TOKYO FM 公開
[search 0]
×
最高の TOKYO FM ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 7月 2020)
最高の TOKYO FM ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 7月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
東日本大震災で発生したガレキを活かし、東北の被災地・南北300kmの森の防潮堤を築いていこう、“いのち”を守る森の防潮堤にしていこうー。 この番組ではそんな『森の長城プロジェクト~ガレキを活かす」の取り組みを伝えながら、自然を愛し森と共に生きるというライフスタイルについて考えていきます。
 
ジブリの森のラジオの川のほとりに建つ、スタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫さんの隠れ家、『れんが屋』。 ここには夜毎、汗まみれな人が集って映画談義に花を咲かせます。 その模様は、TOKYO FM 80.0MHzをキーステーションに、JFN系列38のFM局毎週日曜23:00~23:30に『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』の番組で放送中。 この番組がポッドキャスティングでもお楽しみいただけます。
 
「日本を元気に!」を合言葉に、毎週各界の著名人をゲストに招いて、日本のこれからを語っていく、番組を聴いた人が、思わず元気になるようなプログラムです。 さらに、JAPAN MOVE UP PROJECTとして、「TOKYO HEADLINE」や「JAPAN MOVE UP!from OKAYAMA」のフリー・ペーパーやWEBサイトとも連動していきます。
 
「イオン presents ハートフル・リクエスト」では、家族や、友人、職場の同僚、かつてお世話になった先生・・・など大切な人へのメッセージをご紹介しています。日ごろお世話になっている方への普段はなかなか言えない感謝の気持ち、届けてみませんか。私たちがラジオの電波を通じてしっかり届けさせていただきますので、感謝を伝えたい人とあなたのエピソードなど、詳しく聞かせてもらえると嬉しいです。
 
Miwele is Japanese singer & composer(DTM; Protools), Composing with the mothif of fairytale - storytelling (musical) music. Loves "multiple choruses" and "irregular beats". Thank you for listening and following :) Twitter https://twitter.com/miwele_official (Feel free to give comments in English I would probably reply though my native language is Japanese) DTMシンガーソングライター、ミーウェルです。 童話などをモチーフにした物語音楽の作編曲家、シンガー。クラシックとポップスの声を融合させて歌う女性アーティスト。 SEGA, KONAMI, 等のゲーム音楽歌唱 Blitz (Akasaka), TBS, CXテレビ朝日, F ...
 
Loading …
show series
 
7月10日のゲストは、中目黒にあるカセットテープ専門店「waltz」店主の角田太郎さんです。 好きな音楽をカセットテープに録音して楽しむ、、、 70、80年代にはそんな若者たちが多くいたものですが、ここへきてまたカセットテープが人気なのだそう。 ジャンルを問わず、新作・旧作共にカセットテープのリリースも増え、シーンは盛り上がっています。 そんな中でも、世界中から注目を集めているのが、2015年にオープンした角田さんのお店。 海外からの売り込みも多いとか。 その音の魅力やマニアックな機材の話まで、2020年の今、カセットテープで音楽を聴くことの楽しさについて伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
先週に引き続き、香川県小豆島、山田オリーブ園の山田典章さんのインタビューです。 オリーブの木を食べてしまう害虫、オリーブアナアキゾウムシを研究し続け、日本で初めて、有機農法によるオリーブづくりに成功した山田さん。 その研究熱心さは、とどまるところを知りません。きょうは、いま山田さんが挑戦しようとしている、人工知能・AIを活用したすごい挑戦のお話です!高橋万里恵 による
 
梅雨・・・台風、局地的な豪雨。 これから秋にかけてのシーズン水害への備えが必要です。 今回は「治水対策」についてお伝えします。 去年の台風19号による豪雨被害でこの時、71の河川の140ヶ所以上の堤防を決壊して述べ、300以上の河川が氾濫しました。 台風19号の被害を受けて、国は治水対策を強化しています。 リバーフロント研究所の土屋信行さんにお話を伺いました。手島千尋 による
 
7月3日のゲストは、法政大学キャリアデザイン学部教授で、「国会パブリックビューイング」代表の上西充子さんです。 新橋や新宿などの街頭で、国会審議の映像を字幕や解説と共に上映する国会パブリックビューイング。 国会でのやり取りを可視化してみると、そこに隠れている問題が浮き彫りになることがあります。 難しい専門用語や「ご飯論法」と呼ばれる論点ずらしなど、分かりにくい国会審議を分かり易く解説。 国会で、何が行われているのか? 何が問題なのか?一人一人が理解を深める良い機会と言えます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
6月25日(木)のゲストは、医師で慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター専任講師の新井康通先生。 「健康長寿への道」というキーワードで、3つのポイントを伺います。 健康長寿のために、年に一度は健康診断を受けて、病気を予防しましょう。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20200625_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。TOKYO FM による
 
アースモンダミンカップでおなじみの人気コース、カメリアヒルズカントリークラブ に小澤美奈瀬プロがチャレンジ! 大会のコースセッティングも務める茂木宏美プロが選んだ注目ホールもご紹介しながら、 女子プロのコース攻略法をレッスンします。TOKYO FM による
 
先週に引き続き、香川県小豆島、山田オリーブ園の山田典章さんのインタビューをお届けします。 日本で初めて、有機農法・無農薬でのオリーブづくりに成功。自家製のオリーブオイルは、全国から注文がくるほどの人気商品で、本当に日本中にファンを持つ山田オリーブ園。 きょうは、実は私たちでも出来る、無農薬でのオリーブづくりの「コツ」のお話です。高橋万里恵 による
 
今夜のお客様は、舞台などの脚本・演出、映画やMVの監督、俳優など幅広くご活躍中、劇団ゴジゲンの松居大悟さんです。 フジテレビのドラマ『グッド・ドクター』にご出演されたり、話題を集めたテレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』の監督・脚本を手がけられ、その他にも、舞台の制作、演出、映画やMVの監督など、幅広くご活躍中の松居さんが、初の小説『またね家族』を講談社より刊行されました。 今まで、家族をテーマに選ぶことを避けてきた・・・という松居さんが思う「家族」とは? 小説『またね家族』に込めた想いや、松居さんのお父さまのこと、好きな女性のタイプまで、じっくり語っていただきます。 来週も引き続き、松居大悟さんをゲストにお迎えします。…
 
戦中戦後を旺盛な創作欲で駆け抜けた、無頼派の劇作家がいます。 三好十郎(みよし・じゅうろう)。 作家としての出発は、左翼芸術同盟を結成するなど、プロレタリアの旗手として小説や詩、戯曲を発表しましたが、政治主義や社会派という名のプロパガンダに不満を抱き、転向。 いわく、「演劇は、思想の宣伝に使われてはならない」。 その後はとことん、私というリアリズムにこだわることで、庶民の苦悩や貧困、人間が抱える根源的な生死に向き合いました。 自らの幼い頃の哀しい体験に根差した人間洞察に共感したのは、今月、この番組でご紹介した稀代の俳優、丸山定夫です。 「他の劇作家のセリフは、ひとつやふたつ、どこか心にしっくりこないものがあるが、三好の芝居は違う。すとんと、すべて腑に落ちる」と言わしめました。 同じく、今月ご…
 
兵庫県・有馬といえば、温泉地として知られていますが、 食の世界では、「有馬山椒」が有名です。 「有馬山椒」は、六甲山脈に自生する山椒の総称。 料理人たちの間で、柑橘のような香りの良さが評判となり、広がっていきました。TOKYO FM による
 
おととい、早朝4時47分ごろ、千葉県東方沖を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生しました。 千葉県で最大震度5弱を観測。 “今回の地震が何故起きたのか?” 首都圏レジリエンス研究センター長の平田直さんにお話を伺いました。 また、平田先生は、地震が起きた地域は今後1週間程度地震に注意が必要だと話します。 さて、阪神淡路大震災も熊本地震も夜から未明に起きています。 また、寝ている時間に地震が起きたら・・・? 正しい行動方法をお伝えします。手島千尋 による
 
6月26日のゲストは、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんです。 コロナ禍で生活環境が変化し、ストレスを抱える人が増え、いつもより「怒り」を感じる機会が増えているかもしれません。 時にハラスメントの原因になったり、人との関係をさらに悪化させないためにも、そもそも「怒り」の正体とはどんなものなのでしょうか? そして、「怒り」を感じた時に、どう対応するべきか? 相手に上手に伝えるコツなど、「怒り」と上手く付き合うコツを教えて頂きます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
6月18日(木)のゲストは、岡本真夜さん。 25周年記念ベストアルバム『25th Anniversary BEST ALBUM ~Thanks a million~』のお話や、健康のために気をつけている食事習慣なども伺います。 自分に合った方法でストレスを解消しつつ、年に一度の健康診断で、心も身体も健康を保ちましょう。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20200618_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、かあきさんの健康の秘密をご紹介します。 「医療機関で働いています。わたしの健康の秘訣は手洗いうがいを欠かさないこと。あとは好きなものを…
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、モデルの倉本康子さんと、映画ライターでフリーの編集者、よしひろまさみちさん。 女性誌を中心に活躍し、ファッションブランドをプロデュースする傍ら、お酒好きとしても知られる倉本さん。 酒場を放浪するテレビ番組での豪快な飲みっぷりも人気を博しています。 また、ファッションの頭で考えるインテリアコーディネートも得意とされ、収納やインテリア関係の本も発表されています。 一方、数々の雑誌で、映画に関するコラムを発表したり、TVでの映画紹介のコーナーも担当されている…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、 あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、 そのお仕事の実態やeスポーツのこれからについて伺ってきました。 最終日の今日は、新型コロナウィルスがプロゲーマーに与えた影響と、この先の見通しを伺います。 今日のテーマは「プロゲーマーにとってのウィズコロナと、アフターコロナ」。 最後には、プロゲーマーを目指す若い世代へのコメントもいただきました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 20…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、そのお仕事の実態や、どうしたらプロゲーマーになれるのか、そしてeスポーツのこれからについて伺っています。 今日のテーマは、プロゲーマーの選手寿命について。 そして、eスポーツについて、河村さんの考えを伺いました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12月より日本のゲーミングチーム「忍ismGaming」へ加入。 スマッシュブラザー…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 「eスポーツ」という言葉が広く知られるようになり、いまや、子どもたちが憧れる職業の一つとなったプロゲーマー。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、そのお仕事の実態、どうしたらプロゲーマーになれるのかそしてeスポーツのこれからについて伺っています。 2日目の今日は、気になるプロゲーマーの収入や、日々の練習についてお伺いしました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12…
 
今週の講師は、忍ismゲーミング所属の選手・プロゲーマー、あばだんご こと河村裕太さん。 大乱闘スマッシュブラザーズの日本人トッププレイヤーとして国内外で圧倒的な知名度を持ち、ゲーム実況などを配信するYou Tubeはチャンネル登録者数14万人以上という人気を誇るプレイヤーです。 今週は、そのトッププレイヤーとして活躍する河村さんに、プロとしての仕事の実態、どうしたらプロゲーマーになれるのかそしてeスポーツのこれからについて伺っていきます。 1日目の今日は、河村さんがプロゲーマーになるまでの過程をお伺いしました。 ●河村裕太 あばだんごというプレイヤーネームで活動中。 2018年12月より日本のゲーミングチーム「忍ismGaming」へ加入。 スマッシュブラザーズ界では国内外問わず圧倒的な知…
 
今朝はラジオを聴きながら、瀬戸内海の島の空気と、オリーブの香りを届けたいと思います。 お話し伺うのは、香川県小豆島で、農薬を使わない有機農法でオリーブづくりをしている「山田オリーブ園」の山田典章さんです。 山田さん初の著書『これならできるオリーブ栽培』が出版されたということで、山田さんのように無農薬でうまくオリーブを育てるコツ、伺います!高橋万里恵 による
 
今夜のお客様は、引き続き、脚本家・中園ミホさんをお迎えします。 中園さんは『ドクターX ~外科医・大門未知子~』や、第2シリーズがスタートする『ハケンの品格』をはじめ、様々な人気作品を手掛けられていらっしゃいます。 その中園さんが脚本家になろうと思ったのは、失恋がきっかけだった・・・? 脚本家になるまでの道のりやあのヒット作ドラマの誕生秘話、そして、夢を叶えた中園さんの今後の夢とは? じっくりとお話しを伺っていきます。 来週のゲストは、劇団ゴジゲンを主宰し、脚本家、映画監督、俳優としてもご活躍中、松居大悟(まつい・だいご)さんです。茂木健一郎、中園ミホ による
 
来年、生誕110年、没後20年を迎える、戦後の演劇史に名を残す劇作家がいます。 秋元松代(あきもと・まつよ)。 秋元は、30歳を過ぎてから戯曲を書き始めた、いわば遅咲きとも言える作家でしたが、東北の民間信仰と戦中戦後の日本人の生き方を重ね合わせて描いた『常陸坊海尊』で芸術祭賞、田村俊子賞、和泉式部伝説と庶民の暮らしを哀しく綴った『かさぶた式部考』で毎日芸術賞、『七人みさき』では読売文学賞を、それぞれ受賞。 唯一無二の世界観と方言を駆使した香り高い芸術性で数々の賞を受けますが、彼女は、演劇界の王道には足を踏み入れませんでした。 あくまでも、異端。 「新劇の中にあって、非常に特殊な位置にいますか?」 という問いに、秋元はこう答えています。 「そうです。自分は落伍者みたいな者だと思っています。今は…
 
缶詰の中に入った、こけし。 その名も、「こけし缶」という、東北のみやげものが話題を呼んでいます。 いわゆる「サバ缶」のような、一般的な形状の缶。 プルタブを開けると、直径5センチの小さな“伝統こけし”が、ぴょこんと顔を出します。TOKYO FM による
 
今日の防災 FRONT LINEは「首都圏の地震」についてお伝えします。 少し前の事ですが、ゴールデンウィーク、千葉で震度4の地震が2回発生しました。その後も、震度3や震度4の地震が散発しています。 地震大国の日本ですが、“最近地震は増えているのか?” また、先月は、東京湾を震源とする小さな地震が頻発しました。 同じ場所で地震が続くと、大地震=首都直下地震が頭をよぎりますよね? “首都直下に繋がる地震なのか?” 首都圏レジリエンス研究センター長の平田直さんにお話を伺いました。手島千尋 による
 
アースモンダミンカップでおなじみの人気コース、カメリアヒルズカントリークラブ に小澤美奈瀬プロがチャレンジ! 大会のコースセッティングも務める茂木宏美プロが選んだ注目ホールもご紹介しながら、 女子プロのコース攻略法をレッスンします。TOKYO FM による
 
6月19日のゲストは、宿場JAPAN代表の渡邊崇志さんです。 若い頃から観光業を志し、日本をはじめ海外で修行。 古くから宿場町として知られ故郷でもある品川で、地元の商店街も巻き込んだ人情味溢れるスタイルで複数の宿泊施設を開業しています。 ところがこの度のコロナ禍で、帰国が困難になり行き場を失った外国人旅行者や留学生を助けようと、6月いっぱいまで無料での宿泊を受け入れることに。 自らの足で情報を集め、必要な物資などは地元の人たちからの助けも借りながら対応されています。 渡邊さんが考える観光業の未来とは?ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
6月11日(木)のゲストは、シンガーソングライターの平井大さん。 先月配信リリースされた『Life goes on』のお話や、健康のための習慣についても伺います。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20200611_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、コウスケさんの健康の秘密をご紹介します。 「出社する時は必ず、奥さんが作ってくれたお弁当を持っていきます。外食だと栄養が偏りがちになりますし、お弁当なら野菜もしっかり摂れるからです。いつもお弁当を作ってくれる奥さんには感謝です。」 コウスケさん、ありがとうございました!…
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、モデルの倉本康子さんと、映画ライターでフリーの編集者、よしひろまさみちさん。 女性誌を中心に活躍し、ファッションブランドをプロデュースする傍ら、お酒好きとしても知られる倉本さん。 酒場を放浪するテレビ番組での豪快な飲みっぷりも人気を博しています。 また、ファッションの頭で考えるインテリアコーディネートも得意とされ、収納やインテリア関係の本も発表されています。 一方、数々の雑誌で、映画に関するコラムを発表したり、TVでの映画紹介のコーナーも担当されている…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 現在の指定避難所では多くの避難者が密集すると考えられ、各自治体では、在宅避難や、知人宅などに 『分散避難』することを勧めています。 ただ、こうした場所が危険と判断した場合は、ためらわず指定避難所に移動して下さい。 そこで今回は、指定避難所での感染症対策について伺っていきます。 未来授業4時間目。 テーマは「…
 
