Ep18 RedBox Japan・生理用品を日本にいる全ての学生へ:尾熊栞奈

1:02:51
 
シェア
 

Manage episode 313130246 series 3260054
著作 松田干城 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

エピソード18!ゲストはレッドボックスジャパンの代表を務める尾熊栞奈さんです。レッドボックスジャパンは学校に無料の生理用品を詰めた赤いボックスを提供することで、生理中の若者を支援することを目的としたイギリス発祥のチャリティー団体の日本支部です。” Period Poverty(生理の貧困)”とは、生理用品の購入や利用ができない状況を指します。また、生理用品へのアクセスの欠如だけでなく、生理に関する正しい知識や理解が教育を通じて知られていない状況も含まれています。2019年の発足時にグローバルアンバサダーとしてのオファーをいただき干城はボストンを拠点に活動。2021年10月の日本帰国時に本部で本エピソードを収録。生理の貧困を解決することが、どのようにウェルビーイングに繋がるか皆さんも一緒に勉強しましょう。

SHOWノートはこちらからhttps://tatekitechmatsuda.com/podcast/jp/ep18

エピソードの要約

00:00:00 生理の貧困

00:00:38 オープニング「日本から生収録」

00:04:45 ゲストの紹介「レッドボックスジャパン創業者」

00:08:36 1/5と1/3「日本の生理の貧困」

00:13:13 生理用品を寄付「男女一緒に解決する問題意識」

00:20:06 百円で一万円の損を防ぐ「生理の貧困が教育格差」

00:28:20 立ち上げから2年「生理問題の認知」

00:32:06 そもそも男性は知らない「教育ジェネレーションギャップ」

00:37:53 本人の目線で考える「ミクロで見る生理問題」

00:42:25 尾熊夫妻のウェルビーイング「レッドボックスのその先」

00:48:21 今後のフェムテック「女性のバイオハッキング」

00:56:37 タテキのまとめ「氷山の一角の下を見る」

ホスト紹介

松田干城(まつだたてき)Tateki Tech Matsuda

学位

セーラム州立大学・スポーツ科学科コーチング学部 卒業

ノースイースタン大学大学院・応用栄養学専攻修士課程 修了

資格

ストロングファースト SFGレベル1 インストラクター

FMS (Functional Movement Systems)  レベル1

経歴

アメリカのボストンを拠点に世界中のプロフェッショナル達と交流を持ち、現役プロ格闘家の傍、パーソナルトレーナー、ヘルスコンサルタント、ビジネスコーディネーターとして引き続きボストンを拠点に活動している。世界のスーパーモデルやベンチャーキャピタリストなど分野問わず世界を牽引する人物をコーチングし、格闘技の運動や専門の栄養学だけでなくホリスティックなコーチング法が評価されている。2020年にバイオハッカーセンタージャパンを設立。日本人バイオハッカーの第一人者として健康やウェルビーイング(健康で幸福な状態)手に入れるためのバイオハッキング(「QOL(生活の質)」を高めるために行う行為全般)を日本へ普及させるため目下活動中。

--- This episode is sponsored by · Anchor: The easiest way to make a podcast. https://anchor.fm/app --- Send in a voice message: https://anchor.fm/tatekimatsuda/message Support this podcast: https://anchor.fm/tatekimatsuda/support

21 つのエピソード