show episodes
 
Loading …
show series
 
40数年前にドイツに住んでいたことがある。それもBMWのお膝元、ミュンヘンだ。ここで感じたことはバイエルンの人は他のドイツ人と少し異質だということだった。株式会社イード による
 
アストンマーティンは8月15日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて、『DBR22』(Aston Martin DBR22)を米国カリフォルニア州で発表した。株式会社イード による
 
フェラーリ『デイトナSP3』を8分の1スケールで再現した、3778ピース、1237工程という、驚愕のレゴテクニック『フェラーリデイトナ SP3』。レゴ初挑戦のライターが、いきなり最上級のレゴ制作に挑む企画となる。株式会社イード による
 
ヒョンデは現在、復帰した日本市場においてハッチバックの『Ioniq 5』(アイオニック5)、及び燃料電池自動車『NEXO』(ネッソ)を販売しているが、アイオニック5に設定される最強モデル「N」最新プロトタイプをカメラが捉えた。株式会社イード による
 
話題の“低燃費タイヤ”はどのような仕組みでできているのか。タイヤの専門家がその基本から技術変遷も踏まえて丁寧に解説したタイヤ選びの参考にもなる書籍だ。株式会社イード による
 
マテル・インターナショナルは、「レジェンドツアージャパン2022」を10月16日にお台場青海駐車場特設会場(東京都江東区)にて開催する。株式会社イード による
 
「昔のステップワゴンが帰ってきた!」第一印象はそんな感じでした。『ステップワゴン』って、初代&2代目はとにかく箱型という感じのスペース重視のパッケージングで、そこが最大の長所だったように思うんですよね。株式会社イード による
 
ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは8月18日、『プレシジョンEVコンセプト』(Acura Precision EV Concept)を、米国カリフォルニア州で開催中の「モントレー・カー・ウィーク2022」の「プライベート・アキュラ・レセプション」で初公開した。株式会社イード による
 
サスペンションの専門メーカー・テインの車高調キット「FLEX Z(フレックス ゼット)」に日産『ノート』用の適合車種ラインナップが追加された。株式会社イード による
 
ロールスロイスモーターカーズは、米国で8月19日に開催される「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に、『ファントム』の改良新型、「シリーズ2」(Rolls-Royce Phantom Series II)を出展する。株式会社イード による
 
◆PSA最後のディーゼルを搭載した『DS 3 クロスバック』◆最たる特徴は「小さな高級車」であることに尽きる◆1330kgの車重に300Nmは、ダテではない◆“瞬間蒸発”してしまう最強スペックの「パフォーマンス・ライン」株式会社イード による
 
◆限定120台の各車に1902~2022までのシリアルナンバープレート◆6.2リットルV8スーパーチャージャーは最大トルク91.1kgm◆0-96km/h加速3.7秒で最高速は322km/h◆6速MTが標準で10速ATはオプション株式会社イード による
 
ベントレーは現在、新型2ドアクーペ『マリナー・バトゥール』を開発中だが、その最新ティザーイメージがリリースされた。株式会社イード による
 
◆大型リアウイングを不要にしたデザイン◆平均的スーパーカーよりも車両重量は300kg軽い1090kgに◆タッチスクリーンのないシンプルなインテリア◆コスワース製V12は11100rpmまで回る株式会社イード による
 
◆1台当たりの生産に132時間◆シートの「ダイヤモンドキルト」に直径1mm以下の小さな孔◆ウッドパネルの製作に10時間以上◆ダイヤモンドイルミネーションが選択可能株式会社イード による
 
◆正真正銘の「ワンマン、ワンエンジン」◆人気のCクラス、AMGの流儀を踏襲◆意外にも第一印象は「剛性感の高さ」◆期待を裏切らない強烈な加速感株式会社イード による
 
威圧的なフロントフェイスではなく、まさに“スマイル”フェイスなスズキ『ワゴンRスマイル』。他社からも優しい顔つきを踏襲したクルマが出てきている。そこでワゴンRスマイルのエクステリアデザイナーにそのデザインについて話を聞いた。株式会社イード による
 
カーオーディオでは、取り付け方やシステムデザインを煮詰めることでもスピーカーの鳴り方が変わってくる。当特集では、それら「鳴らし方」のポイントを1つ1つ解説してきた。今回はその最終回として、超上級な方法論を紹介する。株式会社イード による
 