6月4日(木)のゲストは、ギターインストゥルメンタルユニット DEPAPEPEの三浦拓也さん。 今年メジャーデビュー15周年を迎えたDEPAPEPEのお二人のお話や、三浦さんの健康の秘密について伺います。 ★こちらでも詳しくご紹介しています⇒https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/radio/archive/20200604_1.html ★リスナーのみなさんからの健康の秘密も募集しております。 今週は、マルコさんの健康の秘密をご紹介します。 「健康の秘訣は口腔ケアです。歯ブラシとデンタルフロスで“食いしばれる歯”を育てています!」 マルコさん、ありがとうございました!…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 山村武彦さんは、避難所での感染リスクを避けるため、在宅避難や、知人宅、テントや車中泊などへ『分散避難』することを呼びかけています。 未来授業、3時間目。 テーマは「車中泊専用の、避難所開設」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ) 防災・危機管理アドバイザー。 防災システム研究所 所長。 新潟地震(1964年)で…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 山村武彦さんは、 「今までは避難勧告=避難所への避難でしたが、安全が確保された家であれば、原則は在宅避難を考えるべき」 とアドバイスしています。 そこで、在宅避難をするために、事前に準備できることを聞きました。 未来授業、2時間目。 テーマは「1泊2日の、在宅避難生活訓練」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ)…
 
今週の講師は、防災・危機管理アドバイザーで「防災システム研究所」所長、山村武彦さん。 50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。 多くの企業や自治体で防災アドバイザーを歴任しています。 これから本格的にやってくる台風シーズン。 また、いつ起きてもおかしくない大地震。 このような大規模災害の中で私たちは、新型コロナウイルスの感染リスクとどう向き合っていけば良いのでしょうか。 そこで今週は、災害時のコロナ対策について伺います。 未来授業。1時間目。 テーマは「分散避難を考える」 ●山村武彦(やまむら・たけひこ) 防災・危機管理アドバイザー。 防災システム研究所 所長。 新潟地震(1964年)でのボランテ ィア活動を契機に、同年、防災・危機管理のシンクタンク 「防災システム研究所」…
 
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所・宮沢孝幸准教授のインタビュー、きょうで最後となります。 ウィルスってなんなのか。ウィルスとの共生ってどういうことなのか。わかりやすく説明していただきましたが、最後は新型コロナウィルスをめぐる「新しい生活様式」についてウィルスの研究者としての考えを伺います。高橋万里恵 による
 
今夜のお客様は、第2シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』や、『Doctor-X ~外科医・大門未知子~』をはじめ、様々な人気作品を手掛けられている脚本家、中園ミホさんをお迎えします。 ヒット作の裏側には占いが関係していた・・・?! 中園さんのこれまでの人生やヒット作の脚本の裏話、そして、脚本家と占いの関係についてなど、たっぷり伺っていきます。 来週も引き続き、中園ミホさんをゲストにお迎えします。茂木健一郎、中園ミホ による
 
