News Talk 公開
[search 0]
私たちが見つけた最高のNews Talkポッドキャスト
私たちが見つけた最高のNews Talkポッドキャスト
アンダーソンクーパーや人気のあるすべてのメディアからのニューストークに関するポッドキャストをお楽しみください。今日のニュースの話題のイベントに対処する、私たちの時代の最大の物語、質問、討論、解説、分析、ポッドキャスト。
もっと

Download the App!

show episodes
 
ニュースの見出しの向こう側を覗いてみましょう。TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、政治家、ジャーナリスト、研究者たちが鋭い洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
A freelance journalist Yuzuha Oka picks up trending business news each day from Japanese publications. Yuzuha have produced content for BBC, Reuters, ABC, Japan Times and more. 東大4年、フリーランスジャーナリストの岡ゆづはが、毎日一つ日本発の経済ニュースをピックアップして英語で振り返ります。ロイター通信で為替の記事を書いたり、BBC、東洋経済オンラインなどに執筆したり。取材を通じて日々勉強中です。 https://yuzuhaoka.wordpress.com/ https://yuzuhafood4thought.wordpress.com/
 
Loading …
show series
 
気候変動の最悪の影響を避けるにはいくらかかるのかを知る人は誰もいません。それでも、歴史家ユヴァル・ノア・ハラリが科学や経済学の研究に基づいて分析したところによれば、世界GDPのわずか2%に相当する資金を気候問題の解決に投入すれば、人類は大惨事を避けられるかもしれないのです。彼は環境の激変を防ぐには、多くの人が恐れるような世界的な大変革は不要だと主張します。必要な資金はすでにあり、優先順位を変えるだけで済むと言うのです。ユヴァル・ノア・ハラリ による
 
ウクライナは自由と独裁の戦いの最前線にあると、チェスのグランドマスターで人権活動家のガルリ・カスパロフは言います。この痛烈な行動喚起の中で彼は、ウラジーミル・プーチンの権力拡大の過程と、自らのチェス世界王者からロシアの民主運動活動家への道のりをたどり、ウクライナの支持に立ち上がること、死と憎しみでなく生と愛を選ぶことを呼びかけます。「独裁者を止める対価は、遅れるごと、躊躇うごとに大きくなっていく。中途半端に悪に対するのは、悪の側の勝利になる」のだと。ガルリ・カスパロフ による
 
ロシアによるウクライナ侵攻は、一夜にして以前なら考えられないほどの地政学的変化を引き起こしています。今回の対談では、政治学者のイアン・ブレマーが、NATOとEUの新たな目的意識や戦争の拡大、エネルギー政策と世界秩序が恒久的で大きな変化を被る可能性といった、この戦争が世界に与える影響を詳しく解説してくれます。(この対話は、TEDグローバル・キュレーターのブルーノ・ジュッサーニがホストを務め、TEDメンバーシップのイベントの一環として2022年3月10日に行われました。TEDメンバーへの入会は ted.com/membership をご覧ください。)イアン・ブレマー による
 
ウクライナの戦争に不安を覚えませんか? あなただけではありません。歴史家ユヴァル・ノア・ハラリが、ウクライナの長い抵抗の歴史や核戦争の恐怖、プーチンがたとえ戦闘にすべて勝ったとしても、すでにこの戦争には敗れていると自身が考える理由など、ロシアによる侵攻の背景にある重要な情報を解説します。(この対話は、TEDグローバル・キュレーターのブルーノ・ジュッサーニがホストを務め、TEDメンバーシップのイベントの一環として2022年3月1日に行われました。TEDメンバーへの入会は ted.com/membership をご覧ください。)ユヴァル・ノア・ハラリ による
 
力強い動きが世界中で起こっています。「気候変動の問題は小さな問題から中心的な課題へと移行しました」と語るのは、2021年11月にスコットランドのグラスゴーで開催される国連気候会議COP26の議長、アロック・シャルマです。彼は、この移行が世界経済と、加速する「グリーン産業革命」にとってどのような意味を持つのかを解説し、地球の気温上昇を抑えるために至急必要な行動について詳しく説明します。アロック・シャルマ による
 
「私たちは、勝つためではなく前に進むためにはどのように会話すべきかを考える必要があります」と世界的な競技ディベートのチャンピオンのジュリア・ダールは言います。この実践的なスピーチで、彼女は好奇心と目的に基づく「建設的対立」の三つの本質的な特徴を説明します。そこで得られるものは、議論を研ぎ澄まし人間関係を強める「建設的な会話」なのです。ジュリア・ダール による
 
個人的な関係と観念的な不一致がぶつかり合うと、結果としてぎくしゃくした関係が生まれたり、長期に渡り音信不通になったりすることがあります。女優のベティ・ハートは、相手を冷たくあしらったり尊大な態度をとる代わりに思いやりの心をもって接し、愛する人とのかけがえのない時間を無駄にする代わりに、相手が成長し変化するチャンスを与えてみようと提言します。ベティ・ハート による
 
2021 should be more about creation than consumption. Bought an acoustic guitar and resuming old hobby -- learning to play guitar. I'm using a service called ultimate-guitar.com. It has tabs and chords as what I used to have in print. It's available as app and web. The cool thing is you can sync it with video from youtube or spotify to know how the …
 
2020年のアメリカ大統領選は、一般投票の結果が僅差であれば、その後、法廷や連邦議会まで巻き込まれ、延々と続くかもしれません。弁護士/政治コメンテーターのヴァン・ジョーンズは、慣習的な敗北宣言が民主主義を守るために重要な意味を持つのはなぜなのかを解説し、一般投票と選挙人投票の両方で負けても、敗者が政権をつかむことを可能にする法律の抜け穴があると語ります。そして、平和的な政権の移譲がされない場合、一般市民に何ができるかを提案します。ヴァン・ジョーンズ による
 
コロナウイルスのパンデミックにより、世界経済は大きな損害を受けました。それを再び立て直すには、資金を最も必要としている国々にこそ資金が届くようにしなければならない―そして突発的な打撃からの回復力を備えた金融システムを再建しなければならない、と国際通貨基金(IMF)の専務理事であるクリスタリナ・ゲオルギエバは言います。そして世界を回復と再生へと導くための大規模な景気対策の内幕を垣間見せてくれ、また各国がこの「大変容」を抜けるまでにさらに力を付けておくにはどうすればよいのかを話します。(この対話映像は、TEDの代表であるクリス・アンダーソンと時事問題のキュレーターであるホイットニー・ペニントン・ロジャースが司会を務め、2020年5月18日に録画されたものです)…
 
我々はどのように次のパンデミックが始まる前にそれに終止符を打つのか。疾患研究者であるパーディス・サベティ博士とクリスチャン・ハッピ博士は、ウイルスの脅威をリアルタイムに検出、追跡する早期警告システム「センチネル(見張り)」を紹介します。いかにそれを利用してウイルスの拡散を防止することができるのか。センチネルシステムを支えている最前線のテクノロジーについて、そしてコロナウイルスのパンデミックの中でセンチネル開発チームがいかに科学者、そして医療従事者らを助けているのか見ていきましょう。パーディス・サベティとクリスチャン・ハッピ による
 
新型コロナウイルスと闘う為、各国が都市封鎖を行い外出禁止令を出し、マスク着用を命じていますが、それらの命令に対する反応(遵守)は西洋と東洋では異なっています。TEDのヘッドキュレーターであるヘレン・ウォルターズとの会話の中で、作家であり出版編集者であるファン・ホンは如何に中国とアメリカの文化的価値観がアウトブレイクへの対応を形成したかを解明し、何故皆がパンデミックを終わらせるために協力しあう必要があるのかに関する観点を提供しています。(2020年4月16日録画)ファン・ホン による
 
「プライバシーは死んでいませんが、顔を監視する技術よって、プライバシーが殺されるかもしれません」と市民権擁護活動家であるケイド・クロックフォードは言います。この目を見張るトークでケイドは、不具合の多い顔認識データベースにより人々の行動を知らないうちに追跡するという侵害性の高い技術が、人権に対する未曽有の脅威をもたす理由を説明します。政府の使用を禁止するために何ができるのか、手遅れになる前に学んでください。ケイド・クロックフォード による
 
