show episodes
 
「お便りありがとう」は、リスナーからいただいたお便りや受信レポートを紹介したり、リスナーの方々のご質問に答えたりする、リスナーとのコミュニケーションの場です。リクエスト曲も紹介していますので、日本語番組で紹介された曲の中でもう一度聴きたい曲など、ぜひリクエストしてみてください。皆様からのお便りとリクエスト曲をお待ちしております。
 
台湾と日本の人的往来は今年(2014年)延べ400万人突破が期待されるなど、年々拡大しています。「宝島再発見」では、台湾の最新の観光情報をご紹介しています。台湾旅行のご予定がおありの方は、出発前にぜひチェックしてみて下さい。面白いイベントや出来たばかりの観光スポットなどの最新情報を入手できるかもしれません。
 
前半は「台湾通信」と題して、その週の最新の政治や社会の動きをまとめてお伝えしています。 後半は台湾に関する様々な分野の話題を録音やインタビューを交えてお伝えしています。ただし、毎月第二日曜日は「玉山クイズ」です。台湾に関するクイズを一問出題してリスナーの皆さんにお答えいただく番組です。正解者の中から抽選で20名を選んで台湾ならではのプレゼントをお送りいたします。
 
Loading …
show series
 
今ドイツのベルリン在住の日本の著名な現代美術家、塩田千春さんの個展、「塩田千春展:魂がふるえる」が5月1日から8月29日にかけて台北市立美術館で開催されています。塩田千春さんは、2019年6月、25年間の活動を振り返る大規模個展、「塩田千春展:魂がふるえる」を東京の森美術館で初めて開催し、延べ60万人以上をひきつけました。台北市立美術館は、4月30日にこの個展のプロモーション記者会見を開きました。
 
4月9日に行われた大甲媽祖巡礼実況中継に関するご感想、および4月13日に供用を開始した台湾国際放送の運営母体、中央放送局(RTI)ミャンマー語番組のフェイスブックのご紹介。
 
9日8泊に及ぶ台湾最大規模の宗教行事の一つである、「大甲媽祖巡礼」が9日午後11時5分に出発しました。これは、台湾中部・台中市大甲区にある著名な媽祖廟大甲「鎮瀾宮」が主催したものです。道教の女神である媽祖の神像を神輿に乗せて台中市から出発し、彰化県、雲林県、嘉義県を練り歩く宗教イベントです。往復の距離は340キロメートルにも上っています。毎年約百万人を引きつけています。
 
アメリカのディスカバリーチャンネルに世界三大宗教イベントの一つとして取り上げられた「大甲媽祖巡礼」が9日午後11時5分に出発します。これは、台湾中部・台中市大甲区にある著名な媽祖廟大甲「鎮瀾宮」が主催したものです。道教の女神である媽祖の神像を神輿に乗せて台中市から出発し、彰化県、雲林県、嘉義県を練り歩く宗教イベントです。往復の距離は340キロメートルにも及びます。毎年約百万人を引きつけています。
 
リスナーの皆様、こんばんは、宝島再発見の時間です。台湾東部の花蓮で2日、台湾の鉄道史上最悪の列車事故が発生しました。3日午後6時時点では、51人が尊い命を失いました。台湾国際放送は2日、公式ウェブサイトとフェイスブックページを通じて最新情報をどんどんお伝えしていましたが、短波放送とインターネット放送は、時間枠の制限があって、最新情報をお伝えすることは出来ませんでした。誠に申し訳ございません。
 
台湾北部・新北市樹林発、台湾南東部・台東行きの台湾の在来線・台湾鉄道(略称:台鉄)の特急列車、太魯閣号(タロコ号、列車番号408)は2日午前9時28分、花蓮で脱線事故が発生しました。2日午後7時半時点では、死者が51人、負傷者が150人以上出ています。
 
台湾国際放送の運営母体である、中央放送局の局舎の隣には、立派な中国宮殿式の建物があります。それは、台北市のランドマークである、「圓山大飯店(ザ・グランド・ホテル)」です。蒋介石・元総統の時代、このグランドホテルは、海外の貴賓を招待するホテルとして知られ、市民には公開されていませんでした。
 
日本の関西地方における私どものリスナーズクラブ・大阪の玉山会主催の新年会、オンラインミーティングが去る3月13日に行われました。新年会を開催してくださった玉山会の松本章会長、当日進行役を務めた今井薫副会長、オンラインミーティングに出席した植村昭男副会長、大岩清美副会長、加藤隆副会長ら幹部の方々、そして休日にもかかわらず、当日のオンラインミーティングに参加してくださったリスナーの方々に深く御礼申し上げます。ありがとうございます。
 
先週、台湾に近い日本のメディアをはじめ、イギリスの公共放送「英国放送協会(BBC)」、イギリスの大手新聞社「ガーディアン」と「デイリー・テレグラフ」、アメリカの著名なニュースチャンネル「CNN」や「ニューズウィーク」など、複数の大手メディアが相次いで台湾のあるニュースを取り上げています。
 
台湾国際放送の運営母体である、中央放送局では、台湾時間来る4月1日(木曜日)9時30分から16時まで(日本時間10時30分から17時まで)給電設備の点検を行います。給電設備の点検に伴う停電のため、以下の番組の放送を一時停止いたします。
 
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が24日に、新型コロナウイルスのパンデミックは、今年1月中旬にピークを迎えたあと、次第に沈静化している。過去一週間の新規感染者数がピーク時の50%に、死者もピーク時の60%に減っている。台湾に対する脅威が大幅に減少したことから、水際対策と関係のある「秋冬版防疫対策」の禁止令を三項目解除すると発表しました。
 
1月30日から3月14日まで開催されている、台湾中部・南投県日月潭(サンムーンレイク)の桜フェスティバルは、今見頃を迎えています。日月潭の桜フェスティバルの主な桜名所の一つである、「九族文化村(Formosan Aboriginal Culture Village、南投県魚池郷)」に植えられている5000本の桜が、今年一斉に開花していることから、注目を集めています。台湾のメディアは、「桜花大爆発(桜の花大量発生)」という言葉を使って過去10年にない盛況ぶりを報道しています。
 
2月13日は旧正月二日目、お嫁にいった女性が夫と子どもに伴われて実家に戻り、実家の父母に新年の挨拶をする日です。台湾では「回娘家」といいます。「娘家」は、「娘の家」ではなく、「妻の実家」のことです。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login