やさしい英語会話 (347) A Gift for International Women's Day, March 8th

 
シェア
 

Manage episode 254425852 series 14672
著作 Hiroshima University's English Podcast の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

来月3月8日は国際女性デー。この日は女性の政治的自由と平等を目指すための日として国連により定められました。公式な祝日に定められている国や、イタリアのように女性同士でお花を贈り合う習慣のある国もあります。
会話の男性は、国際女性デーを祝ってパートナーの女性に贈り物をしているようですが、その贈り物の中身とは…?
 
*** It's a Good Expression ***
(今回の重要表現)
as far as
〜に関する限り、〜だから
※ここでは範囲というよりも、理由を表している。As、Since、Becauseと言い換えてもほぼ同じ意味。
remind [人] of〜
(人に)〜を思い出させる
inextinguishable
消すことのできない、抑えきれない
intrigued
興味をそそられた
※intriguingで「人の興味をそそるような」。同じ分詞形容詞であるinterestedとinterestingの関係と同じ。
Closer to the subject of the gift, please.
贈り物の本題に戻ってよ、お願い。
invaluable
とても有益な、かけがえのない
※先ほどのinextinguishable("in-"+"extinguish"+"-able")のように、接頭辞in-は形容詞の反対語を作る。一方、このinvaluableは「価値がつけられないほど貴重な」という意味になり、結果的に形容詞を強調する珍しい例。("priceless"と同じ理屈)
(a) brilliant
(名詞)ブリリアントカットの宝石
graphite
黒煙
store
(動詞)貯蔵する
*** Script ***
A Gift for International Women’s Day, March 8th
Situation: A wife and a husband are seated and eat their dinner. There are candles, a cake, and a couple of bottles of wine.
M: Hey, today is March 8th. Do you know it’s International Women’s Day? It’s a very important day!
W: Oh, International Women’s Day!?
M: And as far as this day is important for me… I want to give YOU a gift… a gift which will remind you of my inextinguishable love for you…
W: Wow. Now I AM intrigued…
M: And even after my death…
W: Closer to the subject of the gift, please..
M: … this gift will be invaluable for you, always!
W: Oh no, I don’t believe… Could it be… Is it what I was dreaming about?
M: Yes!
W (haven’t opened the box yet): Oh my goodness, is it really a brilliant?
M: Wait, don’t open it yet!
W: Is it a brilliant??
M: Yes. Yes, it is! But don’t open it yet. And do you know what a brilliant is?
W: Well, it’s a kind of diamond?
M: Yes. And what exactly is a diamond? What kind of stone?
W: Um, I don’t know, don’t remember…
M: A diamond is a piece of graphite which was stored millions and millions of years under pressure… And now, please, open your gift.
W (opens the box): Oh my god… Hey, it’s a pencil?!
M: Yes. A GRAPHITE pencil. And some time, in the future, it will definitely become the thing that you were dreaming about so much, it will become a real brilliant! Happy International Women’s Day, my love. Please live a million years!
(Written by Andrei Goncharov)

639 つのエピソード