◆映画では2002年型ポルシェ『911カレラ』のキャラクター◆「サリーブルー」をボディカラーと内装色に使用◆480psツインターボの「GTS」がベース株式会社イード による
 
2007年日本公開の映画「世界最速のインディアン」が、8月19日(バイクの日)から21日の3日間、横浜シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区)でリバイバル上映される。株式会社イード による
 
あおり運転被害は、「自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた」が最多。被害を受けた際は「道を譲った」「何もしなかった」など、「やり過ごす」対応をとったドライバーが目立つ。株式会社イード による
 
1位は日産『アルファード』新型予想。4位にはトヨタ『アルファード』新型の予測記事もランクインし、フルサイズミニバンに注目が集まっています。ミドルサイズではトヨタ『ノア』&『ヴォクシー』とホンダ『ステップワゴン』がモデルチェンジ、記事も読まれています。株式会社イード による
 
メルセデスベンツが送りだすBEVの第三弾となる『EQB』のステアリングを握った。『GLB』をベースにし、床下にリチウムイオン電池を敷き詰めたモデルである。株式会社イード による
 
走りを愛するユーザーが多いが、ここ数年はスタイリッシュさが増して選ばれる事も増えている。しかしそこはやはりスバル車であり、ユーザーの期待に応えるべくアフターメーカーが力を入れているので楽しみを増してくれる注目メーカー7社を紹介しよう。株式会社イード による
 
トヨタ自動車のインド部門は7月8日、新型SUV『アーバンクルーザー・ハイライダー』(Toyota Urban Cruiser Hyryder)の実車を、インド・ムンバイで初公開した。株式会社イード による
 
ブガッティ(Bugatti)は8月18日、「モントレー・カー・ウィーク2022」の「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で8月19日、ワールドプレミアする予定の新型車の新たなティザー映像を公開した。株式会社イード による
 
ヒョンデは現在、人気クロスオーバーSUV『コナ』次期型を開発中だが、そのフルエレクトリック版となる、『コナEV』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。株式会社イード による
 
◆インフィニティのアイデンティティの「ダブルアーチ」グリル◆3.5リットルV6エンジンは最大出力295hp◆「ゼログラビティシート」を採用◆最新の「プロパイロットアシスト」株式会社イード による
 
リンレイから、自動車用コーティング剤「ウルトラハードW(ダブル)コーティング」が新登場。全国のホームセンターやカー用品店、公式直販サイトで9月5日から販売が開始される。株式会社イード による
 
ポルシェは現在、クロスオーバーSUV『カイエン』ファミリー改良新型に着手しているが、その頂点に君臨する『カイエン ターボGT』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。株式会社イード による
 
メルセデスベンツは現在、本格オフローダー『Gクラス』に設定される最強モデルAMG『G63』改良新型を開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。株式会社イード による
 
◆普通のメーカーには手が出せないバンク角“120度”◆「小さく」なったフェラーリデザインの決定版◆望外に感心させられた乗り心地の良さ◆速い遅いに留まらない、魅力の多様さ株式会社イード による
 
ボルボは現在、大型クロスオーバーSUV『XC90』後継モデルを開発中だが、その特許画像をスウェーデンのエージェント経由で入手に成功した。また欧州連合知的財産局では、『EXC90』という車名が確認された。株式会社イード による
 
日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティは6月28日、SUVクーペ『QX55』(Infiniti QX55)の2023年モデルを米国で発表した。今夏、米国市場で発売される予定だ。株式会社イード による
 
ホンダは現在、ミッドサイズSUV『パイロット』次期型に着手している。6月には、その市販モデルを予想するレンダリングCGを制作したが、最新情報を元にディテールの修正を試みた。株式会社イード による
 
ポルシェ『718ボクスター』の最上級スポーツモデル「スパイダーRS」の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。シリーズ最強モデルとして新たに導入される。株式会社イード による
 
◆三菱自動車で世界3番目の販売実績◆台形モチーフの大型グリルにガードバー形状のバンパーを組み合わせ◆車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインパネ◆フロント左右輪の制動力を調整して旋回性を高める「AYC」を新採用株式会社イード による
 
チェコの自動車メーカー、「シュコダ」が販売する欧州Cセグメント・ファストバックセダン&ステーションワゴン、『オクタビア』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。株式会社イード による
 
MINIハッチバックに設定されるハードコアモデル、『JCW』(ジョンクーパーワークス)改良新型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。株式会社イード による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login