茶々入れおじさん 第138回放送 コロナの感染者がひとりもでなかった我が故郷岐阜県瑞浪市!近隣の街は根こそぎやられているのに…コロナの流行にすら乗り遅れる田舎町!しかしこの終盤にきて流行おくれの感染が…コロナが街にやってきた!スペシャル!

26:08
 
シェア
 

Fetch error

Hmmm there seems to be a problem fetching this series right now. Last successful fetch was on July 16, 2020 15:27 (1y ago)

What now? This series will be checked again in the next day. If you believe it should be working, please verify the publisher's feed link below is valid and includes actual episode links. You can contact support to request the feed be immediately fetched.

Manage episode 264609648 series 1250410
著作 株式会社ALFA の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
茶々入れおじさん ポッドキャスト番組アートワーク
配 信 2020年6月17日
出 演 真鍋誠志,水谷健
分 数 26分8秒
◇起死回生として飛び出したのが意味のない東京アラート発令だったのかもしれません。
◇東京では相変わらず夜の街感染と称する感染者が後を絶たないし・・・結局自己防衛を徹底するしか策はないし、たとえ万全だと思っても敵は目に見えないからね、どこにいるかわからない
◇東濃厚生病院の40代の看護師。内科外来担当。住まいは土岐市なので瑞浪はカウントされないが、勤務地の病院は瑞浪市。その日との感染経路は不明
◇年寄りのほとんどが行く病院。もともと年寄りの多い町。もしかんせんかくだいになったら完全に重症化が増える地域の割に医療は脆弱。
◇同級生の介護ヘルパーの証言。行政の対応、ディサービスなどは断られているのに、逆にヘルパーは派遣される濃厚接触。脆弱な防御、対策の甘さ、危機管理能力の低さ。感染者の働いていた時期にシンクロして通院している利用者多数判明。ただしPCRなどの検査は何故かしない。(医師、看護師などはした模様)そんなところに派遣されるヘルパー感染拡大の恐れ大なのに事務所、行政の対応の甘さ。ただ瑞浪市だけじゃなくこれが日本の田舎の現状ではなかろうか。
◇今のところ濃厚接触者に対する(家族、同僚など)PCR検査はすべて陰性。幸か不幸か、その40代看護師の感染のみしか確認されていない模様。最初は少しざわついたが今は落ち着いているらしい。結果、瑞浪市はコロナすら流行らない町!これでよかったのかな…
◇活動情報は真鍋誠志ブログを御覧ください。
このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら

TweetTwitterで番組に対する感想、メッセージを送ってください!
ALFAのTwitterはこちらから確認できます。
ALFAに関するつぶやきは#alfajpをつけてつぶやいてね!

▼テーマソング
▼コメンタリー
宅緑のためありません。
▼収録風景▼
宅緑のためありません。
タイムシフトを見るにはニコニコチャンネル「plus ALFA」へ入会する必要があります。
月々540円で様々な番組のタイムシフトを閲覧することができます。
▼次回ニコ生枠▼
宅緑のためありません。

119 つのエピソード