×
Kids 公開
[search 0]
×
最高の Kids ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 2月 2020)
最高の Kids ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 2月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界の最先端の考察者や活動家たちによる想像力をかきたてられる刺激的で魅惑的な楽しいビデオです。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
福岡のRKBラジオが元気な子どもたちを元気にリポート!E-KIDSのEはEDUCATIONのE!毎週、エネルギー溢れる元気いっぱいの小学生、中学生をご紹介します。出演:林田スマ、加藤淳也(毎週月曜日更新)毎週日曜日九州北部地区で放送中!1278khz
 
Loading …
show series
 
誰もが意思決定や政治に参加すべきであり、それは家庭から始まるのだと、活動家のハジャ・シャリーフは言います。彼女はシンプルでありながら革新力のあるアイディアを紹介します。家庭内のことについて子供達に発言権を与えることで、親は子供達に政治の力について教えることができ、そのための場として率直な家族会議を開き、みんなが自分の意見を言い、交渉し、妥協できるようにするのです。「私達は人々に、政治的、国家的、国際的な問題は、個人的問題や家庭の問題と同じくらい各自に大きく関わるのだと教える必要があります」と彼女は言います。「政治に無関心だとか不参加でいて本当に大丈夫なのですか?」ハジャ・シャリーフ による
 
世界の出生率、女性1人あたりの子供の数は、この50年間で半分になりました。子供の数が減ることは人類の将来にどんな意味を持つのでしょう? この可笑しくも目を開かれる話で、ジャーナリストの (自称疲れ切った父親) ワジャハット・アリが、現在のトレンドがどんな予期せぬ問題を生むことになるのかを検証し、なぜ人々がもっと子供を持ちやすくする必要があるのかを語ります。「子供を持つことができ、持つという選択をする人は、どうかこの命という美しいものを伝えてください。優しさと包容力と思いやりと愛情をもって」ワジャハット・アリ による
 
作家でありポッドキャスターでもあるノラ・マキナニーは、悲しくも愉快なトークで、自らの辛い経験から学んだ生と死に関する知恵を話します。現実的に考えて、いつかは私たち全員に影響することとなるものに対する彼女の率直なアプローチは、心が張り裂けそうな気持ちにさせられると同時に解放的でもあります。非常に力強く、彼女は悲しみに対峙する方法を変えるように促します。 「悲しんでいる人も、またいつか笑ったり微笑んだりする時が来ます。前へ進む時が来るのです。でもそれは悲しみを忘れて次へ進んだということではないのです」と、彼女は言います。ノラ・マキナニー による
 
芸術家であるトニー・ルチアー二が新しいカメラを試していた時、91歳の母エリアが写真の背景にこっそりと映り込んでいました。こうして偶然生まれた写真がきっかけとなり、ルチアー二が認知症と共に生きる母の生活や精神を記録していくという、数年間に渡る共同制作活動が行われました。この感動的なトークの中で、高齢の親を介護する喜びや悲しみを捉えながら、ルチアーニが二人のお気に入りのショットの背景にある物語を語ります。トニー・ルチアー二 による
 
ポーラ・ストーン・ウィリアムズは若いときから自分がトランスジェンダーだと気づいていました。しかし親になり福音派の牧師となると、カミングアウトをすることで全てを失うのではないかと思うようになったのです。この感動的で非常に個人的なトークで、ポーラと息子のジョナサンはポーラの性転換が家族にどんな影響をもたらしたか、そして家族の救済への道を振り返ります。ジョナサンはこう言います。「父に、本当の自分以外の他の誰かになれと頼むことはできないのだ」と。ポーラ・ストーン・ウィリアムズ & ジョナサン・ウィリアムズ による
 
親が刑務所に収監されると、その犯罪の思わぬ被害者となるのが子供たちです。安定や支援がないせいで、その子たちが精神疾患や発達に問題を抱えるリスクが高まるのです。この心温まるトークで、自身も詐欺罪で服役した経験のあるアラン・クリックモアは、Storybook Dads(ストーリーブック・ダッズ) というチャリティが、読み聞かせというシンプルな方法で、いかに家族を結びつけているかを説明します。アラン・クリックモア による
 
赤ちゃんが生まれる時、お母さんも生まれます。しかし、自然な(そして時に不安定な)母への移行過程は羞恥心によって沈黙させられたり、産後うつと誤って診断されることがよくあります。この短く有益なトークでは、妊娠や出産にまつわる問題を専門とする精神科医のアレクサンドラ・サックスが、新しく母になることへの感情上の綱引きについてかみ砕いて説明し、その移行を説明するのに役立つかもしれない用語「マトレセンス」を紹介します。アレクサンドラ・サックス による
 
新鮮な視点を与えてくれるトークを通して、ソーシャルワーカーのジェシカ・プライスが、子供を里親に委託することを決めるに当たって人種や地域に関する情報が与える影響について語ります。そして、児童福祉施設が子供たちを家族から引き離す時に、偏見を持たずに評価できるよう支援する有望な解決策を提案します。プライスはこう呼びかけます。「家族を引き離すのではなく、家族の絆を強めるための制度を一緒に作り上げていきましょう」ジェシカ・プライス による
 
90パーセント以上のアメリカの子どもが1年に1回は必ず医者にかかり、親は待合室で時間を限りなく無駄にしています。その時間をお金の節約のような、生産的なことに使えるとしたら? 小児科医でTEDフェローのルーシー・マーシルが率いる団体 StreetCred は、通院の際に何ができるかを考え直し、まさにその待合室で納税申告の手続きを無料で支援し、多くの家族を貧困から救い出しています。無料の納税申告書類作成支援や助言がどうしてアメリカの貧困への最善の処方箋になり得るのか、詳しく聞いてみましょう。ルーシー・マーシル による
 
作家で芸術家のジェームズ・ブライドルが、インターネットの暗く奇妙な片隅に光を当てます。そこでは誰とも分からぬ人々がYouTubeを使い、子供の頭を弄んで広告収入を得ています。サプライズ・エッグ開け動画やフィンガー・ファミリーの歌から、人気のアニメキャラが暴力的な状況に置かれるアルゴリズム的に生成されたマッシュアップ動画まであって、幼い心を食い物にし、怯えさせています。それは勢いを増すデータ駆動の世界がどこへ向かっているのかを示しているでしょう。ブライドルは言います。「テクノロジーがあらゆる問題への解決法だと思うのはやめて、問題が実際どういうものか知るためのガイドと考える必要があります。そうすれば問題を適切に捉え、取り組み始めることができるでしょう」…
 
家のガレージで作業しながら、アヌシュカ・ナイクナーレは創傷の治療過程を観察できるセンサーを作り上げ、グーグルサイエンスフェアの最年少優勝者(当時13歳)となりました。彼女の独創的な発明は、世界的に問題になっている慢性創傷の解決を目指しています。慢性創傷とは糖尿病などの持病よって傷が正常に治らなくなることで、毎年世界で何億ドルもの医療費が失われています。このトークを聞いて、彼女が発明した「スマート創傷被覆材」 がどのように機能するのかを知り、彼女が自分の物語を広めて他の人々に影響を与える姿をご覧ください。アヌシュカ・ナイクナーレ による
 
僻地に住む子供たちは医者にかかるのに苦難を伴うことがあります。ましてや、高額で検査が複雑な聴覚訓練士を訪ねることは更に少なくなります。その結果、耳内感染やその他の治療・予防が可能な原因から、あまりに多くの子供たちが聴力を失っています。そのため、耳科医師でありTEDフェローでもあるスーザン・エメットはアラスカ州の15の僻地コミュニティーで活動し、携帯電話しか必要としない簡単で低費用の検査法を考え出しました。彼女の活動と、それが聴覚医療を受けられない子供たちの生活をどの様に改善しうるかを学んでください。スーザン・エメット による
 
桜や虹やシャボン玉や動眼—ある種のものが普遍的な喜びを生み出すように見えるのは、なぜなのでしょう? この心を捉える講演で、イングリッド・フェテル・リーは驚くほど実際的な喜びの起原を明らかにし、どうすれば身の回りにもっと多くの喜びを見つけ、作り出せるのかを示します。イングリッド・フェテル・リー による
 
LB・ハナーズが、ジェンダークィア(女性とも男性ともふるまわない人)としての育児経験を語り、自分らしさや、それを支持することについて何を学べるのかにつなげます。「私にとって 自分自身であるとは『快適』という意味ではありません。日常的な不快感を管理し乗り切る」ことなのです」LB・ハナーズ による
 
かつて美術大学の教授がデボラ・ウィリスにこう言いました。女性である彼女が善良な男性の場所を奪ったのだと。ところが有名な写真家となったデボラは、自分が一人の善良な男性、息子のハンク・ウィリス・トーマスに場所を与えたのだと言います。この感動的なトークを通して、母と息子のアーティスト二人が、お互いから吸収しながら作品づくりをし、彼らの作品が黒人の生活や喜びに対する社会通念に挑戦し続け、そして何よりも愛がすべてに勝るということを伝えます。デボラ・ウィリス、ハンク・ウィリス・トーマス による
 
壮麗なカンムリホロホロチョウ、不貞なアフリカレンカクや、30分でシマウマの死肉を平らげてしまうハゲワシ — ワシントン・ワチラは、私たちと地球で共存する素晴らしい鳥類のことを、もっとみんなに理解してほしいと思っています。あなたがまだ地球の「羽作り屋」のファンでなくても — 或いは鳥類が生き延びる為の保護に関心を持っていなくても — この楽しいトークを聞けばすぐにそうなることは間違いありません。ワシントン・ワチラ による
 
私達は1日に50回もスマホをチェックするのに、子供達がそれで遊ぶ時には神経質になってしまいます。スクリーンが児童期を台無しにしているのでしょうか?子供のメディア専門家であるサラ・デウィットはそうではないと言います。このトークを聞けば、夕食の支度をする間子供にタブレットを渡す時の罪悪感が少し減るかもしれません。デウィットは、デバイスを使う子供達を私達大人がワクワクしながら眺める未来を思い描きます。また、新たなテクノロジーによって子供達が成長し、繋がり合い、学ぶことができる様子を私達に見せてくれます。サラ・デウィット による
 
マイケル・ビェルートは公立学校の図書室のロゴを作って欲しいと頼まれた時、数年にわたる情熱的なプロジェクトの幕開けだとは思っていませんでした。笑いを交えたこのトークでは、学校の司書が次世代の読書家や思想家を育てる魔法の空間である図書室に、活気や学び、アートやグラフィックをもたらそうと、一心に探究していた日々をビェルートが振り返ります。マイケル・ビェルート による
 
ティーンエイジの若者は睡眠が足りませんが、原因はスナップチャットや社会生活やホルモンではなく、社会政策が間違っているからだと、ウェンディ・トロクセルは言います。眠りの研究者で、睡眠医学の臨床医であり、ティーンエイジャーの母親でもある自分の経験を基に、トロクセルは、学校の早すぎる始業時間のせいで、生涯で一番眠りが必要な時期に、いかに若者が睡眠時間を奪われてしまっているかについて、議論しています。ウェンディ・トロクセル による
 
アメリカの低所得層の子どもたちは、その学年で学んだことの約3ヶ月分を学年が終わったあとの夏休みの間に忘れてしまいます。教育起業家でTEDフェローのカリーム・アブルナガは、この「学習喪失」を逆転させ、「落ち込みの夏」を「明るい未来に進むチャンス」に変えようとしています。カリーム・アブルナガ による
 
梱包用の詰め物から使い捨てのコーヒーカップまで、アメリカだけで毎年900万トンの発泡スチロールが生産されており、それは全く再利用されません。この資源の無駄と溢れかえったごみ処理施設の現状に衝撃を受け、アシュトン・コーファーは科学フェアのチームメートと共に、使用済みの発泡スチロールに熱処理を施して他の役立つ物質を造り出しました。FIRST LEGOリーグの世界イノベーション賞とGoogle科学フェアのアメリカ科学イノベーター賞を受賞した彼らのオリジナルデザインを見てみましょう。アシュトン・コーファー による
 
短い一生を終える若い命を尊重し祝福するために、キャシー・ハルは米国で最初の独立型小児緩和ケア施設「ジョージ・マーク・チルドレンズ・ハウス」を設立しました。その使命は、末期症状の子供たちとその家族にお別れのための平和な場所を提供することです。彼女は知恵、喜び、想像力と心痛む喪失に満ちた物語を共有します。キャシー・ハル による
 
戦争で家を破壊された家族は、どうやって子供たちの安全を確保し、安心感を再び与えられるのでしょう?心が温まるようなこのトークでは、心理学者のアーラ・エル=カーニが自身の研究を紹介し、シリアの内戦で影響を受けた難民の家族に対する支援活動や、彼らから学んだことを教えてくれます。エル=カーニは、「温かくて揺るぎない愛情を必要とする子供たちに寄り添えるよう、親たちを支援するにはどうしたらいいでしょう?」と問いかけます。アーラ・エル=カーニ による
 
ディーピカ・クルップは、14歳の時にインドにある祖父母の家の近くで、子ども達が汚くて触れる事すらできないような水を飲んでいたのを見て以来ずっと、世界的なウォーター・クライシス(水の危機)を解決しようと心に決めています。彼女の研究は家の台所から始まり、最終的には大きな科学賞を獲得するに至りました。この10代の科学者が、コストもかからず環境にも優しい浄水システムをどうやって開発したのか、聞いてみましょう。ディーピカ・クルップ による
 
ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に可能性の扉を開くことができると気づいたのです。ジャ・ジャン による
 
都市計画の専門家であるライアン・グラベルは、生まれ故郷ジョージア州アトランタ市と市民が一体となって、巨大な都市公園を建設し始めた話を紹介します。計画では、見捨てられた鉄道跡を利用してアトランタ・ベルトラインと呼ばれる35キロにも及ぶ都市の緑地帯を造ります。我々の住む場所の問題は避けようもない訳ではありません ―ただそれを変えようとするなら、声を上げることが必要なのです。ライアン・グラベル による
 
TEDレジデントのフォーン・チョウは、生徒たちが工学技術に触れられるよう、身の回りにある紙や布を使った、費用のかからない、面白い課題を考案しています。この短く、鋭いトークで、チョウ自身が実施しているような、従来の枠にとらわれない斬新なワークショップをもってすれば、生徒たちのテクノロジーに対する先入観を取り払い、テクノロジーの創造に関心を持たせられるとチョウは語ります。フォーン・チョウ による
 
過度な期待をかけまくり、子どものやることなすことを細かく管理する親は、子どもの助けになっていません。少なくともジュリー・リスコット=ヘイムスにはそう見えています。かつてスタンフォード大学で新入生担当学生部長を務めた彼女が、情熱とひねりの利いたユーモアをこめて主張します。親は子どもの成功を成績やテストの点数で決めるのをやめ、昔ながらの考えに立ち返って「無償の愛」を与えることに集中すべきなのです。ジュリー・リスコット=ヘイムス による
 
皆さんは「自然」をどのように定義しますか?もし自然を人間に触れられたことのないものとしたなら、自然はなくなってしまうと環境作家エマ・マリスは言います。マリスが検討を促すのは新たな自然の定義、すなわち手つかずの原野だけでなく、都会に育つ手入れされていない草地を含めるという定義です。そして私たちにこう勧めます。子どもを外に連れ出して、そんな自然に触れ、触って遊べるようにしよう、そうすればいつか子どもたちは自然を愛し、保護するようになるかもしれないのだからと。エマ・マリス による
 
子どもは嘘が下手でしょうか?子どもの嘘はカンタンに見抜けると思いますか?発達を研究するカン・リーは、嘘をついている子どもに、生理学的に何が起こるかを研究しています。子どもはたくさんの嘘をつきます。わずか2歳に始まって、実は子どもは本当に嘘が上手です。リーは、子どもが嘘をつき始めたら祝うべき理由を説明し、いつの日か私たちの隠れた感情を浮き彫りにするかもしれない、新たな嘘発見技術を披露します。カン・リー による
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login