生物を誘き寄せている可能性を発見~ ▼関連リンク 生命農学研究科 植物病理学研究室 生命農学研究科 分化情報制御研究室 ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 outreach@aip.nagoya-u.ac.jp…
 
「精神疾患」と一口で言っても、うつ病や発達障害など、その症状は実に様々。 今回はそんな精神疾患の多様性に迫った研究をご紹介します。 ///////////////////////////// 研究紹介記事(note) プレスリリース(2022/2/1) 16p11.2 重複患者に見られる多様な精神症状 〜患者 4 例のケースシリーズ〜 https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/02/16p112-4.html 名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・精神生物学・発達老年精神医学・親と子どもの心療学・精神医療学(寄附講座) https://www.med.nagoya-u.ac.jp/seisin/index.html 尾崎紀夫教授…
 
竹や稲など、地下茎でつながる植物は、地下でコミュニケーションをとりながら巧みに生き延びていることがわかりました。バイオマスへの応用をはじめ、人にとっても学びの多い研究成果です。 ///////////////////////////// 記事 https://note.com/nagoya_ura/n/n501e0541f90d プレスリリース 2022/2/4 植物の地下での情報のやりとりを発見 ~地下茎で繋がった植物株間でのコミュニケーション~ https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/02/post-184.html 植物情報分子研究室(名古屋大学生命農学研究科) https://www.agr.nagoya-u.ac.jp…
 
植物の気孔ができるときに、細胞分裂でどのようなことがおきているのか、明らかになりました。世界を変える新しい分子を発見・開発するトランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)イチオシの研究成果です。 ////////////////////// 2022/2/11プレスリリース 完璧を目指すならじっくり時間をかけて(植物の細胞でも)〜植物の気孔の幹細胞非対称分裂から最終対称分裂への転換を担う、細胞周期のブレーキ役の発見〜 鳥居啓子 主任研究者・客員教授(アメリカテキサス大学オースティン校教授) 協力:名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
 
超伝導がなぜ起きるのか、ツイスト2層グラフェンでその謎に迫る研究です。 (トップ画像は、ボンド秩序の例/大成誠一郎准教授提供) /////////////////////// 2022/1/31発表 自発的回転対称性の破れの発現機構の新発見 ~ツイスト2層グラフェンにおける複合自由度の重要性~ 名古屋大学 理学研究科 S研 凝縮系理論グループ /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
生態学と神経科学のアプローチで、渡り鳥が迷わず南に進める不思議に迫る研究です。 //////////////////////////// 2022.02.07プレスリリース 渡り鳥の脳内にあるコンパス細胞を発見 YODA Lab(環境学研究科 依田憲研究室) //////////////////////////// 制作 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
ホモ・サピエンス繁栄の背景に、石の特徴を石器に活かす応用力が見えてくる研究です。 ヨルダンのトール・ファワズ遺跡などの発掘から、第42回目の続報です! ///////////////////////////// 2021/07/14発表 旧石器時代の石材利用の変化を解明 ~小型石器と滑らかなチャート石材の結びつき~ https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/01/post-175.html 門脇誠二研究室(環境学研究科) http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/kadowaki/laboratory/index.html ///////////////////////////// 制…
 
太陽電池の未来にワクワクできそうな材料開発の話題です。 /////////////////////// 2022/1/31発表 ナノ結晶を電子の通り道とする酸化シリコン保護膜を実現 ~次世代シリコン系太陽電池の開発に期待~ 宇佐美・黒川研究室(名古屋大学工学研究科) /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
第4回は、宮武さんと南崎さんの「物理が大好き!」という気持ちについて詳しく伺いました。その物理愛、ちょっと理解し難い…という方こそ聞いてほしい内容です。 ぜひ、第1回(2022/2/21配信)からお聴きください。 第1〜4回をまとめたnote記事も公開中です。 声ではお届けできなかった、北口さんの研究に関する詳しい情報へのリンクもお知らせしています。 ご質問やコメントは、こちらにお知らせください。 outreach@aip.nagoyoa-u.ac.jp (名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部)
 
第2回は、宇宙を詳しく調べるための「重力レンズ」という手法や、最近の研究のホットトピックについてのお話です。 ぜひ、第1回(2022/2/21配信)からお聴きください。
 
以前ご好評をいただいた研究者ご紹介シリーズの第2弾です。 ご紹介するのは、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の宮武広直(みやたけひろなお)さん。今回も、KMI広報の南崎梓さんイチオシの研究者です。4回にわたり配信します。 第1回は、宮武さんって研究でなにをやっているの??ズバリ、伺いました。ハワイにあるすばる望遠鏡がキーワードです。宮武さんの研究への愛、そして物理への愛をたっぷり語っていただきました。 途中、「一つのチームで今1,000万個、今僕がやってる計画は1,000万個(の銀河を撮る)」という宮武さんのご発言がありますが、最終的には1億個の銀河を撮るのだそうです!
 
スーパーマテリアルとして研究が進められてきたグラフェン。 2枚重ねて少しずらした「ツイスト2層グラフェン」はその機能が注目されていますが、小さなサイズのものしか作れませんでした。 でも、名大グループがつくりました。従来の数千倍の大面積ツイスト2層グラフェンです。 ////////////////////////// 2021/12/15発表 ミリメートルスケール魔法角ツイスト2層グラフェンの作製とフラットバンドの直接観察に成功 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211215_engg.pdf 乗松研究室HP https://www.material.nagoya-…
 
ADHDは注意欠如多動症ともいい、不注意や多動性、衝動性が特徴です。 子どもの発症率は大人の倍で、近年患者さんの数が増えています。 そんな中で、今回はADHD診断と睡眠評価の大切さについての研究を紹介しました。 過剰診断の問題についても言及しています。ぜひお聞きください。 ///////////////////////////// 子どもの入眠時刻はADHD症状と関連し遺伝的リスクの低い子どもにいて睡眠の関連が強いことが明らかに 名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター ///////////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部…
 
放射線を可視化する「放射線イメージング」という技術で、がん治療の効率化に挑む研究を紹介します。 ///////////////////////////// 2022/1/7プレスリリース 「ガン治療に用いるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)装置からの中性子照射発光を検出することで中性子分布イメージングを実現 ~新しい中性子分布計測法への応用に期待~」 医学系研究科 山本研究室(医療技術専攻 医用量子科学講座) ///////////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第4回は、前回の科学コミュニケーションのお話の続きです。みんなが参加する「場」づくりを美術の歴史に学びます。 第1回(2022/2/1配信)からお聴きください! 第1〜4回をまとめたnote記事も公開中です。 声ではお届けできなかった、北口さんの研究に関する詳しい情報へのリンクもお知らせしています。 ご質問やコメントは、こちらにお知らせください。 outreach@aip.nagoyoa-u.ac.jp (名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部)…
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第3回は、科学コミュニケーションのお話です。「場が科学」がキーワードです。 ぜひ、第1回(2022/2/1配信)からお聴きください!
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第2回は、中性子の研究でどんなことをやっていて、どんなことがわかるのか、ワクワクさせてくれるお話です。エレガントなスーツ姿の裏話も♪ ぜひ、第1回(2022/2/1配信)からお聴きください!
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 いつもセンスが光る広報活動をされている南崎さんが、「すごくエレガントで、とにかくおもしろい研究者がいる!」と、北口さんを紹介してくれました。 北口さんの研究の話や科学コミュニケーションへの思いなど、南崎さんも交えてたっぷりお話を伺いました。学びも笑いもたっぷりです。 第1回は、北口さんが2回の思春期を経て(笑)、中性子の研究者になるまでのお話です。
 
なぜ私たちだけが人類として生き残ったのでしょう… ヨルダンのトール・ファワズ遺跡の発掘から、私たちの歴史に思いを馳せてみませんか? //////////////////////////// 2022年1月5日発表 ホモ・サピエンスがユーラシアに拡散した上部旧石器初期の年代と文化動態を解明 ~ヨルダンの遺跡から1万点の石器を発掘調査~ https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20220105_env.pdf 門脇誠二研究室(名古屋大学 環境学研究科) http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/kadowaki/laboratory…
 
腸活の効果は、健康づくりだけにとどまりません。 食道がん治療の現場で実証されました。 //////////////////////////// 2021年12月21日発表 術前化学療法を受ける食道癌患者におけるシンバイオティクス摂取の有効性を確認 ~シンバイオティクス摂取によるバクテリアルトランスロケーションおよび重度胃腸障害の抑制~ https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Cli_Nut_20211012.pdf 横山教授の寄附講座「外科周術期管理学(ヤクルト)」 https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/laboratory/endowed-chair/surgical-perio…
 
60年前に日本各地で観測されたオーロラ。 大切に残された当時の記録を読み解くプロジェクトのお話です。 サムネイル画像は新潟地方気象台提供 //////////////////////////// 2021年12月20日発表 歴史的観測から蘇る1957~1958年のオーロラ観測の全貌:過去4世紀最大の太陽活動極大期に起きた太陽嵐の痕跡 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211220_isee.pdf Geoscience Data Journal に掲載予定の論文 https://arxiv.org/pdf/2112.09432.pdf //////////////…
 
食品や化粧品業界が注目する素材「ペプチド」の開発を支える材料研究に迫ります。 //////////////////////////// 2021年11月27日発表 食品や化粧品業界の素材開発に新材料!独自開発の「高温焼成シリカゲル」で抗菌ペプチド見つかる https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211202_engg.pdf 本多研究室(名古屋大学大学院工学研究科) https://www.chembio.nagoya-u.ac.jp/labhp/life2/index.html //////////////////////////// 制作 名古屋大学 学術研究・産学…
 
アジアでコロナが少ない謎。 ファクターXは腸内細菌なのか!? ////////////////////////////// プレスリリース(2021/11/25) 腸内細菌 Collinsella属がCOVID-19の感染・・重症化を予防 https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/PLOS_ONE_20211124.pdf 平山研究室HP(名古屋大学医学部保健学科神経生理研究室) http://square.umin.ac.jp/hirayamalab/hirayamalab/Welcome.html ////////////////////////////// 制作・著作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 http…
 
北極で加速する温暖化に、遠く離れた森林火災が影響しています。 航空機を使ったユニークなアプローチで、その影響を探る国際研究を紹介します。 ////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations 2021/11/05発表 森林火災が北極大気を加熱する黒色炭素粒子の重要な発生源であることを実証 〜北極温暖化の将来予測に貢献〜 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211105_isee.pdf 大気化学研究室(名古屋大学 宇宙地球環境研究…
 
パソコン、スマートフォン、テレビ、プリンター、エアコン…。 すべて、パワー半導体という部品を搭載しています。 暮らしに欠かせないパワー半導体に、今、イノベーションが起こっています。 /////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/index.html 2021/10/25 脱炭素社会に向けて新技術! ~AI利用で高品質な6インチのSiC結晶成長の開発を短期間で実現~ https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images…
 
光と免疫反応で相乗効果を生む新しいがん治療「近赤外光線免疫療法」。 もっと多くの患者さんに届けたいという研究者の思いが実りはじめました。 細胞実験では期待できなかったその効果をマウスで試すと…! //////////////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/research/activities/achieve/index.html 2021/11/2発表 光とがん免疫で相乗効果を発揮して癌を治療 〜免疫チェックポイントを標的とした腫瘍微小環境の改変とがん免疫を応用した近赤外光線免疫療法の開発〜 https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/…
 
アスベストと肺がんの関連はよく知られています。 実は、そのメカニズムはよく分かっていませんでした。 細胞細胞外小胞に着目した研究をご紹介します。 ////////////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/ 2021/11/04発表 フェロトーシス依存的細胞が小胞(FedEVs)によるアスベスト発がん機構の解明 ~マクロファージの細胞死に伴って分泌されるFedEVsはフェリチン供与を開始中皮細胞の発がんに寄与する~ https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf…
 
水のようにさらさらなのに、乾燥するとプラスチックのように硬くなるシリコーン素材が開発されました。 どんなものに応用できそうか、自由にイメージを巡らせながらお聴きください。 ///////////////////////////// 名古屋大学プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/ 2021/9/7発表(インパクト大の実験写真はこちら!) 「プラスチックのように硬いシリコーン ~1億倍の弾性率変化を示すシリコーン素材の開発~」 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/…
 
卵ではなく、赤ちゃんを産む魚「ハイランドカープ」。 お母さんのお腹の中で栄養に包まれた赤ちゃんを雑菌からどう守る⁉ どうやら、遺伝子レベルのメカニズムがありそうです。 ////////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/index.html 2021/10/01発表 胎生魚類の卵巣は抗菌ペプチドを産生している~卵巣内での雑菌の繁殖を防ぎ、卵や胎仔を保護する役割か~ https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images…
 
謎多き昆虫の生態…。 竹に住み、微生物から栄養をもらう昆虫がいるそうです! 今回はそんな昆虫と共に生きる微生物にクローズアップします。 //////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/ 2021/10/01発表 竹利用性昆虫の共生菌の栄養源を特定 ~ニホンホホビロコメツキモドキの栽培する酵母菌の増殖基質~ https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211001_agr.pdf 森林保護学研究室 htt…
 
SDGsが大きく取り上げられる今、「マイクロファイナンス」は要チェックテーマです! 2021年10月22日(金)に開催した、第83回名大カフェ「本当に誰ひとり取り残さない?バングラディシュの小規模金融と陸前高田の震災復興」の内容をお届けします♪ イベント概要 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/public/mcafe/event/detail/0005245.html トーク全編とレポートはこちら↓ https://shopblog.dmdepart.jp/nagoya/detail/?cd=076500&scd=002293
 
ヒトの細胞とコウモリの細胞を、ウイルスに感染させると…。 コウモリ特有のウイルス反応、なるほど〜とうなづける結果です。 ウイルスのふるまいを動物の研究者が探究する、視野の広さにも注目したい研究です。 ////////////////////////// 名古屋大学 研究プレスリリース https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/ 2021/08/30発表 コウモリがウイルスの自然宿主になりやすい仕組みを解明 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20210830_agr.pdf 本道栄一教授 https://s…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login