×
International 公開
[search 0]
×
最高の International ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 2月 2020)
最高の International ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 2月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
ニューホープインターナショナル教会(日本語)バルーン・ラオ牧師By Ps. Varun Laohaprasitメッセージを聞くには、各メッセージのタイトルをクリックしてください。ダウンロードまたは定期購読するにはiTunesをインストールする必要があります。説明あなたの人生を変える油注がれたラオ牧師の日本語(逐次通訳)メッセージです!定期的に更新していますので、お聞き逃さないように購読の登録をすることをお薦めします。ラオ牧師はニューホープインターナショナル教会の主任牧師です。ダー牧師夫人とともにタイ、バンコクの出身です。ラオ牧師は、バンコクのチュラロンコン大学医学部を首席で卒業。その後、脳外科医として勤めると同時に3年間タイ東部の教会で牧会を行います。そして、1985年にワシントン大学の医学部で学ぶために米国に渡り、同医学部で主任研修医となります。その頃、同時進行で神の召しと励ましを受け、シアトルで数人の新しいクリスチャンと共に教会を始めることになります。新しい外国の地で脳外科医としてキャリアをスタートさせる中、ラオ牧師は、教会のためにシアトル北部にある自宅の地下室を開放し、信 ...
 
Loading …
show series
 
大切な人と、大切な時間を心地よく、自分らしく過ごすこと。レクサスが考える“CRAFTED”なライフスタイルを体現した期間限定の体験型マルシェ「LEXUS SUV CRAFTED MARCHE」が開催された。
 
鹿やイノシシ、熊といった希少な野生鳥獣の皮を“ジビエ革”と名付け、サステイナブルでエシカルなレザーアイテムを生み出している「Six coup de foudre(シス クー・ド・フードル)」。国内だけでなくパリなど海外のセレクトショップでも取り扱われ、コアなファンを獲得している注目のブランドだ。ジビエ革に着目した理由や、ものづくりへのこだわり、今後の展望などを代表の高見澤篤氏に聞いた。
 
アーティストに直接支援を送ることで自由な創作をサポートしたり、作品から受けた感動を共有できる話題のアプリ「ArtSticker」。アプリに搭載されたART MAP機能は、LEXUSがスポンサードしている。「ArtSticker」が作り出す新たなアート体験について、アプリを開発したThe Chain MuseumのCEOである遠山正道氏に聞いた。
 
地域の文化や食材にスポットを当て、その土地の魅力を再発見する「DINING OUT with LEXUS」に対して、伝統工芸にフォーカスをあてる「DESIGNING OUT」。3年ぶりに満を持して再始動したプロジェクトに挑むのは建築家、隈研吾氏。1000年以上の歴史を誇る「輪島塗」を題材にして仕上がったのは、“過程”を表現する、常識を覆した新たな輪島塗のかたちだった。
 
簡単に水上を移動できる新感覚アクティビティーとして、近年人気が高まっているスポーツ「SUP(サップ)」。2000年代にアメリカを中心に広がってきたスポーツがいま日本でも話題を集め、プロスポーツの分野でも注目され始めている。
 
機能性とデザイン性を高度なレベルで両立させたドライビングシューズで、世界のカーガイたちから一目を置かれている「トッズ」。イタリアならではのクラフトマンシップに、革新性をハイブリッドさせた新カテゴリーシューズ「シューカー」とはどのようなものなのか? その秘密に迫る。
 
今、欧州をはじめとする世界各国で、電動アシスト自転車へのニーズが生活密着型からスポーツ型「e-bike」へと広がりつつある。認知が高まるにつれ、そのスタイルはシティライドからスポーツアクティビティへと広がっているようだ。
 
日清食品初の“完全栄養食”となる「All-in PASTA」が、2019年3月の発売以来、好評を博している。「チキンラーメン」に代表される即席麺を、現代の日本人が求める形にアップデートしたものだ。栄養価だけでなくおいしさにもこだわったという同商品の、誕生の秘密に迫る。
 
世界的建築設計事務所OMA(Office for Metropolitan Architecture)のパートナーであり、ニューヨーク事務所の代表を務める重松象平氏。アメリカを拠点としてグローバルに活動する重松氏は、次世代を担う全世界のクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」のメンターという顔をももつ。今回は、その重松氏に建築への想いや、LEXUS DESIGN AWARD が若手クリエイターのキャリアに与える意義について聞いた。
 
魅力的な被写体との出合いを求め、世界中を飛び回り続けている写真家、在本彌生。彼女が印象深い出合いを自らの作品と文章で綴る連載。今回は、イギリスの大英博物館に作品が所蔵されるなど、世界的に活躍するセラミックアーティスト、細野仁美氏に会うべくロンドンに赴いた。
 
地上波放送の機会が減少している日本のプロ野球だが、観客動員数は年々増え続けている。特に目覚ましい伸び率を示しているのが横浜DeNAベイスターズだ。同球団でデータ分析によるマーケティング施策を担う経営・IT戦略部の林 裕幸部長にその秘密を聞いた。
 
東京・銀座の歴史的建造物「鈴木ビル」に居を構える「森岡書店」。“1冊の本を売る本屋”というコンセプトは、海外メディアからも注目を集めている。店主の森岡督行氏に話を聞き、その秘密に迫った。
 
ファッション好きにとって、自分の美意識に合ったスーツやジャケットを誂えるのは、究極の楽しみといえるだろう。そもそも服は、社会に対し自らを表現するうえで重要なアイテムだからだ。車がライフスタイルアイテムとして捉えられるようになった昨今、車にも同様のことを求める人が多いのではないか。そこで今回は、広告や雑誌で活躍し、車好きでもあるファッションディレクターの森岡弘氏に、自らの感性や価値観に合った1台を仕上げることの魅力について語ってもらった。
 
スニーカーに革靴の要素を取り入れたユニークなカスタマイズがSNSで話題となり、国内外から注文が殺到する東京・青山のスニーカー・カスタム・ショップ「RECOUTURE(リクチュール)」。オリジナルのフォルムはそのままに、パーツの素材を変えるというカスタマイズの手法はいかにして生まれたのか。人気の理由に迫る。
 
日本を代表するセレクトショップ「BEAMS」において長年バイイングに携わり、現在はドレス部門の統括ディレクターとして活躍する吉田周平氏。本物を知り尽くした氏の愛用品とは、どのようなアイテムなのだろうか? その理由から、モノ選びのヒントをひも解く。
 
富士スピードウェイをはじめとする世界有数のサーキットで走りを鍛え上げられ、サーキット走行から日常でのドライブまでシームレスにこなす性能を備えた、レクサスのハイパフォーマンスモデル F 。同シリーズの最新モデル、新型レクサス「RC F」を、モータージャーナリストの島下泰久氏が富士スピードウェイで試乗。その真価に迫った。
 
「LEXUS DESIGN AWARD」の初代受賞者であるデザイン・エンジニアの吉本英樹氏。その受賞作品である「INAHO」が2018年にレクサスから販売されるようになっただけでなく、世界の名だたるブランドとコラボレーションするなど活動の地平を広げている。INAHOを作るきっかけとなったLEXUS DESIGN AWARDへの想いなど、世界を舞台に活躍する吉本氏に話を聞いた。
 
滋賀県大津市内の商店街に点在する町家をリノベーションしたホテル「商店街ホテル 講 大津百町」。宿泊することで町を活性化させる、ステイファンディングというこれまでにない試みに取り組んでいる。その仕組みや根底にある想いに迫った。
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login