第二百九話『自分を極める』-【兵庫篇】マイケル・ジャクソン-

11:41
 
シェア
 

Manage episode 241099398 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
今年、没後10年になる、「キングオブポップ」と称された伝説のアーティストがいます。
マイケル・ジャクソン。
彼は、1987年9月、兵庫県西宮市にやってきました。
バッド・ワールド・ツアーの、日本での公演のひとつ。
西宮球場には5万人を越えるファンが集まり、マイケルはダンスや歌で観客を魅了します。
ムーンウォークを披露したとき、会場の歓声はうねりのように大地を震わせたと言います。
西宮でのコンサートの直前、群馬で痛ましい事件がありました。
5歳の男の子が誘拐され、亡くなったのです。
マイケルは、この事件についてお悔やみを述べ、『I Just Can't Stop Loving You』を捧げました。
マイケルにとって、子どもは特別な存在でした。
無垢で傷つきやすく、誰かが守ってあげないと後の人生に多大な影響を及ぼしてしまう、ナイーブな時期。
その背景には、自身の幼少期の思いがあります。
大好きだった父は、ときに厳しくマイケルを叩き、罵倒しました。
「おまえなんかクズだ! 生きている価値なんてない、どうしようもない存在だ!」
その経験から、彼は自己肯定感の希薄な子どもになりました。
「ボクは、ダメな人間、醜い人間、生きている価値がない人間なんだ。だから、パパはボクを殴るんだ」
父が唯一、ほめてくれたこと。
それが、歌でした。ダンスでした。
彼は、プライベートとパフォーマンスをするときと、人格を分けていました。
シャイで恥ずかしがりやの自分、ひとたび懐に入れば、誰にも平等、公平に接する、気さくな人柄。
一方で、ステージに関しては完璧主義を貫き、いっさいの妥協を排除した機械人間でした。
何度も繰り返すリハーサル。
「どうしてみんな、自分の最高を出さないの? ボクが欲しいのは、みんなの最高なんだよ」
まるで自分を痛めつけるように50歳で散った孤高の天才、マイケル・ジャクソンが人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

222 つのエピソード