show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
2016年から2017年の間に放送された「Dr.劉のお悩み相談室」がリニューアルして復活しました!新しいアシスタント梅田謙さんを迎えて、今を生きる中日若者の悩み相談に対して意見やアドバイスを提供して行きます。急成長を遂げていく中国、そのような社会背景で日々生活をする若者たち、いったいどのような悩みを抱えているのでしょうか、どうぞ番組をお聞きください。
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
5千年の歴史と13億の人口、最先端のライフスタイルから昔ながらの懐かしい暮らしまで、ありのままの中国を紹介する番組。中国人の暮らしに関するホットな話題や中国の世相を語るキーワードにスポットを当てて、躍動の中国を身近に感じていただきます。ナビゲーター:劉叡琳(りゅう・えいりん)、志摩悦二郎(しま・えつじろう)、吉野綾子(よしの・あやこ)
 
Loading …
show series
 
「旬な話題」で北京の菊花文化祭、北京生まれのクロエ・ジャオ監督が手がけたアメリカの映画『ノマドランド(Nomadland)』が第77回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に受賞したことをご紹介します。後半は、新型コロナウイルスとの闘いで優れた貢献をした医師の一人、鐘南山氏の生い立ちにフォーカスしてお伝えします。
 
今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。ドクター劉が開設した「オンライン相談室」では、悩める各地の若者たちと北京のスタジオをつないで、そのお悩みにお答えしていきます!今回はいつも番組を聞いてくれているリスナーからの逆指名で実現したリスナー代表回!さらに出演者はなんと初の高校生です。上海外国語大学付属大境中学校に通う高校3年生の蒋理嘉さんは独学で日本語を学び始め、気づけば日本語能力試験1級に合格するほど、日本語が上達しました。高校卒業後は日本への大学進学を目指していますが、その進路に関して悩みがありました。それは「日本語を話せる環境がない」ということです。日本に留学する前に、日本人とたく…
 
9月3日は中国では中国人民による抗日戦争ならびに世界人民による反ファシズム戦争の戦勝記念日です。 今日の番組はこの夏、リスナーの皆さんから寄せていただいた「コロナ禍の戦後75周年、私が今思っていること」の投書を総括させていただきます。最後は、歌で歴史を銘記し、平和と友好の思いを伝える活動に取り組み続けている作詞家大門高子、現在は東京在住の中国残留孤児・波多野晶子さんのインタビューをお届けします。
 
・安倍首相辞任表明、中国での報道の仕方・新学年開始、コロナ対策に万全を期する中でキャンパス再開・<特別寄稿>奥田正彦さんのハンコ彫:「秋扇」・戦後75周年特別企画~歌で平和と愛を伝えよう
 
今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。 ドクター劉が開設した「オンライン相談室」では、悩める各地の若者たちと北京のスタジオをつないで、そのお悩みにお答えしていきます! 今回は北京語言大学の留学生・米澤嘉起さんの「外出を自粛しているとオンオフの切り替えができない」というお悩みをお届けします。 新型コロナの影響で、人々のライフスタイルに変化が起きています。社会人にとってはリモートワークやオンライン会議が、学生たちにとってはリモートでの授業や試験などが当たり前になりつつあります。そんな外出できない状況下で、米澤さんはオンオフの切り替えができないと悩んでいる様子。果たして、お悩みの解決策は見…
 
中国での滞在歴が通算12年になる小栗さんに、中国がビジネス環境の改善に向けた取り組み、中国政府が最近良く言及している「国内大循環」の真意、開催まで2か月余りとなった第3回国際輸入博覧会に寄せる期待などをめぐりお話を伺います。
 
前半は「旬な話題」。現在開催中の第10回北京国際映画祭や中国式バレンタインデー「七夕」、災害対策でも大役を果たしている「北斗衛星測位システム」にフォーカスします。後半はCRIインタビューです。中国滞在通算12年になり、この8月13日に解任して日本に本帰国した、日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所所長の小栗道明さんに電話でインタビューしました。2020年の中日経済貿易の最前線、上海を拠点に実感したことをお送りします。
 
前半の「旬な話題」では、中国の食料事情にフォーカスします。今年夏収穫の食糧生産量も含め、中国の食糧生産と消費の現状にスポットを当ててご紹介します。後半の「CRIインタビュー」では、中国滞在暦通算12年、この8月13日まで日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所所長を務めていた小栗道明さんに電話でインタビューしました。一回目は小栗さんが上海を拠点に実感した華東地区進出日系企業の「復工復産」(企業活動再開)の様子と日系企業の中国市場への見通しについて伺います。
 
ゲストは今年8月中旬まで日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所所長を務めていた小栗道明さんです。小栗さんは1994年にJETROに入構。その後JETRO北京事務所(1999~2004年)、広州事務所(2004~2006年)、本部企画部海外地域戦略主幹(北東アジア)などを経て、2015年~2020年8月半ばまでJETRO上海事務所所長。中国滞在暦が通算12年に上ります。この8月13日に任期満了に伴って本帰国して現在は東京勤務。今日のインタビューでは、小栗さんに上海で実感した中国の経済社会活動再開の現状、華東エリアの「復工復産」(社会経済活動再開)の成果と現場から上がった「要改善」の点、また、エスカレートしつつある中米摩擦を背景に、アンケートで突き止めた日系企業の中国市場への見通しなどを巡りお…
 
今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。 ドクター劉が開設した「オンライン相談室」では、悩める各地の若者たちと北京のスタジオをつないで、そのお悩みにお答えしていきます! 今回の相談は浙江工業大学の卒業生で社会人3年目の呉宇麗さんの「今後の再就職について悩んでいる」というお悩みをお届けします。 お悩み相談室には、出演者の同年代を中心に多くのリスナーから感想や応援のメッセージが届いています。今回は、メッセージをくれた熱心なリスナーの一人に「リスナー代表」として特別出演してもらいました! このコーナーには珍しく、すでに社会人の呉さんが抱える悩みは、再就職について。大学で日本語を学び、卒業後に…
 
今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。 ドクター劉が開設した「オンライン相談室」では、悩める各地の若者たちと北京のスタジオをつないで、そのお悩みにお答えしていきます! 今回の相談は北京外国語大学2年生・楊哲毅さんの「将来の仕事について親の期待とのギャップに悩んでいる」というお悩みをお届けします。 多くの親が「将来、子供には安定した仕事についてほしい」と願うことでしょう。とりわけ中国では年々、就職活動は熾烈を極めています。毎年数百万人の新卒大学生がしのぎを削っているため、このような親の思いは一層強まるばかりです。今日の相談者の楊さんも、まだ2年生ながらそのような思いに直面していました。…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login