第二百二話『見たままをうつす力』−【千葉篇】画家 山下清−

12:57
 
シェア
 

Manage episode 238012105 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
千葉県、我孫子駅にある立ち食い蕎麦の人気店、『弥生軒』。
この店で働いたとされる、放浪の画家がいます。
山下清(やました・きよし)。
弥生軒は、昭和3年に創業。当初は、我孫子駅構内で弁当を販売していました。
山下清は、昭和17年からおよそ5年間、住み込みで働いていたと言われています。
弥生軒の初代社長は、戦中、戦後の食べ物がない時代を経験。
来るものは拒まずの精神で、ただお腹いっぱい食べられそうだ という目的だけでやってきた山下を、こころよく受け入れました。
山下は、3歳のとき、病で生死の境をさまよい、その後遺症で軽い言語障害、知的障害を患います。
弥生軒でまかされたのは、弁当を売ることでもお金を勘定することでもなく、たとえば、大根切り。
店のひとにお願いされると、包丁を華麗に操り、最後の芯のところギリギリまで切ったそうです。
繊細でひとなつっこく、いつも笑顔で、周囲を和ませました。
突然、ふらりといなくなったかと思うと、必ず半年後に戻ってくる。それを5年間、繰り返したといいます。
その間に、山下は、画家として脚光を浴び、画伯になっていました。
弥生軒のみんなが「すごいねえ、立派になったねえ」と言っても、どこ吹く風。
「ボクは何も変わらないんだけどなあ」と、必死に大根を切ります。
弁当に掛ける掛け紙に絵を画くことになり、春夏秋冬、我孫子の自然を描きました。
手賀沼公園の秋を画いたあと、病に倒れ、49歳で他界。
冬の掛け紙は、永遠に描かれることはありませんでした。
放浪に出かける前の晩は、決まってこう言ったそうです。
「今夜は、月がきれいですね。星もきれいですね」
半ズボンに坊主頭、リュックを背負っておにぎりを食べる、放浪の画家・山下清が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード