CRI Japanese 公開
[search 0]
×
最高の CRI Japanese ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 5月 2020)
最高の CRI Japanese ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 5月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
5千年の歴史と13億の人口、最先端のライフスタイルから昔ながらの懐かしい暮らしまで、ありのままの中国を紹介する番組。中国人の暮らしに関するホットな話題や中国の世相を語るキーワードにスポットを当てて、躍動の中国を身近に感じていただきます。ナビゲーター:劉叡琳(りゅう・えいりん)、志摩悦二郎(しま・えつじろう)、吉野綾子(よしの・あやこ)
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
Loading …
show series
 
今年の政府活動報告とそこから見える中国経済の動きをめぐり、北京にある対外経済貿易大学国際経済研究院の日本籍の教授、西村友作さんのインタビューです。
 
斉鵬記者に全人代の代表や政協会議の委員に聞いてきた話に続いて、CRI日本人スタッフの梅田謙さんに彼が注目している「民法典」草案に説明してもらいます。最後は今年の政府活動報告とそこから見える中国経済の動きをめぐり、北京にある対外経済貿易大学国際経済研究院の日本籍の教授、西村友作さんのインタビューです。
 
18日にテレビ会議方式で開幕したWHO年次総会での習近平国家主席の演説、鐘南山氏がメディアに話した最新の状況判断、新型コロナと戦う中国各地の最新の動きに続いては、22日に開幕する全人代の注目スポットを取り上げます。
 
「新型コロナと戦う最前線」では、武漢市の最新の動きをご紹介します。続いて、「経済・社会活動の再開に向かって」では先週に引き続き、新型コロナ感染症が中国人の生活にもたらす変化にフォーカスします。後半は「新型コロナでつながれた中日の絆」。南京の感染対策をドキュメンタリーに作り、世界に発信したことで注目された南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんへのインタビューをお届けします。
 
南京の感染対策をドキュメンタリーに作り、世界に発信したことで注目された南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんへのインタビューをお届けします。
 
毎年5月1日はメーデーで、この日は労働者のための日と言われます。新型コロナによる打撃を受けた中国にとって今年のメーデーは特別な意義があります。三カ月にわたる新型コロナとの戦いを経て、ようやく通常の生活に戻れようとしています。これは医師や看護師、臨時病院の建設者らの貢献と努力なしにはあり得ないことです。今回の中国メロディーはこれらの人々に労働者の賛歌を捧げます。
 
「旬な話題」では、中国のミュージシャン130人余りがバーチャル・チャリティー・コンサート「未来を信じよう」を開いていること、中国が常態化するウイルス予防・抑制と日常生活の再開に向けて模索を続けることについてご紹介します。「新型コロナウイルスと闘う最前線」では、新型コロナによる感染症に後遺症が残るかについて、中国工程院院士で感染症対策の専門家である鐘南山氏による最新の観測結果のほか、湖北支援の医療従事者4万2千600人がゼロ感染を実現できた理由などをお伝えします。そして、新企画「経済・社会活動の再開に向かって」のコーナーでは、新型コロナ感染症が中国人の生活にもたらす変化にフォーカスします。
 
「新型コロナウイルスとの戦いでつながれた中日の絆」では、中国の医療現場で蓄積された最新の知識と治療経験を日本の病院や研究所に届けたく、ボランティアチームを立ち上げて医学資料の翻訳活動に取り組んでいる若者二人のインタビューです。
 
中国の医療現場で蓄積された最新の知識と治療経験を日本の病院や研究所に届けたく、ボランティアチームを立ち上げて医学資料の翻訳活動に取り組んでいる若者二人のインタビューです。
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login