#22-study CDLE勉強会#8 北大発ベンチャーの挑戦 「AIの社会実装。地域における現状と課題」 / 中村拓哉さん

1:06:59
 
シェア
 

Manage episode 300947928 series 2975156
著作 Ken@CDLE の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

今回のエピソードはCDLE勉強会#8の音源を配信します。

【講師】株式会社調和技研代表取締役社長 中村拓哉さん

【講演タイトル】 北大発ベンチャーの挑戦 「AIの社会実装。地域における現状と課題」

【概要】第3次AIブームとは別の文脈で、当社は12年前に大学研究室の研究成果を社会実装してみようと言う目的で設立されました。 最初はサークル活動の延長のような状況で無我夢中でしたが、ここ数年ようやく会社らしくなってきたところです。 今回のお話は、まず、これまでの過程で感じた大学発ベンチャーならではの難しさをお話ししたいと思います。それは、設立最初の夢をずっと持ちながら、産学官と調整しつつも実際の経営を継続する難しさです。例えて言うと、勝負に勝てない場合でもイーブンまではもっていくバランスの重要さです。もうひとつは私たちのように夢だけで起業した場合に人、金 モノをどう調達するか、転ばないように自転車をこぎながら、どうやって事業をスケールアップさせるかについてです。

もう一つお話させて頂くのは、実際の当社のケーススタディです。 少子高齢化を背景に今もお客様からのご相談は非常に増えていますが、実運用に耐えられる精度を求められる現状に対しハイブリットに解決していく当社の特徴にも触れたいと思います。特に画像、言語、数値系といった幅広い分野への取り組みがようやくAI導入を考える企業様の要望にマッチしてきた現状について事例を用いながらお話させていただきます。

/------------------------------------------/

AI・ディープラーニングの社会実装を目的とする参加者3万5000人を超える日本最大のAIコミュニティ、Community of Deep Learning Evangelists (CDLE)が運営し、CDLEの活動、ビジネスに役立つAI活用情報やAIスタートアップに関する情報を紹介する番組です。また、対談を通じて人生を豊かにするヒントを得られるかもしれません。

CDLEとは:

日本ディープラーニング協会(JDLA: Japan Deep Learning Association)が実施するG検定またはE資格保持者が加入できるコミュニティです。

JDLA (non-profit organization):

https://www.jdla.org

Twitter:

https://twitter.com/jdlanews

Youtube:

https://www.youtube.com/channel/UCmzOgHRgJYxgoOkuDXWdzRg

Facebook:

https://www.facebook.com/jdla123/

BGM from royalty free music:

https://www.epidemicsound.com

82 つのエピソード