第二百五話『想像力という名の勇気を手放さない』−【兵庫篇】小説家 小松左京−

12:21
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (14d ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 239225806 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
SF界の巨匠、『日本沈没』の作者、小松左京にとって、兵庫県西宮市は生涯の故郷でした。
北に緑豊かな山脈をいだき、南には陽光がキラキラと輝く、おだやかな内海がありました。
春にはレンゲの花が咲きほこり、秋には田んぼの稲穂が黄金色に揺れる、素朴でのどかな風景は、彼の心にしっかりと根付いたのです。
特に、幼い頃住んだ夙川は、たびたび自身の小説で描写するほど懐かしい場所でした。
一歩そこに足を運べば、一気に、幸せだった少年時代に出会える。
そんな場所を持てた幸福を、小松は大切にしました。
小松左京。
その活動は、多岐にわたりました。
本業は、SF作家。星新一、筒井康隆と並ぶ、SF御三家のひとりです。
17歳で漫画家としてデビュー。
学生時代も、京大生の漫画家として新聞に紹介されました。
ラジオ番組の構成作家として、夢路いとし・喜味こいしの漫才台本を書いたり、大阪万博の成功の一翼を担うブレーンとして貢献したり、ルポライターとしてイースター島や黄河を旅したり、その活躍はまさに八面六臂(はちめんろっぴ)。
しかも彼の真骨頂は、全て自分で調べ、自分の目で見て確かめるバイタリティーでした。
そんな中、最も大切にしたのが、想像力でした。
「我々は、技術革新、機械文明について、イマジネーションが足りなさ過ぎたのかもしれないねえ。小説っていうのは、ある種のシミュレーションなんです。頭の中のシミュレーション。真のイマジネーションだけが、真のシミュレーションになるんです。これはねえ、勇気がいることです。怖いからねえ、想像するってことは。でも、私は思いますよ。人間が想像力を失ったら、もう終わりだって」
人類の未来を常に見つめたSF界のレジェンド、小松左京が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード