show episodes
 
旧名 : タスク管理【先端】研究所~Task Management "Advanced" Laboratory~ タスク管理に詳しいイド♂が、ちょっと濃ーいタスク管理の話をします。一回5分程度で、タスク管理の新しい視点が得られるかも? 「一般的なタスク管理の話に飽きたなぁ」という方は聞いてって下さい。
 
クリエイティヴの新しい学び舎「GAKU」のオンライン配信番組「ガクジン」がスタート。GAKUに集う様々なジャンルのクリエイターと10代のゲストが、今の時代に感じていることやクリエーションについて語り合っていきます。2020年6月10日より、毎週水曜日に各種ポッドキャスト配信サービスにて配信。 ガクジンとは https://gaku.school/news/gaku-zine
 
スタートアップ、テクノロジー、経営、Web開発、リモートワークなどの話題をお届けします。 Web/App開発の(株)オプスイン 狸塚と、人工知能開発の(株)ジェニオ 石井がホスト。不定期に各分野からのゲストをお招きしてお話しします。 Talking about startup life, technology, remote work and management. By Daiki(OPS-IN) and Daisuke(Jenio) with special guests from different businesses.
 
Loading …
show series
 
【後編】個性を探す行為そのものが個性 #ファッション #ヘアメイク 個性ってどうやって活かしたらいいですか?/天然パーマの縮毛矯正とありのままの自分について/人とは違うことを表現するとき、人の目が気になることはないですか?/HATEはLIKEに変換できる/個性を探す行為そのものが個性/自分の意見を貫くにはどうしたらいいんでしょうか?/10代へ、今、何を伝えたいですか?/欲しいものをまず、あげる/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:加藤メイ、Leiya(PUMP management) 10代ゲスト:genta、tamaka MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【前編】「美しい」という価値観を底上げする #ファッション #ヘアメイク モデル事務所「PUMP management」代表で”CAL”の加藤メイさん、モデルでラジオパーソナリティで翻訳家のleiyaさん、ファッションやメイクに興味をもち始めたタマカさん、ファッションと映画とサバゲーと腕時計と中古車が好きなゲンタさん/PUMP manegemantを設立した理由はなんですか?/1人の表現者としてモデルと向き合い、多様な活動も並走していく/自分のコンプレックスとどう向き合ったらいいですか?どうやって乗り越えましたか?/「可愛い」や「かっこいい」のジャンル、増やします/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」  クリエイターゲスト:加藤メイ、Leiya(PUMP manag…
 
*今回のガクジンは性に関するトピックを取り扱ってます。このトピックに抵抗のある方はご留意ください。 【後編】変わり続けられる存在の強さ #ジェンダー 髪型やメイクにはどんなこだわりがありますか?/メイクをして街に出た時、どんな変化がありましたか?/ナンパ、セクハラ、される側になってみてわかること/今の自分に自信を持つにはどうしたらいいんでしょうか?/コンプレックスは社会が作り出すもの/日本人は脱毛広告に洗脳されているかも/生きる指標となっているような、憧れの存在はいますか?/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:ラビアナ・ジョロー(ドラァグクィーン/性教育パフォーマー) 10代ゲスト:jikka、soraka MC…
 
*今回のガクジンは性に関するトピックを取り扱ってます。このトピックに抵抗のある方はご留意ください。 【前編】性教育はなぜ必要?どのように必要? #ジェンダー ドラァグクィーンで性教育パフォーマーのラビアナ・ジョローさん、グラフィックデザイナーを目指すジッカさん、演劇と音楽に興味があるソラカさん/パーソナルなことをオープニンすることの矛盾についてどうとらえたらいいですか?/「誰にも話せない」環境から抜け出すために/性に興味を持ち始めたのはいつ頃ですか?/女はこうでなきゃ男はこうでなきゃと押し付けてくる大人とどう会話したらいいでしょう?/ジェンダーロールが再生産されるそのわけ/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:ラビアナ・ジョロー(ドラァグクィーン…
 
【後編】三年目を迎えたからこそ、広がる展望 #事務局編 2022年度後半を展望する/これから開講するクラスについて/都市に隠されたストーリーや魅力を本にまとめる編集のクラス/「多様な美」を表現するメイクアップのクラス/町の在り方や人の営みに想いを巡らせ「キオスク」を設計する建築のクラス/演劇史に残る作品をベースに、生徒たちが新たな作品を生み出す演劇のクラス/アートの展覧会をつくるキュレーションのクラス/ガクジンでのクリエイターと10代の出会いから新たなクラスが生まれています/クリエーションとエデュケーションの近しい関係/「事務局新聞」を設置してくださる学校や施設の方、お問い合わせください! MC:佐藤海(GAKU事務局) 出演:武田悠太(GAKUファウンダー)、熊井晃史(GAKU事務局長)、…
 
