国宝「救世観音像」を8K画質で3DCG化 「現地調査以上の情報量」と仏像研究者も驚嘆

9:25
 
シェア
 

Manage episode 313593050 series 3277178
著作 あらたろう の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
NHKと東京国立博物館は、8192×8192ピクセル(約6700万画素)のテクスチャー17枚を使い、国宝「救世観音像」の8K画質の3DCGモデルを作成した。NHKが6月18日に仏像研究者向けにCGモデルを公開したところ、「現地調査以上の情報量を得られた」と、再現性の高さに驚きの声が上がった。このCGモデルの作成は、NHKと東京国立博物館の共同プロジェクト「8K文化財プロジェクト」の一環として行われた。調査会では、東京のNHK技研と奈良放送局にある「8Kスーパーハイビジョンシアター」にCGモデルを投影し、ゲームエンジン「Unreal Engine 4」を使い、自由に動かすことを可能にした。それぞれのCG操作は、東京と奈良で同期するようになっていて、双方で同じ3DCGの映像を観察することができる。  この共同プロジェクトでは国宝などの文化財をデジタルアーカイブとして残すことで、文化財の新しい価値を探っている。2021年は聖徳太子の没後1400年の節目になることから今回、救世観音像にスポットが当たったという。

94 つのエピソード