海の動きを生かして海面上昇から沿岸地域を守れたとしたらどうでしょう? デザイナーでTEDフェローのスカイラー・ティビッツの研究室では、ダイナミックで順応性がある水中構造を開発し、波の力を使って砂を集積させ、浸食される海岸線を回復しようとしています。自然の力を破壊ではなく構築のために使うのです。スカイラー・ティビッツ による
 
疫学者のラリー・ブリリアントがTED代表のクリス・アンダーソンとの対談で、現在のコロナウイルス感染爆発についての正確な情報を確認しつつ世界の対応の評価をします。ブリリアントはこのパンデミックを終わらせるための明確なプランを示し、その実現のために政治的・地理的な分断を越えて一致協力する必要がある理由を語ります。「これはゾンビによる世界終焉の話でもなければ、大量絶滅の話でもありません。私達は自らの最善の面を見せる必要があります」と彼は言います。(2020年4月22日収録)ラリー・ブリリアント による
 
生きる上で深刻な問題に直面し、分岐点に立たされることがあります。自分は大きな変化には無力だと諦めるのか、それともその挑戦に立ち上がるのかという選択です。この緊急の行動の呼びかけの中で、政治戦略の専門家トム・リヴェット=カーナックは、気候変動に(あるいは何であれ私達に降りかかる危機に)立ち向かうために必要なのは、揺るぎない楽観をもって再生可能な未来を築くため継続的に行動することだと主張します。「揺るぎない楽観は、人生を意義と目的で満たしてくれる」と彼は言います。トム・リヴェット=カーナック による
 
ものの仕組みに興味があるなら、自分の手を使い家で実験してみましょうと物理学者のナディア・メイソンは言います。科学的好奇心によって身の回りの世界のことがいかに解明できるかを示し、磁石や1ドル紙幣やドライアイスなどを使ってステージ上で実験をしてお見せします。ナディア・メイソン による
 
もしローンをお金ではなくボランティアやメンターとしての活動で返済できたらどうでしょう。活動家のアンジー・ムリミルワが、「社会還元型返済」と呼ばれる画期的な経済活動手法が、貧困の連鎖に陥っているサハラ以南のコミュニティの活性化にどのように役立っているのかを語ります。この融資方法がどうやって多くのアフリカ人女性と少女たちにチャンスを作り出しているのか、そしてなぜあらゆる場所で長期的な効果が期待できると言えるのか、見ていきましょう。アンジー・ムリミルワ による
 
新型コロナウイルスに感染すると、どうなるのでしょう。リスクが高いのは誰でしょう。自分の身を守るには、どうしたらいいのでしょう。2003年に起きたSARSのアウトブレイクの際に世界的な対応を指揮した公衆衛生の専門家デヴィッド・ヘイマンが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報と、将来起こりうることについて語ります。デヴィッド・ヘイマン による
 
世界中で10億人を超える人々が出生証明書を持っておらず、そのほとんどは子供です。 その結果、多くの国で、彼らは医療や教育のような重要なサービスにアクセスすることができないと、法的アイデンティティの専門家クリステン・ウェンツは言います。 彼女は、なぜこの問題が私たちの時代における最大級の人権侵害であるかを説明し、誰もが出生登録され、保護されるようにするための5つの戦略を伝えます。クリステン・ウェンツ による
 
世界の約10億人が非正規のコミュニティやスラム街で暮らしており、多くの場合、清潔な水やトイレ、ちゃんとした道路といった基本的なインフラさえ欠いています。都市プランナーであるスムルティ・ジュクル・ジョハリが、これらのコミュニティにまつわる俗説を打ち崩し、政府や建築家がそういう住民を避けるのでなく協働することによって可能となるシンプルで常識ある解決策の例をお話しします。スムルティ・ジュクル・ジョハリ による
 
洗濯をしたり、妊娠していたり(妊娠したことがあったり)、片付けや家族のための買い物といった仕事をしても、GDPの基準によると非生産的となります。先見性のあるこのトークでは、経済学者マリリン・ウォーリングがこの偏狭な計算体系の失敗を正そうとします。そして私たちの生計だけでなく地球をも評価する、より良い成長の測定手段がなぜ私たちに必要なのかを詳しく説明します。マリリン・ウォーリング による
 
選択肢を与えられたら、地球に危害を及ぼす商品を選ぶ人は少ないでしょう。その一方で、消費者向け商品は、ほとんどの場合、どのように生産・調達されたものなのかが非常に不透明です。マーカス・ムッツは、この状況が変わろうとしている、と言います。サプライチェーンの革新を進めるムッツは、マジェランアイナメを例にとり、ブロックチェーン技術を活用しながら、海洋から食卓にのぼるまでの魚の動きを追跡する方法を説明し、消費者が信用できる商品の提供が可能であることを示します。マーカス・ムッツ による
 
人類を破滅させるような技術的発明である「黒い玉」を生み出す瀬戸際に我々はいると、哲学者のニック・ボストロムは言います。TEDのクリス・アンダーソンとの鋭く軽妙なこの対談で、ボストロムは我々の発明が手綱を離れたときに直面することになる危険性を描き出し、人類の終焉を避けるためにできることを探ります。ニック・ボストロム による
 
フェイクニュースによって選挙結果が左右され、株が暴落し、日常に不和の種がまかれる時代。データサイエンティストのシナン・アラルが、フェイクニュースはなぜ、どのように、こんなにも速く広まるのか、デマ情報に関する最大規模の研究を引用しつつ分かりやすく説明します。そして、真実と虚偽の間のもつれた糸をときほぐすのを手助けしてくれる5つの戦略を示してくれます。シナン・アラル による
 
星が輝く夜空を見上げたことはありますか? 今行動しなければ、この非常に美しい光景が失われてしまうかもしれないと、天体物理学者のケルシー・ジョンソンは言います。この魅力的で、予想外に笑わせられるトークで、ジョンソンはいかに光害が人間を含むほぼすべての生き物に影響を与えるかを説明し、この問題の解決の助けとなる「馬鹿みたいに簡単な」5つの解決法をお教えします。ケルシー・ジョンソン による
 
アーティストのラトーヤ・ルビー・フレージャーは、ミシガン州フリント市で5カ月間過ごし、水汚染問題の被害を受けた人々の生活を写真に収め、フォトエッセイ『Flint is Family(フリントは家族)』として発表しました。でも水汚染が長引くにつれて、住民を救うには写真だけは足りないことに気づきます。この感動的で、驚くべき内容のトークで、フレージャーは、フリント市民に清潔な水を無料で提供するまでに辿った長い道のりについて話してくれます。ラトーヤ・ルビー・フレージャー による
 
インドの大都市の大気汚染は世界最悪です。この公衆衛生上の危機をどうしたら解決できるでしょうか。すぐに実践可能なトークの中で、社会起業家のアルナバ・ゴーシュが、インドの大気をよりクリーンかつ安全にする5ステップの計画を提示し、そこに至るために全市民がどのように積極的な役割を果たせるのかを明らかにしてくれます。アルナバ・ゴーシュ による
 
人種差別を、感情ではなく行動として捉えれば、計測できるものになり、解決不能な問題から解決可能なものへと変えることができる、と司法科学者のフィリップ・アティバ・ゴフは言います。この実用的なトークで、彼は警察活動公平性センター(Center of Policing Equity)での自分の仕事について話してくれます。この組織では、警察署が取締における人種間のギャップを見つけ、追跡し、根絶するのに協力しています。そのデータを用いる手法について学び、さらに改善が必要なこの仕事に私たちがどう関わっていけるかを考えてみましょう。(この野心的な計画は、地球規模の変化を巻き起こすことを目的とするTEDの新たな取り組み「Audacious Project」の1つです)…
 
2019年の春、33か国1万7千人を超えるヨーロッパの住民が、初対面の人と政治を議論するイベントに参加登録しました。彼らが参加したのは、意見が異なる人同士が一対一で対話する場面を作るプロジェクト、「ヨーロッパは語る」です。これは政治向けの出会い系アプリのようなものです。編集者ヨハン・ヴェグナーが、話し合うために人々が会った時に起きた予期せぬ出来事について話してくれます。面と向かって話し合うことで、分断された世界に再考を促すことができるのです。ヨハン・ヴェグナー による
 
「北朝鮮は想像を絶するような国です」人権活動家のパク・ヨンミは、そう言います。彼女は10歳で祖国を逃れました。自らの子供時代の痛ましい話をしながら、彼女は自由の脆さについて考え、世界で最も暗黒な場所に於いてでさえ、どうすれば変化が達成され得るのかを示します。パク・ヨンミ による
 
中国の一人っ子政策は2015年に打ち切られましたが、私達はその政策の下で生きる事がどんなものだったのかを理解し始めたばかりです。TEDフェローでドキュメンタリー映画製作者であるナンフー・ワンは、そう語ります。彼女の映画『One Child Nation』のシーンと共に、これまで語られなかった話をする中で、この政策のもたらした複雑な影響を明らかにし、忍び寄るプロパガンダの力をあらわにします。ナンフー・ワン による
 
女性警官は暴力事件を適切に鎮める能力があること、また女性警官の存在が武器の使用頻度の抑制につながることが証明されているにもかかわらず、米国の警官に占める女性の割合は13パーセント足らずです。巡査や本部長としての20年以上の経験に基づき、TEDフェローであるイヴォンヌ・ローマンが、ポリスアカデミーの身体能力検査を変えるという単純なことが、地域社会のためにも警官のためにもなるバランスのとれた警察組織を形成することにいかに役立つか語ります。イヴォンヌ・ローマン による
 
2018年、スコットランド、アイスランド、そしてニュージーランドはGDPが国家の成功を測る究極の尺度となっている現状を変えるためにウェルビーイング経済府(WEGo)ネットワークを設立しました。この先見的なトークで、スコットランド首相ニコラ・スタージョンは、平等な賃金、チャイルドケア、メンタルヘルスや緑地へのアクセスなどを考慮に入れた広範囲に影響をもたらす「ウェルビーイング・エコノミー」について説明します。これを新たな焦点とすることで、いかに世界的な課題の解決につながるのでしょうか。ニコラ・スタージョン による
 
私たちが陥っている混乱から抜け出すために必要なのは、今を説明し未来を指し示してくれる新しい物語だ、と作家のジョージ・モンビオは言います。心理学、神経科学、そして進化生物学における発見を引き合いにして、彼は、利他行動と協力行動という私たちの本質的な能力を中心とした新しい社会のビジョンを提供します。巻き込まれるような前向きさにあふれたこのトークを通じて、私たちみんなの未来の可能性についてあらためて考えてみましょう。ジョージ・モンビオ による
 
難民と移民の人権を専門とする弁護士メラニー・ネザーは、アメリカ南部の国境地帯で起きている難民危機を捉えるために今必要な歴史的な視点について語り、国民が政府に対して責任を持って弱者を保護するよう求める方法を示します。彼女はこう主張します。「国家はその力を、暴力と恐怖ではなく、思いやりと現実的な対応を通じて示すべきなのです」メラニー・ネザー による
 
アメリカにおいて黒人が食事し、歩き、何であれ「黒人として生きる」行為を犯罪視した白人が警察に通報するという現象を、バラトゥンデ・サーストンが追求します。時に笑いを誘いつつ考えさせる奥深い講演を通じ、彼は心に傷を残すような話を癒される話に変える言葉の力を示し、私たちみんなにレベルアップすることを求めます。バラトゥンデ・サーストン による
 
刑務所から出所する数週間前、ジャレル・ダニエルズは服役囚と検察官が机を並べて学ぶ授業を受講しました。一緒に座ってフランクに対話をするうち、服役囚たちの口から、刑事司法制度に関する驚くべき事実が明かされ、そして真の改革を生み出すアイデアが提案されました。現在、大学で学び、活動家でもあるダニエルズが、裁く者と裁かれる者が共に教え合うことがいかに司法制度を改革し、社会全般の問題を解決することにつながるのかについて語ります。ジャレル・ダニエルズ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login