第二百九十七話『たったひとりしかいない自分を大切にする』-【栃木篇】作家 山本有三-

14:00
 
シェア
 

Manage episode 291999920 series 2870054
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今も読み継がれる小説『路傍の石』を書いた、栃木県出身の作家がいます。
山本有三(やまもと・ゆうぞう)。
栃木市の文学碑には、『路傍の石』のこんな一節が自然石に刻まれています。
「たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか」
この平井町の山本有三文学碑は、有三が昭和35年、栃木市名誉市民に推挙されたことを記念して建てられました。
昭和38年3月9日の除幕式には、当時78歳だった有三本人が出席しています。
現在、「こどもの読書週間」の最中ですが、学級文庫に必ずと言っていいほど置いてある『路傍の石』は、ドイツ文学の影響を受けた有三が書いた、ビルドゥングス・ロマン、教養小説です。
主人公・吾一は、貧しい家庭に生まれたがゆえに苦労をしますが、さまざまなひとや出来事に会いながら成長していきます。
奉公先から逃げて来たり、大学進学を目指すところなど、主人公・吾一と有三の人生は一部重なりますが、彼は自分の生き方と主人公の人生を同一視されることを嫌いました。
山本有三は劇作家としてデビューし、のちに小説を書きますが、後半生は子どもたちの国語教育に心を砕きました。
児童書『日本少国民文庫』の刊行、本の入手が困難な戦時中は自宅を開放して、子どもたちが本を読める場所を提供したのです。
さらに政治の世界に足を踏み入れ、新仮名遣いの制定や、当用漢字の整理などに尽力しました。
彼は、生まれつき体が弱く、わずか生後20日あまりで、医者から死の宣告を受けました。
日々の癒しは、本を読むこと。
本を読んでいるときだけ、自分が生きている手応えを感じました。
誰よりも死がそばにあったので、彼には「たった一度の人生」という意識が強かったのかもしれません。
読みやすい文体で子どもから大人まで多くの読者を魅了する作家・山本有三が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

302 つのエピソード