【前編】三年目を迎えたからこそ、改めて実感できたこと #事務局編 2022年度前半を振り返って/ガクジン、通算100本を超えそうです/生徒が生徒のままではない、教え合い、学び合う環境/「おすそ分け」的に、クリエーションとエデュケーションが混ざり合う/クリエイターも事務局も、10代と一緒に成長したい/それぞれが同じ場でクリエーションに向き合っているから、分かり合える/ちょっとだけ踏み込んだら、すごいことが起こる場所/一旦全部丸ごと受け止めます MC:佐藤海(GAKU事務局) 出演:武田悠太(GAKUファウンダー)、熊井晃史(GAKU事務局長)、杉田聖司(GAKU事務局)
 
【後編】体が変わろうと、人生を共存できる最高の励ましであって、永遠のジュエリー #タトゥー タトゥーを入れることにはどんな効果があると思いますか?/どんな時もずっとそばに居続けてくれる/自分がバラバラになりそうな時に繋ぎ止めてくれるものの一つ/タトゥーの選択肢を拡張する/「シンプルでゆるい」なデザインが印象的なのですが、何からインスピレーションを受けていますか?/タトゥーシールのデザインの他に挑戦してみたいことはなんですか?/次に入れたいタトゥーはなんですか?/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:Kaho Iwaya / opnner ブランドオーナー 10代ゲスト:hata、tashiro MC:佐藤海(GAK…
 
【前編】毎日の自分にしのばせられるタトゥーシール #タトゥー タトゥーシールブランド「opnner」デザイナーの岩谷香穂さん、ファッションを勉強していてタトゥーにも興味があるタシロさん、バンド活動をしているハタさん/タトゥーとの出会いは何歳ころ、どんなきっかけですか?/ポートランドのタトゥー文化にインスピレーションを受けた/指輪もネックレスもタトゥーも、全部自分を守ってくれるお守り/タトゥーをよりポジティブな印象に変えるにはどうしたらいいと思いますか?/ポジティブだったりネガティブだったり、その根拠を「どうして?」と考えることの大切さ/彫り師への畏れと憧れ【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」  クリエイターゲスト:Kaho Iwaya / opnner ブランドオー…
 
【後編】社会という土台が整わないと音楽を純粋に楽しめないから #音楽 作り手としての想いと仕事としての責任のバランスはどうやってとるんでしょうか?/ミュージシャンとしてではなく、人として社会問題に関心を持っている/自分の作品をより多くの人に届けるにはどうしたらいいでしょうか?/音楽を社会や政治的な視点で捉えることは重要なのでしょうか?音楽と社会はどのような関係であるべきでしょうか?/音楽を純粋に楽しむことを希求して/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:Sapphire Slows(プロデューサー/DJ/パフォーマー) 10代ゲスト:fumiya、ozeki MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【前編】自分がつくるものは自分らしいものにしかならない #音楽 プロデューサー・DJ・パフォーマーのSapphire Slowsさん、DTMをつくっているフミヤさん、作詞作曲が趣味でジェンダー多様性に興味があるオゼキさん/普段はどんな機材でどうやって曲をつくっているんですか?/曲づくりする時、言語化できない自分だけの感覚と既に言語化されている理論のバランスはどのように意識していますか?/「自分らしい音」って意識していますか?いつ「自分らしい音」を見つけることができましたか?/まず第一に、聴き手として音楽が好き/グローバルな活動をしながらも東京を拠点に活動を続ける理由はなんですか?/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」と「10代のころに出会った、自分を変えた1枚のアル…
 
【後編】自分がどうありたいか、それを想像するのは案外難しい、けど大切 #音楽 ミュージシャンになるために、学校で学ぶのかライブに出て現場を重ねるのか、どっちがいいのでしょうか?/どの進路に進むかではなく、自分自身は何をしたいのか/会社員を辞めて仕事を音楽活動だけに絞ったきっかけはなんですか?/漠然とした「安定」に囚われることへの危機感/やりたいことがやれる場所を探して見つけて選択する/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:休日課長(ベーシスト) 10代ゲスト:keita、yamato MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】ゴールは定めて、スタイルは定めない #音楽 ベーシストの休日課長さん、音楽イベントを企画しているケイタさん、魚好きが高じてベースをはじめたヤマトさん/いつでもどこでも音楽を聴けるサブスクが流行る中、ライブではどんなことを大切にしていますか?/バンドメンバーのなかではどんなコミュニケーションをしているんですか?/リスペクトを持って対話する/リズム感はどうやって鍛えていますか?/魚を捌くこととベースを練習することの共通項/食べた瞬間にうまいと思えるか、聴いた瞬間に良いと思えるか、そのゴールに向かう/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:休日課長(ベーシスト) 10代ゲスト:keita、yamato MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【後編】別の正解を自分で探す #映像 10代のころに出会った、自分を変えた一冊はなんですか?/無知であることを知ることは、最高にスリリングでワクワクする/傷つくかもしれないし、救われるかもしない/10代最後の年に海外に行くなら、どこの国がオススメですか?/危険を認識するための線引はありますか?/10代へ、今、何を伝えたいですか?/自分の正解を探し続ける幸せ/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:上出遼平(ディレクター) 10代ゲスト:saku、yu MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】別の正解を自分で探す #映像 ディレクターの上出さん、演劇部で脚本を書くユウさん、イベントを企画しているサクさん/どうして『ハイパーハードボイルドグルメリポート』を企画制作したんですか?/固定化された正解とは別の正解を探す/社会に対する違和感を何歳の頃から感じていましたか?/デリケートでショッキングなコンテンツを発信し続ける理由はなんですか?/社会の一員であることは揺るがないから社会を見捨てない クリエイターゲスト:上出遼平(ディレクター) 10代ゲスト:saku、yu MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【後編】いい予感のする、「わからない」の方へ #短歌 書き手の意図は意識せず、読み手の感じるままに文章を楽しんでいいのでしょうか?/「正しく」文章を読むことへの違和感/「よくわかんない」は人生を豊かにしてくれる/全く異なる価値観の人にも受け入れられる文章表現は可能なのでしょうか?/社会に言葉を投げかけることの責任/自分にとって大事な感情しか書きたくない/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:伊藤紺(歌人/コピーライター) 10代ゲスト:koharu、saki MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】モヤモヤが言葉になると涙がでるほど嬉しい #短歌 歌人でコピーライターの伊藤さん、小説や詩や絵をかいているコハルさん、短歌好きで法律を学んでいるサキさん/どんな時に短歌をつくろうと思いますか?/心のモヤモヤを形にすると心が少し軽くなる/10代の時、どんな文章を読んで、どんな文章を書いていたんですか?/実は読書が苦手でした/聴く音楽と書く短歌の関係性/短歌は文字数がちょうどいい/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」  クリエイターゲスト:伊藤紺(歌人/コピーライター) 10代ゲスト:koharu、saki MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【後編】自分が一番愛せるようになるまでやり抜く #映画 昔の自分や表現を羨ましく思うことはありますか?/幾つ年齢を重ねても、その時の自分に嘘をつかないかどうか/自分しかできない表現を見つけるために大切なことはなんだと思いますか?/普段映画を見る時に意識していることはなんですか?/​​自分がいいと思うものと向き合うことは勇気がいることだから/高校生に戻れるとしたらどんな作品を作りますか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:枝優花(映画監督/写真家) 10代ゲスト:村田夕奈、tsukushi MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】自分が一番愛せるようになるまでやり抜く #映画 映画監督で写真家の枝さん、映画監督を目指しているユナさん、演劇を学ぶツクシさん/どんな感情のときに映画をつくりたくなりますか?/映像と写真、作り手としてどんな違いがあると思いますか?/制作のモチベーションはどう保っていますか?/作品を発表することは怖くないですか?/自分がしたいことをやりきったかしか気にしなくなった/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:枝優花(映画監督/写真家) 10代ゲスト:村田夕奈、tsukushi MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【後編】孤独から生まれるデザイン #デザイン アイディアはどうやって見つけていますか?/デザイナーになるために中高生のうちにやっておくべきことはありますか?/迷いながら「いいな」を見つける/デザイナーの仕事を辞めたいと思ったことはありますか?/人と共に生きたい、その手段としてのデザイン/10代へ、今、何を伝えたいですか?/孤独な時間からは逃れられないけど/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:前原翔一(アートディレクター/デザイナー) 10代ゲスト:hinami、riri MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】関係から生まれるデザイン #デザイン アートディレクターでデザイナーの前原さん、デザイナーに興味があるヒナミさん、へアメイクアップアーティストになりたいリリさん/デザイナーを目指したきっかけはなんですか?/どうしたら自分だけの世界観を見つけられますか?/相手を想い、相手と向き合う/誰かに影響を受け過ぎることっていけないことですか?/自分の「好き」を肯定することから始めてみる/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:前原翔一(アートディレクター/デザイナー) 10代ゲスト:hinami、riri MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】見たことのない自分と出会う、本づくり #編集 大学に通った方がいいと思いますか?大学に通ってよかったことはありますか?/「世界は思ったより広い」と気づく瞬間/色々な人と出会って学んで、自分だけの大学をつくる/これからみんなが生きていく時代と、これまで大人が生きてきた時代は違うから/何をしている時が1番楽しいですか?/本づくりは苦しい、それでも続ける理由/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:山若マサヤ(編集者) 10代ゲスト:moe、sakura MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】新しい感覚で日々を眺めるために #編集 編集者の山若さん、映像制作をしているモエさん、高校を卒業して働き始めたサクラさん/そもそも「編集」をどんなものと捉えていますか?/誰もが日常の中で編集している/伝わらないことへの恐怖とどう向き合うか/雑誌だけでなく映画制作、それぞれにどんな違いがありますか?/何かをつくろうとすると何かを見つけようとする/本が好きな理由はなんですか?/初めて作った本はどんな本ですか? クリエイターゲスト:山若マサヤ(編集者) 10代ゲスト:moe、sakura MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【後編】まだないけど、これからあるべきものを #ファッション なりたいものがたくさんあるとき、どうやって決断していったらいいですか?そもそもそれを絞る必要ってありますか?/世の中にまだなくて、社会が価値を感じる新しいものを/デザイナーとしてどのように「多様性」を捉えそれを実現しようと考えていますか?/今、考えていることは何ですか?これから取り組もうとしていることはなんですか?/10代である私たちが社会に対してどんなことができると思いますか?/小さいアクションが重ならないと社会も動かないから/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:高橋悠介(「CFCL」代表兼クリエイティブディレクター) 10代ゲスト:keito、sa…
 
【前編】自分と社会の間にあるものとしての服 #ファッション クリエイティブディレクターの高橋さん、ファッションデザインを学んで服づくりをしているサクラコさん、生物の研究をしているケイトさん/これからの服と人の関係性はどうなっていくと思いますか?/ファッションとサステナビリティについて思うところ/そもそも現代においての「美しさ」の定義ってなんでしょうか?/人間ってなんだと思いますか?人をどのように捉えていますか?/デジタル空間においてのファッションはどうなると思いますか?/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:高橋悠介(「CFCL」代表兼クリエイティブディレクター) 10代ゲスト:keito、sakurako MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【後編】キュレーターは、まず一人のオーディエンス #アート 社会で暮らす何十億人の中から、どんな人たちをオーディエンスとして捉えるか/どんなアーティストに惹かれますか?/言葉も時間も失う作品に出会うとき/「スーパーオーディエンス」としてのキュレーター像/将来の進路で悩んだとき、どうやって乗り越えましたか?/環境を変えることで新たな道筋が見えてくる/僕が手伝えることは手伝います!/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:高木遊(キュレーター) 10代ゲスト:masato、mona MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】生み出す人の横で、一緒に生み出す #アート キュレーターの高木さん、キュレーションを学ぶため美大に進学予定のマサトさん、能楽を習ったり街中で即興演奏をしているモナさん/キュレーターは、アートをどこまで言語化しているんですか?/アートを言語化する際に大切にしていることはなんですか?/アーティストにとってのキュレーターの必要性/美術館やギャラリーではなく、もっと暮らしの身近にあるアートについてどう思いますか?/「アート」と一般にされているもの以外で、今面白いと思うものはなんですか?/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:高木遊(キュレーター) 10代ゲスト:masato、mona MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【後編】GAKUをどのような場所にしたいのか #事務局編 答えのない問いに対しては10代も大人も同じ土俵に立てる/さまざまな興味関心を持つ10代が同じ場所に集まる意味/2022年度のGAKUについて/クリエイターと10代が繰り返し顔を合わせることで顔なじみになっていることの凄さ/クリエイターに科学者に研究者に、さまざまな専門家とともにクラスをつくっています/なんとフランス大使館のイベントにも協力することに/ダイバーシティをただのスローガンで終わらせたくない/皆さんのご意見をお待ちしています MC:佐藤海(GAKU事務局) 出演:武田悠太(GAKUファウンダー)、熊井晃史(GAKU事務局長)、杉田聖司(GAKU事務局)、荒川未帆(GAKU事務局)…
 
人の心ないんか?言われそうだが、人の心はある。ただそれをタスク管理に持ち込むメリットがないと言ってるだけ。浪花節に流されがちだが、TPOをわきまえたらより良いよねって話。
 
【前編】事務局が振り返るこれまでのGAKU #事務局編 半年ぶりの事務局編/色々な授業が無事終了しました/ファッション、建築、演劇、ヘアメイク、はないけ、、様々なクリエーションの「そもそも」を10代とともに問う/ジャンルやクラスを越えて、10代が集う場所になってきている/教えられる側だけにとどまらない、10代が主体となる活動/喜びにあふれた中で学ぶこと/本当にしたい話をできる場所/発揮するクリエイティブを社会に接続する場所 MC:佐藤海(GAKU事務局) 出演:武田悠太(GAKUファウンダー)、熊井晃史(GAKU事務局長)、杉田聖司(GAKU事務局)、荒川未帆(GAKU事務局)
 
【後編】同じ悩み、持ってます #編集 違う文化や考えを持つ人たちと良好に関わるためにはどうしたらいいですか?/変に格好つけない/体当たりでコミュニケーションしていました/勢いと間合い/大きな決断するとき、大切にしていることはありますか?/やりたいことを一つに絞れなくても大丈夫でしょうか?/今は、編集という道に絞ったけど/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:haru.(編集者) 10代ゲスト:fumi、toogi MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】生きていくために必要だった雑誌づくり #編集 編集者として活躍するharu.さん、zineをつくっているフミさん、絵を描いているトオギさん/「同世代の人と一緒に考える場」としての「HIGH(er) magazine」/日本とドイツの行来で、「善い人間像」を見失った/いろんな人の意見を集めて雑誌を作っていくなかで、どんなことを大切にしていますか?/誰のためにつくっているんですか?/半径五メートルの情報を詰め込んだタイムカプセルみたいなもの/手触りのある紙の表現にこだわる理由はありますか?/道端に落ちている雑誌に心が惹かれる、そういう出会い方もある/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:haru.(編集者) 10代ゲスト:fumi、toogi…
 
特化型AIに勝てるわけないからAIと張り合うこと自体が悪手かもしれないが、すぐにロボットに代替されないようにレベル2には勝っておきたいよね
 
【後編】向き合っているものを通して社会に生きる #演劇 GAKUでは演劇集団「範宙遊泳」の山本卓卓さんと10代が一緒に「うまれてないからまだしねない」を再創作する授業を進めています/どんなときに、生きていると感じますか?/自分ひとりでは感じることができない/考えさせられるお題がやって来て突きつけられる/演劇の価値ってなんnでしょうか?/演劇と向き合いたい/誰もが何かと向き合いたいはず/10代へ、今、何を伝えたいですか? クリエイターゲスト:徳永京子(演劇ジャーナリスト) 10代ゲスト:naokazu、sayo MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】演劇と批評と、ほっとけなさ #演劇 演劇ジャーナリストの徳永さん、高校の演劇部に所属するナオカズさん、大学で演劇を学ぶサヨさん/作品を批評することに対してどのように考えていますか?/何かに批評や評価を与えることへの怖さはないですか?/お節介でもあり自分のもやもやをはらすためでもあり/批評や表現に向かうモチベーションはなんですか?/責任の重さに苦しくなりませんか?/同じものを観ても思うものは違う、その違いは怖くないですか?/話し言葉と書き言葉って、違くないですか? クリエイターゲスト:徳永京子(演劇ジャーナリスト) 10代ゲスト:naokazu、sayo MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【後編】何があっても希望そのもの #アート 作品のクオリティ、どうやって上げていったらいいでしょうか?/そもそもクオリティってあげるべきなんでしょうか?/表現をすることから自分の気持ちが離れてしまわないように気をつけていることはありますか?/生きていることがそもそも表現、だから生き続ける/創作って自分本人が良いと感じられていたらいいのでしょうか?/自分たちと自分たちの生活を信じるために記録し続ける/10代へ、今、何を伝えたいですか?/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」 クリエイターゲスト:Fujimura Family(アーティストペア) 10代ゲスト:kiyomi、shinnnosuke MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【前編】アーティストとして生きていくなかで #アート 芸術家のDai Fujimura、詩人の味果丹によるアーティストペア「フジムラファミリー」、CGの勉強をしているシンノスケさん、アクセサリーショップを運営しているキヨミさん/影響を受けた作品やカルチャーってなんですか?/作品づくりばかりしていて、インプットがなかなかできていないのですが大丈夫でしょうか?/誰かのクリエーションって、意識しないと見る機会をつくれなくないですか?/今のインスピレーション源はなんですか?/ペアで制作活動をしていてよかったなと思うことはどんなことですか?/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」 クリエイターゲスト:Fujimura Family(アーティストペア) 10代ゲスト:kiyomi…
 
