第二百六話『命がけでやる』−【兵庫篇】作詞家・訳詞家 岩谷時子−

11:33
 
シェア
 

Manage episode 239581346 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
人間にとって、どの土地に暮らすかということが、人生を大きく左右する要素になることがあります。
作詞家、訳詞家として一世を風靡した岩谷時子にとって、兵庫県西宮市で幼少期を過ごしたことは、彼女の人生に多大な影響を与えました。
彼女自身、こんなふうに語っています。
「今までの私の人生の中で、一番思い出の多い幼少期と少女期を西宮で過ごした私は、西宮という字を見るだけで、砲台のあった夏の海や十日戎のお祭りや近所に住んでいた誰彼の顔が、蛍火のように瞼(まぶた)に浮かんでくる。まだ、夙川を蛍が飛び交い、川の流れにめだかが泳いでいた、美しい叙情的な西宮の風物が、幼かった私のこころに根をおろし、後年、作詞家となる運命にみちびいたのではなかろうかと今でも思うことがある」
岩谷時子にとって、もうひとつ、西宮で過ごした大切な意味があります。
それは、宝塚が近かったことです。
岩谷時子には、大きく二つの顔があります。
ザ・ピーナッツの『恋のバカンス』や、加山雄三の『君といつまでも』、ピンキーとキラーズ『恋の季節』、郷ひろみ『男の子女の子』などの流行歌の作詞家、そしてミュージカル『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などの訳詞家という顔。
そしてもうひとつの顔が、およそ30年の長きにわたり、越路吹雪のマネージャーだったということです。
越路が歌う『愛の讃歌』や『ろくでなし』、『サン・トワ・マミー』などのシャンソンは全て岩谷が翻訳しました。
もし、岩谷が宝塚の近くに住み、宝塚歌劇団に通わなければ、越路との出会いはなかったかもしれません。
岩谷を知る人はみな、その品性と物腰の柔らかさに感動します。
その一方で、彼女の強い言葉にはっとさせられたといいます。
「仕事は、命がけでやるものです」
作詞家・訳詞家、岩谷時子が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

223 つのエピソード