TOKYO FM 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
東北の被災地沿岸部に“いのち”を守る森の防潮堤を築くことをめざす『鎮守の森のプロジェクト』をはじめ、全国に広がる植林活動や、森林保護の取り組みにスポットを当てるプログラムです。様々な分野で活躍する「森の賢人」たちの声に耳を傾け、森と共存する生き方を考えていきます。
 
ジブリの森のラジオの川のほとりに建つ、スタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫さんの隠れ家、『れんが屋』。 ここには夜毎、汗まみれな人が集って映画談義に花を咲かせます。 その模様は、TOKYO FM 80.0MHzをキーステーションに、JFN系列38のFM局毎週日曜23:00~23:30に『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』の番組で放送中。 この番組がポッドキャスティングでもお楽しみいただけます。
 
夢をカタチにする、そのいちばん初めの力は、妄想力。土曜の深い夜。今ある リアルは全部忘れて、無責任に、無邪気に、果てしなく自由にトークすれば未来をキラキラと潤す、妄想の泉が湧いてくる。さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストなど「妄想の達人」たちをゲストに迎え、今、そして未来を面白くするヒントを見つけます。
 
彼らはなぜ挑戦を続けるのか?文化、教育、平和、環境、ビジネスも含め、国内外で活躍する人々の姿、生き様を紹介する番組。新パーソナリティに茂木健一郎を迎え、世界を見据えたゲストお招きし発信していきます。
 
毎週金曜 17:00から放送の「キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル~」 ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など異なるフィールドを舞台に活躍する”ふたり"がランデブー。 情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが上質な暮らしに合うアイデアをシェアしてくれます。
 
100年後の地球を生きる子どもたちへ、 つなげていきたい“ヒト・モノ・コト”。 それらを集めたものが「みらい図鑑」。 「みらい」へ受け継いでいきたい“ヒト・モノ・コト”。日本全国、あなたの身近にあるステキな“ヒト・モノ・コト”を教えてください!100年後の子どもたちへ伝える「みらい図鑑」を一緒に作りましょう。日本全国にきっとたくさんあります。
 
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。 誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。 YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか? YES!ささやかに、小文字で、yes!明日への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお聴きください。
 
「日本を元気に!」を合言葉に、毎週各界の著名人をゲストに招いて、日本のこれからを語っていく、番組を聴いた人が、思わず元気になるようなプログラムです。 さらに、JAPAN MOVE UP PROJECTとして、「TOKYO HEADLINE」や「JAPAN MOVE UP!from OKAYAMA」のフリー・ペーパーやWEBサイトとも連動していきます。
 
「イオン presents ハートフル・リクエスト」では、家族や、友人、職場の同僚、かつてお世話になった先生・・・など大切な人へのメッセージをご紹介しています。日ごろお世話になっている方への普段はなかなか言えない感謝の気持ち、届けてみませんか。私たちがラジオの電波を通じてしっかり届けさせていただきますので、感謝を伝えたい人とあなたのエピソードなど、詳しく聞かせてもらえると嬉しいです。
 
Miwele is Japanese singer & composer(DTM; Protools), Composing with the mothif of fairytale - storytelling (musical) music. Loves "multiple choruses" and "irregular beats". Thank you for listening and following :) Twitter https://twitter.com/miwele_official (Feel free to give comments in English I would probably reply though my native language is Japanese) DTMシンガーソングライター、ミーウェルです。 童話などをモチーフにした物語音楽の作編曲家、シンガー。クラシックとポップスの声を融合させて歌う女性アーティスト。 SEGA, KONAMI, 等のゲーム音楽歌唱 Blitz (Akasaka), TBS, CXテレビ朝日, F ...
 