日本に新劇を根付かせた立役者のひとり、「新劇の団十郎」と呼ばれた伝説の俳優がいます。 丸山定夫(まるやま・さだお)。 歌舞伎や能という日本古来の伝統を継承する古典芸能とは一線を画した、全く新しい演劇。 シェイクスピアを翻訳した坪内逍遥の戯曲や、ヨーロッパのリアリズム演劇を日本に持ち込んだ小山内薫の新しい波は、知識人にこそ受け入れられましたが、一般大衆に浸透するのに時間を要しました。 ともすれば高等遊民の道楽、セリフ回しの下手な三文芝居と揶揄されがちだった新劇にあって、丸山の存在は異彩を放っていました。 職を転々として、食べるものにも困っていた青年が、たった一枚のチラシを手に握りしめ、創立間もない築地小劇場の門を叩いたのです。 インテリ集団に、突如、薄汚れた学生服で現れた男。 丸山には、演劇し…
 
今週に入って、各地で梅雨入りが発表されました。 2019年導入された『大雨の警戒レベル』 災害の状況と取るべき避難行動を5段階で表しています。 この警戒レベルについて、今年、一部、変更されました。 自治体が避難勧告や避難指示を出し【全員避難】が求められていました。 しかし、地域によっても状況が違うため、安全な場所にいる人は、避難の必要がないことから【避難】へと変更し、『災害に巻き込まれる危険がある人』と明確にしました。 大雨に備えて、今から防災を意識しておくことが命を守ることに繋がります。手島千尋 による
 
6月12日のゲストは、イギリス・ブライトン在住のライター・コラムニストのブレイディみかこさんです。 音楽好きが高じてイギリスに移り住み保育士資格を取得。 「最底辺」と呼ばれる託児所での経験や自身の子育てを綴った『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』がベストセラーに。 最新刊のテーマは、「ワーキングクラスのおっさんたち」。 タフなおじさんたちの視線でイギリスを見ると何が見えるのか? ブレグジットやコロナ禍、そして人種問題まで。 バラカンさんの故郷イギリスと繋いで熱いトークを繰り広げます。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、モデルの倉本康子さんと、映画ライターでフリーの編集者、よしひろまさみちさん。 女性誌を中心に活躍し、ファッションブランドをプロデュースする傍ら、お酒好きとしても知られる倉本さん。 酒場を放浪するテレビ番組での豪快な飲みっぷりも人気を博しています。 また、ファッションの頭で考えるインテリアコーディネートも得意とされ、収納やインテリア関係の本も発表されています。 一方、数々の雑誌で、映画に関するコラムを発表したり、TVでの映画紹介のコーナーも担当されている…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 最終日の今日は、お二人が若い世代に伝えたいことをお話頂きました。 未来授業4時間目、テーマは・・・、「自分の心の中にある声を聴こう」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』が大ヒットに。 その後もコンスタントにリリースとラ…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 当たり前だった日常が突如奪われ、混沌としつつも様々な想いや発見があった2020年、春。 もともと予定していたコンサートが延期となるなど直太朗さん自身、音楽活動の先行きは見通せていません。 そんな中生まれたのが、森山直太朗さんの新曲「最悪な春」。 この曲を歌うことで、肩に入っていた力が開放されたと直太朗さんは話します。 未来授業3時間目、テーマは・・・、 「コロナ時代の、音楽ビジネス」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 20…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 新型コロナウイルス感染症により、当たり前だったはずの日常が突如奪われた2020年、春・・・ 二人は、自粛生活の中で、ある曲を作り上げました。 未来授業2時間目、テーマは・・・、 「最悪な、春」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら…
 
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。 そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。 高校時代、サッカー部の先輩・後輩という間柄からスタートした二人。 最初に曲づくりをしたのは、「文化祭でリベンジを果たしたい」という御徒町さんの強い思いがきっかけだったといいます。 今も変わらない、二人の曲づくりの原動力とは。 未来授業1時間目、テーマは・・・、 「何もないところに、何かが生まれる」 ●森山直太朗(もりやまなおたろう) シンガーソングライター。 大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。 その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。 2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。 200…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login