show episodes
 
トヨタ vs ホンダ、任天堂 vs ソニー、ナイキ vs アディダス。ビジネスは常に戦いだ。そのストーリーを深く掘り下げるドキュメンタリードラマ「ビジネスウォーズ」。案内役は人気落語家・春風亭一之輔。ビジネスウォーズの主人公は常に本気で、ビジネスに真剣だからこそ、そこに人間ドラマが生まれる。世界最大のヒットポッドキャストスタジオWonderyがお届けする、「ビジネスウォーズ」をお楽しみ下さい。 この番組は、Amazon Musicのほか、さまざまなポッドキャストサービスにてお楽しみいただけます。Amazon Musicでは 10月25日(水)より「ビジネスウォーズ」の最新作「ビジネスウォーズ : ピクサー対ドリームワークス」(全4話)を、 11月22日(水)より「ビジネスウォーズ :ザ・ノースフェイス対パタゴニア」(全6話)を、それぞれ毎週水曜日に1話ずつ配信します。その他のポッドキャスト配信サービスでは 11月1日(水)より「ビジネスウォーズ」の最新作「ビジネスウォーズ : ピクサー対ドリームワークス」(全4話)を、 11月29日(水)より「ビジネスウォーズ :ザ・ノースフェ ...
  continue reading
 
Artwork

1
有田脳

TBS GLOWDIA & Amazon Audible

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー
 
★シーズン2に突入★ 有田哲平(くりぃむしちゅ-)の頭の中を覗く “新感覚トークプログラム”。毎週、リスナーから寄せられた「50音順」で始まるお題をランダムに選び、即興で独自の見解を導き出していく!事前告知なし、打ち合わせなし、NGなし!完全アドリブによるトーク・ドキュメンタリーである。【毎週木曜17時 更新】 <パーソナリティー> 有田哲平 (くりぃむしちゅー) <アシスタント> コトブキツカサ ※注)Apple Podcast、Spotify、Google Podcastは最新1ヶ月分のみ配信 ▶️ Amazon Audible ではAudible会員のみでお聞きいただける『有田Q』クイズコーナーを限定で配信中! 全話アーカイブはAudibleで『有田脳』をチェック。 https://www.audible.co.jp/pd/B0CRYKTVL5 ◆ お題やお便り募集中(フォーム)◆... 採用者にはオリジナルステッカーをプレゼント! https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/company/glowdia/7971/enquete.do ▶️ 番組公式 ...
  continue reading
 
Loading …
show series
 
シーズン2初のゲストはアンタッチャブル柴田さん。有田とアンタッチャブルの深い関係から、脱力タイムズでのアンタッチャブル復活秘話まで、柴田さん視点から語られるエピソードは必聴です。 <パーソナリティー> 有田哲平 (くりぃむしちゅー) <アシスタント> コトブキツカサ 【Audible限定】『有田Q』、こちらも聴いてみてください! Vol.12: 「トーク」「有名人」にまつわるクイズ https://www.audible.co.jp/pd/B0CRYKTVL5 ◆ お題やお便り募集中(フォーム)◆ 採用者にはオリジナルステッカーをプレゼント! https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/company/glowdia/7971/enquete.do ▶ 番組公式 X: @a…
  continue reading
 
たかが言葉、されど言葉。人の言葉の対処法を有田流で伝授!ギスギスした日常が柔らかくなるかも!? <パーソナリティー> 有田哲平 (くりぃむしちゅー) <アシスタント> コトブキツカサ 【Audible限定】『有田Q』、こちらも聴いてみてください! Vol.10: 「エロ」にまつわるクイズ https://www.audible.co.jp/pd/B0CRYKTVL5 ◆ お題やお便り募集中(フォーム)◆ 採用者にはオリジナルステッカーをプレゼント! https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/company/glowdia/7971/enquete.do ▶ 番組公式 X: @arita_no -ハッシュタグ: #有田脳 <番組情報ホームページ> https://www.t…
  continue reading
 
「目を見たら好きになっちゃうからね・・」恋にまつわる有田の悩みが発覚!夫の財布からハプニングバーの会員証が出てきてしまった方からの真剣なお悩みも! <パーソナリティー> 有田哲平 (くりぃむしちゅー) <アシスタント> コトブキツカサ 【Audible限定】『有田Q』、こちらも聴いてみてください! Vol.10: 「エロ」にまつわるクイズ https://www.audible.co.jp/pd/B0CRYKTVL5 ◆ お題やお便り募集中(フォーム)◆ 採用者にはオリジナルステッカーをプレゼント! https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/company/glowdia/7971/enquete.do ▶ 番組公式 X: @arita_no -ハッシュタグ: #有田脳 …
  continue reading
 
コンビは友人?ビジネスパートナー?お笑いコンビを「結成」から紐解く!ラーメン店主からガチ相談がきました。 <パーソナリティー> 有田哲平 (くりぃむしちゅー) <アシスタント> コトブキツカサ 【Audible限定】『有田Q』、こちらも聴いてみてください! Vol.9: 「さまぁ~ず」にまつわるクイズ https://www.audible.co.jp/pd/B0CRYKTVL5 ◆ お題やお便り募集中(フォーム)◆ 採用者にはオリジナルステッカーをプレゼント! https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/company/glowdia/7971/enquete.do ▶ 番組公式 X: @arita_no -ハッシュタグ: #有田脳 <番組情報ホームページ> https:…
  continue reading
 
2010年、イヴォン・シュイナードはパタゴニアの重役たちにこれまでで最も困難な課題を与えようとしている。 一方、ザ・ノースフェイスは新たな方針を次々と打ち出し、環境責任について追いつこうとしている。 しかし間もなく、2つのライバルは共通の敵と戦うために協力し合うことになるのであった。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
1990年代後半、ザ・ノースフェイスは全国の店舗に数百のサミット・ショップをオープンし、メインストリームの顧客を獲得しようとしていた。 しかし、雪崩を打つような売れ行きが期待できず、同社は経営不振に陥る。 一方、パタゴニアは最新の繊維技術を活用することで、責任ある企業を目指す。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
1990年代の初め、イヴォン・シュイナードは、成功した起業家としての新たな地位と折り合いをつけるのに苦労していた。彼は、自分が作り上げた急成長するモンスターをどうするべきか決めかねている。 一方、ザ・ノースフェイスの新しいオーナーとなったオデッセイ・インターナショナルは、山の王者になるべく、限界に挑戦していた。 しかし、景気後退という逆風が吹き荒れ、両社は容赦ない状況との戦いに身を投じることになる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
1970年代後半、パタゴニアは手探りの日々を送りながら、売り上げを伸ばす方法を模索していた。しかし、創業者のイヴォン・シュイナードが珍しい生地でジャージを作ることを提案すると、その製品が山登りの定番商品になった。 一方、ザ・ノースフェイスは、アジアからの安い輸入品によってバックパッキングの売上が伸び悩むという厳しい状況に直面していた。 しかし、シュイナードとノースフェイスのCEOであるハップ・クロップは、両社が成長していくにつれて、これらのすべてが何のためなのかと疑問に思うようになった。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/priv…
  continue reading
 
1970年、ノースフェイスの新オーナーであるハップ・クロップは、彼が買収したアウトドア用品店を業界の草分けに変える使命を果たそうとしていた。しかし、アウトドア活動がまだニッチな娯楽である中、彼は単にギアを作るだけでなく、市場を創造しなければならないのだった。 しかし、クロップだけが新しい機会を開拓しているわけではなかった。クライミング用具メーカーのイヴォン・シュイナールドも、スコットランドで偶然の発見をすることになった。これが彼を新しい冒険、パタゴニアと呼ばれる事業へと導くことになる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/priva…
  continue reading
 
