#6 こだわりと表現が今に続く。 ~ Guest:NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)、林 幸治(TRICERATOPS / Northern Boys)

58:47
 
シェア
 

Manage episode 277874857 series 2818767
著作 GOTOWN Podcast Club の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

今回は、LOVE PSYCHEDELICOのギタリスト・NAOKI( https://twitter.com/NAOKI_DELICO )とTRICERATOPSとNorthern Boysのベーシスト・林 幸治( https://twitter.com/koji_hayasi )をClub(部室)に迎えます。今配信はNAOKIの話を中心に、LOVE PSYCHEDELICOの結成、デビューまで、バンドの活動、音をこだわる理由、音・演奏の面白さ・魅力され続ける理由は何(林さんのベースの演奏やスタイルを例に挙げながら)話していきます。音楽の話は、ミュージシャンならではの観点で分かりやすく解説もあるので、ぜひこのPodcastを聴いた後に楽曲など聴いてみてくださいね。

NAOKIは、KUMIとロックデュオ・LOVE PSYCHEDELICOで活動中。1997年に結成、今年2020年はデビュー20周年を迎える記念すべき年。KUMIとの出会い、レコード会社との出会いからデビューまでの道のりを明かす。レコード会社のスカウトマンに渡ったデモテープは、荻窪のライブハウスで、その後、連絡はあったものの、対大人の態度でその当時のNAOTOは音信不通になる。活動は続けており、楽曲も数多く生み出す、2年の月日が経ち、思い出したかのように速達で送付。反応は即あり、なんとデビューまでの準備をしてくれていたそう。そこから、デビュー楽曲「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」LOVE PSYCHEDELICOの楽曲はどう生み出されて、どういう演奏スタイル、そこにこだわりは?とNAOKIに気になることを西寺から伺います。そこからベース林の話へ。いいベーシスト然り良いミュージシャンとは?好きだからこその想いは・・

38 つのエピソード