show episodes
 
コクヨ野外学習センター

1
コクヨ野外学習センター

コクヨ ワークスタイル研究所+黒鳥社

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの+
 
コクヨ野外学習センター(KOKUYO Centre for Field Research)はコクヨ ワークスタイル研究所と黒鳥社がコラボレーションして展開するリサーチユニット/メディアです。2021年9月から新シリーズの配信がスタート。ひとつ目は、シーズン1「働くことの人類学」で「仕事」と「生きること」をめぐる常識を軽やかに揺さぶった6人の文化人類学者がそれぞれのフィールドのなかで見た「愛」と「死」のかたちを考える「愛と死の人類学」。10月からは新・雑貨論の続編も配信予定。ご期待ください! ◉企画・制作:コクヨ ワークスタイル研究所+黒鳥社
 
米国シアトル・ボストン在住の神経科学者2人によるポッドキャスト。 最新の研究論文紹介や基礎科学・医学研究に関する(あるいは全く関係しない)雑談、留学情報など。 感想やコメント、質問などはtwitterハッシュタグ #NeuroRadio あるいはinfoあっとneuroradio.tokyoまで。
 
PODCAST1592(ポッドキャスト肥後國)は、PODCASTLIFE(総合:www.podcastlife.net)の姉妹ポッドキャストとして運営され、熊本県内企業のUP-TO-DATEな情報を提供して参ります。・・・私たちの心をホッとさせるような情報満載のPODCASTINGをご期待下さい。尚、PODCAST1592に搭載されている画像、音声、テキストにつきましては、個人利用に限りご自由にお使い下さい。※綜合サイト「PodcastLife」も宜しくお願いします!!
 
松島観光ホテル岬亭の提供でお送り致します。カクテルの種類、作り方(カクテル レシピ)は勿論のこと、お薦めのチーズ、ワイン等の情報をビデオポッドキャストでお送りします。著作制作:ディー・アンド・エルリサーチ株式会社。WWW.DANDL.CO.JP
 
P
PODCASTLIFE RADIO

1
PODCASTLIFE RADIO

D&L RESEARCH CORPORATION

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
WEB、BLOG、SECONDLIFEと連動して制作される「PODCASTLIFE RADIO」。チコさんが、全国のロゼッタストーンメンバーやその他ゲストを招いて、バラエティに富んだ話を展開します。旅行、グルメ、趣味、時には仮想現実世界やネット事情など近未来的ベクトルを持ったメディア融合番組の一つです。・・・数千キロ離れたところに住むゲストをネットで結んで、リアルタイムに収録するラジオ番組「PODCASTLIFE RADIO」を是非お聞き下さい。
 
PodcastLifeは私たちの生活をホッとさせるような「情報のさざ波」を起こして参ります。お蔭様で、PodcastLifeが只今iTunesのPodcastsメイン画面中央に紹介されています。番組を提供する側として、すこぶる嬉しい限りです。心から感謝申し上げます。また、その他番組も「観光・祭り|PodcastLife」、「熊本弁講座 with English」、「熊本弁vs関西弁 with English」、「CAR DISCOVERY|PodcastLife」、「仁美の部屋」など多くの番組を次々に配信して参り、視聴者の方々に色んな情報をご提供して行ければと考えています。ご支援のほど宜しくお願い致します。・・・WEB総合サイトとして「THE ROSETTA STONE(www.dandl.co.jp)」をご覧いただきますと、より幅広い情報がゲットできますので、是非お立ち寄り下さい。尚、「PodcastLife」に搭載されている画像、音声、テキストにつきましては、個人利用に限りご自由にお使い下さい。
 
感謝您 進來觀看本頻道,簡介內容 各位棋友好! 我是 Word-Far。 本頻道為圍棋研究室,舉凡歷史、棋譜、棋手、定式、佈局、棋形、中盤、對局、官子、死活、手筋、AI下法等。 ------------------------ Thank you for coming in to watch this channel, introductory content Hello, everyone ! (chess player、Weiqi/Go player ... friend) I am Word-Far. This channel is the Weiqi/Go research room, including history, chess record, chess player, final style, layout, chess shape, midgame, game, official game, life and death, tejin, AI game, etc. ------------------------ Vielen Dank, dass Sie ...
 
Loading …
show series
 
F1好きなゲストを迎え、2021年にF1で起きたニュースを取り上げ、F1という競技の面白さや複雑さ、国際情勢とスポーツの関係などについて話しました。 Show notes 研エンの仲 - A podcast on Anchor … “「研エンの仲」は、神経科学の研究者 Ayaka (@kayautoka) とソフトウェアエンジニア Ryohei (@fushimir)の2人によるPodcastです。科学やエンジニアリング、日常の話題についても話しています” 93. Language Is Not Required … Researchat.fmのF1回をsohが一人で話しているエピソード。 128. Let’s start a science podcast … Researchat.fmと…
 
あんかけの餡が食べていると分解されてしまう問題、北米のスーパー事情、クルマで国境を超える簡単さ、おすすめの雑誌やマンガを紹介しました。 Shownotes TVer かりそめ天国 月曜から夜ふかし (Wikipedia) アミラーゼ (Wikipedia) フールナイト 白雷の騎士 男子高校生の日常 BRUTAS マガジンハウス BRUTAS 危険な読書 (Amazon) dancyu 餃子の王道 (Amazon) … 巻頭で紹介されている沼津の中央亭が今でも世界最強だとおもっています。本当にあの餃子を最初に食べた時は衝撃だった。(by tadasu) POPEYE 集英社 すばる 早稲田文学 講談社 群像 … 日本にいたころsohは群像や新潮を毎月のように買って読んでいた… SFマガジン …
 
東大先進科学機構の加藤英明さん(@emeKato)をゲストに、今回のChRmine構造論文やこれまでの仕事の背景、神経科学者が構造生物学について知っておくと良いこと、今後の構造生物学の展開等を伺いました。(2/20収録) Show Notes: 加藤研 加藤さん過去インタビュー 1 2 ChRmineの論文 濡木研 Brian Kobilkaラボ Brianノーベル賞のページ 2012年のNature論文(ChR1とChR2のキメラ、C1C2の構造解析) の新着論文レビュー 服部素之さん タンパク質結晶化の基礎と蒸気拡散法の解説 (pdf注意) 芳賀先生のNature 2012 (註:だいぶ年が間違ってましたね・・・ by 加藤さん) 脂質キュービックフェーズ(LCP)法 (pdf注意) N…
 
大昔、日本にいた大型ワニの近縁種が、中国広東省にもいたことがわかりました。 中国では人と共存していたワニが、人為的に絶滅したのはなぜ!? 画像提供:飯島正也研究員、©雨宮ひかる氏 ///////////////////////// ◯プレスリリース(2022/3/10):中国広東省で有史以降に人為的に絶滅した大型ワニを報告 ◯名古屋大学博物館 飯島正也 学振特別研究員 ◯名古屋大学博物館 ///////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究 ・産学官連携推進本部 http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/
 
アガロースだけを温め続けた電子レンジ、ラボを渡り歩く長寿な実験器具、弁当箱にあった1.5mlチューブ、クリップの旬について話しました。 Show notes 133. The longest self-introduction (Researchat.fm) … “mazさんをゲストに迎え、自身の研究の変遷を軸に、バイオメカニクスのおもしろさを話していただきました。” 136. Silk Lord (Researchat.fm) … “生き物がつくる「糸」の強度に関する議論を行いました。(guest:なぜかクモに詳しい人)” アガロース … いわゆる寒天。生物実験のいろいろなものを固めるために使われる。温めて溶かすため、電子レンジが多用される。突沸注意! アガロースを温め続けた電子レンジ b…
 
朝食、食べていますか?体内時計の観点から朝食を食べる意義に迫る研究を紹介します。 /////////////////////// ■ 研究紹介記事(note) ■ プレスリリース(2022/3/23):朝食を食べないと、体重が増えるだけではなく、筋肉量も低下する ■ 小田裕昭准教授(生命農学研究科) /////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
---------- 素粒子宇宙起源研究所(KMI)の研究者と、KMIサイエンスコミュニケーションチームと名大研究フロントラインが台本なしに交流し、どのような相互作用が生まれるのか ----------- はじめまして! 私たちは、KMI Science Communication Team 略して KMISCT です。 KMI(名古屋大学素粒子宇宙起源研究所)に所属している、サイエンスコミュニケーション活動に興味のある学生が集まり、さまざまな活動を行っています。 そんな私たちですが、今月から新しいポッドキャスト企画「素粒子宇宙円卓会議」を立ち上げました。 初回である今回は、この企画がはじまった経緯や、私たちKMISCTのご紹介をします。 月1回のペースで配信していく予定です。どうぞよろしく…
 
雨は植物にとって恵みである一方で、実は病原体を運んでくる危険な存在でもあります。 そんな雨に対してどのような仕組みで対応しているのでしょうか。 植物の生き抜く術を免疫の観点から紹介します。 ◯関連リンク 2022/3/9発表「植物は雨に打たれると免疫を活性化する」 名古屋大学遺伝子実験施設植物分子シグナル学グループ ◯制作 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
サツマイモはお好きですか? 今回はサツマイモの強さの秘密に迫る研究です。 身近で美味しいサツマイモが未来の農業の鍵になるかもしれません。 ////////////////////////// ▼研究紹介記事(note) ▼プレスリリース(2022/03/02) 何故、サツマイモは痩せた土地でも生育が良いのか? ~病原菌由来の遺伝子を用いて土壌中の有用微生物を誘き寄せている可能性を発見~ ▼関連リンク 生命農学研究科 植物病理学研究室 生命農学研究科 分化情報制御研究室 ////////////////////////// 制作:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 outreach@aip.nagoya-u.ac.jp…
 
生き物がつくる「糸」の強度に関する議論を行いました。(guest:なぜかクモに詳しい人) Show notes アミノ酸 リシン … ライシン、リジン。ヒストンといえば、これ。 トリプトファン グリシン ep55. Homecoming (Researchat.fm) … “クモに詳しいゲストをお呼びして、クモについて話しました。(過去のnakamura回-1)” ep56. Readable lab notebook (Researchat.fm) … “クモについて詳しいゲストを迎え、フリーハンドで丸と直線を描くトレーニング、メールで進むかまいたちの夜、自作PC、論文管理の難しさ、趣味としてのポッドキャスト、コーディング環境とWet/Dryのデータ管理について話しました。(過去のnaka…
 
特定のRNAの発現に反応する細胞内センサーについての原著論文を紹介しました。 Show notes A split ribozyme that links detection of a native RNA to orthogonal protein outputs. BioRxiv 2022 … 今回紹介するプレプリントの論文。 57. All papers are created equal - Researchat.fm … “科学論文の探し方、読み方とその楽しみ、そして理想の論文について三人で熱っぽく話しました” Ribozyme (Wikipedia) Tetrahymena Ribozyme … テトラヒメナ由来のリボザイムの反応についての解説。 Thomas Cech (Wik…
 
「精神疾患」と一口で言っても、うつ病や発達障害など、その症状は実に様々。 今回はそんな精神疾患の多様性に迫った研究をご紹介します。 ///////////////////////////// 研究紹介記事(note) プレスリリース(2022/2/1) 16p11.2 重複患者に見られる多様な精神症状 〜患者 4 例のケースシリーズ〜 https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/02/16p112-4.html 名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・精神生物学・発達老年精神医学・親と子どもの心療学・精神医療学(寄附講座) https://www.med.nagoya-u.ac.jp/seisin/index.html 尾崎紀夫教授…
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 ランドスケープアーキテクトの石川初さんをお迎えしてお送りしている第6回後編は、庭からアート、農地、聖書にまで話が広がります。 完成形を作るのではなく、環境にチューニングしていく庭づくりの方法「アダプティブ・ランドスケープ」。変化していく自然を扱うとき、何を完成品とするのか?コントロールできない「庭」は音楽や絵の創作にも通じている——。農家の人たちの自家用の畑を、「まかない農地」とネーミングした石川さん。そこには産業ではない、ガーデンの論理で続く風景が。さらに話題は「エデンの園」へ。私たちの「園芸欲」はここか…
 
竹や稲など、地下茎でつながる植物は、地下でコミュニケーションをとりながら巧みに生き延びていることがわかりました。バイオマスへの応用をはじめ、人にとっても学びの多い研究成果です。 ///////////////////////////// 記事 https://note.com/nagoya_ura/n/n501e0541f90d プレスリリース 2022/2/4 植物の地下での情報のやりとりを発見 ~地下茎で繋がった植物株間でのコミュニケーション~ https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/02/post-184.html 植物情報分子研究室(名古屋大学生命農学研究科) https://www.agr.nagoya-u.ac.jp…
 
DNAを用いて迷路を探索する方法を開発した論文を紹介しました。 Show notes Researchat.fmで2019年に紹介した論文まとめ Researchat.fmで2020年に紹介した論文まとめ ep122. Cyalume and Fluorescently Tagged Ruyi Jingu Bang in the Cell (Researchat.fm) … “自己組織化することで伸長する性質を持つタンパク質を応用することで、細胞内で起きた現象を一細胞レベルでレコーディングし、そしてその情報を顕微鏡を用いることで読み出すことができる手法を開発した2本の論文について紹介しました。” ep123. We are still in the middle (Researchat.fm…
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 最終回となる第6回は、ランドスケープ・アーキテクトの石川初さんをお迎えして、「自然と生きる 庭や植物との暮らし」をテーマにお話を伺います。 路地に迫り出した植木鉢、昔の都営住宅に並んでいた一坪ずつの庭——。東京には、個人の緑が溢れている。それは都市計画とは別のレイヤーで存在している、街を下から変える一人一人の「園芸欲」である。ブライアン・イーノが「都市をガーデナーのように考えるべきだ」と言ったように、「都市も自然」という考え方が広がる今。 庭の「植木鉢生態系」も自然だと考えるとき、園芸の人新世的転回が始まる…
 
mazさんをゲストに迎え、自身の研究の変遷を軸に、バイオメカニクスのおもしろさを話していただきました。 Show notes maz maz式ツイートの例 Kagayaさん … リザバーコンピューティングについてお聞きしたい。maz & kagaya回お待ちしております。 biomimetics/bio-inspired design: このあたりについて全く話せなかったが、生物は人の目から見て有用な特定の指標に特化しているとは限らない(一般にはしていない)ので、模倣する(バイオミメティクス)よりもそこから何らかの設計指針や着想を得るのに使う(生物規範工学・設計)方が良いだろうというのが大まかな流れとしてある、と思う。 Soft Robotics Wyss Institute Intelli…
 
アメリカでの運転免許取得、Mini2P、MATLABからPythonへの移行に関する雑談。フラッシュ論文紹介は海馬4重vivoパッチ、BLAドパミンREM睡眠、シータ波と歩くリズムの同期、第三世代Rabies、投射先アストロサイト標識、eVLPについて。(3/19収録) Show notes: COTEN RADIO バイオステーションゲスト回 catch-22 Koch Family Zipcar Tax Return: 確定申告のこと Mini2P論文 Biologyの方 Mini2p自体はNature Methodsに2報くらい 1 2 ノルウェーの会社製の(GRINじゃなくてElectrical Tunable Lens的なやつだった…) ゼロから作るDeep Learning vs…
 
植物の気孔ができるときに、細胞分裂でどのようなことがおきているのか、明らかになりました。世界を変える新しい分子を発見・開発するトランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)イチオシの研究成果です。 ////////////////////// 2022/2/11プレスリリース 完璧を目指すならじっくり時間をかけて(植物の細胞でも)〜植物の気孔の幹細胞非対称分裂から最終対称分裂への転換を担う、細胞周期のブレーキ役の発見〜 鳥居啓子 主任研究者・客員教授(アメリカテキサス大学オースティン校教授) 協力:名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
 
過去2年分のお便りを紹介しました。 Show notes TOKYO WARDROBE Ep21. Living in the base-21 world (Researchat.fm) … coelaが顕微鏡のワークショップに参加した感想を話す回。 Ep114. Logs of Logs (researchat.fm) … ”ブランドのカリスマ性とタトゥー/PCに貼るステッカー、大学の校章デザイン、スポーツチームのロゴデザイン、企業ロゴのデザイン、ポッドキャストのアートワークデザインについて話しました。” 東京外国語大学 … しびれる校章 横浜市鶴見区 … 区章?は鶴見区の横にあるやつっぽいです。 アメリカの救急車のマーク … “スター・オブ・ライフ(英: star of life、命の星…
 
超伝導がなぜ起きるのか、ツイスト2層グラフェンでその謎に迫る研究です。 (トップ画像は、ボンド秩序の例/大成誠一郎准教授提供) /////////////////////// 2022/1/31発表 自発的回転対称性の破れの発現機構の新発見 ~ツイスト2層グラフェンにおける複合自由度の重要性~ 名古屋大学 理学研究科 S研 凝縮系理論グループ /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
生態学と神経科学のアプローチで、渡り鳥が迷わず南に進める不思議に迫る研究です。 //////////////////////////// 2022.02.07プレスリリース 渡り鳥の脳内にあるコンパス細胞を発見 YODA Lab(環境学研究科 依田憲研究室) //////////////////////////// 制作 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
過去2年分のお便りを紹介しました。 Show notes Researchat.fm お便りフォーム … こちらからお便り受け付けております。 原腸陥入はお済みですか? ルイス・ウォルパート「人生において最も重要なのは、誕生でも結婚でも死でもなく、原腸陥入の瞬間だ。」 V(D)J組換えはお済みですか? アレグラ飲んで実験してるよね? THIS WEEK IN VIROLOGY … 石原さんご紹介ありがとうございます。 TWシリーズ NEB podcast eLife podcast The Lonely Pipette : helping scientists do better science … SHIOTAさんが教えてくれた海外のresearchat.fmっぽいポッドキャスト 葬送のフ…
 
ホモ・サピエンス繁栄の背景に、石の特徴を石器に活かす応用力が見えてくる研究です。 ヨルダンのトール・ファワズ遺跡などの発掘から、第42回目の続報です! ///////////////////////////// 2021/07/14発表 旧石器時代の石材利用の変化を解明 ~小型石器と滑らかなチャート石材の結びつき~ https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/01/post-175.html 門脇誠二研究室(環境学研究科) http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/kadowaki/laboratory/index.html ///////////////////////////// 制…
 
研エンの仲のRyoheiさんとNeuroRadioのHagiharaさんをゲストに迎え、FFTとLoLについて話しました。 Show notes #73 論文の未来を語ろう … とてもいい回なのでみなさんに聴いていただきたい。 “生命科学研究者Podcast の”researchat.fm”・”NeuroRadio” から tadasu さん、 tamaki さん、Hagiharaさんをお招きしたゲスト回。” 128. Let’s start a science podcast (Researchat.fm)) … ポッドキャストを始めることを検討している方にはぜひ聞いていただきたい。 “研エンの仲のRyoheiさんとNeuroRadioのHagiharaさんをゲストに迎え、研究者/科学者ポ…
 
太陽電池の未来にワクワクできそうな材料開発の話題です。 /////////////////////// 2022/1/31発表 ナノ結晶を電子の通り道とする酸化シリコン保護膜を実現 ~次世代シリコン系太陽電池の開発に期待~ 宇佐美・黒川研究室(名古屋大学工学研究科) /////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
1バレルと1石、体積が大きいのはどっち?分からない疑問についてGoogle検索を使わず答えをひねり出す様子をお届けします。 Show notes 115. Ramen Restaurant Serves Foie Gras (tadasu, hinakamo, and Zaikou) - Side by Side Radio #73 論文の未来を語ろう - 研エンの仲 128. Let’s start a science podcast - Researchat.fm … “研エンの仲のRyoheiさんとNeuroRadioのHagiharaさんをゲストに迎え、研究者/科学者ポッドキャストについて色々話しました” 80. Guest explains everything - Researc…
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 プロダクトデザイナーの鈴木元さんと、インテリアスタイリストの中田由美さんをお迎えしてお送りしている第5回の後編は、「道具と人の関係性」に深く深く潜っていきます。 モノ作り/モノ選びをするとき、使い手の感覚が憑依する——? また、「長くモノと付き合う」というおふたりの考えから浮かび上がってきたのは、一方的ではなく双方的な道具と人との関係性。道具に頼るだけでなく自分の努力も必要、と中田さん。道具を触るときに道具から触られてもいる、と鈴木さん。ユーザーと作り手、モノと私たち——分け難く、ときに越境する身体的感覚は…
 
第4回は、宮武さんと南崎さんの「物理が大好き!」という気持ちについて詳しく伺いました。その物理愛、ちょっと理解し難い…という方こそ聞いてほしい内容です。 ぜひ、第1回(2022/2/21配信)からお聴きください。 第1〜4回をまとめたnote記事も公開中です。 声ではお届けできなかった、北口さんの研究に関する詳しい情報へのリンクもお知らせしています。 ご質問やコメントは、こちらにお知らせください。 outreach@aip.nagoyoa-u.ac.jp (名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部)
 
第2回は、宇宙を詳しく調べるための「重力レンズ」という手法や、最近の研究のホットトピックについてのお話です。 ぜひ、第1回(2022/2/21配信)からお聴きください。
 
以前ご好評をいただいた研究者ご紹介シリーズの第2弾です。 ご紹介するのは、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の宮武広直(みやたけひろなお)さん。今回も、KMI広報の南崎梓さんイチオシの研究者です。4回にわたり配信します。 第1回は、宮武さんって研究でなにをやっているの??ズバリ、伺いました。ハワイにあるすばる望遠鏡がキーワードです。宮武さんの研究への愛、そして物理への愛をたっぷり語っていただきました。 途中、「一つのチームで今1,000万個、今僕がやってる計画は1,000万個(の銀河を撮る)」という宮武さんのご発言がありますが、最終的には1億個の銀河を撮るのだそうです!
 
スーパーマテリアルとして研究が進められてきたグラフェン。 2枚重ねて少しずらした「ツイスト2層グラフェン」はその機能が注目されていますが、小さなサイズのものしか作れませんでした。 でも、名大グループがつくりました。従来の数千倍の大面積ツイスト2層グラフェンです。 ////////////////////////// 2021/12/15発表 ミリメートルスケール魔法角ツイスト2層グラフェンの作製とフラットバンドの直接観察に成功 https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211215_engg.pdf 乗松研究室HP https://www.material.nagoya-…
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 第5回はプロダクトデザイナーの鈴木元さんと、インテリアスタイリストの中田由美さんをお迎えして、「新しい時代の道具と生活工芸」をテーマにお話を伺います。 コロナ禍、職場と住居が同じになったことで、道具のデザインが変わりつつある現在。量販店からインターネットへと買い物空間が移り、目立つことから使い勝手を重視するデザインへの変化も。そのなかで革命的な存在だったApple製品は、「無口」で「静か」だからインテリアにも馴染みやすい——生活と共に変化する道具と過ごす時間を、新しいキーワードで捉え直します。果たして家電と…
 
生活立ち上げPart 2、研究所システムの便利なところと融通が利かないところ、意外と良いアメリカの飲み物事情。後半はeLifeでの査読体験と実験医学の『査読の技法』をネタにPeer Reviewのやり方について雑談(2/12収録) Show notes: 雑談編 トーラス論文がパブリッシュ ↑について話したEP2 CRACK論文 ↑について話したEP4 eVLP論文 ネットで空きを探す:基本はZillowでやりました Wise (旧Transferwise):手軽かつ割と良いレートで送金できたりする テイクアウト:米国でもTake Out、一部の地方(含ボストン)ではTo-go。英国ではTakeaway。イートインは for here シンク:アメリカのシンクにはディスポーザル(生ごみ粉砕機…
 
ADHDは注意欠如多動症ともいい、不注意や多動性、衝動性が特徴です。 子どもの発症率は大人の倍で、近年患者さんの数が増えています。 そんな中で、今回はADHD診断と睡眠評価の大切さについての研究を紹介しました。 過剰診断の問題についても言及しています。ぜひお聞きください。 ///////////////////////////// 子どもの入眠時刻はADHD症状と関連し遺伝的リスクの低い子どもにいて睡眠の関連が強いことが明らかに 名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター ///////////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部…
 
「人類学が注目される時代」 「イメージと現実との違いを明らかにする」 「私たちは正しい”問い"を立てているのか?」 いま、企業から求められ、社会で脚光を浴びる人類学。同様の現象が起きた70年代-80年代と現代に通じるのは、資本主義の変遷と共に新たな行き詰まりに直面した時代であること。その突破口として期待された人類学が果たす役割とは——。 思い込んだイメージや、これまでの考え方を問い直す、人類学本来の「有用性」について、文化人類学者の中川理さん(国立民族学博物館)と考えます。 文化人類学者の松村圭一郎さん(岡山大学)をホストに、毎回ゲストを招いてお届けしてきた文化人類学Podcastシリーズ最終話後編!ついに完結! 【後編+アフタートーク】 ・ボルタンスキー『資本主義の新たな精神』 ・社会の利…
 
放射線を可視化する「放射線イメージング」という技術で、がん治療の効率化に挑む研究を紹介します。 ///////////////////////////// 2022/1/7プレスリリース 「ガン治療に用いるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)装置からの中性子照射発光を検出することで中性子分布イメージングを実現 ~新しい中性子分布計測法への応用に期待~」 医学系研究科 山本研究室(医療技術専攻 医用量子科学講座) ///////////////////////////// 制作: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
 
「人類学者が抱える違和感」 「自分が持つ基準は括弧にいれる」 「語り手の声を通して、複雑さを含んだ語り口に」 自分とは違う社会・文化のことを語るとき、その対象となる他者を利用してしまっていないか? 一元的ではない世界の捉え方とはどのように可能なのか—— 人類学が80年代から抱えてきた難しさや迷い。その問題と当番組シリーズが果たしてきた役割について文化人類学者の中川理さん(国立民族学博物館)と考えます。 文化人類学者の松村圭一郎さん(岡山大学)をホストに、毎回ゲストを招いてお届けしてきた文化人類学Podcastシリーズ最終話前編! ・民族をカテゴリー化するトリック ・「ポトラッチ」の同時代性 ・「モン」の人々のジレンマ ・「カチン」の人たちが生きる複数のイメージ ・エドマンド・リーチからデヴィ…
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第4回は、前回の科学コミュニケーションのお話の続きです。みんなが参加する「場」づくりを美術の歴史に学びます。 第1回(2022/2/1配信)からお聴きください! 第1〜4回をまとめたnote記事も公開中です。 声ではお届けできなかった、北口さんの研究に関する詳しい情報へのリンクもお知らせしています。 ご質問やコメントは、こちらにお知らせください。 outreach@aip.nagoyoa-u.ac.jp (名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部)…
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第3回は、科学コミュニケーションのお話です。「場が科学」がキーワードです。 ぜひ、第1回(2022/2/1配信)からお聴きください!
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 第2回は、中性子の研究でどんなことをやっていて、どんなことがわかるのか、ワクワクさせてくれるお話です。エレガントなスーツ姿の裏話も♪ ぜひ、第1回(2022/2/1配信)からお聴きください!
 
「心はずっと思春期☆北口雅暁さん」は、素粒子宇宙起源研究所(KMI)准教授の北口雅暁(きたぐちまさあき)さんと、KMI広報の南崎梓(みなみざきあずさ)さんとのトークシリーズ(全4回)です。 いつもセンスが光る広報活動をされている南崎さんが、「すごくエレガントで、とにかくおもしろい研究者がいる!」と、北口さんを紹介してくれました。 北口さんの研究の話や科学コミュニケーションへの思いなど、南崎さんも交えてたっぷりお話を伺いました。学びも笑いもたっぷりです。 第1回は、北口さんが2回の思春期を経て(笑)、中性子の研究者になるまでのお話です。
 
なぜ私たちだけが人類として生き残ったのでしょう… ヨルダンのトール・ファワズ遺跡の発掘から、私たちの歴史に思いを馳せてみませんか? //////////////////////////// 2022年1月5日発表 ホモ・サピエンスがユーラシアに拡散した上部旧石器初期の年代と文化動態を解明 ~ヨルダンの遺跡から1万点の石器を発掘調査~ https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20220105_env.pdf 門脇誠二研究室(名古屋大学 環境学研究科) http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/kadowaki/laboratory…
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 ファッションブランド「Jens」デザイナー・武藤亨さんとプロダクトデザイナー・小宮山洋さんをお迎えしてお送りしている第4回の後編は、軽やかで繊細なファッションが映し出すものを見つめます。 シーズンで回るスピーディーなファッションには、揺れ動く時代や自分の心が見える ——。今の古着ブームには、サイズは合わなくても着たい!というファッションを楽しむ感覚が。おふたりのユニット「Rhoikos & Theodros」が提起する、言葉になる手前にある抽象的概念や掬いきれないものとは何か? ジャンルに分けられない「be…
 
CaltechのDavid Andersonラボのポスドクで、最近Johns Hopkinsの独立ポジションを確保された苅郷友美さん(@TomomiKarigo)にお越しいただき、これまでのキャリア、ビビッドなジョブハントの経験談、直近の論文の裏話などを伺いました(9/5収録) Shote notes: 苅郷さん google scholarページ 岡良隆先生ラボHP David AndersonラボHP 2014年のLee et al. Dayu Lin 2011年の論文 苅郷さんのヒューマンフロンティア 孤独になったら緑色に:Social Isolationでタキキニンが上がる、の論文 苅郷さんのAndersonラボでの論文 Remedios et al. アン・ケネディ NeuroRu…
 
腸活の効果は、健康づくりだけにとどまりません。 食道がん治療の現場で実証されました。 //////////////////////////// 2021年12月21日発表 術前化学療法を受ける食道癌患者におけるシンバイオティクス摂取の有効性を確認 ~シンバイオティクス摂取によるバクテリアルトランスロケーションおよび重度胃腸障害の抑制~ https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Cli_Nut_20211012.pdf 横山教授の寄附講座「外科周術期管理学(ヤクルト)」 https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/laboratory/endowed-chair/surgical-perio…
 
研エンの仲のRyoheiさんとNeuroRadioのHagiharaさんをゲストに迎え、研究者/科学者ポッドキャストについて色々話しました。 Show notes 実験医学 2021年11月号 Vol.39 No.18 … “はじめよう! 研究者ポッドキャスト―多様な研究者を“聴ける化”する新たなメディア 座談会/石黒 宗,加藤郁佳,宮脇健行” 第123回 ポッドキャストで語るサイエンスとその魅力 by Soh (実験医学) 研エンの仲 … “「研エンの仲」は、神経科学の研究者 Ayaka (@kayautoka) とソフトウェアエンジニア Ryohei (@fushimir)の2人によるPodcastです。科学やエンジニアリング、日常の話題についても話しています。” NeuroRadio …
 
バイヤーとして活躍する山田遊さんをホストに迎えてお送りするポッドキャスト番組「新・雑貨論」。第2シーズンでは、モノと人の関係性を、食、建築、衣服、道具、自然などの観点から考えていきます。 第4回はファッションブランド「Jens」デザイナー・武藤亨さんとプロダクトデザイナー・小宮山洋さんをお迎えして、「洋服を着ているとき、わたしたちは何を着ているのか?」をテーマにお話を伺います。 量産品に多様な解釈を投げかける展示をされているおふたりのユニット、「Rhoikos & Theodros」。そこには、服をそのまま着るのではなく、自分の解釈を加えて本当に自分のものにするという武藤さんの興味や、「こんな使い方もあるのでは」と投げかけたいという小宮山さんの思いが。ファッションの「イケてる/イケてない」は…
 
ゲストにdessan氏を迎え、反証可能性について考えたことを話し合いました。 Show notes Massachusetts COVID-19 HARKing … “HARKingは社会心理学者のノーバート・カーが造語した頭字語であり、「結果が判明したあとに仮説を作る」hypothesizing after the results are knownという疑わしい研究慣行を意味する。” p-hacking ランジャタイ … dessanとtadasuはここ数年、彼らの動向を追いかけてきた。 科学技術の革新と資本主義(1) ポパー科学理論の再検討 … 小畑二郎先生の議論を参考にしました。 科学技術の革新と資本主義(2) ―イノベーションと起業家に関するオーストリア理論の検討― カール・ポパー…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login