1960年代、2人の登山仲間が新しい産業の基盤を築こうとしていた。 2人のうち年上の一人はアウトドアマンであり、鍛冶職人でもあるイヴォン・シュイナールド。若いもう一人はダグ・トンプキンズで、彼はコネチカットの裕福な生活を捨てて荒野での冒険を求めていた。 彼らは富を夢見ていたわけではない。単に登山を続けるために十分なお金が欲しいだけだった。しかし、彼らが趣味に基づいてビジネスを始めると、彼らは自分たちがアメリカの企業界の頂点に登ることになるとはまだ知る由もなかった。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-s…
  continue reading
 
ビジネスウォーズ「ザ・ノースフェイス対パタゴニア」のシリーズでは、アウトドアアパレルを代表する、巨大企業2社の足跡を辿ります。 両社の収益を合計すると年間40億ドル近くになり、その製品は街でも山の斜面でも普通に見ることができます。 しかし、その歴史には稼ぎ出した金額以上の価値があります。 それは、ルーツを共にする2つの会社が、自らの理念に真摯であろうとする戦いの物語でもあるのです。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
ピクサーのエド・キャットムルとジョン・ラセターはディズニー・アニメーションを蘇らせ、ライバルのドリームワークスを大きく引き離す。 ドリームワークスが生き残るためにはさらなる一手が必要だった。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
ディズニー・ピクサー連合には綻びが生じていたが、ディズニーは心配していなかった。 伝統的な手描きアニメにはまだ輝かしい未来があると信じていた。しかし、現実が襲ってこようとしていた・・・。 ディズニーとドリームワークスはコンピューター・アニメだけを制作するようになり、 ディズニーはピクサーを買収し、ドリームワークスは過大な売上予想を投資家から非難される。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
スティーブ・ジョブズがディズニーに反撃。ドリームワークスを設立したジェフリー・カッツェンバーグはラセターを裏切り、アイズナーはドリームワークスを潰しにかかる。 『トイ・ストーリー』はコンピューター・アニメの時代をスタートさせ、ドリームワークスとピクサーは虫の映画で衝突し、『シュレック』はドリームワークスの成功の夢を叶える。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
ジェフリー・カッツェンバーグは、ディズニー・アニメーションを新たな黄金時代へと導いていた。一方、ディズニーの援助を受けたピクサーは執念でコンピューター・アニメの『トイ・ストーリー』をヒットさせる。順風満帆にみえたディズニーだったが、会長のマイケル・アイズナーは最大の功労者であるカッツェンバーグを突如クビにする・・・。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
ビジネスウォーズ「ピクサー対ドリームワークス」のシリーズでは、両社の間に起きたコンピューター・アニメの覇権争いを描きます。巨額の興行収入を競い合うことで多くの子どもたちに夢を与え、そしてコンピューター・アニメの時代を切り拓き、『トイ・ストーリー』『シュレック』『ファインディング・ニモ』『カンフー・パンダ』のような世界的大ヒットが生み出されました。 しかし、彼らはお金のためだけに戦っていたわけではありません。 全ては遠い昔、ハリウッドから遙か彼方のスタジオで始まった物語です。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-…
  continue reading
 
2001年、マクドナルドの成長は停滞しており、40年ぶりの赤字を計上することになった。マクドナルドはその店舗数の多さにより、あらゆる方面から標的にされていた。 スターバックスやサブウェイなどの競合他社が、その顧客を狙っている。 その上、マクドナルドは高まる健康志向や反グローバリゼーションの活動家にとって、最大の敵とみなされ始めていた。その影響は無視できない程になっていた。半世紀近くの間、マクドナルドはこのような競争や嗜好の変化をはねのけてきた。 しかし、ついにハンバーガーの巨人でさえ変わらなければいけない時を迎えていた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https…
  continue reading
 
