Artwork

コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

【#96】都心の水辺で「遊ぶ」「学ぶ」「働く」/ 大阪の水辺活用を推進するコミュニティスペースβ本町橋の仕掛け人にインタビュー

33:17
 
シェア
 

Manage episode 350520499 series 2867021
コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

都心の水辺で「遊ぶ」「学ぶ」「働く」ことの可能性を広げるための施設・β本町橋。大阪にあるβ本町橋で、ポッドキャストの公開収録をしました。水辺の活用や、水の都・大阪の可能性についてお話しています。

※収録環境の都合上、一部聞き取りにくい箇所がございます。

◉お話したトピック

  • 水の都・大阪の魅力とは? 
  • 武田先生・杉本さんの簡単な略歴
  • 本町橋から考える、大阪のこれまでとこれから
  • β本町橋の位置する東横堀川の歴史的空間特性
  • 東横堀川で行われた社会実験のなかから特にユニークな事例
  • 水上利用のルールとハック方法について
  • 水の中の生態系について
  • 水辺を利用することの街の中での価値は?
  • 大阪のパブリックスペースの特徴は?
  • 今後β本町橋が目指していること

◉ゲストプロフィール

杉本 容子/すぎもと ようこ

ワイキューブ・ラボ代表取締役/一般社団法人水辺ラボ代表理事 杜の都仙台生まれ、白砂青松湘南育ち、水都大阪に生きるまちづくり好き。研究者・行政職員・民間コンサルタント・お母さん・NPO活動・町会活動など、まちに関わる様々な立場を実践し、まちづくりの新しいアプローチにトライし続けている。工学博士。一級小型船舶操縦士。国内旅程管理主任者。

武田重昭/たけだ しげあき

大阪公立大学大学院 農学研究科 准教授 都市と暮らしのランドスケープについての研究・教育に携わる。1975年神戸市生まれ。UR都市機構にて屋外空間の計画・設計や都市再生における景観・環境施策のプロデュースに従事した後、兵庫県立人と自然の博物館にて生涯学習プログラムの企画運営などを実践。共著書に「小さな空間から都市をプランニングする」(2019年・学芸出版社)、「パブリックライフ学入門」(2016年・鹿島出版会)など。

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/good-news-for-cities/message
  continue reading

162 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 350520499 series 2867021
コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

都心の水辺で「遊ぶ」「学ぶ」「働く」ことの可能性を広げるための施設・β本町橋。大阪にあるβ本町橋で、ポッドキャストの公開収録をしました。水辺の活用や、水の都・大阪の可能性についてお話しています。

※収録環境の都合上、一部聞き取りにくい箇所がございます。

◉お話したトピック

  • 水の都・大阪の魅力とは? 
  • 武田先生・杉本さんの簡単な略歴
  • 本町橋から考える、大阪のこれまでとこれから
  • β本町橋の位置する東横堀川の歴史的空間特性
  • 東横堀川で行われた社会実験のなかから特にユニークな事例
  • 水上利用のルールとハック方法について
  • 水の中の生態系について
  • 水辺を利用することの街の中での価値は?
  • 大阪のパブリックスペースの特徴は?
  • 今後β本町橋が目指していること

◉ゲストプロフィール

杉本 容子/すぎもと ようこ

ワイキューブ・ラボ代表取締役/一般社団法人水辺ラボ代表理事 杜の都仙台生まれ、白砂青松湘南育ち、水都大阪に生きるまちづくり好き。研究者・行政職員・民間コンサルタント・お母さん・NPO活動・町会活動など、まちに関わる様々な立場を実践し、まちづくりの新しいアプローチにトライし続けている。工学博士。一級小型船舶操縦士。国内旅程管理主任者。

武田重昭/たけだ しげあき

大阪公立大学大学院 農学研究科 准教授 都市と暮らしのランドスケープについての研究・教育に携わる。1975年神戸市生まれ。UR都市機構にて屋外空間の計画・設計や都市再生における景観・環境施策のプロデュースに従事した後、兵庫県立人と自然の博物館にて生涯学習プログラムの企画運営などを実践。共著書に「小さな空間から都市をプランニングする」(2019年・学芸出版社)、「パブリックライフ学入門」(2016年・鹿島出版会)など。

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/good-news-for-cities/message
  continue reading

162 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド