Artwork

コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal
Player FM -ポッドキャストアプリ
Player FMアプリでオフラインにしPlayer FMう!

【#78】建築都市史から辿る中国のまちづくり

47:24
 
シェア
 

Manage episode 327311600 series 2867021
コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

今回は、建築史家の市川紘司さんをゲストにお迎えして、中国の建築史についてお話ししていきます。

目次

・建築史とはどのような学問分野なのか
・建築史を専門とする方々のキャリアについて
・なぜアジア、そのなかでも中華圏に焦点を絞ったのか
・天安門広場に関する研究について:天安門広場の空間史が私たちに教えてくれること
・場所の記憶 - 歌舞伎町の東横前広場について-
・世界のチャイナタウンについて
・建築人類学
・ゲーテッドな団地「小区(シャオチー)」について
・中国団地に見た「夢 」
・国営の家族に見立てた「団地」の姿
・中国に参加型まちづくりは存在するのか?
・廃墟モールについて・巨大モールは今後どうなる?
・今後気になること・やってみたいこと

⚫︎ゲストについて😀
市川紘司さん / 建築史家
1985年東京都生まれ。東北大学大学院工学研究科助教。桑沢デザイン研究所非常勤講師。専門はアジアの建築都市史。博士(工学)。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、明治大学理工学部建築学科助教を経て現職。2013〜2015年に清華大学建築学院に中国政府奨学金留学生(高級進修生)として留学。著作に『天安門広場──中国国民広場の空間史』(筑摩書房)など。論文「20世紀初頭における天安門広場の開放と新たな用途に関する研究」で2019年日本建築学会奨励賞を受賞。

⚫︎お話し中に話した書籍や記事
中国における団地──共産主義から監視社会へ
https://www.genron-alpha.com/article20201229_01/
天安門広場 ――中国国民広場の空間史
https://amzn.to/3MJCe7c

建築討論
https://medium.com/kenchikutouron

書籍・論文集
https://researchmap.jp/ichikawakoji
豪華すぎるゴーストタウン・オルドス
https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/11/chinas-gleaming-ghost-city-of-ordos_n_7261878.html

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/good-news-for-cities/message
  continue reading

161 つのエピソード

Artwork
iconシェア
 
Manage episode 327311600 series 2867021
コンテンツは Good News for Cities によって提供されます。エピソード、グラフィック、ポッドキャストの説明を含むすべてのポッドキャスト コンテンツは、Good News for Cities またはそのポッドキャスト プラットフォーム パートナーによって直接アップロードされ、提供されます。誰かがあなたの著作権で保護された作品をあなたの許可なく使用していると思われる場合は、ここで概説されているプロセスに従うことができますhttps://ja.player.fm/legal

今回は、建築史家の市川紘司さんをゲストにお迎えして、中国の建築史についてお話ししていきます。

目次

・建築史とはどのような学問分野なのか
・建築史を専門とする方々のキャリアについて
・なぜアジア、そのなかでも中華圏に焦点を絞ったのか
・天安門広場に関する研究について:天安門広場の空間史が私たちに教えてくれること
・場所の記憶 - 歌舞伎町の東横前広場について-
・世界のチャイナタウンについて
・建築人類学
・ゲーテッドな団地「小区(シャオチー)」について
・中国団地に見た「夢 」
・国営の家族に見立てた「団地」の姿
・中国に参加型まちづくりは存在するのか?
・廃墟モールについて・巨大モールは今後どうなる?
・今後気になること・やってみたいこと

⚫︎ゲストについて😀
市川紘司さん / 建築史家
1985年東京都生まれ。東北大学大学院工学研究科助教。桑沢デザイン研究所非常勤講師。専門はアジアの建築都市史。博士(工学)。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、明治大学理工学部建築学科助教を経て現職。2013〜2015年に清華大学建築学院に中国政府奨学金留学生(高級進修生)として留学。著作に『天安門広場──中国国民広場の空間史』(筑摩書房)など。論文「20世紀初頭における天安門広場の開放と新たな用途に関する研究」で2019年日本建築学会奨励賞を受賞。

⚫︎お話し中に話した書籍や記事
中国における団地──共産主義から監視社会へ
https://www.genron-alpha.com/article20201229_01/
天安門広場 ――中国国民広場の空間史
https://amzn.to/3MJCe7c

建築討論
https://medium.com/kenchikutouron

書籍・論文集
https://researchmap.jp/ichikawakoji
豪華すぎるゴーストタウン・オルドス
https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/11/chinas-gleaming-ghost-city-of-ordos_n_7261878.html

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/good-news-for-cities/message
  continue reading

161 つのエピソード

すべてのエピソード

×
 
Loading …

プレーヤーFMへようこそ!

Player FMは今からすぐに楽しめるために高品質のポッドキャストをウェブでスキャンしています。 これは最高のポッドキャストアプリで、Android、iPhone、そしてWebで動作します。 全ての端末で購読を同期するためにサインアップしてください。

 

クイックリファレンスガイド