第二百一話『55歳から新しい人生を始める』−【千葉篇】伊能忠敬−

11:42
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (13d ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 237550513 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
55歳から、全く違う人生を歩み、偉業を成し遂げた先人がいます。
伊能忠敬(いのう・ただたか)。
昨年、没後200年を迎えた伊能は、現在の千葉県香取市佐原で酒造業を中心とした商いで身を立て、地域の発展に大きく貢献しました。
50歳で家督をゆずり、江戸に発ちます。
そこで、天文学、暦学、測量学を学び、55歳のとき、東北に向かい、日本地図の作成を始めるのです。
最初の測量の旅から、実に17年あまりをかけて、史上初めての実測による日本地図を完成させました。
歩いた距離は、およそ地球を一周半。
一回目の測量は、自分の歩幅を40センチに定め、愚直なまでにただ歩いて測るというものでした。
体はボロボロ、精神的にも、いますぐやめてしまいたいという自分の心との闘いの連続でした。
それでも彼は前へ前へ、一歩一歩進んでいったのです。
千葉県香取市には、伊能の足跡を知る「伊能忠敬記念館」や、住んでいた旧宅、銅像などが点在しています。
なぜ、そこまでして、測量に命をかけたのか…。
どうして、55歳になって、もう一度人生を生き直そうと試みたのか。
そこには彼が過ごした、厳しい少年時代の記憶が関係しているのかもしれません。
傾きかけた、伊能家を見事に復活させた商人としての手腕には、彼の人生に対する思いがありました。
「この世に役立つことをしたい。自分が生まれてきた意味を残してから死にたい。」
のちに、彼が偉業をたたえられ、どうして成し遂げられたと思いますか?と尋ねられたとき、こう答えたといいます。
「私は、私がほんとうにやりたかったことをやっただけです」
日本地図を作った男、伊能忠敬が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード