ゴールドとビットコインの希少性のモデル化と市場規模の推定

16:05
 
シェア
 

Manage episode 244208510 series 2555669
著作 ビットコイナー反省会 の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

少し前に公開された記事なのですが、デジタルゴールドとしてのビットコインの希少性をモデル化し、ゴールドやデジタルと比較、適正価格のモデル化などをした記事が面白かったので、紹介、説明しています。 オリジナル英語記事↓ https://medium.com/@100trillionUSD/mo... 日本語翻訳↓ https://medium.com/@leriansfield/%E5%... 市場流通量(Stock)と新規発行量(Flow)の割合が希少性を決定し、それとゴールドなどのコモディティの市場規模も大きな相関があるというのがメインの主張ですが、ビットコインとゴールドの類似性を定量的に分析、モデル化しているのが面白いです。 もし仮にこの説が正しいとしたら、来年の半減期以降のビットコイン価格は大体55,000ドルになるはず、という試算になっているそうですが、実際にはこのモデルの問題点や他にも考慮しなくてはいけない要因もあり、そこらへんについても考察、説明しています。 今回の記事含め、ビットコイン関連の技術、マーケット、トレンドなどはビットコイン研究所で毎日コラムを更新しています。より詳しく知りたい、質問などしたい人は是非参加してください。 【ビットコイン研究所】 https://lounge.dmm.com/detail/205/?fb...

72 つのエピソード