"Tokyo Basement Sounds" No.04 (1/2)

35:05
 
シェア
 

Manage episode 282249514 series 1205609
著作 Tokyo Basement Sounds の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

ゲスト:Denryoku Label
第四回"Tokyo Basement Sounds"
収録日:20100625
収録地:新宿JAMスタジオ
IMG_0747
左からNyolfenさん、atnrさん、山本さん(Opt+One)
今回の"Tokyo Basement Sounds"は"Denryoku Label"からオーナーの山本さん(Opt+One)、atnrさん、Nyolfenさんの三人をお迎えしました。
収録のためにリハーサルスタジオを利用したのですが、五人のミュージシャンがスタジオでトークだけして帰るという不思議な利用の仕方をしました(笑)
今回は前編・後編と2回に分けて配信します。
ナビゲーター:Pakchee、wk(es)
intro : Nyolfen
outro : atnr
■1曲目 (7:24~10:52)
Nyolfen : dancing in blue (2ndアルバム「As the eat dances」より)
■2曲目(19:19~24:35)
Enfance fini:「虹の記憶」(1stアルバム「シクル・デトル」より)
-------------------------------------------------------------------------------------------
DENRYOKU_logo.png
websitehttp://www.denryokulabel.com/
Twitterhttp://twitter.com/denryokulabel/
myspacehttp://www.myspace.com/denryokulabel
myspace(アーティスト)
Opt+Onehttp://www.myspace.com/optplusone
atnrhttp://www.myspace.com/atnrnet
Nyolfenhttp://www.myspace.com/nyolfen
Schedule
2010/7/10 Nyolfen@jicoo floating bar
2010/8/7 denryoku label@apple store銀座「16:00-17:00」
-------------------------------------------------------------------------------------------
■■関連リンク■■
■MTR(Multi Track Recorder)
多重録音機, マルチトラック・レコーダ。
宅録の歴史はこの機材がないと始まりませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルチトラック・レコーダー
■スクリーモ
1990年代前半にエモ、ハードコアから発展したジャンルの音楽。
スクリーム(絶叫ヴォーカル)なエモ=スクリーモでよいのかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/スクリーモ
■REASON
Propellerhead社の統合型ソフトウェアシンセサイザー。
現在バージョン4で、近々5が発売される。
Propellerhead:http://www.propellerheads.jp/
REASON情報:http://www.reason-why.net/
■REASON R3
Propellerhead社の"REASON"、"ReCycle"、"ReBirth"の3つのソフトウェアがパッケージされたお買い得セットだった。
■RECORD
Propellerheadがリリースするレコーディング・ソフトウェア。
(REASONにはオーディオ・レコーディング機能がない)
http://www.propellerheads.jp/products/record
■Performer 5.5
Mac用MIDIシーケンサーソフト。
正確には"Performer 5.5"が発売されてる時点で上位版として”Digital Performer”は発売されていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Digital_Performer
■SC-88
ローランドのDTM用音源モジュール。90年代中期の定番機材。
現在もrei harakami氏が使用していることで有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ローランド・SCシリーズ
■Enfance fini
Nyolffenさんが活動するユニット。
当Podcast2曲目(19:19~24:35)の「虹の記憶」はdancing in blue の元ネタだそうです。
http://enfini.yu-nagi.com/
■protocol #002
大好評のうち終了いたしました。
extVideoConfig = {"url":"http://www.youtube.com/watch?v=B0v_lCxGN5E&feature=youtube_gdata","width":"320","height":"240"};
WK(es) X Pakchee【VJ】LIVE @SOUP(Tokyo) Jun/27th/10' PROTOCOL#2 by CMFLG
イベント詳細:http://blog.cmflg.com/?eid=96958#sequel
写真:http://www.flickr.com/photos/pakchee/sets/72157624258482403/
■■映像、ジャケット関連■■
■Yusuke Suzuki from 白光
(Nyolfen As The Earth Dances MV制作)
http://www.myspace.com/hakkovj
■MASASHI YAMAZAKI
(Denryoku LabelのロゴデザインNyolfenのCDジャケットのアートディレクション)
http://d.hatena.ne.jp/ma_shi_7777777/
■山中 慎太郎
(Nyolfen As The Earth Dances CDジャケット写真の撮影)
http://ymsn.org/index.html
■gupon from Bonsajo
(Nyolfen Dansing in blue MV制作)
http://bonsajo.org/

30 つのエピソード