Artwork

コンテンツは 『WIRED』日本版 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、『WIRED』日本版 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

AI検索「Perplexity」のバックボーンと、たしなみとしてのプロンプトエンジニアリング:『WIRED』日本版 ポッドキャスト

37:28
 
シェア
 

Manage episode 412197600 series 2524088
コンテンツは 『WIRED』日本版 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、『WIRED』日本版 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

今回取り上げるのは、Perplexityを創業したアラヴィンド・スリニヴァスへのインタビュー。AIを取り入れた“回答する”検索エンジンの会社を起業し、業界の大物たちから注目を浴びる彼は、インド出身であるグーグルCEOのスンダー・ピチャイと同じ町で育ち、ピチャイに憧れていたという。ゲストはデジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長の橋本大也。トークテーマは、新著『頭がいい人のChatGPT&Copilotの使い方』、生成AIとの向き合い方、データとジャーナリズムなど。

◼︎ ︎️️ゲスト
橋本大也|DAIYA HASHIMOTO
デジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長。多摩大学大学院客員教授。早稲田情報技術研究所取締役。ビッグデータと人工知能の技術ベンチャー企業データセクションの創業者。同社を上場させた後、顧問に就任し、教育とITの領域でイノベーションを追求している。デジタルハリウッド大学大学院では「テクノロジー特論 Bデータ」、多摩大学経営大学院で「先端テクノロジー・マーケティングイノベーション」を教える。2024年1月にデジタルハリウッドで生成AI教育プログラムを開発するブンシンCEOに就任し、生成AIの活用を教える「プロンプト・エンジニアリング・マスターコース」を創設し、自ら主任講師を務める。

※ グラフ音楽の詳細はこちら(https://www.youtube.com/playlist?list=PL0ca8bp3lfC37zZEQI3PMBLLriaMyVHg8)。

◼︎ ︎️️関連記事
グーグル検索をディスラプトする──AI検索「Perplexity」創業者がライバル視する同郷スンダー・ピチャイ
生成AIの痕跡を学生レポート2,000万本超で検知。使い方の“線引き”はどうあるべきなのか
邦訳が待ちきれない! 2023年に世界で刊行された注目の本10選|WIRED BOOK GUIDE
*WIREDのAI関連の記事はこちら

◼︎ ︎️️『WIRED』日本版
『WIRED』は1993年に米国で創刊し、英語圏、スペイン語圏、中東、アジアで展開する世界で最も影響力のあるテックカルチャーメディアです。この絶え間なく変化し続ける世界を理解するために必要な情報とアイデアの源泉であり、カルチャーからビジネス、科学、デザインに至るまで、生活のあらゆる側面をテクノロジーがいかに変えていくのかに光を当て、新たな思考や人と人とのつながり、そして新しい産業を生み出すブレイクスルーやイノベーションを“発見“するメディアです。公式サイトは⁠⁠⁠⁠こちら⁠⁠⁠⁠

◼︎ ︎️️雑誌最新号「FASHION FUTURE AH!」
サステナビリティは大前提となり、新素材の開発には曲折があり、ECは再編を余儀なくされ、それでもなおクリエイティビティとものづくりは前進を続けていく。大きなターニングポイントを迎えるファッションのいまを読み解き、その可能性について考察する。

◼︎ ︎️️お知らせ
定期購読が復活しました!https://wired.jp/article/magazine-subscription-start/

  continue reading

178 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 412197600 series 2524088
コンテンツは 『WIRED』日本版 によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、『WIRED』日本版 またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作物をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

今回取り上げるのは、Perplexityを創業したアラヴィンド・スリニヴァスへのインタビュー。AIを取り入れた“回答する”検索エンジンの会社を起業し、業界の大物たちから注目を浴びる彼は、インド出身であるグーグルCEOのスンダー・ピチャイと同じ町で育ち、ピチャイに憧れていたという。ゲストはデジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長の橋本大也。トークテーマは、新著『頭がいい人のChatGPT&Copilotの使い方』、生成AIとの向き合い方、データとジャーナリズムなど。

◼︎ ︎️️ゲスト
橋本大也|DAIYA HASHIMOTO
デジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長。多摩大学大学院客員教授。早稲田情報技術研究所取締役。ビッグデータと人工知能の技術ベンチャー企業データセクションの創業者。同社を上場させた後、顧問に就任し、教育とITの領域でイノベーションを追求している。デジタルハリウッド大学大学院では「テクノロジー特論 Bデータ」、多摩大学経営大学院で「先端テクノロジー・マーケティングイノベーション」を教える。2024年1月にデジタルハリウッドで生成AI教育プログラムを開発するブンシンCEOに就任し、生成AIの活用を教える「プロンプト・エンジニアリング・マスターコース」を創設し、自ら主任講師を務める。

※ グラフ音楽の詳細はこちら(https://www.youtube.com/playlist?list=PL0ca8bp3lfC37zZEQI3PMBLLriaMyVHg8)。

◼︎ ︎️️関連記事
グーグル検索をディスラプトする──AI検索「Perplexity」創業者がライバル視する同郷スンダー・ピチャイ
生成AIの痕跡を学生レポート2,000万本超で検知。使い方の“線引き”はどうあるべきなのか
邦訳が待ちきれない! 2023年に世界で刊行された注目の本10選|WIRED BOOK GUIDE
*WIREDのAI関連の記事はこちら

◼︎ ︎️️『WIRED』日本版
『WIRED』は1993年に米国で創刊し、英語圏、スペイン語圏、中東、アジアで展開する世界で最も影響力のあるテックカルチャーメディアです。この絶え間なく変化し続ける世界を理解するために必要な情報とアイデアの源泉であり、カルチャーからビジネス、科学、デザインに至るまで、生活のあらゆる側面をテクノロジーがいかに変えていくのかに光を当て、新たな思考や人と人とのつながり、そして新しい産業を生み出すブレイクスルーやイノベーションを“発見“するメディアです。公式サイトは⁠⁠⁠⁠こちら⁠⁠⁠⁠

◼︎ ︎️️雑誌最新号「FASHION FUTURE AH!」
サステナビリティは大前提となり、新素材の開発には曲折があり、ECは再編を余儀なくされ、それでもなおクリエイティビティとものづくりは前進を続けていく。大きなターニングポイントを迎えるファッションのいまを読み解き、その可能性について考察する。

◼︎ ︎️️お知らせ
定期購読が復活しました!https://wired.jp/article/magazine-subscription-start/

  continue reading

178 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド