show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
Loading …
show series
 
▼【旬な話題】中国の有人宇宙船「神舟12号」が無事帰還中国の「バミューダ・トライアングル」、探険隊が実地調査▼【CRIインタビュー】豊かな人生を送るヒント 長老から若者へのメッセージ~早稲田大学元総長西原春夫さんに聞く
 
9月は新学期が始まる季節です。93歳になっても若者に顔負けしない元気さで平和運動に取り組み続けている早稲田大学元総長の西原春夫さんに健康長寿のコツ、そして、豊かな人生を送るうえでのヒントを巡りお話を伺いました。
 
東京から帰国し、現在隔離中の董福利コーチに電話でインタビューしました。パンデミックの中に開かれたパラリンピックの意義、そして、車いすテニスというパラスポーツの中国での展開の様子などを伺いました。
 
「旬な話題」は大学生の就職に向けた思いを調べたアンケートの結果をご紹介します。「CRIインタビュー」では、「東京パラリンピックを振り返って」と題して、車いすテニス中国代表コーチ・董福利さんへのインタビューをお届けします。
 
9月2~7日、北京で開かれた「2021年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)」の「スポーツサービス展」に出展した日本国政府観光局(JNTO)などのブースで取材しました。  世界ではモノの貿易に対し、国際観光などのサービス産業による貿易が、世界の貿易(輸入額)の約20%を占めており、その割合は2030年までに25%にまで上昇すると言われています。それを背景に、中国商務部と北京市人民政府の共同主催による中国国際サービス貿易会は、2012年から毎年北京で開かれています。今年の交易会には、153の国と地域から1万社余りの企業・団体がオンライン、オフラインの形で出展しています。  今回の博覧会はこれまでの2008年北京オリンピックの選手村付近にある国家会議センターの会場に加え、北京の西部にあり、…
 
名古屋ゆかりの「ピンポン外交」から50年となる今年、先日、名古屋市内で開かれた「温故知新 ピンポン外交が導く未来」と題したシンポジウムの様子を引き続きご紹介します。先週の生き証人たちの声に続いて、今週は50年前のピンポン外交が今日にもたらす示唆をめぐり、シンポジウムで話された内容を抜粋してお届けします。
 
「旬な話題」は中国で話題になった東京パラリンピックの感動的な瞬間をご紹介します。「スペシャルバスケット」は「中国人の海外旅行意向変わらず コロナ後の急回復に日本の期待高まる」と題して、関係者へのインタビューなどをお届けします。「CRIインタビュー」はピンポン外交50年を記念し、名古屋で開催されたシンポジウムに関するお話をお送りします。
 
▼「ひと」2020東京パラリンピック・車いすテニス中国代表・董福利ヘッドコーチ▼中国人初の男子100m決勝進出の蘇炳添、東京五輪を振り返る​▼【CRIインタビュー】ピンポン外交から50年、名古屋で記念シンポジウム(上)~生き証人たちの声
 
中米の和解と中日国交正常化などのきっかけとなった「ピンポン外交」から50周年となる今年、その歴史的意義を振り返り、歴史から学べるものについて語り合うシンポジウムが26日に、「ピンポン外交」ゆかりの地、名古屋市内で開かれました。「温故知新 ピンポン外交が導く未来―ピンポン外交50周年記念シンポジウム」と題したこの行事は中国駐名古屋総領事館、愛知県日中友好協会、愛知県卓球協会、新建文化スポーツクラブにより共同開催され、リモート参加も含め、約300人の出席を引き付けました。今回はシンポジウムでスピーチをした生き証人たちの話を抜粋してお届けします。
 
「戦争のない世界を作るために必要なこと~93歳から若い世代へのメッセージ」と題して、早稲田大学元総長で、「東アジア不戦推進機構」代表・西原春夫さんにお話を伺いました。
 
中国共産党創立から100年を迎えた今年、平和研究の視点から中国共産党の歩んできた歴史を見つめ続けてきた日本の学者がいます。現在は上海交通大学で研究活動を続けている石田隆至さん(50歳)です。
 
「旬な話題」は東京パラリンピック中国選手団の構成、中国の宇宙飛行士による2回目の船外活動などにフォーカスします。「CRIインタビュー」は中国共産党創立100年特別企画、「平和的アプローチこそ最大の特徴」と題して、歴史学者・石田隆至さんへのインタビューをお届けします。
 
「旬な話題」では、東京五輪から帰国の中国選手が隔離生活の様子をSNS上で公開していることにフォーカスします。「CRIインタビュー」は「戦争のない世界を作るために必要なこと~93歳から若い世代へのメッセージ」と題して、早稲田大学元総長、「東アジア不戦推進機構」代表・西原春夫さんへのインタビューをお届けします。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login