×
CRI Japanese 公開
[search 0]
×
最高の CRI Japanese ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 12月 2019)
最高の CRI Japanese ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 12月 2019
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
C
CRIニュース
毎日
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
ハイウェイ北京
ウィークリー+
 
 
中国メロディー
ウィークリー
 
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
 
中国のさまざまな情報をここからお伝えします。
 
いきいき中国
月ごとの
 
5千年の歴史と13億の人口、最先端のライフスタイルから昔ながらの懐かしい暮らしまで、ありのままの中国を紹介する番組。中国人の暮らしに関するホットな話題や中国の世相を語るキーワードにスポットを当てて、躍動の中国を身近に感じていただきます。ナビゲーター:劉叡琳(りゅう・えいりん)、志摩悦二郎(しま・えつじろう)、吉野綾子(よしの・あやこ)
 
古典エナジー
月ごとの
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
漢詩歳時記
月ごとの
 
 限られた文字の中に、悠久の歴史や雄大な景色、時に心のひだが織り込まれている漢詩。日本語と中国語の朗読で北京の季節の移り変わりとともにお伝えします。
 
たのしい中国語
月ごとの
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
テツヤの部屋
月ごとの
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
中国人物辞典
毎日+
 
中国を知るには、まず、“人”から! 中国で話題の人や歴史上の人物を中国人と日本人の男女のパーソナリティが楽しく紹介します。
 
中国映画情報
月ごとの
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
Loading …
show series
 
「2018準ミス日本」の受賞者である早稲田大学国際教養学部3年の霜野莉沙さんに、日本の「ミスコン」文化を紹介してもらうほか、北京大学への留学の感想を伺います。
 
12月上旬、北京は色づいた紅葉の時期が終わり、冬の気配が感じられるようになります。中国南西部の雲南省、貴州省、広西チワン族自治区には、多くの少数民族が暮らし、音楽も多彩で民族音楽の宝庫と呼ばれています。今回と次回の中国メロディーは、その中国南西部の少数民族の、恋愛や結婚に関する風習と恋歌をご紹介します。
 
チャンヤンチュオマーは温かく、深く豊かな歌声で、最も美しいメゾソプラノと呼ばれています。しかし、デビューする前は、家が貧しく、生計にあくせくし、生活の苦しさを嘗めつくしていました。こうしたひもじい生活は彼女の歌声に独特な魅力を与えています。今回の中国メロディーは、引き続きチャンチュオマーの歌をお伝えします。
 
前半は引き続き安徽省合肥市で開かれた中国初の「全国日本語アフレコ大会」でのインタビューです。出場選手から、運営に携わった主催大学の学生、教師、全国各地から集まった審査員の皆さんにマイクを向けてみました。後半は毎月最終週に放送する「イタズラ爺さん・奥田正彦さんのハンコ彫り」のコーナー、今月の印文は、中唐の詩人・皎然の詩「九日與陸處士羽飲茶」から「俗人泛酒」です。
 
今回はこのコーナーに初登場の青森県からゲストを迎えました。4月から、クレア北京事務所所長補佐として赴任した三浦敬司さんです。「りんごの里」として中国でも名高い青森県。中国ではどのような県として知られているのか。また青森県がとらえる中国との地方交流、観光交流の姿も伺います。
 
ブルースにゾッコンの虎子さんのインタビューの3回目です。今回はこの夏、シカゴ・ブルース殿堂入りを果たしたブルース・ピアニストの有吉須美人さんの中国ツアーでの見聞、そして、今の中国ブルースシーンをめぐり、引き続きお話を伺います。
 
先週の土曜日(16日)、安徽省合肥市で開かれた中国初の「全国日本語アフレコ大会」でインタビューした内容をご紹介します。インターネットの普及に伴うコンテンツの多様化で、語学の習い方に大きな変化が生じました。これを背景にしたアフレコ大会の開催ですが、大会の様子と選手たちの思いをお伝えします。
 
チベット族の民謡歌手・チャンヤンチュオマー。中国の民謡界で、温かく深く豊かな歌声と端正で重々しい容姿で、「最も美しいメゾソプラノ」と讃えられています。その独特な魅力ある歌声は、チベット族に喜ばれているだけでなく、ほかの民族も魅了しています。今週の中国メロディーは、そんなチャンヤンチュオマーの歌をご紹介します。
 
東北生まれの中国人・虎子さんは日本語と日本をきっかけに、ブルースの世界にはまり込んでいく話の続きです。上海で充実した商社マン人生を8年歩んだ虎子さんは、ある出来事をきっかけに人生の進路を大きく変えます。ブルースを職業にすることを決めた彼はまず敢行したのは、ブルースのルーツを探す旅でした。
 
今週の番組は、お便りの紹介に続き、「旬な話題」では11月11日の「ダブル11」に行われたネットショッピング・フェスティバルと5日から10日まで上海で開催された第2回中国国際輸入博覧会との2つのイベントについてお話しします。
 
今年の8月上旬、世界合唱コンクール&第4回ヨーロッパ合唱コンクールがスウェーデンの港町・イエテボリで開催されました。広東省広州市のウミツバメ合唱団と華南師範大学合唱団が抜群の歌唱力で素晴らしい成績を収め、広州市のレベルの高さを見せつけました。合唱という芸術の花が、なぜ広州の地で輝きを放つのか、今回の中国メロディーは広州市の素晴らしい歌声に乗せて、合唱の魅力を楽しみましょう。
 
沖縄の世界遺産・首里城で火災が起き、大きな被害をこうむったことについて、心よりお見舞い申し上げます。早期復旧を祈っております。今週の番組は、お便りの紹介に続き、2年連続で上海で開催されている中国国際輸入博覧会にフォーカスします。チャイナ・メディア・グループによる報道や各国の出展を中心にご紹介していきます。
 
中国とブルース?日本語が架け橋となったブルースとの絆?商社マン出身のミュージシャン?今日は謎だらけのブルースミュージシャンで、コーディネーターと会社経営者でもある虎子(シャウ・フー)さんの成長物語です。
 
Google login Twitter login Classic login