show episodes
 
Loading …
show series
 
22日、CX-60の国内正式予約受注が6月24日から始まることがマツダによって発表された。CX-60の予約受注はEUですでに始まっており、その動向も気になるところだ。開発に関わった関係者のヒアリングをベースにCX-60の日欧での仕様や戦略の違いをまとめる。株式会社イード による
 
アストンマーティンは8月15日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて、『DBR22』(Aston Martin DBR22)を米国カリフォルニア州で発表した。株式会社イード による
 
ヒョンデは現在、復帰した日本市場においてハッチバックの『Ioniq 5』(アイオニック5)、及び燃料電池自動車『NEXO』(ネッソ)を販売しているが、アイオニック5に設定される最強モデル「N」最新プロトタイプをカメラが捉えた。株式会社イード による
 
ベントレーは現在、新型2ドアクーペ『マリナー・バトゥール』を開発中だが、その最新ティザーイメージがリリースされた。株式会社イード による
 
◆正真正銘の「ワンマン、ワンエンジン」◆人気のCクラス、AMGの流儀を踏襲◆意外にも第一印象は「剛性感の高さ」◆期待を裏切らない強烈な加速感株式会社イード による
 
トヨタ自動車のインド部門は7月8日、新型SUV『アーバンクルーザー・ハイライダー』(Toyota Urban Cruiser Hyryder)の実車を、インド・ムンバイで初公開した。株式会社イード による
 
ヒョンデは現在、人気クロスオーバーSUV『コナ』次期型を開発中だが、そのフルエレクトリック版となる、『コナEV』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。株式会社イード による
 
◆インフィニティのアイデンティティの「ダブルアーチ」グリル◆3.5リットルV6エンジンは最大出力295hp◆「ゼログラビティシート」を採用◆最新の「プロパイロットアシスト」株式会社イード による
 
40数年前にドイツに住んでいたことがある。それもBMWのお膝元、ミュンヘンだ。ここで感じたことはバイエルンの人は他のドイツ人と少し異質だということだった。株式会社イード による
 
メルセデスベンツは現在、本格オフローダー『Gクラス』に設定される最強モデルAMG『G63』改良新型を開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。株式会社イード による
 
◆普通のメーカーには手が出せないバンク角“120度”◆「小さく」なったフェラーリデザインの決定版◆望外に感心させられた乗り心地の良さ◆速い遅いに留まらない、魅力の多様さ株式会社イード による
 
ボルボは現在、大型クロスオーバーSUV『XC90』後継モデルを開発中だが、その特許画像をスウェーデンのエージェント経由で入手に成功した。また欧州連合知的財産局では、『EXC90』という車名が確認された。株式会社イード による
 
日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティは6月28日、SUVクーペ『QX55』(Infiniti QX55)の2023年モデルを米国で発表した。今夏、米国市場で発売される予定だ。株式会社イード による
 
ホンダは現在、ミッドサイズSUV『パイロット』次期型に着手している。6月には、その市販モデルを予想するレンダリングCGを制作したが、最新情報を元にディテールの修正を試みた。株式会社イード による
 
ポルシェ『718ボクスター』の最上級スポーツモデル「スパイダーRS」の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。シリーズ最強モデルとして新たに導入される。株式会社イード による
 
◆三菱自動車で世界3番目の販売実績◆台形モチーフの大型グリルにガードバー形状のバンパーを組み合わせ◆車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインパネ◆フロント左右輪の制動力を調整して旋回性を高める「AYC」を新採用株式会社イード による
 
チェコの自動車メーカー、「シュコダ」が販売する欧州Cセグメント・ファストバックセダン&ステーションワゴン、『オクタビア』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。株式会社イード による
 
MINIハッチバックに設定されるハードコアモデル、『JCW』(ジョンクーパーワークス)改良新型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。株式会社イード による
 
ホンダが展開する高級ブランド「アキュラ」は、8月18日に『Acura Precision EV Concept』(アキュラ プレシジョンEVコンセプト)をワールドプレミアすることを発表すると共に、そのティザームービーをリリースした。株式会社イード による
 
◆フロントグリルとヘッドライトのデザインを変更◆最大出力260hpの2.4リットル「ボクサーターボ」◆「アイサイト」の性能を向上株式会社イード による
 
テスラ(Tesla)のイーロン・マスクCEOは8月10日、同社初のEVトラックの納車開始時期を明らかにした。『セミ』は2022年内から、『サイバートラック』は2023年からになるという。株式会社イード による
 
ロールスロイスは現在、ブランド初となるフルエレクトリック2ドアクーペ、『スペクター』を開発中だが、その最新プロトタイプを捉えるとともに、キャビン内の撮影に初めて成功した。株式会社イード による
 
◆アウディとケン・ブロックの最初の共同プロジェクト◆WRCで活躍した「スポーツ・クワトロS1」がモチーフ◆カーボン製シャシーにツインモーター+AWD搭載株式会社イード による
 
◆初代はコスワースチューンの4.2リットルV8搭載◆2代目は最大出力580psのV10ツインターボ搭載◆3代目は4.0リットルV8ツインターボにダウンサイズ◆最新の4代目は最高速305km/hの世界最速クラスのワゴンに株式会社イード による
 
7月6日収録観覧(池袋にて)可能です。一人500円です。ご希望の方はお便り用アドレスにご連絡ください。場所などの詳細お送りします。⇩お便りお待ちしています⇩     panpiinosenbo@yahoo.co.jpマツダ・タケザワ による
 
☆公開収録(3月16日18時@渋谷)観覧希望⇩コチラまで             panpiinosenbo@yahoo.co.jp お名前(ペンネームでも可)と参加表明だけ入力していただいて送ってください!cMkouXL による
 
☆公開収録観覧希望⇩コチラまで   panpiinosenbo@yahoo.co.jpお名前(ペンネームでも可)と参加表明だけ入力していただいて送ってください!マツダ・タケザワ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login