Zen 公開
[search 0]
×
最高の Zen ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 5月 2020)
最高の Zen ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 5月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
岩手県曹洞宗僧侶の佐々木秀吾と宗教・スピリチュアル部門1位獲得の禅僧佐藤良規がお送りするトーク番組。岩手・東北のローカルな話から、世界のニュースなど、様々な事柄をゲストを呼んで語り合います。宗教的な視点はだけではなく、日常生活がもっと楽しくなる情報もお届けいたします。「目からウロコ」的トーク番組です。youtubeでは、動画も配信しています。映像でもお楽しみいただけます。
 
Takramは、東京・ロンドン・ニューヨークを拠点に様々なプロジェクトに取り組むデザイン・イノベーション・ファームです。 このポッドキャストでは、Takramのメンバーが、デザイン・テクノロジー・ビジネス・文化などの話題を幅広く展開しています。毎週月曜日に2本のペースで公開。ぜひご登録ください!
 
Loading …
show series
 
Harvard Graduate School of Designを卒業後すぐにホテルビジネスのスタートアップを創業した各務太郎くん。元Takramインターンでもある彼が建築家というバックグラウンドを持ちながら起業を志した理由や、クリエイティブの目線から見るビジネスの重要さをTakramの谷口と語ります。Takram による
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live"の第7回。Takramが拠点をもつ3都市を繋ぎ、東京から渡邉、ロンドンから牛込 、ニューヨークから福田が参加。各国のビジネスやカルチャーの変化に触れ、これからのデザインのあり方を考えます。当日のアーカイブ動画はこちらhttps://www.pscp.tv/w/1lPKqVmQYqnGbTakram による
 
AXISとの誌面連動企画「 BTC トークジャム」Takram田川がナビゲーターとなって、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブを越境して活躍するトップランナーから話を伺います。今回はBIOTOPEの佐宗邦威さんをゲストにお迎えしました。Takram による
 
J-WAVE 81.3FM 「#音楽を止めるな」プロジェクトがBEAMS RECORDSと制作するライブハウス支援オリジナルTシャツ企画にTakramも参加。最終的なデザインに至った経緯を語ります。https://shop.eplus.jp/ongakuwotomeruna/Takram による
 
前回の続き、コロナ下での近況について お聞きしました。 今回は、4月に一照さんが参加した インドの高名なヨガティーチャーである カストゥプ・デシカチャー師の お祈りの会のお話から クリシュマナチャリア師〜TKVデシカチャー師、 そしてそのご子息である、 カストゥプ・デシカチャー師と続く 近代ヨガの源流についてのお話。 参照:映画「聖なる呼吸」 聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅 - T.クリシュナマチャリアの子供たち, K.パタビジョイス, B.K.S.アイアンガー, ヤン・シュミット=ガレ そして、話題は最近言われている ”第2世代のマインドフルネス”に移ってゆきます。 どんなお話が聞けるのでしょうか。 どうぞ、くつろいでお聞きください。 <内容ダイジェスト> ・(カストゥプ師の)お祈りの…
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第6回。今回はTHE GUILD深津貴之氏をゲストに迎え、深津氏が提唱される「怠惰の法則」とこれからのサービスのあり方ついて語ります。聞き手はTakramの田川と神原が参加します。Takram による
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第5回。Takramのデザインエンジニアが出演し、Takramにおけるデザインエンジニアリングの役割、リモートワーク環境でのプロトタピングの進め方やコロナ関連の気になるテクノロジーについて話します。Takram による
 
Takram Cast Live 第4回に参加したMarkat UIメンバーが、ライブ配信をふりかえります。ライブ配信で話しきれなかった「あつまれ!どうぶつの森」のUIを軸に、マイクロインタラクション、デザイン倫理、時間を遅らせる仕掛けなど、UI談義を展開します。Takram による
 
ご無沙汰しておりました! 振り返り見ればなんと、1年半ぶりの配信w 辛抱強くお待ちくださった皆様、 ありがとうございます! さて、今回は「コロナ渦中」にあり 全国を飛び回っていた藤田一照さんが 珍しく STAY HOME しているであろう 近況をお伺いしました。 また、 加速度的に増えてきている 「オンライン」でのミーティングや もう何度か開催されている 「オンライン坐禅会」の手応え、 また、コロナに対する宗教者の役割など 久しぶりに”楽屋ばなし”を お聞きすることができました。 今回はZOOMでの収録となります。 どうぞくつろいでお愉しみください。 【内容ダイジェスト】 ・お互いの近況 ・一照さんがヒゲ? ・コロナゼロの岩手の不思議 ・様変わりした取材の方法 ・コロナと付き合う心構え ・”…
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第4回。今回はUIデザインを中心に活動するメンバーが出演。TakramにおけるUIデザインの取り組みについて話します。また、最近気になるサービスとして、どうぶつの森やダイソンの空気清浄機などを取り上げ、UIの観点で語ります。当日のアーカイブ動画はこちらhttps://www.periscope.tv/w/1YpJkQLRkoNKjTakram による
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第3回。「リテールのニューノーマル」をテーマに、FABRIC TOKYO代表・森雄一郎さん、Zokei代表・沼田さん、b8ta Japan代表・北川さんをゲストに迎えます。聞き手はTakram佐々木が務め、これからのリテールのあり方について語ります。当日のアーカイブ動画はこちらhttps://www.periscope.tv/w/1ynKOpVlnOvGRTakram による
 
ローバー都市建築事務所が考える建築は「そこに集う人々が幸福になる空間」です。ぬくもりと、安らぎのある空間を作り続けて20年。これからも、皆様のお役にたてるプロ集団でありたいと思います。
 
Takram Cast Live の第2回の収録に参加したロンドンスタジオの牛込陽介とニューヨークスタジオの福田基輔が、ライブを振り返りながら、リモートワークに対する考え方や、文化の多様性について話します。Takram による
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第1回。田川、渡邉がそれぞれ「これもデザイン」をテーマに3つの引用句を用意して臨みます。引用句は人から聞いた言葉、書籍や映画からの言葉、噂など出典は問わないというルールです。この引用句をきっかけにトークを展開します。当日のアーカイブ動画はこちらhttps://www.periscope.tv/w/1YqxoQVEoBzGvTakram による
 
Takram Cast のオンライン公開収録プログラム"Takram Cast Live" の第2回。今回のテーマは日英米の各都市で触れるデザイン。Takramが拠点をもつ3都市をオンラインで繋ぎ、東京から渡邉、ロンドンから牛込、ニューヨークから福田が参加し、各国のデザイン文化について語ります。当日のアーカイブ動画はこちらhttps://www.periscope.tv/w/1mrxmQeEWXLxyTakram による
 
1933年の開館以来、市民に愛された公立の美術館としては日本に現存するもっとも古い建築物。この伝統ある美術館が50年後、100年後も継承されることを願い、創建当時和洋が融合した本館の意匠を最大限残しながら、現代的なデザインを加え此の度新たな美術館として生まれ変わりました。オープンが楽しみです。
 
レガシーな業界に挑戦するシードステージのスタートアップを支援するベンチャーキャピタル、Lifetime Venturesの代表である木村亮介さんを迎え、Takramの谷口がシードVCの役割やスタートアップとデザインの関係性をインタビュー。コンサルタントからベンチャーキャピタルへと転身した木村さんがスタートアップを支援する動機や、スタートアップが創業初期からデザイナーを迎え入れることの重要性などを伺いました。Takram による
 
データとデザイン:Data Humanisation第2回は、Design Indabaの講演に合わせて制作したRISARの紹介にはじまり、「Data Humanisation」のこれからについて語ります。データを人々のアクションへとつなげていく方法、改めて考えるデザイナーがデータを扱うことの意義、私たちの周りに隠されたコンテキストを取り出すことなど、データと人の間をつなぐためのお互いの考えを交わします。Takram による
 
京都市内の中心部を南北に流れる「堀川」。その歴史は古く、約1200年前の平安京造営時に開削されたのが、そのはじまりとされている。主に当初は大内裏造営のために北山連峰の豊富な木材資源の運搬路として利用され、近世まで、物資の運搬のほか、貯木場、農業用水や友禅染など京の人々の暮らしや産業を支えてきた「堀川」。現在では、2009年に完了した「堀川水辺環境整備事業」により、人々が楽し
 
データとデザイン:Data Humanisation第1回は、Takramメンバーで考案した言葉「Data Humanisation」をテーマに、データとデザインの関係を考えます。Takramがこれまでプロジェクトで制作してきたビジュアライゼーションを振り返り、データと人間の関係性を改めて見直すことで、データのヒューマナイズとは一体何か。今後データは人の生活とどのように関わっていくことができるのかについて話します。Takram による
 
「ラグジュアリー」や「ブランド」はこれからどこへいくのか? ハイブランド、無駄にならない非効率の追求、ロンドンでの展示、セラミック……。ベルガンティ教授「意味のイノベーション」に関する書籍の監修で知られるミラノ在住の安西洋之さんをゲストに迎え、Takram渡邉が話すzoom対談シリーズの3/3。Takram による
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する""Making of Takram""シリーズ第5弾。新型コロナ対策として、Takramは社員の健康・安全を守るために2月中旬から全社的リモートワーク体制に移行しました。より良いリモートワークにするための取り組みについて、社員皆で日々アイデアを出し合い、検討しています。今回は、Takramのリモートワークの状況と取り組みについて紹介します。(語り手:Takram佐々木・阿野)Takram による
 
元清水小学校の歴史的価値のある校舎を活用して建てられたザ・ホテル青龍京都清水がこの3月開業しました。昭和初期の建築の良さを残しながら、魅力的な建物となっています。客室からは京都の町並みもお楽しみいただけます。
 
Takramメンバーの人生を変えた本・思い入れのある本を集め、Hidden Libraryを作るコーナーです。今回は野見山真人の思い出の2冊『はろるどとむらさきのくれよん』『Newton 決定版相対性理論』をきっかけに、現在の興味や仕事感がどのように形成されたか話します。Takram による
 
遠隔医療相談サービスを提供するアプリを開発中のスタートアップUrDocの代表である唐橋さんを迎え、Takramの谷口が医療と起業のあれこれをインタビュー。医者でもある唐橋さんが遠隔医療相談サービスを立ち上げた理由、起業してからの葛藤、そしてデザインの必要性を感じるようになった経緯などを伺いました。Takram による
 
イタリア企業成功の方程式「意味のイノベーション×アルティジャナーレ」を語る新刊をもとに、スローフード、ピアノ、標準化を嫌うイタリア企業の特徴……。ベルガンティ教授「意味のイノベーション」に関する書籍の監修で知られるミラノ在住の安西洋之さんをゲストに迎え、Takram渡邉が話すzoom対談シリーズの2/3。Takram による
 
京都市中京区にある老舗旅館「NISHIYAMARYOKAN」の和室客室。老舗旅館の良さを生かしながら、ホテル形式での運営を織り交ぜた、現代型旅館とも言うべきスタイルで、多くの観光客の人気を集めている。そんな「NISHIYAMARYOKAN」のリニューアルを通じて、再考することとなった「床座式」の良さ。そのひとつめの特長は、視点の低さと、そこから生じる広さと落
 
AXISとの誌面連動企画「 BTC トークジャム」Takram田川がナビゲーターとなって、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブを越境して活躍するトップランナーから話を伺います。今回はライゾマティクスの齋藤精一さんをゲストにお迎えしました。Takram による
 
新型肺炎流行の影響で人の移動を制限する政令が発表されているミラノでの今のリアルな暮らしや、それがきっかけで起こった『コンテクストデザイン』の誤読。そして誤読せざるを得ない気持ち。ベルガンティ教授「意味のイノベーション」に関する書籍の監修で知られるミラノ在住の安西洋之さんをゲストに迎え、Takram渡邉が話すzoom対談シリーズの1/3。Takram による
 
Takramのメンバーが、Takramとの出会い、参画した経緯などについて語る "Why I joined Takram"シリーズ。デザイナーの河原香奈子が、UIデザイン、スタートアップでの経験、その後のTakram参加などについて語ります。Takram による
 
任天堂の旧本社ビルの趣ある外観を極力残して改修。2021年夏オープン予定です。下京区にある旧本社ビルは1930年築。創業から2代目の社屋。今も「トランプ・かるた製造元山内任天堂」の看板が残っており、昭和初期のたたずまいを残している。新しく生まれ変わるホテルは安藤忠雄建築研究所が設計監修。趣のある外観は極力残して改修・増築される。
 
コミュニケーションツール「トーキングドラム」/設計ツールとしてのVRやMRの可能性を検討する論文/2年間の結論/茶室の躙口とVR、壺中天効果/世界を複数化して考える/モンゴルの馬のギフト/マクルーハンの社会のバックミラー視/宮廷道化師/極楽浄土/VRの思想的源流としてのドラッグ/伊勢神宮におけるUXデザイン/サピア=ウォーフ仮説/イヤホンというARと狂人Takram による
 
*Project ARCHからの転載です。UberEATSに代表されるフードデリバリーサービスが、食のあり方を大きく変えつつある。それは働き方を多様化すると同時に食のつくり手を多様化し、ゴーストレストランと呼ばれる「店舗をもたないレストラン」を可能にすることになった。食のつくり手を支えるプラットフォームが整った先に、人々が何を、どう食べるかは、いまとはまったく異なるかたちになっているかもしれない。https://medium.com/projectarch/just-cook-it-e444a82a4f2eTakram による
 
最強シリーズ第一弾:工業デザイナーのTakram篠原が日本の文化や伝統、技術に深い知見のある最強のモノづくりをしているゲストともに未来を妄想するシリーズ。引き続き広重刷毛店 漆刷毛師10代目 泉 虎吉さんをお迎えし「最強と漆刷毛の世界」というテーマから伝統工芸全般に話を広げて語ります。Takram による
 
*Project ARCHからの転載です。The RealRealやメルカリに代表されるリセールマーケットの登場によって、リセールエコノミーが拡大している。リセール市場は2023年までにリテール市場の45%を占め、2028年までにファストファッションの市場規模を上回るとの予測もある。環境問題を気にかける若者たちの価値観の変化とリセールプレイヤーが提供するモダンなエクスペリエンスによって、もはや中古品を買うことは恥ずかしいことではなくなった。しかしものづくりを行う企業側から見れば、それは既存のマーケットの縮小をも意味することになる。「リセール時代」のブランドと消費者の関係、そしてものづくりのあり方は、いかに変わっていくのだろうか?https://medium.com/projectarch/t…
 
データとデザイン:VisualAnalytics第2回は、第1回に続き、VisualAnalyticsについて、日本大学の尾上先生に伺いました。VisualAnalyticsの人間を中心に据えた考え方は、デザインに通じる部分が多く見出せます。実務分野ではAugumented Analyticsや市民データサイエンスといったキーワードが飛び交う中、VisualAnalyticsがそれらとどのような関係の上に成り立つのかを話します。Takram による
 
最強シリーズ第一弾:工業デザイナーのTakram篠原が日本の文化や伝統、技術に深い知見のある最強のモノづくりをしているゲストともに未来を妄想するシリーズ。第一回目のゲストは広重刷毛店 漆刷毛師10代目 泉 虎吉さんをお迎えし「最強と漆刷毛の世界」というテーマで前半後半の二部構成でお届けします。Takram による
 
データとデザイン:VisualAnalytics第1回は、日本大学文理学部でデータの可視化研究をされている尾上先生をお迎えして、VisualAnalyticsについてお話を伺いました。可視化の学術的な業界構造から、分析と可視化をアクションにつなげる大切さ。市民データサイエンスでも言われているドメインエキスパートとの協業の重要性などについて触れました。Takram による
 
*Project ARCHからの転載です。さまざまな専門領域のエッジを探究するTakramのリサーチプロジェクト「Mark@」の一環として、ビジネスデザインの研究と啓蒙を目的にした「Project ARCH」がスタートする。日本ではまだまだ語られることの少ないビジネスデザインに関する議論を行い、メディアとして発信をすることで、未来のビジネスデザイナーのための思考の糧を提供するためのプロジェクトだ。 これからの社会を考えるうえで、なぜ「ビジネスとデザインの架け橋」が必要なのか? Takram 佐々木康裕と本プロジェクトのパートナーである博報堂 ビジネスデザインディレクターの岩嵜博論が、「Project ARCH」が生まれた背景と活動内容、今後のプロジェクトで扱っていくテーマについて語った。ht…
 
Takramでは組織のあり方やオフィス環境もプロトタイピングの対象として捉え、日々試作や検証を繰り返しています。今回はオフィス移転後のオフィス改修やリモートワークの制度、メンバーの声を集める仕組みなどをTakramの神原、伊東、野見山が語ります。Takram による
 
RefcomeのVIリニューアルプロジェクトについて、前回に引き続きRefcomeのCEO清水さんとCXO出口さんをゲストに迎え、Takramの神原と弓場が制作秘話を語ります。後編は、ロゴ案を絞り込んで決めるまでの流れや、新しいトーチロゴに込めた想い、デザインの細かなポイント、Figmaで作るVIガイドラインなどが主なトピックです。https://refcome.design/rebranding/Takram による
 
RefcomeのVIリニューアルプロジェクトについて、RefcomeのCEO清水さんとCXO出口さんをゲストに迎え、Takramの神原と弓場が制作秘話を語ります。前編は、ロゴデザインの進め方や、ブランドフレームワーク構築、ブランドパーソナリティ、社員全員を巻き込む方法などが主なトピックです。https://refcome.design/rebranding/Takram による
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する""Making of Takram""シリーズ第4弾。今回は、プロダクトデザイン・サービスデザインの2つの領域を専門領域とし、現在夜間ビジネススクールにも通っているTakramデザイナーの篠原由樹が、自身のキャリアや学びについて語りました。(聞き手:Takram佐々木・阿野)。Takram による
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login