Loading …
show series
 
4月8日(木)のゲストは、タレントの優木まおみさん。 ピラティスインストラクターでもある優木さんに、ピラティスについてのお話や、食事や生活習慣で気をつけていることなどを伺います。 心と体の健康のために、「1日10分自分ケア」や毎年の健康診断を習慣化してみてください。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20210408_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、かんわかさんの健康の秘密をご紹介します。 「わたしの健康の秘密は、朝のラジオ体操と寝る前のフラフープ10分間です。」 かんわかさん、ありがとうございました!…
 
今週のゲストも先週に引き続き、千葉大学教育学部 准教授で、古生物学者の泉賢太郎さん。泉さんが研究しているモノは、“ウンチの化石”ですが、実は、昔を知るヒントが“今のウンチ”にもあるようです。 ウンチの大きさから、“主”となる生き物の大きさが分かる?もしかしたら、新しい生き物が発見できるかもしれない!秘められた“ウンチ化石”の可能性について、伺っていきます。高橋万里恵 による
 
4月17日のゲストは、サントリー美術館・学芸員の内田洸さんです。 東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で現在開催中の「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」に、米ミネアポリス美術館が所蔵する9500点もの日本絵画コレクションの中から厳選された逸品が勢揃いしました。 美術の教科書に掲載されていた葛飾北斎の「赤富士」や東州斎写楽の大首絵、ここ10年で人気が沸騰した伊藤若冲の鶏屏風図などの有名作品から、内田さん自身も初見で驚かされたという隠れた名作まで、日本絵画の奥深さとユニークさをたっぷり伺います。 (展覧会は、2021年6月27日まで開催中。期間中一部展示変えがあります。)ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
今夜のお客様は、外交ジャーナリスト、 そして、作家としてもご活躍中! 手嶋龍一さんをお迎えします。 テレビのコメンテーターとしても知られる、 手嶋さんは、前作から11年ぶりとなる小説 『鳴かずのカッコウ』を発売され、話題を集めています。 今作は、今、その重要性が高まっている機関 「公安調査庁」をフィーチャーしたストーリー。 手嶋さんは、なぜ、今、このタイミングで、 こうした作品を発表されたのか…? 今、実際に起きている世界情勢を交えながら、 知られざる「情報の世界」について、 色々と伺っていきます! 来週も引き続き、手嶋龍一さんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、手嶋龍一 による
 
今も、多くの作家に多大な影響を与え続ける、高知県出身の小説家がいます。 倉橋由美子(くらはし・ゆみこ)。 小説『パルタイ』で鮮烈なデビューを飾り、いきなり芥川賞候補になったのが、24歳の時。 以来45年間に及ぶ作家生活で、『暗い旅』『聖少女』というフランス文学に影響を受けた小説や、シェル・シルヴァスタインの『ぼくを探しに』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』の翻訳など、多くの作品を残しました。 『ぼくを探しに』の訳者あとがきに、彼女はこんな文章を書いています。 「いつまでも自分のmissing pieceを追いつづける、というよりその何かが『ない』という観念をもちつづけることが生きることのすべてであるような人間は芸術家であったり駄目な人間であったりして、とにかく特殊な人間に限られる」 何かが…
 
「かばんのまち」、大阪市生野区にある、 創業70年のランドセルメーカー、「生田」。 本革にこだわって、ひとつひとつ、 すべての工程を職人がハンドメイドで仕上げていきます。TOKYO FM による
 
今週14日(水)に発生から5年となった熊本地震の直後にTwitterに投稿されたデマ。「地震のせいでライオンが放たれた」という嘘の情報があっという間に拡散し、SNSを通して起きる“デマ”実は、若い世代ほどデマを信じてしまう傾向があるというデータもあります。最近は、お子さんでもSNSを使用していますよね?SNSの情報が正しい情報なのか、誤りなのか?災害時の情報を見極めるキーワードがあります。お子さんでも覚えられるキーワード。是非覚えてください。手島千尋 による
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。 情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、モデルで会社経営者の中林美和さんと、作家のLiLyさん。 16歳から『CanCam』の専属モデルとして活躍し、その後は、ママモデルの先駆者的存在となり、多数の女性ファッション誌やビューティー紙に登場。 また、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得、オーガニックスパブランド「MAROA」を立ち上げ、代表兼プロデューサーとしても活動しています。 一方『オトナミューズ』や『VERY』など、女性ファッション誌にてエッセイや小説を連載中のLiLyさん。 結婚、…
 
