Medicine 公開
[search 0]
×
最高の Medicine ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 3月 2020)
最高の Medicine ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 3月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界で最も優れた科学者、医者、医療研究者たちがその発見とビジョンを伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
「徳田闘魂道場にようこそ」は、総合診療医の徳田安春先生(徳田師範代)に弟子入りした医学生が、様々な稽古を通じて議論を深め、医療の様々な問題・課題について学ぶ番組です。時にはゲストを交え、様々なテーマについて議論していきます。メインパーソナリティ 荘子万能(大阪医科大学医学部5年生)
 
Loading …
show series
 
世界には学術調査が行われていない場所がたくさんあります。敵対的な政府や紛争中の地域です。探していないために見落とされていることが、どれほどあることでしょう? この果敢で予想外の笑いに満ちた話で、古人類学者のエラ・アルシャマーヒが、地球上でも特に生物多様性に富んだ場所であるイエメンのソコトラ島への探検に誘い、政治的に不安定な地域での学術探検調査が素晴らしい発見に繋がりうることを示します。エラ・アルシャマーヒ による
 
タンパク質はすばらしい分子機械です。食べ物を消化し、神経細胞を発火させ、免疫系を支え、その他多くのことをします。でも、自然界には見られない機能を持った新しいタンパク質を設計することが、もしできるとしたらどうでしょう? 未来を垣間見せてくれるこの驚きの講演でデイヴィッド・ベイカーは、タンパク質設計研究所の彼のチームが全く新しいタンパク質をどのように一から設計しているのかを説明し、それが人類の直面する5つの大いなる問題の解決にいかに役立つのかを示します(この野心的な計画は、世の中を良くするための刺激と資金を与えるTEDのイニシアティブであるAudatious Projectの一部です)。デイヴィッド・ベイカー による
 
あなたの足の下の地面は膨大な不思議な微生物の棲み家で、地下で何百年、何千年と生き続けるものもいます。いったいどんな生き方をしているのでしょう? コスタリカの火山や温泉を巡る旅に出て、微生物学者カレン・ロイドが光を当てる地下の生命と、それが地上の生き物にどれほど大きな影響をもたらしうるのかという話に耳を傾けましょう。カレン・ロイド による
 
頭足類に分類されるタコやイカは、奇妙で大きな分散した脳を持っています。それほどまでの神経系を使って何をするのでしょう? 海洋生物学者のロジャー・ハンロンと一緒に海に潜り、頭足類が皮膚の色や凹凸を瞬時に変える驚くべきカモフラージュ能力を見てみましょう。そのスマートな皮膚や、それを洗練された方法で用いる能力は、別の形態の知性があり得ることの証拠かもしれません。それがAIや生地や化粧品などにどんな大きな変化をもたらしうるか学びましょう。ロジャー・ハンロン による
 
ナマケモノは地球上で4千万年生き続けてきました。ナマケモノの成功の秘訣は何なのでしょう? この楽しい講演では動物学者のルーシー・クックが、世界で一番のろまな哺乳類の奇妙な生活の裏側と、その巧みな適応から私達が何を学べるかを話してくれます。ルーシー・クック による
 
植物は驚くべき「機械」である ― 何百万年もの間、植物は空気中の二酸化炭素を吸収して地下に収蔵し、世界の気候を保っていたのですから。植物遺伝学者のジョアン・コリーは、この特別な能力を拡張すべく研究を進めています。ソーク植物/分子・細胞生物学研究所の同僚たちとともに、コリー博士はより多くの炭素を地中深くに何百年も保持できる植物を作り出そうとしています。こうした過給植物が気候変動を緩やかにするのに、どう貢献できるのか、見ていきましょう。(この大胆な計画はAudacious Projectという、世界的な変革を生み出し、投資するTEDのプロジェクトの一環です)ジョアン・コリー による
 
5500万光年離れた銀河の中心に、太陽数十億個分という超大質量ブラックホールがあります。史上初めて、その姿を見ることができます。「イベント・ホライズン・テレスコープ」チームのリーダーである宇宙物理学者シェパード・ドールマンが、TEDのクリス・アンダーソンを相手に、ブラックホールの初の画像と、その撮影のための壮大な世界規模の努力について語ります。シェパード・ドールマン による
 
記録的な数の蜜蜂が死んでいますが、生態学者のノア・ウィルソン=リッチの関心は別のところにあります。それは「蜜蜂が健康で、よく繁殖しているのはどこか?」ということです。答えを見つけるために彼は全米のアマチュア科学者を募り、家の庭や屋上に蜜蜂の巣箱を設置してもらいました。巣箱という小さなデータ工場から、蜜蜂の繁殖に必要な生育環境や、未来の食糧供給システムを安定的に維持する方法を学びましょう。ノア・ウィルソン=リッチ による
 
CRISPRといった遺伝子編集技術は、生命を最も基本的なレベルでプログラムすることを可能にします。しかし、これにより喫緊の課題が生じています。新たな種を一から作り出すことが可能なら、何を作るべきなのか?いま存在している人類を再設計すべきなのか?フアン・エンリケスはこの新たなフロンティアの、とてつもない不確実性と可能性を探りながら、遺伝子操作によって起こり得る未来を予測します。フアン・エンリケス による
 
性別が正確に機能する仕組みは?生物学者のカリッサ・サンボンマツは染色体のことだけではないと言います。洞察力に満ちた講演の中で、エピジェネティクス分野の新発見、外傷や食物などの社会的要因でDNA活性がどのように永久的に変わるか、新たな研究をお話しします。人生経験が遺伝子の表現を変える機序と、性別を理解する意味を学びましょう。カリッサ・サンボンマツ による
 
この愉快なトークとライブ実験で、科学者リー・ウェイタンは泡の秘密、すなわち泡が常に幾何学的に完全な形になろうとする性質や投薬への応用、そしてペンギンの水泳中に泡を放出する特徴を模倣することで船舶設計士がより効率的な船舶を製造していることについて話します。これらの数学的不思議について学び、日常に潜む魔法に触れましょう。リー・ウェイタン による
 
私たちの科学に対する認識(または誤認識)を形作るのは何でしょう?気象学者J・マーシャル・シェファードが、自分では知っているつもりのことに対し、「確証バイアス」「ダニング=クルーガー効果」「認知的不協和」がどう影響するかを説明し、それをもっと確かなもの—知識へと変える方法を示します。J・マーシャル・シェファード による
 
これまでの生物の細胞はすべて、DNAの基本単位である4つの遺伝子文字(ヌクレオチド)、A、T、C、Gを元にしてできています。しかし、現在はそうではありません。先見性のあるトークを通して、合成生物学者のフロイド・E・ロムズバーグが、6つの遺伝子文字(4つの遺伝子文字+2つの人工文字)で作られた最初の生物を紹介し、この大きな進歩が自然による設計図の基本的な理解にどのように挑むのかを探ります。フロイド・ロムズバーグ による
 
地球環境を破壊せずに堅牢な未来を築く方法を紹介するこのトークで、持続可能性の専門家、ヨハン・ロックストロームはEarth-3(地球3)モデルを初公開します。これは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)と、人類が生存できる範囲の限界を示した9つの地球の限界(プラネタリー・バウンダリー)を組み合わせた新たな手法です。地球の安定性と回復力を保ち、包括的で繁栄した世界の発展を実現するための、5つの革新的な政策について詳しく学びましょう。ヨハン・ロックストローム による
 
マラリアワクチンが開発されて1世紀以上が経つにもかかわらず、毎年何百万人もの命がこの病気の犠牲になっています。どうすればこの極めて重要なワクチンを改善できるのでしょうか? この有益なトークでは、免疫学者でありTEDフェローでもあるフェイス・オシアが、最先端技術と1世紀にわたり蓄えられてきた知をいかに組み合わせて、マラリアを根絶させる新しいワクチンを開発しようとしているか解説します。フェイス・オシア による
 
クモの毒は数分で心臓を停止させたり、想像を絶する痛みを与え得る一方で命を救う可能性もあると、動物学者であるミシェル・ドゥゴンは言います。タランチュラを腕の上で歩かせながら、ドゥゴンはクモの強力な毒が秘める薬効や、次世代の抗生物質を生み出す可能性について説明します。ミシェル・ドゥゴン による
 
キャサリン・モーアは、まだ若い科学者だった時、待ち望んでいたスキューバダイビングの旅に出ましたが、ある日、長いトゲのあるウニを手で押さえつけてしまいます。しかも頭上にはサメの群れが円を描いて泳いでいます。さて、この後どうなるのでしょう? 話は思いもよらない展開になります。ちょっとした科学とともに、この素晴らしいトークをじっくりお楽しみください。キャサリン・モーア による
 
なぜ私たちはプレッシャーのかかる状況に陥ると、実力を思う通りに発揮できないのでしょうか? 認知科学者で、バーナード大学の学長でもあるシオン・リア・バイロックがストレスに押しつぶされそうな状況で脳と身体に何が起きているのかを明らかにし、ここ一番で実力を発揮するために実践できる心理学に基づいた方法をお教えしいたします。シオン・リア・バイロック による
 
遺伝学者のスティーブ・マキャロルは人体にある全細胞の一大地図を作成したいと願っています。特定の遺伝子が、特に脳でどのような機能を果たしているかを詳細に理解するためです。この極めて興味深いトークでは以前なら絶対不可能だった規模での個々の細胞分析を可能にする技術「ドロップシーク」の発明を含んだ彼の研究チームの成果を皆様と共有します。そして、この研究がどのように統合失調症のような精神疾患の新たな治療法に繋がる可能性があるのかについても述べます。スティーブ ・マキャロル による
 
中国は世界最大の公害源であると同時に、今や世界最大のクリーンエネルギー生産国でもあります。中国は今後、どちらの道へ進み、それが地球環境にどんな影響を与えることになるのでしょう。世界最大の人口を抱えるこの国が、どう代替エネルギーに基づく未来を創造していくのか、急速な工業化がもたらした環境破壊にどう向き合っていくのか、データサイエンティストであるエンジェル・スーが解き明かします。エンジェル・スー による
 
銀河を発見し、自分の名前がついたらどんな気分になるしょうか?天体物理学者でTEDフェローのブーチン・ムトゥル・パクディルは、この短いトークで、彼女のチームによる神秘的で新しい型の銀河の驚くべき発見について教えてくれます。ブーチン・ムトゥル・パクディル による
 
宇宙は信じられないほど古く、驚くほど大きくて、何兆もの惑星が存在します。では宇宙人はどこにいるのでしょう?天文学者のスティーヴン・ウェッブの説明では、宇宙には我々しかいないというのです。この視野を広げるトークでは、地球の外で文明をもつ為に惑星が克服すべき大きな障壁について説明し、人類が宇宙で孤独であるかもしれないことの美点を語ります。ウェッブは言います。「宇宙の沈黙は叫んでいます、『我々は幸運な生き物だ』と。」スティーヴン・ウェッブ による
 
生物学者のダニエル・ギブソンはDNAを編集し、さらにはプログラマーがコンピューターのプログラムを書くようにDNAのプログラミングをしますが、ここでの「プログラム」は、生命を作り出し、デジタル化された情報からタンパク質やワクチンといった生物学的物質を作る力を科学者に与えるものです。彼が現在進めている次なるプロジェクトは「生物学的瞬間移動」で、これは新薬をインターネットに乗せて世界中に瞬間的に届けられるようにしようというものです。この技術によっていかに突発する疫病への対応が変わり、個人に合った処方薬を家庭でダウンロードできるようになるかを学びましょう。ダニエル・ギブソン による
 
ヒトの腸内には約百兆の細菌が住んでおり、感染を予防し、消化を助け、免疫系を調整してくれています。しかし、ヒトの体が現代社会に適応するとともに常在細菌の種類が減ってきており、同時に腸内細菌多様性の減少に関連する病気が先進国で急激に増加しています。計算微生物学者のダン・ナイツが、発展途上国の住民とアメリカ人のマイクロバイオームの違い、そしてそれが健康に及ぼしうる影響についての興味深い発見を紹介します。あなたの体内に広がる細菌の世界について、そして腸内細菌の多様性を取り戻し補充する技術を開発するためにどんな研究がされているのか、見ていきましょう。ダン・ナイツ による
 
2017年10月、天文学者なら誰でも待ち望んでいる連絡を受けたのは天体生物学者のカレン・J・ミーチでした。NASAが他所の恒星系からやってきた天体を特定したのです。この恒星間起源の彗星は、長さ400メートルほどでした。「オウムアムア」という斥候や使者を意味するハワイの言葉で呼ばれることになったこの天体をめぐり、興味深い疑問が生じました。これは太陽系が誕生した時の岩石の破片なのか、超新星爆発によって吹き飛んだ惑星の物質なのか、それとも宇宙人の技術の産物なのか、もっと違うものなのでしょうか。目の離せないこのトークで、ミーチは彼女の研究チームが、遠方からやって来た予期せぬ贈り物のなぞ解きに、限られた時間の中でどう取り組んだかを語ります。…
 
霊長類学者フランス・ドゥ・ヴァールが「アルファ雄」を奥深い視点から見ていきます。リーダー輩出方法における人間と霊長類の驚くべき類似点を指摘し、権力のメリットとデメリットについて解説します。自身の研究から、アルファ雄が持つ寛大さや共感力、さらに秩序を保つ力といった意外な能力について明かし、政治家たちの間に起こる権力闘争についても考察します。ヴァールに言わせれば、大きくて力が強く、周りを威嚇したり侮辱するような者が必ずしも「アルファ雄」であるというわけではないのです。フランス・ドゥ・ヴァール による
 
人類は猿から進化したか、魚から進化したか。この講演では、TEDフェロー、魚類学者のプロサンタ・チャクラバーティが進化論についての誤解を解き、私たちは進化の結末ではなく、40億年に渡る過程の一部に過ぎないと教えてくれます。チャクラバーティはこう言います。「我々が進化のゴールではありません。 生命という古代からの巨木の若葉であり、見えない枝で我々自身だけでなく絶滅した親戚や、祖先とも繋がっています。」プロサンタ・チャクラバーティ による
 
宇宙の冷たい闇を地球上のビルの冷却に利用できたらどうでしょうか?この刺激的なトークでは物理学者アースワス・ラマンが夜間の放射冷却、すなわち赤外線が地表から宇宙に逃げ、熱を奪う自然現象を利用するために開発中の技術を詳述します。放射冷却は冷却システムのエネルギーの消費量を劇的に削減できるかもしれません。このアプローチによって、私たちが宇宙のエネルギーを賢明に利用する未来にどう近づけるかを学びましょう。アースワス・ラマン による
 
死のシンボルである鳥が、犯罪者を捕えるために、生きている人間に手を貸してくれるでしょうか?この勉強になる分かりやすいトークで、法人類学者のローレン・ファーはコンドルが犯罪現場にどう影響を与え、殺人事件を捜査する刑事に役立つ情報を提供するかを語ります。(このトークには残酷シーンがあります。)ローレン・ファー による
 
研究調査員マイケル・ヘンドリックスは「山頂採掘」を研究しています。これはアパラチア地方で行われている、爆薬を使った石炭の露天掘りの一種で、思いがけない健康被害を伴います。データに裏付けられたこのトークで、ヘンドリックスは自分が関わった調査や、石炭産業から受けた妨害、そして科学者として真実を説くという道徳的義務について語ります。マイケル・ヘンドリックス による
 
「科学のように人類にとって極めて根源的かつ貴重なものをもてあそぶべきではありません」そう話すのは、カナダでは初めての科学大臣を務めるカースティ・ダンカン。科学の任務は限界を押し広げることだと、心から訴える感動的なトークで、研究者は都合の悪い事実であっても公表し、既存の見解に挑戦する自由を持つべきだと主張します。そして私たち全ての使命として、科学が外部からの干渉を受け、抑圧される様子を目撃したら、声を上げるべきだと言います。カースティ・ダンカン による
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login