1990年、モスクワのマクドナルド第1号店がついにプーシキン広場で開店する。 世界中のメディアがアメリカを象徴する飲食店が共産主義の首都に登場する瞬間を目撃しようとしている。 この日、モスクワのマクドナルドは閉店する深夜0時までに、3万人以上の客にサービスを提供した。3万もの人々がビッグマックを買うために何時間も並び、ハンバーガーの包装紙までも記念に持って帰っていた。 モスクワへの進出はマクドナルドの世界的なブランドとしての地位をさらに確実なものにした。それに比べてバーガーキングの国際的な存在感は無きに等しい。 バーガーキングは今すぐにでも体制を立て直さなければならない。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and Californ…
  continue reading
 
1971年、藤田はアメリカ本国マクドナルドの重役を連れ東京の街中を歩いている。 藤田こそマクドナルドを日本に持ってきた男だ。多くの日本人はまだハンバーガーに馴染みがない。だが、藤田はそんな日本を変えることができると信じ、そのために突拍子もない宣伝文句でメディアの話題を集めていた。 日本初のマクドナルドのオープンまであと2日に迫っていた。海外進出するマクドナルドに対し、ライバルであるバーガーキングのアメリカ国内の売上は伸び悩んでいた。消費者に新しいメッセージを伝える必要があったのだ。 主力商品ワッパーの大きさだけを訴求する従来の広告戦略を見直し、客がワッパーを自分好みにアレンジできるサービスをアピールする「Have It Your Way(あなた好みに)」キャンペーンをスタートさせた。 客は「…
  continue reading
 
マクドナルドCEOに昇りつめたソナボーンは1年かけてマクドナルドの株式市場への参加を準備してきた。ライバルのバーガーシェフとバーガーキングの先を行くためには、会社に資金を調達するIPOは必要不可欠だった。 だが、ウォール街はマクドナルドを嫌っていた。金融界のエリートたちはマクドナルドを二束三文のハンバーガー屋としか見ていなかった。投資銀行にマクドナルドのIPOを引き受けてもらうだけでも一苦労だった。 もし、マクドナルドが史上初のファストフードチェーンとして株式市場に上場すれば、その他のライバル企業へのウォール街からの視線が変わる。 果たしてファストフード界に革命をもたらした先駆者の株は飛ぶように売れるのか、それとも地に落ちるのか。 See Privacy Policy at https://…
  continue reading
 
1948年、マクドナルド兄弟はセルフサービス、ライン生産、そして低価格でファストフードの新時代を切り開いたが、これに触発された多くの人々は兄弟の合理的な手法に追随。 その中には、フロリダ、ジャクソンビルの「インスタ・バーガー・キング」(後のバーガーキング)の創業者や、マクドナルドのフランチャイズを全国に販売する権利を手に入れた、シカゴの野心的なビジネスマン、レイ・クロックがいた。 しかし、クロックは加盟店を集めるのに苦労する。ゴルフ仲間にマクドナルドを売り込もうとしたが、彼らは15セントのハンバーガーに将来性を感じていなかった。 必死になっているクロックと彼の仲間たちは手当たり次第にフランチャイズオーナーを探し回っていた。 See Privacy Policy at https://art1…
  continue reading
 
大金が動き、ビジネス革新が起き、同時に人々のウェストは大きくなって行く。 アメリカ東海岸、ニューハンプシャー州出身の2人の兄弟が、富を求め西に向かい、偶然にも食の大革命を起こすところから物語が始まる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
任天堂はゲーム会社からの圧力にも関わらずCDではなく、カートリッジ式でのゲーム機開発を続行した。その一方、自社開発のゲームと、3Dでキャラクターを自由に動かすことができる操作性の高いコントローラー開発に注力した。そして今、開発に長い年月を費やしたニンテンドー64の発売により、プレイステーションとの真っ向勝負が始まろうとしていた。任天堂とソニーが主導権を争うゲームビジネスは大きな変化の時を迎えていた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
任天堂は早くから、次世代ゲーム機ニンテンドー64はCD-ROM方式ではなく、カートリッジ式になると決めていた。しかし、CD-ROMはカートリッジに比べ、作るのにはるかに安く、グラフィックもはるかに優れていた。ゲームソフト会社は動揺し、次々とソニー陣営に乗り替え始める。そして数ヶ月後、ソニーは日本で最も人気のあるゲームタイトルの2つを独り占めすることになる。残された任天堂はプレイステーションに勝てるだけの強いゲームを自分たちで作らなければならなくなった。 【訂正】番組本編でニンテンドー64の3Dスティックを「スリーディースティック」と読みましたが、正しくは「サンディースティック」でした。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and C…
  continue reading
 
