Medicine 公開
[search 0]
×
最高の Medicine ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Medicine ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れた科学者、医者、医療研究者たちがその発見とビジョンを伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
「徳田闘魂道場にようこそ」は、総合診療医の徳田安春先生(徳田師範代)に弟子入りした医学生が、様々な稽古を通じて議論を深め、医療の様々な問題・課題について学ぶ番組です。時にはゲストを交え、様々なテーマについて議論していきます。メインパーソナリティ 荘子万能(大阪医科大学医学部5年生)
 
Loading …
show series
 
精密医療とワクチン学が交わる領域で、革新的な科学の追求が行われています。個別化ワクチンです。感染症のスペシャリストであるオファー・リーヴィがこの有望な医学的アプローチを紹介します。個別化された予防接種が、疾病を非常に危険なものにしている突然変異に対抗できる可能性があるというのです。また、今、人間の生命を持続させ支える新時代に差し掛かっていることを話します。オファー・リーヴィ による
 
調査ジャーナリストのキャサリン・イーバンは、「ジェネリック医薬品は、その先発品と本当に同一なのか?」という一見簡単な質問に関する記事を書くことにしました。出てきた答えがきっかけになり、10年にわたるインタビュー、内部告発者とのミーティング、4大陸にわたる現場レポートを行い、FDAの機密文書を探ることになりました。警告を喚起するこのスピーチでは、イーバンが、海外の製造工場で何が起こっているかを話し、多くの低コストなジェネリック医薬品に隠された不正を暴きます。キャサリン・イーバン による
 
地球と人類と自然は密接な関係にあり切り離せません。世界に野生を取り戻して、私たち皆の健康を取り戻そうと、環境保護活動家のクリスティン・トンプキンスは訴えます。パタゴニア社のCEOを経て熱心な活動家になった人生と、南アメリカに何千平方キロメートルもの土地と海からなる国立公園を設立するのを支援した経緯を振り返り、さらに私たちが地球を修復するために行うべき重要な役割を論じます。「私たちは運命共同体であり、繁栄の道を歩むにしても苦難の道を歩むにしても、皆が共に歩むしかないのです」とクリスティンは語ります。クリスティン・トンプキンス による
 
生物学的構造のあるものはあまりに小さく、最も強力な顕微鏡でも見ることができません。分子アニメーション作家でありTEDフェローのジャネット・イワサの腕の見せ所です。分子がどのように働くのかを映像化したうっとりするようなアニメーションで、広大な目に見えない分子の世界を探検してみましょう。ジャネット・イワサ による
 
気候変動問題は巨大で複雑すぎて確実な方法で解決できる問題ではない、と作家のデイビッド・ウォレス・ウェルズは言います。私たちに必要なのは生き方を変えること。地球温暖化が進む時代に、住みやすく豊かな世界をつくるために私たちがとれる劇的な行動の一端について、彼の説明を聞いてみましょう。デイビッド・ウォレス・ウェルズ による
 
海に変化が起こると、地球にも変化が起こり、そしてそれは微生物から始まる、と海洋生物学者のアンジェリク・ホワイトは言います。ホワイトは、数十年分のデータにより裏付けられた事実をもとに、どのように科学者らが古くから生息する微生物を海の健康状態の重要なバロメーターとして活用しているか、また海水温度が上昇する中、私たちがどのように微生物を再生しうるかについて話します。アンジェリク・ホワイト による
 
2050年までに世界人口は98億人になると推定されています。すべての人に食料を供給するためには、どうしたらいいのでしょうか? 投資銀行家から農業に転身したスチュアート・オダが注目したのが屋内垂直農法で、多段式に積み上げられた棚を使い、管理された気候の影響を受けない環境で農作物を育成する方法です。将来を見据えたトークを通し、この農法がいかに優れた安全基準を保ちつつ、費用を抑え、少ない水の消費量で、将来の世代への食料供給を可能にするかを説明します。スチュアート・オダ による
 
2006年から2016年の間、米国における医薬品特許件数は2倍になりましたが、それは発明やイノベーションが劇的に増えたからではなく、製薬会社が特許制度を巧みに悪用する方法を覚えたためで、新薬ではなく既存の薬剤に小さな変更を加えることで特許を蓄積し、それにより独占権を築き、競争を阻害し、価格を吊り上げているのです。 医療における社会正義のために働く弁護士のプリティ・クリシュテルは、特許制度の本来の目的がいかに見失われているかに光を当て、国民に奉仕し命を救うことになる制度の再構築をするための5つの改革案を提案します。プリティ・クリシュテル による
 
国連の推定では 2050年までに抗微生物物質への耐性が私達の最大の死因になるとされています。「これは誰にとっても本当に恐ろしいことに違いありません」とバイオプロセス・エンジニアであるレオン・マーシャルは言います。彼は、家畜飼料の業界に世界規模で変化をもたらすという、喫緊の解決策に取り組んでいます。家畜の給餌からペットの日常のおやつに至るまで動物製品における抗生物質の過剰使用が世界で飛躍的に増加した理由や、潜在的なエピデミックを防ぐための一般的な方法を学びましょう。レオン・マーシャル による
 
宇宙の全質量の約85パーセントを占めるのは、宇宙に膨大な影響を及ぼしているものの直接観察することができない「暗黒物質」です。この不思議な物質の正体は何か?我々の存在にどう関わるのか?宇宙物理学者のリサ・ウェクスラーが、宇宙形成の過程を理解するうえで暗黒物質が鍵を握る理由を論じ、世界の物理学者がその研究のために考え出した独創的方法を紹介します。リサ・ウェクスラー による
 
私達は皆、星の誕生と死と再生によって互いにつながっていると天体物理学者エンリコ・ラミレス=ルイスは言います。ラミレス=ルイスは、あなたが呼吸している空気から体を構成する原子まで、あらゆるものを超新星が生み出す仕組みを説明しながら、この宇宙の宇宙史を旅します。エンリコ・ラミレス=ルイス による
 
この短く楽しい話では、宇宙飛行士のキャスリン・コールマンが、私達を宇宙ステーションへと案内してくれます。彼女が半年近くを過ごして様々な実験を行い、科学を推し進めた場所です。浮遊しながら仕事へと向かい、無重力で眠り、地球を時速28,000キロで回りながら生活するのがどんなものか聞いてみましょう。彼女曰く「宇宙ステーションはミッションと魔法が一緒になった場所」なのです。キャスリン・コールマン による
 
マングローブの森は地球の健康に不可欠で、大気中のCO2を吸収し、たくさんの種類の生物の住みかとなっています。しかし、森林伐採と工業化によりこの豊かな住みかは絶えず脅かされています。TEDフェローで環境保護家のアシュウィン・ナイドゥは、謎多き絶滅危惧種であるスナドリネコの力を少し借りながら、南アジア・東南アジアでは地域住民の力によってどのようにマングローブ林を保護しているかを説明してくれます。アシュウィン・ナイドゥ による
 
興味をそそられる研究内容と面白おかしい裏話を交えながら、神経科学者のカミラ・アルンダル・アンデルセンは、脳スキャンを駆使して人々の味覚の研究を行う研究所に私たちを誘ってくれます。アンデルセンは、私たちが食べた物をどのように潜在的に知覚するかについての驚くべき見識を示し、この研究データの活用が、味を犠牲にすることなく体に良い食生活を送ることをどう助けてくれるかについて語ってくれます。カミラ・アルンダル・アンデルセン による
 
野生動物保護活動家でTEDフェローのモアエンジェルス・ムビザが研究していた有名なライオンのセシルが、2015年にトロフィーハンターによって射殺されてしまいました。もしセシルの棲息地域の住民の関与があれば、その死は避けられたのではないかと彼女は考えるようになります。この短い講演で彼女は、母国ジンバブエでの保護活動の実態や、地域コミュニティの関与が重要だと考える理由について語ります。モアエンジェルス・ムビザ による
 
アーティストのサム・ヴァン・アーケンが『40種の果実の樹』という現在進行中の活動の舞台裏を紹介します。このプロジェクトは、桃やプラム、アプリコット、ネクタリンやさくらんぼなどを1本の樹に接ぎ木にして、なんと40種もの果実を実らせる一連の試みです。このプロジェクトは様々な色合いの美しい花を楽しもうというアートのプロジェクトとしてスタートしたものですが、珍しい「家宝種」とその歴史の保管庫となり、果樹の栽培を人々がじかに触れて(おいしく)学ぶことのできる体験の場となり、食料安全保障を確実にするためには生物多様性が必要だということをくっきりと示すシンボルとなりました。「ただ食べ物であることを越えて、これらの果実には私たちの文化が埋め込まれています。…そんな果物は、いろいろな面で私たちの物語です」とサ…
 
大気中の炭素濃度上昇により植物の成長速度が上がっている陰で、見えない様々な影響が出ています。それは我々の生き残りに欠かせない、栄養素、ビタミン類の減少です。世界における食糧安全保障を題材とするトークで、疫学者のクリスティー・エビが、この深刻化する栄養摂取危機が引き起こす可能性のある多大な健康問題、そして全ての人々が安全で栄養価の高い食料を確実に入手できるようにするにはどうすれば良いかについて、お話しします。クリスティー・エビ による
 
カール・ジューンはCAR T細胞治療の先駆者です。CAR T細胞とは、患者自身の免疫システムの一部を増強する画期的ながん治療で、腫瘍を攻撃して殺します。このトークでは、30年の研究がかつては出来ないと考えられていた白血病を根絶する治療に結実するまでの道のりと、その突破口について話しています。さらに、その治療がどのように他の種類のがんと闘ううえで活用できるかについても説明しています。カール・ジューン による
 
土壌の中には地球上の全ての植物と大気中に含まれる炭素を合わせた量の2倍の炭素があります。生物地球化学者のアスメレット・アセファー・ベルへが土の科学の世界へと導いて、気候変動に対処するために土が炭素を貯留する力をどう利用できるかを説明します。「土は地球システムの中における生命活動の有無を左右する指標です。さらには気候変動に立ち向かう私たちの味方にすることもできます。取るに足らない土くれという扱いはやめましょう。」アスメレット・アセファー・ベルへ による
 
私たちが不注意にも温暖化ガスを大気中に排出して地球を温めてしまう一方で、いくつかの産業的な排出ガスは太陽光を反射して宇宙空間へ返し、地球温暖化を和らげる微粒子を生み出しています。これは私たちがようやく理解し始めている仕組みです。 気候変動活動家ケリー・ワンサーは問いかけます。この効果を操り気候温暖化を軽減できないだろうか?海の雲の増白プロジェクトの約束するものとリスクとを知り、それでどのように気候の健康を取り戻せるのかを学びましょう。ケリー・ワンサー による
 
ヴィクター・ヴェスコーヴォは世界の五大洋すべての最深部を有人探査する初の試みを率いています。TEDの科学部門のキュレーターであるデイヴィッド・ビエロと対話しながら、ヴェスコーヴォはこの探検を可能にしている技術—極端な条件にも耐えるよう設計されたチタン製の潜水艇—について語り、インド洋の底への旅で撮影された、かつて誰も見たことのなかった生き物の映像を披露します。ヴィクター・ヴェスコーヴォ による
 
世界には学術調査が行われていない場所がたくさんあります。敵対的な政府や紛争中の地域です。探していないために見落とされていることが、どれほどあることでしょう? この果敢で予想外の笑いに満ちた話で、古人類学者のエラ・アルシャマーヒが、地球上でも特に生物多様性に富んだ場所であるイエメンのソコトラ島への探検に誘い、政治的に不安定な地域での学術探検調査が素晴らしい発見に繋がりうることを示します。エラ・アルシャマーヒ による
 
喪に服すシャチや悲しみに暮れる象を題材に、生物人類学者のバーバラ・キングは動物界に存在する悲哀と愛情について証言しています。この驚くべきトークで、多くの動物は複雑な感情を持っていると裏付ける証拠を示しながら、食べることをふくめ、動物をもっと倫理的に扱うべきだと主張しています。「動物は人間と同じように嘆くことはなくても、悲哀感情を持たないわけではありません。動物の悲哀感情は真実であり、見ようと思えば見ることができます」バーバラ・キング による
 
タンパク質はすばらしい分子機械です。食べ物を消化し、神経細胞を発火させ、免疫系を支え、その他多くのことをします。でも、自然界には見られない機能を持った新しいタンパク質を設計することが、もしできるとしたらどうでしょう? 未来を垣間見せてくれるこの驚きの講演でデイヴィッド・ベイカーは、タンパク質設計研究所の彼のチームが全く新しいタンパク質をどのように一から設計しているのかを説明し、それが人類の直面する5つの大いなる問題の解決にいかに役立つのかを示します(この野心的な計画は、世の中を良くするための刺激と資金を与えるTEDのイニシアティブであるAudatious Projectの一部です)。デイヴィッド・ベイカー による
 
あなたの足の下の地面は膨大な不思議な微生物の棲み家で、地下で何百年、何千年と生き続けるものもいます。いったいどんな生き方をしているのでしょう? コスタリカの火山や温泉を巡る旅に出て、微生物学者カレン・ロイドが光を当てる地下の生命と、それが地上の生き物にどれほど大きな影響をもたらしうるのかという話に耳を傾けましょう。カレン・ロイド による
 
頭足類に分類されるタコやイカは、奇妙で大きな分散した脳を持っています。それほどまでの神経系を使って何をするのでしょう? 海洋生物学者のロジャー・ハンロンと一緒に海に潜り、頭足類が皮膚の色や凹凸を瞬時に変える驚くべきカモフラージュ能力を見てみましょう。そのスマートな皮膚や、それを洗練された方法で用いる能力は、別の形態の知性があり得ることの証拠かもしれません。それがAIや生地や化粧品などにどんな大きな変化をもたらしうるか学びましょう。ロジャー・ハンロン による
 
人類は毎年3億トンの新しいプラスチックを生産しています。そして私たちの最善の努力にも関わらず、リサイクルされているのはその10パーセント以下に過ぎません。もっと良い方法はないのでしょうか? 微生物学者のモーガン・ヴェイグは、クリエイティブな適応によってプラスチックを食べるという予期せぬ能力を進化させた細菌の研究をしています。これが拡大し続ける汚染問題の解決に繋がるかもしれません。モーガン・ヴェイグ による
 
ナマケモノは地球上で4千万年生き続けてきました。ナマケモノの成功の秘訣は何なのでしょう? この楽しい講演では動物学者のルーシー・クックが、世界で一番のろまな哺乳類の奇妙な生活の裏側と、その巧みな適応から私達が何を学べるかを話してくれます。ルーシー・クック による
 
植物は驚くべき「機械」である ― 何百万年もの間、植物は空気中の二酸化炭素を吸収して地下に収蔵し、世界の気候を保っていたのですから。植物遺伝学者のジョアン・コリーは、この特別な能力を拡張すべく研究を進めています。ソーク植物/分子・細胞生物学研究所の同僚たちとともに、コリー博士はより多くの炭素を地中深くに何百年も保持できる植物を作り出そうとしています。こうした過給植物が気候変動を緩やかにするのに、どう貢献できるのか、見ていきましょう。(この大胆な計画はAudacious Projectという、世界的な変革を生み出し、投資するTEDのプロジェクトの一環です)ジョアン・コリー による
 
5500万光年離れた銀河の中心に、太陽数十億個分という超大質量ブラックホールがあります。史上初めて、その姿を見ることができます。「イベント・ホライズン・テレスコープ」チームのリーダーである宇宙物理学者シェパード・ドールマンが、TEDのクリス・アンダーソンを相手に、ブラックホールの初の画像と、その撮影のための壮大な世界規模の努力について語ります。シェパード・ドールマン による
 
記録的な数の蜜蜂が死んでいますが、生態学者のノア・ウィルソン=リッチの関心は別のところにあります。それは「蜜蜂が健康で、よく繁殖しているのはどこか?」ということです。答えを見つけるために彼は全米のアマチュア科学者を募り、家の庭や屋上に蜜蜂の巣箱を設置してもらいました。巣箱という小さなデータ工場から、蜜蜂の繁殖に必要な生育環境や、未来の食糧供給システムを安定的に維持する方法を学びましょう。ノア・ウィルソン=リッチ による
 
フィル・プレートはハッブル望遠鏡を用いた天文学者チームでの研究に携わり、史上初めて太陽系外惑星を直接撮影することに成功したかもしれないと考えました。しかし、彼らの見つけた証拠で実際にそれを立証できたのでしょうか?プレートは、科学の進歩とは間違いをし、それを修正していくことの繰り返しだと説明します。「間違いを認めざるを得ないことは科学をするうえでの代償ですが、その代わり知識と理解という最高のものが得られます」とプレートは語ります。フィル・プレート による
 
地球と月は一卵性双生児のようなもので全く同じ物質構成でできています。このようなことは他の天体では見られないことなので、とても奇妙です。何によってこのような特別なつながりが生まれたのか? その答えを探す過程で、惑星科学者であり、マッカーサー基金の「天才」賞受賞者であるサラ・T・ステュワートは新種の天体である「シネスティア」と、月の起源のミステリーを解明する方法を発見しました。サラ・T・ステュワート による
 
CRISPRといった遺伝子編集技術は、生命を最も基本的なレベルでプログラムすることを可能にします。しかし、これにより喫緊の課題が生じています。新たな種を一から作り出すことが可能なら、何を作るべきなのか?いま存在している人類を再設計すべきなのか?フアン・エンリケスはこの新たなフロンティアの、とてつもない不確実性と可能性を探りながら、遺伝子操作によって起こり得る未来を予測します。フアン・エンリケス による
 
性別が正確に機能する仕組みは?生物学者のカリッサ・サンボンマツは染色体のことだけではないと言います。洞察力に満ちた講演の中で、エピジェネティクス分野の新発見、外傷や食物などの社会的要因でDNA活性がどのように永久的に変わるか、新たな研究をお話しします。人生経験が遺伝子の表現を変える機序と、性別を理解する意味を学びましょう。カリッサ・サンボンマツ による
 
この愉快なトークとライブ実験で、科学者リー・ウェイタンは泡の秘密、すなわち泡が常に幾何学的に完全な形になろうとする性質や投薬への応用、そしてペンギンの水泳中に泡を放出する特徴を模倣することで船舶設計士がより効率的な船舶を製造していることについて話します。これらの数学的不思議について学び、日常に潜む魔法に触れましょう。リー・ウェイタン による
 
気候変動の存在を信じない人に対して、あなたはどのように話をしますか?気候科学者であるキャサリン・ヘイホーは、これまで語りつくされたようなデータや事実とは違った切り口があると言います。この示唆的かつ現実的なプレゼンテーションでは、共通の価値観をもとにして相手と繋がることや、気候変動に対して相手が既に考えていることを気づかせてあげることで、気候変動と闘うための糸口を見つける方法が紹介されています。彼女は言いますー「私たちは絶望に屈してはいけません。行動を起こして希望を見出す必要があって、それは今日の会話から始まるのです。」キャサリン・ヘイホー による
 
私たちの科学に対する認識(または誤認識)を形作るのは何でしょう?気象学者J・マーシャル・シェファードが、自分では知っているつもりのことに対し、「確証バイアス」「ダニング=クルーガー効果」「認知的不協和」がどう影響するかを説明し、それをもっと確かなもの—知識へと変える方法を示します。J・マーシャル・シェファード による
 
もし温室効果ガスを排出量より多く取り除いたらどうなるでしょうか?この「ドローダウン(削減)」と呼ばれる仮説的シナリオは気候災害を回避する唯一の希望である、と戦略専門家のチャド・フリシマンは言います。この前向きなトークで、彼は現存する気候変動への対策、一般に知られている再生エネルギーや土壌管理の向上のほか、食物生産、家族計画、女子教育などのあまり知られていない方法について語ります。私たちがどのようにして温暖化を削減し、破壊ではなく再生可能な世界を創造できるか学びましょう。チャド・フリシマン による
 
これまでの生物の細胞はすべて、DNAの基本単位である4つの遺伝子文字(ヌクレオチド)、A、T、C、Gを元にしてできています。しかし、現在はそうではありません。先見性のあるトークを通して、合成生物学者のフロイド・E・ロムズバーグが、6つの遺伝子文字(4つの遺伝子文字+2つの人工文字)で作られた最初の生物を紹介し、この大きな進歩が自然による設計図の基本的な理解にどのように挑むのかを探ります。フロイド・ロムズバーグ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login