第二百十五話『自分に飽きてはいけない』-【香川篇】俳優・歌手 萩原健一-

10:44
 
シェア
 

Manage episode 244273587 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
香川県高松市にあるレクザムホールでは、優れた邦画のリバイバル上映を定期的に続けています。
「映画の楽校」と題されたそのプログラム、10月22日に行われる演目のひとつが『恋文』です。
直木賞作家、連城三紀彦が、萩原健一をモデルに書いたという小説が原作です。
連城は「萩原さんが出てくれるなら、原作料などいりません」と言ったそうです。
ショーケンこと萩原健一は、今年3月、68歳で激動の生涯を閉じました。
17歳でグループサウンズ「ザ・テンプターズ」のヴォーカリストとしてデビュー。
その後、唯一無二の存在感を醸し出す俳優として、映画、テレビドラマに偉大な足跡を残しました。
今年5月には、講談社が『ショーケン 最終章』というインタビュー集を出版。
9月には、河出書房新社から『萩原健一 傷だらけの天才』というムックが刊行され、追悼のツイッターは絶えず、いまなお、ショーケンがひとびとの心に生きていることを証明しています。
彼ほど愛され、彼ほど誤解され、彼ほど壮絶な人生を送り、彼ほど穏やかな死を迎えられたひとは、いないのではないでしょうか…。
彼は常に正直で、純粋でした。
40代前半で、右耳の聴力を失うことになっても、周囲に黙っていました。
おかげで、声が大きい、威圧感がある。
それが誤解の原因になっても、彼は耳のことを誰にも言いませんでした。
2011年、GIST(ジスト)という難病指定の癌に犯されても、家族以外には隠し通しました。
『不惑のスクラム』というドラマのオファーがあったとき、医者は「タックルなんかされたら、腫瘍が破裂しますよ! とんでもない!」と反対しました。
末期の胃癌を患っている元ラガーマンの役でした。
この役に運命を感じた萩原は、役を引き受けます。
そこまでして彼が演じることにこだわったわけに、彼の存在証明があったのです。
今も愛され続ける孤高の天才、萩原健一が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード