show episodes
 
TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、世界の最先端の考察者や活動家たちによる想像力をかきたてられる刺激的で魅惑的な楽しいビデオです。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
Loading …
show series
 
シリーズ63 第7回「live to do something」と「one’s own flesh and blood」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
シリーズ63 第4回「a red flag」と「one's eyes are bigger than one's stomach」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
シリーズ63 第1回「a run on something」と「eighty-six something or someone」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
シリーズ62 第12回「from rags to riches」と「count one’s chickens before they hatch」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
シリーズ62 第8回「hold someone/something up」と「learn one's lesson」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
婚姻関係がどうすればうまく行くかを考えるには、なぜそれが終わってしまう事があるのかを話し合う必要があると、家族法教授のジーニー・スーク・ガーセンは語ります。彼女の示す3つの方法に従って、離婚というレンズを通して、婚姻にまつわる選択肢について考える事で、最初からより円満な関係を築けるようになるでしょう。ジーニー・スーク・ガーセン による
 
シリーズ62 第5回「rough around the edges」と「dig something/someone」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
シリーズ62 第2回「hold one's cards close to one's chest」と「at stake」知ってる単語を使ってネイティブが使う慣用句の表現を身につけましょう!ECC による
 
物語は自分の人生を理解する助けになるものですが、その物語が不完全だったり、誤解を招くものだったりすると、物事を分かりやすくするどころか身動きできなくしてしまいかねません。この実践的な講演を通して心理セラピストでコラムニストのロリ・ゴットリーブが教えるのは、人は自分に言い聞かせている物語からどうやって自由になれるかということで、そのためには自分の物語の編集者になって別の視点から語ることが鍵になります。ロリ・ゴットリーブ による
 
社会起業家のジュリー・コードゥアはネット上の児童性的虐待の画像や動画という口にしがたい問題に取り組んでいます。彼女はThornで、テクノロジー企業と警察と政府を繋ぐ技術を開発しています。それによって虐待画像等の拡散を迅速に止め、児童をより早く救出できます。この拡張性ある解決策によって、現在の世界で日常的に児童虐待を行っているコニュニティをいにか打ち砕けるかを学んでください。(この大いなる計画は、世界を変えるために刺激を与え投資をするTEDのイニシアチブであるAudacious Projectの一部です)ジュリー・コードゥア による
 
「10代の子たちが最も好んで視聴する無料でメジャーなオンラインポルノは、全くひどいタイプの性教育になっている」と公衆衛生学研究者のエミリー・F・ロスマンは言います。デートDVと性的暴力をなくすという使命に端を発して、10代の子たちに向けたポルノリテラシープログラムを作った経緯を語ります。このプルグラムは、同意と相手への敬意を学ぶことを支援し、性的に露骨な表現をするメディアについて批判的に考えることを促すものです。エミリー・F・ロスマン による
 
心理学者のサラ・ヴァレンシア・ボットは、幼児期の発達に関する研究を基に、子供がいつ(そして、どのように)他者の前で行動を変えるようになるのかについて探ります。そして、日々のやり取りの中で私たちが伝える価値観がどんな意味をもつのかについても解説します。(コソコソした幼児たちの可愛い映像にご注目ください。)サラ・ボット による
 
誰もが意思決定や政治に参加すべきであり、それは家庭から始まるのだと、活動家のハジャ・シャリーフは言います。彼女はシンプルでありながら革新力のあるアイディアを紹介します。家庭内のことについて子供達に発言権を与えることで、親は子供達に政治の力について教えることができ、そのための場として率直な家族会議を開き、みんなが自分の意見を言い、交渉し、妥協できるようにするのです。「私達は人々に、政治的、国家的、国際的な問題は、個人的問題や家庭の問題と同じくらい各自に大きく関わるのだと教える必要があります」と彼女は言います。「政治に無関心だとか不参加でいて本当に大丈夫なのですか?」ハジャ・シャリーフ による
 
世界の出生率、女性1人あたりの子供の数は、この50年間で半分になりました。子供の数が減ることは人類の将来にどんな意味を持つのでしょう? この可笑しくも目を開かれる話で、ジャーナリストの (自称疲れ切った父親) ワジャハット・アリが、現在のトレンドがどんな予期せぬ問題を生むことになるのかを検証し、なぜ人々がもっと子供を持ちやすくする必要があるのかを語ります。「子供を持つことができ、持つという選択をする人は、どうかこの命という美しいものを伝えてください。優しさと包容力と思いやりと愛情をもって」ワジャハット・アリ による
 
ティーンエイジャーの若者は、なぜ馬鹿げた危険を冒すのでしょうか?突然無謀になるのか、それとも成長の過程に過ぎないでしょうか?この調査を行うため、インテル国際学生科学技術フェアの最優秀賞受賞者(現ハーバード大学1年)のカシュフィア・ラフマンは実験を計画して実施しました。高校生がどのようにリスクに反応し、それに慣れてしまうのか、そしてそのことが発達中の彼らの脳にどのように影響するのか?ラフマンのリスクと意思決定に関する発見により、若者がなぜそういう行動をとるのかという私達の思い込みが変わるかもしれません。カシュフィア・ラフマン による
 
作家でありポッドキャスターでもあるノラ・マキナニーは、悲しくも愉快なトークで、自らの辛い経験から学んだ生と死に関する知恵を話します。現実的に考えて、いつかは私たち全員に影響することとなるものに対する彼女の率直なアプローチは、心が張り裂けそうな気持ちにさせられると同時に解放的でもあります。非常に力強く、彼女は悲しみに対峙する方法を変えるように促します。 「悲しんでいる人も、またいつか笑ったり微笑んだりする時が来ます。前へ進む時が来るのです。でもそれは悲しみを忘れて次へ進んだということではないのです」と、彼女は言います。ノラ・マキナニー による
 
神経科学者としてだけでなく小児科医としても活躍するキンバリー・ノーブルは、世帯所得が子供の認知面や情緒面、および脳の発達に及ぼす影響を調査する初めての無作為化研究である Baby's First Years プロジェクトのリーダーです。その目標は、家庭にお金をより多く提供することによって貧困環境の子供たちの健全な発達を支援できるかどうかを確認することです。ノーブル曰く「脳そのものが運命を決定づけるのではありません。子供の脳を変えることができれば、あらゆる可能性が開かれるはずです」。キンバリー・ノーブル による
 
全国規模の国民運動を築き上げるには何が必要なのでしょうか?TEDWomenのキュレーター、パット・ミッチェルを相手に、マリアン・ライト・エデルマンは1973年に児童保護基金を立ち上げるまでに歩んできた道のりを振り返ります。人種隔離されたアメリカ南部で育った幼少期の影響から、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士と共に行った活動まで。彼女は年を重ねるごとに、ますます大胆になっていると語ります。マリアン・ライト・エデルマン による
 
芸術家であるトニー・ルチアー二が新しいカメラを試していた時、91歳の母エリアが写真の背景にこっそりと映り込んでいました。こうして偶然生まれた写真がきっかけとなり、ルチアー二が認知症と共に生きる母の生活や精神を記録していくという、数年間に渡る共同制作活動が行われました。この感動的なトークの中で、高齢の親を介護する喜びや悲しみを捉えながら、ルチアーニが二人のお気に入りのショットの背景にある物語を語ります。トニー・ルチアー二 による
 
ポーラ・ストーン・ウィリアムズは若いときから自分がトランスジェンダーだと気づいていました。しかし親になり福音派の牧師となると、カミングアウトをすることで全てを失うのではないかと思うようになったのです。この感動的で非常に個人的なトークで、ポーラと息子のジョナサンはポーラの性転換が家族にどんな影響をもたらしたか、そして家族の救済への道を振り返ります。ジョナサンはこう言います。「父に、本当の自分以外の他の誰かになれと頼むことはできないのだ」と。ポーラ・ストーン・ウィリアムズ & ジョナサン・ウィリアムズ による
 
親が刑務所に収監されると、その犯罪の思わぬ被害者となるのが子供たちです。安定や支援がないせいで、その子たちが精神疾患や発達に問題を抱えるリスクが高まるのです。この心温まるトークで、自身も詐欺罪で服役した経験のあるアラン・クリックモアは、Storybook Dads(ストーリーブック・ダッズ) というチャリティが、読み聞かせというシンプルな方法で、いかに家族を結びつけているかを説明します。アラン・クリックモア による
 
大人は子供を「将来の市民」と考える傾向があります。彼らのアイデアや意見はいつの日か重要になるだろうが、今ではないと。 しかし子供たちは人口の4分の1を占めるのだし、彼らが引き継ぐ世界について意見を言えるべきではないでしょうか? 都市計画者のマーラ・ミンツァー氏が、彼女のチームが子供たちにコロラド州ボルダーの公園の設計を手伝ってもらったときことと、それが構築環境を作る上での重要な盲点をいかに明らかにしたかを語ります。 「計画に子供を含めていないなら、他の誰を除外していることでしょう?」と彼女は問います。マーラ・ミンツァー による
 
赤ちゃんが生まれる時、お母さんも生まれます。しかし、自然な(そして時に不安定な)母への移行過程は羞恥心によって沈黙させられたり、産後うつと誤って診断されることがよくあります。この短く有益なトークでは、妊娠や出産にまつわる問題を専門とする精神科医のアレクサンドラ・サックスが、新しく母になることへの感情上の綱引きについてかみ砕いて説明し、その移行を説明するのに役立つかもしれない用語「マトレセンス」を紹介します。アレクサンドラ・サックス による
 
新鮮な視点を与えてくれるトークを通して、ソーシャルワーカーのジェシカ・プライスが、子供を里親に委託することを決めるに当たって人種や地域に関する情報が与える影響について語ります。そして、児童福祉施設が子供たちを家族から引き離す時に、偏見を持たずに評価できるよう支援する有望な解決策を提案します。プライスはこう呼びかけます。「家族を引き離すのではなく、家族の絆を強めるための制度を一緒に作り上げていきましょう」ジェシカ・プライス による
 
幼少時代、戦禍に引き裂かれた南スーダンから逃れたメアリー・メイカーはケニアのカクマ難民キャンプの学校で安堵と希望を見出したのでした。今や難民の若者たちの教師となったメアリーは、教育が人生再建の不可欠な道具だと見なしており、授業に参加させてもらえないことがあまりに多い少女たちを激励しています。「戦禍に育った子らは、教育によってこそ、喪失の涙を平和への情熱へと変えることができるのです」とメアリーは語ります。メアリー・メイカー による
 
90パーセント以上のアメリカの子どもが1年に1回は必ず医者にかかり、親は待合室で時間を限りなく無駄にしています。その時間をお金の節約のような、生産的なことに使えるとしたら? 小児科医でTEDフェローのルーシー・マーシルが率いる団体 StreetCred は、通院の際に何ができるかを考え直し、まさにその待合室で納税申告の手続きを無料で支援し、多くの家族を貧困から救い出しています。無料の納税申告書類作成支援や助言がどうしてアメリカの貧困への最善の処方箋になり得るのか、詳しく聞いてみましょう。ルーシー・マーシル による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login