Lifestyle 公開
[search 0]
私たちが見つけた最高のLifestyleポッドキャスト
私たちが見つけた最高のLifestyleポッドキャスト
The term lifestyle denotes the way of life, interests, opinions, set of attitudes, habits or possessions of an individual, group, or culture. Since the way of life is subjected to change, and what is "in" today can be "out" tomorrow, one can easily lose track of the latest trends. Listening to podcasts enables people to stay up to date with the latest trends, because they can be followed on the way home, while walking in the park and even in areas without Internet access. In this catalog, there are plenty of impressive podcasts about the latest lifestyle news, news about society, food, fashion, travel, etc. The podcasts listed in this catalog range from light discussions to serious talk shows produced by people from all walks of life. Some discuss about people's favourite hobbies and games, others discuss about relationships, parenthood and different types of food. There are podcasts that might serve as a learning resource for interior design pros and newbies as well as do-it-yourself podcasts and much more.
もっと

Download the App!

show episodes
 
NewYork在住の米国公認ホリスティックヘルスカウンセラー Alyssa 牧口と、横浜のMELSE 浦上との間を、音声チャットで結び、健康、デトックス、ダイエット、アンチエイジング、環境などの情報をお伝えするちょっとカジュアルなトーク番組。メイキングを収録した裏LSEも!?
 
Loading …
show series
 
11月27日のゲストは、情報学研究者のドミニク・チェンさんです。 現在、東京ミッドタウンにある21_21デザインサイトで開催中『トランスレーションズ展「わかりあえなさ」をわかりあおう」の展覧会ディレクターを努めています。 言語に限らず、私たちは日常生活の中で「翻訳」による様々なコミュニケーションを行なっています。 分かり合えることもあれば、時には「誤訳」や「誤解」が生じることも。 そんな翻訳することが難解な言葉や、手話、植物や生物など様々な「翻訳」のカタチを提案する展覧会についてご案内頂きます。(展覧会は、2021年3月7日まで開催中)ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
11月20日のゲストは、歴史作家で歴史研究家の河合敦さんです。 日本史講師として教鞭を執る傍ら、様々な切り口で日本の歴史を紐解く多数の歴史書を執筆されています。 最新刊は、現在のコロナ禍の状況を、黒船来航や元寇などに共通点を見出した『繰り返す日本史 二千年を貫く五つの法則』。 これまでの歴史からどんな法則が見えるのでしょうか? また、研究が進むうちに史実がアップデートされている日本史の新常識についても伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
2020年11月17日に発売されるM1搭載MacBook Pro(13-inch, M1, 2020)の実機レビューを行ったYouTube Liveを音声版でお届けします。やはり気になるのは、パフォーマンス、バッテリーの持ち。さらには今後のロードマップ、iPadとの関係など、たくさんのご質問と共に、お届けします。 ▼YouTube Liveのアーカイブで、映像・チャットと共にご覧頂けます。次回の公開収録の予定の通知も受け取れる、チャンネル登録も合わせてお願い致します。1000人突破、ありがとうございます! https://www.youtube.com/watch?v=Mcs551-7Ev8 -- ▼番組配信を支えてくださるスポンサー様募集中。配信以降でも、番組とウェブマガジンに差し込まれま…
 
11月13日のゲストは、お笑い芸人、お笑いジャーナリストとして活動中のたかまつななさんです。 社会問題をお笑いを通して発信することを目指し、時事YouTuberとしてニュースを分かりやすく配信しています。 現場を見たい!と急遽アメリカ大統領選挙の取材のため現地へ渡り、帰国後の自主隔離中にリモートにて出演。 肌で感じた大統領選挙の様子、アメリカの人々の声を届けて頂きます。 また、最新著書「お笑い芸人と学ぶ13歳からのSDGs」から、誰もがすぐに実行出来るアクションについてご紹介します。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
2020年11月13日に発売されるiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Max。先行レビューの情報解禁である11月9日23時に合わせて、YouTube Liveでの公開生収録を行いました。今回はその前半部分、iPhoneレビューの音声版をお届けします。 ▼YouTube Liveのアーカイブで、映像・チャットと共にご覧頂けます。次回の公開収録の予定の通知も受け取れる、チャンネル登録も合わせてお願い致します。目指せ1000人! https://www.youtube.com/watch?v=Mv060smGN_I -- ▼番組配信を支えてくださるスポンサー様募集中。配信以降でも、番組とウェブマガジンに差し込まれます。広告や告知などにご活用ください。 ▼「#アップルノート」の…
 
11月6日のゲストは、ミニシアター「シネマ・チュプキ・タバタ」代表の平塚千穂子さんです。 耳や目が不自由な人、車椅子の人、子育て中の方から健常者まで、すべての人が一緒に楽しめる、日本で唯一のユニバーサルシアターとして2016年に開館。 視覚障害者の映像鑑賞をサポートするために、言葉で映像の解説をする音声ガイドのナレーションも代表の平塚さん自らが担当しています。 「チュプキ」とは、アイヌ語で「自然の光」を意味する言葉。 すべての人に降り注ぐ自然の光のように、全ての人が一緒に楽しめる映画館を目指しています。音や映画のセレクトにも独自のこだわりが。 平塚さんの映画館に対する熱い思いについて伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
米国時間2020年11月2日に発表された新たなApple Event「One more thing.」。米国太平洋時間2020年11月10日午前10時、日本時間2020年11月11日午前3時からの開催がアナウンスされました。主題はApple Siliconを搭載したMacの新製品になるはずですが、どんな未来を見せてくれるのか。イベント当日の夜にYouTube Liveを行うGadgetouchのお二人が、ゲストで遊びにいてくれました。 ▼Guests:Gadgetouch Linkmanさん https://twitter.com/linkmandesu / 弓月ひろみさん https://twitter.com/yuzukihiromi Gadgetouch YouTubeチャンネルでチャ…
 
2020年10月30日に発表されたAppleの2020年第4四半期決算(2020年7〜9月)。新型iPhone不在の中で、売上高は1%増と、ほぼ前年同期を維持しました。その原動力となっているのは、当然iPhone以外の製品・サービス群。しかし特別コロナシフトを敷いたわけでもありません。Appleのビジネスポートフォリオそのものが、リスクに強い状況というわけですが、その状況はいつまで続くのか? -- ▼番組配信を支えてくださるスポンサー様募集中。配信以降でも、番組とウェブマガジンに差し込まれます。広告や告知などにご活用ください。 ▼「#アップルノート」のご購読はこちらから。Appleやモバイルテックに関する最新コラムを、毎月4本以上配信しています。 https://applenote.me/ …
 
10月30日のゲストは、日本科学未来館・科学コミュニケーターの山本朋範さんです。 人々を笑わせ、考えさせる研究に対して贈られるイグ・ノーベル賞。日本人は14年連続で受賞しています。 なぜ日本人の受賞が多いのでしょうか?これまでどんなユニークな研究があったのか?それらは、どんなことに役立つのか? イグ・ノーベル賞の研究を始め、もっと面白い科学の世界を知ってもらいたい、という科学コミュニケーターのお仕事についても伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
10月23日のゲストは、立教大学名誉教授の鳥飼玖美子さんです。 日本人にとって永遠の課題と言える英語。小学校の英語授業や大学入試の民間試験導入など、英語をめぐる教育現場の問題が山積。その一方、巷では、コロナ禍によりさらにカタカナ英語が氾濫しています。これで、本当に英語は身につくのでしょうか? 同時通訳や英会話番組など、長年英語教育に携わってきた鳥飼さんに、教育現場への提言、理想的な英語との付き合い方について伺います。ピーター・バラカン/柴田幸子 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login