4月1日(木)のゲストは、AKB48の山内瑞葵さん。 舞台『フラガール - dance for smile -』のお話や、山内さんが健康のために気をつけていることを伺います。 あなたは健康診断に行っていますか? 年に一度、自分の身体の変化を数値で確認しておきましょう。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20210401_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、yuitanさんの健康の秘密をご紹介します。 「毎日1万歩は必ず歩いています。食事制限をするのはすごく大変なので、“食べた分を動く!”で健康を維持しています!」 yuitanさん、ありが…
 
ラジオで日本を元気にするプログラム「JAPAN MOVE UP」。毎回、各界からゲストをお招きして、楽しく、元気になる番組をお送りしています!JAPAN FM NETWORK による
 
3月13日に行われた『風の谷のナウシカ』上映後のオンライントークショーと、15日に行われました東京アニメアワードフェスティバル2021授賞式の模様をお送りします。東京アニメアワードフェスティバルは新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とし、『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図り、クリエーターや観客に刺激と感動を提供、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信します。 東京アニメアワードフェスティバル2021は、一般社団法人日本動画協会が主催し、東京都が共催する国際アニメーション映画祭です。今回鈴木さんがアニメ…
 
私たち生き物は、生きるために食べ、不要なものを体の外へ排せつしますが、はるか数億年前の生き物たちも、同じように“食べ”、“排せつ”していました。その排泄物は、時を超え、化石となり、当時の生態系を調べるための貴重な資料の一つとなっています。そんな太古の昔の生き物の置き土産「うんちの化石」を研究している、古生物学者の泉賢太郎さんに「うんち化石」からどんなことが分かるのか、ティラノサウルスのウンチから分かることなど、詳しくお話を伺います。高橋万里恵 による
 
4月10日のゲストは、映画評論家・映画監督の樋口尚文さんです。 この4月に今なお世界的なリスペクトを集める大島渚監督の代表作『戦場のメリークリスマス』『愛のコリーダ』がデジタル修復され公開、そして樋口さんが編著者として関わったアーカイブ本「大島渚全映画秘蔵資料集成」も出版されます。 そんな樋口さんと一緒に大島監督の足跡を辿ります。 樋口さんが監督の家で見つけた“怪しい”扉から出てきた第1級資料とは? また「戦メリ」にバラカンさんが出演していたという真相も明らかに・・・!?ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
今週、お迎えするお客様は、引き続き、 女優、作家、そして歌手と、マルチにご活躍中、 中江有里さんをお迎えします。 俳優の児玉清さんに突きつけられた「ある言葉」、 その言葉のおかげで、今の自分がいる…と語る中江さん。 今夜は、中江さんの芸能生活を語る上で、 欠かす事が出来ない、巨匠たちのエピソードをご紹介。 また、中江さんが女優業と並行してはじめた、 作家業のきっかけも、じっくり伺っていきます。 お楽しみに。 来週のゲストは、ジャーナリスト、そして作家としてもご活躍中、手嶋龍一(てしま・りゅういち)さんです。茂木健一郎、中江有里 による
 
戦前戦後の激動期、国民に寄り添い、国民に笑顔を届け続けた、高知県出身の偉大な漫画家がいます。 横山隆一(よこやま・りゅういち)。 日本の漫画史に名を刻む代表作『フクちゃん』は、『東京朝日新聞』東京版に連載された『江戸っ子健ちゃん』の脇役からスタートしました。 その腕白ぶりは多くのひとに愛され、主役となり、さまざまな活躍を経て、1956年、ついに全国紙『毎日新聞』で連載がスタートします。 以来、連載は15年間、5,534回にも及び、終了にあたっては、日本中に惜しむ声があふれました。 高知市にある「横山隆一記念まんが館」は、来年開館20周年を迎えます。 常設の「フクちゃん通り」では、ノスタルジックな昭和の世界にタイムスリップすることができます。 また、漫画を中心におよそ10,000冊以上が無料で…
 
担当はエンジニアの中島一郎です。今回は中島さんが「2021年春現在において、今、この芸人が好き!って言っておけばイケてる感じが出る芸人さん」を教えてくれています。 そして、久しぶりに「L&A」のコーナーも!TOKYO FM による
 
日本文化の象徴、「着物」。 現代において、普段着使いされることはほぼなくなりましたが、 デザイン性に富んでいる着物の「和柄」が再評価を受けています。 そんな着物の生地をアップサイクルして、 1点モノのネクタイを作っているのが、 「クラヴァッタ・バイ・レナクナッタ」というブランドです。TOKYO FM による
 
来週の4月14日(水)で熊本地震から5年となります。熊本地震の大きな特徴だったのは、震度7の地震が2度観測された事です。東京大学地震研究所の古村孝志教授に熊本地震について解説いただきました。また、熊本地震では、車中泊する被災者が多かった事も特徴となりました。新型コロナウイルス感染が収束しない中では、さまざまな避難方法を考える必要があります。古村教授と共に避難について考えます。手島千尋 による
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。 情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、モデルで会社経営者の中林美和さんと、作家のLiLyさん。 16歳から『CanCam』の専属モデルとして活躍し、その後は、ママモデルの先駆者的存在となり、多数の女性ファッション誌やビューティー紙に登場。 また、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得、オーガニックスパブランド「MAROA」を立ち上げ、代表兼プロデューサーとしても活動しています。 一方『オトナミューズ』や『VERY』など、女性ファッション誌にてエッセイや小説を連載中のLiLyさん。 結婚、…
 
ラジオで日本を元気にするプログラム「JAPAN MOVE UP」。毎回、各界からゲストをお招きして、楽しく、元気になる番組をお送りしています!JAPAN FM NETWORK による
 
4月21日に発売される、スタジオジブリ作品の魅力をまとめた『スタジオジブリ全作品集』についての取材の模様をお送りします。 この作品集は『風の谷のナウシカ』から最新作『アーヤと魔女』までの全26作品の解説や制作秘話、ストーリー、登場キャラクター紹介、劇場公開時に使用されたポスター、ジブリ映画に欠かすことのできない音楽に関するコラム、公開時の監督たちの言葉なども収録されています。 インタビュアーは柳橋閑さんです。鈴木敏夫/柳橋閑 による
 
アウトドアライフアドバイザー・寒川一さんに、キャンプのスキル、考え方を防災減災に生かす方法を伺って来ました。3週目となる今回は、本当に何かしらの災害に見舞われた時、何が必要になるのか、【3つの法則】や、アウトドアでも使える、保存食で、簡単に温かい料理を作るコツなど教えていただきました。高橋万里恵 による
 
4月3日のゲストは、精神科医の和田秀樹さんです。 コロナ禍でのメンタルケアについての和田さんが書かれた「こんなに怖いコロナウイルス心の病」から、精神科医として感じる「コロナ」の問題点と「コロナうつ」になりやすい人の特徴を伺います。 さらに昨年ベストセラーにもなった著書『60代と70代 心と体の整え方』で和田さんが伝えたい、高年齢の方&若い方にこそが知ってほしいという、これからの人生を楽しく生き抜く「コツ」についても伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
★ドリームハートは、今週の放送で8周年を迎えました!  番組を聞いてくださっているリスナーの皆様、  いつも、本当にありがとうございます!  これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします!★ 今週、お迎えするお客様は、女優、作家、 そして歌手と、マルチにご活躍中! 中江有里さんをお迎えします。 中江さんは、28年ぶりに3枚目のアルバム 『Port de voix』をリリースされました。 歌手活動を再開するきっかけは、お母様の一言だった…? 歌手活動再開の経緯やアルバムへの想い、 そして、作詞家・松井五郎さんとの出会いなど、 じっくり、お話しを伺っていきます。 今夜は、中江さんの優しい声に癒されてください… 来週も引き続き、中江有里さんをゲストにお迎えします。…
 
戦前の高名な物理学者でありながら、夏目漱石 門下生として文学にも造詣が深かった、いわば二刀流の賢人がいます。 寺田寅彦(てらだ・とらひこ)。 高知県高知市にある寺田寅彦記念館の建物は、寅彦が4歳から19歳まで過ごした旧宅を復元したものです。 この記念館は、昭和42年に高知市史跡に指定され、当時のたたずまいを残しています。 最近再び、彼の随筆が脚光を浴びているのをご存知でしょうか。 テーマは、災害。 今からおよそ90年前、寅彦は、こんな文章を書いています。 『津浪と人間』より ・・・「非常時」が到来するはずである。 それは何時だかは分からないが、来ることは来るというだけは確かである。 今からその時に備えるのが、何よりも肝要である。・・・ 寺田寅彦のこの一節は、昭和8年、「昭和三陸地震」が東北地…
 
入学に進級、そして、就職に異動に転職・・・ 身のまわりの環境が、ガラッと変化する方も多い春。 慣れない日々のなかで、どのように気持ちを切り替えて楽しむか。 そんな時に役立つのが「香り」です。TOKYO FM による
 
4月スタート!新生活を迎えた皆さん防災グッズは揃っていますか? 最近は「日常使いできる防災グッズ」が多くなっています。 日常から使う事によって急にくる災害にも備える事ができます。 また、キャンプ用品が災害の時に役に立つ事から、キャンプと災害時どちらにも使用できるグッズも。 そこで、新生活を迎えたあなたに提案したい「防災グッズ」を渋谷ロフトの高橋祐衣さんにご紹介してもらいました! 非常食にも変化が?!手島千尋 による
 
3月25日(木)のゲストは、聖路加国際大学大学院 看護学研究科教授の中山和弘さん。 「ヘルスリテラシー」をキーワードにお話を伺います。 定期的に健康診断を受け、その結果を自分の体のためにどう活かせるか、ぜひ考えてみてください。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20210325_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。TOKYO FM による
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。 情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 安藤さんは、ロンドン大学芸術学部を卒業後、ニューヨークで映画作りを学び、2010年に『カケラ』で監督・脚本デビュー。 翌年、初の長編小説『0.5ミリ』を出版し、2014年には、その『0.5ミリ』で監督と脚本を務め、数々の賞を受賞しました。 現在は高知へ移住し、映画館の代表を務めたり、農業・食・教育・芸術などを通し、子供たちの感性を育む活動にも力を注いでいます。 一方、“ORIGINAL STANDARD”をコンセプトに、現代的なテキスタイル、素材、デザインを取り入れるブラン…
 
ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。3月27日(土)の放送は、前回に引き続き、クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんをゲストに迎え、お届けしました。TOKYO FM による
 
ラジオで日本を元気にするプログラム「JAPAN MOVE UP」。毎回、各界からゲストをお招きして、楽しく、元気になる番組をお送りしています!JAPAN FM NETWORK による
 
ブルガリアの首都、ソフィアにあるソフィア大学日本学科が主催した『日本のソフトパワー』に関するセミナーに鈴木さんがオンラインにて登壇した模様をお送りします。(後編) 日本学科は、ソフィア大学でとても人気がある学科で、難関と言われる専攻のひとつだそうです。 今回は、ジブリ作品が大好きな日本学科を専攻する学生たちが、日本語で鈴木さんに質問する形で行われた模様をお送りします。鈴木敏夫/ソフィア大学日本学科の在学生 による
 
「災害時、最低限必要なアイテム」を準備しておくことは、大切です。でも、どれくらいのサイズの箱に、何を入れたらよいのか、自分にとって何が必要なのか、なかなか判断が難しいもの。 そこで今週は、アウトドアライフアドバイザー・寒川一さんが、厳選に厳選を重ねた「秘密の小箱」の中身をご紹介いただきます。ポイントは、“自慢したくなるもの。テンションが上がるもの。”あなたは何を入れますか?高橋万里恵 による
 
今週の「Dream HEART」は、特別編! 番組をお聴きいただいております、 リスナーのみなさまから寄せられたお悩みやご質問に、 茂木健一郎さんが1つ1つお答えしていきます! ご紹介させていただきましたリスナーさまには、 番組のオリジナル図書カードをプレゼントいたします。 無料音声配信アプリ「AuDee」で配信中の 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」でもお答えしています。 こちらも合わせて聞いてみてくださいね! 来週のゲストは、女優、作家、そして歌手と、多方面でご活躍中の、中江有里(なかえ・ゆり)さんです。 中江さんは、先日、28年ぶりに3枚目のアルバム『Port de Voix』をリリースされました。 歌手活動を再開されたきっかけや、アルバムへの想いなど、お話しを伺います。…
 
今もなお、国内外のアーティストに影響を与え続ける映画監督がいます。 相米慎二(そうまい・しんじ)。 岩手県盛岡市で生まれた彼は、1980年、薬師丸ひろ子出演の『翔んだカップル』で監督デビュー。 翌年の『セーラー服と機関銃』で興行的に大成功をおさめ、1985年の『台風クラブ』は、第一回東京国際映画祭でグランプリを受賞し、名実ともに名監督の座にのぼりました。 その徹底した演技指導は、俳優を追い詰め、時に涙を流しても、相米は容赦しませんでした。 演技経験のあまりない少年少女にも、何回も何回も繰り返し演じさせました。 彼は俳優に、自分で考えることを強いたのです。 「おまえの役なんだから、もっと他にあるだろう! もっと面白いものがあるだろう! 役っていうのはな、役者がゼロからつくるんだ!」 撮影中、何…
 
日本を代表する温泉地。 大分県別府市で誕生した贈り物が、今回の話題です。 コロナ禍で、いまは会えない大切な人へ贈る、天然温泉の入浴剤。 ギフトの名前は、「別府温泉 湯の花」。TOKYO FM による
 
最近、東日本大震災からの余震が増えていますよね? 今日は、「東日本大震災から10年、被災地の思い」と題して、大きな被害を受けた宮城県・気仙沼市の方の声・思いをお伝えしていきます。 東北学院大学2年生鈴木勇汰さん、民宿沖見屋 畠山勝弘さんに、当時の様子を振り返ってもらいながら、気仙沼市の震災遺構・伝承館の館長、佐藤克美さんに、関東に住んでいる私達に伝えたい事について聞きました。手島千尋 による
 
3月26日のゲストは、著述家のながたみかこさんです。 絵本や童話などの児童書のほか、回文、なぞなぞ、早口言葉、だじゃれなど言葉をテーマにした本を多数出版。 最新作は、日本昔話の裏の裏を探った、大人向けの考察本「裏切りの日本昔話」。 奈良時代から伝わるものもあると言う昔話。 長い時を経て、どのように変化を遂げ、その背景には何が隠されているのでしょうか? さらに、バラカンさんをテーマにした回文や早口言葉もご紹介頂きます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。 情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 安藤さんは、ロンドン大学芸術学部を卒業後、ニューヨークで映画作りを学び、2010年に『カケラ』で監督・脚本デビュー。 翌年、初の長編小説『0.5ミリ』を出版し、2014年には、その『0.5ミリ』で監督と脚本を務め、数々の賞を受賞しました。 現在は高知へ移住し、映画館の代表を務めたり、農業・食・教育・芸術などを通し、子供たちの感性を育む活動にも力を注いでいます。 一方、“ORIGINAL STANDARD”をコンセプトに、現代的なテキスタイル、素材、デザインを取り入れるブラン…
 
3月18日(木)のゲストは、ゴスペラーズの酒井雄二さんと安岡優さん。 ニューアルバム『アカペラ2』についてのお話や、健康のために気をつけていることなどを伺います。 生活習慣やストレス発散に気をつけて、健康診断へも年に一度は行っておきましょう。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20210318_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、チビーナスさんの健康の秘密をご紹介します。 「毎日スクワットして筋力アップを心がけています!」 チビーナスさん、ありがとうございました!…
 
3月11日(木)のゲストは、医師で医療ジャーナリストの森田豊さん。 「防災・減災」を、健康や医療の視点で考えていきたいと思います。 いざという時のために、普段から健康診断などで自分や家族の健康を管理しておきましょう。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20210311_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。TOKYO FM による
 
ラジオで日本を元気にするプログラム「JAPAN MOVE UP」。毎回、各界からゲストをお招きして、楽しく、元気になる番組をお送りしています!JAPAN FM NETWORK による
 
ブルガリアの首都、ソフィアにあるソフィア大学日本学科が主催した『日本のソフトパワー』に関するセミナーに鈴木さんがオンラインにて登壇した模様をお送りします。(前編) 日本学科は、ソフィア大学でとても人気がある学科で、難関と言われる専攻のひとつだそうです。 今回は、ジブリ作品が大好きな日本学科を専攻する学生たちが、日本語で鈴木さんに質問する形で行われた模様をお送りします。鈴木敏夫/ソフィア大学日本学科の在学生 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login