Artwork

コンテンツは Editor によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Editor またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

Labor Relations Radio, E108—CRC's Michael Watson on the mainstreaming of Marxism in unions

36:27
 
シェア
 

Manage episode 394598574 series 3315091
コンテンツは Editor によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Editor またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

After decades of staying underground, Marxists are back in the open and pushing today's unions leftward.
Socialism has no place in the hearts of those who would secure the fight for freedom and preserve democracy.” — Samuel Gompers, 1918

For decades, Marxism within the union movement stayed somewhat underground. However, since the end of the pandemic, Marxism in unions has become more mainstream with organizations like the Democratic Socialists of America and the Communist Party USA helping unions like the Amazon Labor Union, Starbucks Workers United, and even the United Auto Workers.

In this episode of Labor Relations Radio, Michael Watson, Research Director for the Capital Research Center and Managing Editor of InfluenceWatch.org, joins host Peter List to discuss the history of Marxism in unions—from the early 1900s to the Cold War—as well as the reemergence in the late 90s to today.

Related:

__________________________
LaborUnionNews.com's Labor Relations Radio is a subscriber-supported publication. To receive new posts and support our work, consider becoming a subscriber here.

  continue reading

131 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 394598574 series 3315091
コンテンツは Editor によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Editor またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

After decades of staying underground, Marxists are back in the open and pushing today's unions leftward.
Socialism has no place in the hearts of those who would secure the fight for freedom and preserve democracy.” — Samuel Gompers, 1918

For decades, Marxism within the union movement stayed somewhat underground. However, since the end of the pandemic, Marxism in unions has become more mainstream with organizations like the Democratic Socialists of America and the Communist Party USA helping unions like the Amazon Labor Union, Starbucks Workers United, and even the United Auto Workers.

In this episode of Labor Relations Radio, Michael Watson, Research Director for the Capital Research Center and Managing Editor of InfluenceWatch.org, joins host Peter List to discuss the history of Marxism in unions—from the early 1900s to the Cold War—as well as the reemergence in the late 90s to today.

Related:

__________________________
LaborUnionNews.com's Labor Relations Radio is a subscriber-supported publication. To receive new posts and support our work, consider becoming a subscriber here.

  continue reading

131 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド