×
Dance 公開
[search 0]
×
最高の Dance ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 2月 2020)
最高の Dance ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 2月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
生命科学研究者の「よう」と 病理医ヤンデルこと「いん」のユニットによるPodcast番組。 番組のコンセプトは、専門領域とエンターテイメントの境界をうろうろすること。自分たちの仕事の話はあまりせず、大半は本、漫画、アニメについて話しています。「ある理系人間からは、世界はこう見えている」ということを面白がっていただけたら。好きな言葉は「アナロジー」ブログhttps://inntoyoh.blogspot.com/Twitterhttps://twitter.com/inntoyohBGM春のキッチン ( by もっぴーさうんど)https://dova-s.jp/bgm/play2892.htmlOP tuneCarny’ Dance (by Kevin MacLeod)https://soundcloud.com/kevin-9-1/carnys-danceED tuneAtlantean_Twilight (by Kevin MacLeod)https://incompetech.com/music/royalty-free/index.html?isrc=USUAN1100322
 
四国57番札所のお寺、栄福寺の住職ミッセイによる、気軽なお話をお届けします。皆様からの投稿や、質問メールもお待ちしています。栄福寺ウェブサイト「山歌う」の連載には、山ラジオの他に、弘法大師(空海)の言葉を知ることができる「思い出す空海」、「仏を感じるコトバより」「写真日記」「ミッセイノート」(住職ブログ)などなど、ございますので、ぜひ「山歌う」にもご来場くださいませ。〜仏教をやってみよう。SING ALONG BUDHHA, DANCE WITH KUKAI〜 白川密成
 
hi party people all over the worldwe are Rhythm of Life... a serious dance music party since September 1999Rhythm of Life is...Harada _as DJhero#08 _as DJ[JAPANESE REAL UNDERGROUND NETWORK]OG _as Lighting, floor directionSanae _as floor directionCheck+join our party at "SHeLTeR" ;Tokyo's finest sound systemhttp://www.at-shelter.com/
 
過去と未来をつなぐ世界の音を発信する"MUSICA MUNDI" MUSICA MUNDIは、いつ、どこからでもアクセスできる番組配信、その空間でしか体験できないパーティーの開催、DJ及びライブ・パフォーマンス・ユニットの3つの軸により構成されるボーダレスかつユニークな活動を展開している。 番組配信はPodcastで世界の様々な国から最新のエレクトロニック・ミュージックを毎月第1・第3木曜日に配信中。開催するパーティではレジデントDJのロングセット、DJとシームレスな関係性のマシンライブ、ビデオ・シンセサイザーによる映像を中心に構成しており、各出演者の世界観を十二分に堪能できるよう限定された人数でストーリーを有機的につむぐことを大切にしている。またDJ及びライブ・パフォーマンス・ユニットとして空間の大小に関わらず、イベント間でのコラボレーションや野外フェスなど、その環境を最大限に生かしたパフォーマンスを行っている。 その他海外からのアーティストの招聘や共演も積極的に行っており国際的な視野で活動中。【MUSICA MUNDI's Podcast】 https://itunes.a ...
 
Loading …
show series
 
ヤンデル先生の新刊と、三省堂書店池袋本店 ( @ikehon_sanseido ) で展開しているヨンデル選書の話です。 中高生向けに病気の話を書いたら、「分かりやすい」と大人に好評だそうです。 どこからが病気なの? (ちくまプリマー新書) 市原 真 (著) 三省堂書店池袋本店 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
シェリル・ノームと渋谷凜が美しいという話です。 星間飛行/マクロスF/ランカ・リー/シェリル・ノーム/渋谷凜/抽象/縮約/イデア/絵/電磁波(光)/不気味の谷現象 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メールありがとうございます。すべてのメールを紹介できませんが大切に読んでいます。 最近、感想ツイートに反応できずごめんなさい。また頑張ります。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
前回、ヤンデル先生の読んだ本の話をしているうちに、またもや心や意識を今の科学がどう扱っているのかの話が始まったので、その続きです。正月気分の残滓としてお楽しみください。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
1月7日更新の年始回です。2019年にヤンデル先生が読んだ本で記憶に残っているものについて話しています。休み明けの隙間に聞いていただければ。 本好きの下剋上/世界は寒い/ほしとんで/AIの遺電子/急に具合が悪くなる/阿・吽/意味がない無意味/なぜ私は一続きの私であるのか/タコの心身問題 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
大晦日更新の年末回です。2019年に放送されたアニメ作品について思いつくままに話しています。お休みの時間つぶしにどうぞ。 日常/仙狐さん/上野さん/かぐや様/コップクラフト/プロメア/旗揚!けものみち/慎重勇者/バビロン/本好きの下剋上 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
SNS上では好きな作品や製品についてのツイートが毎日流れてきて楽しいですが、ファンとコンテンツの関係性についてファン側からの視点で話してみました。 ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために (ちくま新書) 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メールを出していただいた皆さん、感想をツイートしてくださった方、ありがとうございます。 短いメールから長いメールまで楽しく読んでおります。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
わたし(よう)が毎週、金曜日にあげているnoteを題材にして、文章を書く時に考えていることとかを話しています。 『トクサツガガガ』の話もちょっとしました。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
前回のつづきですが、今回は少し視点を変えてナラティブについてです。 情報を共有する上では、ロジックを練るよりもお互いの価値観を話し合ったり伝えかたを変えたりすることのほうが重要ではないかという話です、たぶん。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
ここ数年ヤンデル先生が考えている医療情報の共有について改めて話してもらいました。 正しい情報の共有は医療に限らず難しいですが、とりあえず今回のキーワードはコミュニティーとナラティブです。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
研究者や医療関係者がひとつのことに興味を持って学んでいく様子は、オタク的なのかサブカル的なのか、というテーマで話し始めたのですが、オタクとサブカルの定義でもめた上に明後日の方向に話が転がってしまいました。 ゴールにたどり着けない様子をお楽しみいただければ……。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
ヤンデル先生の東京出張の時にご飯を食べながら収録した雑談です。 縦書きと横書きの文章の違いや、記憶について話しています。 雑音でお聞き苦しいかと思いますがお時間のある時にどうぞ。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メールしていただいた皆さん、感想をツイートしていただいた方、ありがとうございます。 最近、少し「お手紙」の量が増えたような気がします。あと大体メールが長くて嬉しいです。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
話題が思いつかないと相談をしたら、ヤンデル先生が「アニメについて聞いてもいいですか?」と言われたので、おっかなびっくり答えています。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
ふたりとも科学全般に興味があるのに何を置いてもSFが好き、というわけではないのはなぜなのか考えてみました。 良し悪しではなく、自分たちの嗜好について把握しようという試みです。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
もう10回目なのですね。お気楽な回なのでお暇な時の時間つぶしにでも聞いていただけると幸いです。 相変わらず京都アニメーションの話から始めています。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メールをしていただいた皆さん、感想をツイートしていただいた方、ありがとうございます。 メール読んでる時がいちばん楽しい。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
たまには真面目にサイエンスについて話してみましたが難しいですね。 近年、よく耳にするオーダーメード医療に人類が到達するまでには長い時間が必要だったということが話したかったのですがうまくいっているでしょうか。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
職業柄も含めて、こういった質問にどう答えるか、ちょっと悩むことがあります。 決して聞かれたくないということではないのですが、明確に答えるのが難しい上にどういった方向性の質問なのか図りづらいこともあります。 文字起こし版 by keiさん(本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メールをしていただいた皆さん、ありがとうございます。 Podcastを聞いて、感じたこと、思い出したこと、考えたことが伝わってきます。 文字起こし版 by keiさん (本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
先週の続きです。さらにネタバレしています。 言葉と言葉の間にあるような微妙な感情を表現する作画。画とシンクロした、繊細なコントロールを要する演技。むやみに観客の感情を煽らない、世界の一部としてそこに存在する音楽。少女の透明な憂鬱を象徴する撮影。 全て、好きです。 京都アニメーション支援金の案内 文字起こし版 by keiさん (本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
京都アニメーションの中で、いや、すべての映像作品の中で最も好きなアニメーションの感想を話しています。 ネタバレあり。音声中、「のぞみ」と「みぞれ」をところどころ入れ違えてしまっています。すみません。 京都アニメーション事件で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 京都アニメーション支援金の案内 文字起こし版 by keiさん (本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
基礎研究予算についてあれこれ話そうと思っていたのですが、結局、限られた予算の中で実験を行う毎日についての愚痴になってしまっています。 文字起こし版 by keiさん (本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています) 「いんよう!」ブログ
 
メール回、第4弾。送っていただいた方、感想、ファンアートをツイートしてくれた方、ありがとうございます。 文字起こし版 ( by keiさん ) keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。
 
わたしの尊敬する人がわたしの好きなものを話しているという「俺得」な本があったので浮かれています。 (7月12日収録) 文字起こし版 ( by keiさん ) keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。 真理の探究 仏教と宇宙物理学の対話(佐々木閑、大栗博司)
 
50回を目前にして、ようやくわたし「よう」が『フラジャイル』を最新刊まで読みましたので、感想を話しております。 ヤンデル先生の、フラジャイルを好きすぎてうまく話せていない様子が面白かったです。 (7月12日収録) 文字起こし版 ( by keiさん ) keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。 フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1)(草水敏、恵三朗)
 
恒例の雑談回。 話し忘れていた早指し棋戦の話題から始まり、各回で漏れてしまった内容を中心に喋っています。 話しているふたりの気持ちが浄化されていく様子を生暖かい耳でお聞きいただければ。 文字起こし版 keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。
 
聴いていただいている方から随時、感想メールを募集していますが、それとは別にコーナーのようなものを作るとしたらどんなものがいいのか話し合っています。 しかし、アイデアがあったわけではないのでこれまでで最もフワフワした回になりました。 どうかお許しください。 文字起こし版 keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。
 
小説とエッセイと専門書を両立させた本書を読んだ感想。 ケアやセラピーと日常系アニメについて話しています。 専門的な内容に触れながらも、青春小説でもあり、臨床心理士としての日常を切り取ったエッセイににもなっている希有な書籍です。 居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 (シリーズ ケアをひらく) 東畑 開人 文字起こし版 keiさんが本編の音声の文字に起こしたものをnoteに上げてくれています。
 
観る方の将棋の話です。ルールしか知らないのになぜか最近、将棋を観ています。 内容の細部は分からないけれど面白いことってあるなあと思い、サイエンスコミュニケーションに似ている!と理由をこじつけてみました。 要はプロ棋士の方々のキャラクターが好きなんです。個性的で楽しいです。 文字起こし版 by keiさん
 
雑談回です。お気軽にお聞きください。 柞刈湯葉/まず牛を球とします/bot化したアカウント/郷愁/事務員G/note/論文/科学のアーカイブ/飯の種/基礎研究と応用研究/物事にフィットする/らき☆すた/絵柄/ネイティブとノンネイティブ/ゆるキャン△/意味がない/社会的価値 『いんよう!』文字起こし版 (by keiさん)
 
2019年5月6日に開催された第二十八回文学フリマ東京で販売された同人誌の感想の二回目。 案の定、一回では終わらなかったので延長戦です。 前回、燃え殻さんとSHARPさんの作品について話したので、今回は末吉宏臣さんと浅生鴨さんの作品についてです。 ブンガクフリマ 28ヨウ 『いんよう!』文字起こし版 (by keiさん)
 
2019年5月6日に開催された第二十八回文学フリマ東京で販売された同人誌の感想です。 燃え殻さん、SHARPさん、 末吉宏臣さん、浅生鴨さんによる短編小説集です。 扱っている繊細なテーマが四者四葉に表現されていて、読んでいてニヤニヤしてしまいます。 ブンガクフリマ 28ヨウ 『いんよう!』文字起こし版 (by keiさん)
 
少し前のことになりますが、立て続けにヤンデル先生が本を出版しました。 今回は、その話を聞いています。 編集者との共同作業で、より一般向けに仕上がっていった様子などを話してくれました。 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療”のリアルな話』 『Dr.ヤンデルの病院選び ヤムリエの作法』
 
研究や病理診断で使う器具や道具の話。 もっと道具っぽい話題にしようと思っていましたが、マニアックな研究機器についてひたすら喋ってしまいました。 皆さまにとっての、仕事や趣味で使う思い入れのある「道具」は何でしょうか?
 
息抜き回。 冒頭は、『水曜どうでしょう』のディレクター藤村さんと嬉野さんが始めたYoutubeチャンネル『水曜どうでしょうTV』について。 最後に、英語のリズムと、日本語で話すときのリズムについて。 寝る前や、ぼんやりしたい時のお供にしていただけると幸いです。 藤やんうれしーの水曜どうでそうTV
 
感想メールを送ってくれた方、ありがとうございます。全て目を通しています。 ご紹介できるのは一部ですが、まずはメール紹介の第一弾です。 メールを読むと新たに話したいことが出てきますね。 感想ツイートもそうですが、みなさんの意見に触発されます。
 
2019年2月22日に行われた『第24回 全国納豆鑑評会』 「なんでヤンデル先生が審査員をやってんだ!?」 とびっくりしたので経緯を聞いています。 そこから、評論すること、あるいは評価することについて話が及んでいます。 全国納豆鑑評会
 
三省堂書店 池袋本店で2018年の12月から行われている『読んだらバズる ヨンデル選書』も終盤を迎えつつあります。 ヤンデル先生が選んだ本を毎月入れ替えながら半年にわたって行われる。その途中経過と感想を話しています。 関連して、告知/宣伝の方法についても触れています。 ヤンデル先生の『読んだらバズる ヨンデル選書』 三省堂書店池袋本店特設サイト note (Shin Ichihara/Dr. Yandel)
 
32回という中途半端なタイミングでPodcastをやってみた感想を話しています。 慣れてきてダレてくる頃合いなので、もう一度仕切り直しの意味も本人の中にはあります。素人なりのフリートーク論についても触れています。
 
月に一度、4本から5本分まとめて収録しているのですが、その中の息抜き回です。冒頭でアニソンを投げつけたあと、その流れのまま雑談に移行しています。 寝る前、ぼんやりしたい時などのお供にしていただけると幸いです。 アクアテラリウム/やなぎなぎ/凪のあすから/岡田麿里 アクアテラリウム (通常盤) TVアニメ「凪のあすから」エンディングテーマ
 
公衆衛生学の専門家であり医師であるハンス・ロスリングを中心に書かれた『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』 内容の素晴らしさについては各所で触れられているので、今回は、私(よう)とヤンデル先生(いん)の読書体験としての感想を主に話しています。 FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login