【後編】わかりづらい存在でありたい #イラストレーション ZINEの制作、雑誌への寄稿、モデルなど多岐にわたる活動/わかりづらい存在でありたい/LGBTQに理解がない人にあった時、どのように対応していますか?/我慢を強いられることのくやしさ/記憶に留めておいて分かち合うこと/【ミニコーナー】「10代のころに起きた、印象深い失敗体験」/人が多様化していくこの世界って将来どうなっていくんでしょうか?/細分化されて分断された社会/それでも個人の力を信じたい/小さい声を聞く力/これからどんなことをしたいですか?/10代へ、今、何を伝えたいですか? クリエイターゲスト:カナイフユキ(イラストレーター/コミック作家) 10代ゲスト:akiho、morita MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【前編】期待や違和感も頼りに、気がついたらこうなっていた #イラストレーション イラストレーターでコミック作家のカナイさん、詩を書いているアキホさん、演劇部に所属しながら絵を描いているモリタさん/10代の頃にやっていたことで、今の活動に活きているものってありますか?/気がついたらこうなっていた/10代のころやらずに後悔していることってなんですか?/【ミニコーナー】 「10代のころに出会った、自分を変えた一冊」/今、どんなことに興味を持っていますか?/家という制度、婚姻という制度への違和感について/「個人的な体験と政治的な問題を交差させ、あらゆるクィアネスを少しずつでも掬い上げ提示できる表現」/誰かの作品に救われたと感じる経験ってありますか? クリエイターゲスト:カナイフユキ(イラストレーター…
 
【後編】何者でもない自分と音楽のなんでもなさ #音楽 ミュージシャンであり活版印刷の職人でもある東郷さん、二つの仕事の共通点はなんですか?/幼少期から変わらない自分の興味と遊び方/今ある常識と向き合ってみる/音楽がそもそも持っている「なんでもなさ」/これまでどんな作品に影響を受けてきましたか?/誰かの創作物に触れると、自分の中に風が吹く/辛い時、どうしますか?/東郷さんのネイルが気になります/10代へ、今、何を伝えたいですか?/自分に真面目だと他人には不真面目に映るこの世界で クリエイターゲスト:東郷清丸(ミュージシャン) 10代ゲスト:木の卵、niji MC:佐藤海(GAKU事務局)
 
【前編】自分の音楽理論を探すということ #音楽 ミュージシャンの東郷さん、DTMで作曲している木の卵さん、バンドや陶芸をしているニジさん/木の卵さんの楽曲に寄せられた「これは音楽じゃない」というコメント/音楽と音の境界線ってどこにあると思いますか?/バンドを組んでプロを目指す!、だけじゃない音楽の楽しみ方/楽曲をつくる時に意識していることはなんですか?/本当に自分が気持ちいい音が見つかればいい/東郷さんはロマンチストですか?/サブスク、CD、レコード、普段どんな媒体で音楽を聴いていますか? クリエイターゲスト:東郷清丸(ミュージシャン) 10代ゲスト:木の卵、niji MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
【後編】違和感を感じたあと、どう生きるか #農業 #サステナビリティ 古山さんの最終的な目標はなんですか?/東京での生活や資本主義そのものに対する違和感、どのように伝えていけばいいと思いますか?/なにかを生み出すワクワクは自分の体で感じてほしい/野菜もお米も嘘をつけない、だから自分も正直になれた/普段の生活から0siteでのワクワクを感じる方法はありますか?/10代へ、今、何を伝えたいですか?/オンラインの情報、そしてオフラインの体験にも目を向けるこれからの暮らし方 クリエイターゲスト:古山憲正(「0site」ファウンダー) 10代ゲスト:keito、kyosuke MC:佐藤海(GAKU事務局)…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login