第二百十話『劣等感は最大の武器』-【新潟篇】プロレスラー ジャイアント馬場-

12:40
 
シェア
 

Manage episode 241565990 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今、アメリカのスポーツ界で「ショーヘイ」という名の有名な日本人は、メジャーリーガーの大谷翔平ですが、かつて1960年代前半にアメリカを席巻した「ショーヘイ」がいました。
リングネーム「ショーヘイ・ビッグ・ババ」。
新潟県出身の伝説のプロレスラー、ジャイアント馬場です。
今年、没後20年になります。
60年代、アメリカンプロレスは全盛期。
そんな中、ニューヨーク、シカゴ、セントルイスなどのメインスタジアムで、「野生児」バディ・ロジャースや「黒い魔神」ボボ・ブラジル、「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノらと、毎晩熱戦を繰り広げていたのが、ジャイアント馬場でした。
馬場は、1963年12月15日、力道山が39歳の若さでこの世を去ったとき、日本プロレス界を支えられるのはキミしかいないと、日本に戻ることを懇願されたといいます。
身長2メートル9センチ。
空手チョップに、十六文キック。
日本プロレス史上最大の巨体の持ち主は、その風貌とは違い、繊細で誰にも優しい心を持っていました。
「プロレスから離れるのは、オレが死ぬときだろうな」という言葉通り、還暦を過ぎてもリングに立つことにこだわりました。
「ファンがさあ、ファンがいちばん大切なんだよ。だからね、オレは試合に出続けるよ」
晩年も年間130試合の巡業に歩きました。
しかも、彼は自ら前座を買って出たのです。
試合が終わると、繁華街に繰り出すレスラーが多い中、ひとり部屋に引きこもり、読書したり絵を画いたりしていました。
「なんだかねえ、目立つんだろうね。酔っぱらいにからまれたりしたら、あまりよろしくないからねえ、いいんだよ、オレはひとりきりが好きなんだ」
目立つことが、コンプレックスでした。
大きいことで嫌な思いをたくさんしてきました。
そんな劣等感を抱え続けた、不世出のプロレスラー・ジャイアント馬場が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

224 つのエピソード