苦難を乗り越えて発売されたソニーのプレイステーションがまず倒さなければならない敵はセガのセガサターンだった。その熾烈な戦いは日本にとどまらず、アメリカにも飛び火した。当初拮抗していたように思われたが、セガサターンには決定的な弱点があった…。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
プレイステーション開発プロジェクトは当初から危機に瀕していた。ゲームソフトがない。ソニーには、任天堂に対抗できるような自前の開発チームがなかった。ビデオゲーム業界で勝利したければ、実績のあるゲーム会社の協力が必要だ。協力がなければ、プレイステーションは売り出した瞬間に負けることになる。一刻も早く、一社でも多く、ゲームソフト会社を味方につけなければならない。時間は迫っていた。ソニーは何かをしなければならない。何か大きなことを…。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
1949年、京都。21歳の山内溥(ひろし)は実家の会社「任天堂」を継いだ。京都の路地裏で創業した任天堂は3代目が引き継ぐ頃には日本最大の遊戯用カードの会社になっていたが、あるアニメーションのキャラクターをきっかけにその事業内容は大きく変わることとなった。後のファミリーコンピューターと世界的人気キャラクター、マリオはいかにして誕生したのか…。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
かつては80年代のオタクの象徴だったビデオゲームは、今日では世界中の家庭に普及するまでになった。世界で累計1億台以上売られたプレイステーションは元々任天堂とソニーの共同事業として構想されており、日本の二大ハイテク企業の架け橋となるはずだった。 しかし、結果としてこれが両社を戦いへと駆り立て、ビデオゲームの覇権争いは今もなお続くのであった。物語はシカゴのコンシューマー・エレクトロニクス・ショーでのプレイステーションの発表を2日後に控えた1991年5月から始まる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sel…
  continue reading
 
2015年、ブルー・オリジンは再利用可能なロケットを打ち上げ、無事に着陸。 この歴史的偉業において、先を越されたマスクは、より大型で強力なロケットで同じことをしようとする。そして、ヴァージン・ギャラクティックの再挑戦が始まる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
各社とも波乱の展開を迎える。 2015年、スペースXのファルコン9は部品の欠陥により爆発。 ブルー・オリジンは新型ロケット「ニュー・シェパード」を打ち上げ、着陸にも成功。 一方、ヴァージン・ギャラクティックの試験飛行は悲劇に終わる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
スペースXはもはや燃料切れ。次の打ち上げが成功しなければ、イーロン・マスクの火星移住という夢は無残にも消え去る。 一方、NASAがスペースシャトルを退役させたことにより、アメリカの宇宙開発はロシアにその一部を依存することになった。 そして、スペースXは国際宇宙ステーションへの物資輸送を開始する。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
スペースXは失敗を繰り返し、最大のライバルであるボーイングとロッキード・マーチンが結成した、ユナイテッド・ローンチ・アライアンスが、国防総省の衛星ビジネスを牛耳ることとなった。 一方、マスクの宇宙への夢は最終局面を迎え、あと1回の失敗で彼は全てを失うことになる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
2004年、リチャード・ブランソンが宇宙船を購入するが、スペースXはNASAと衝突。 そしてブルー・オリジンは着実に一歩を踏み出す。 一方、イーロン・マスクは資金難に直面していた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
2001年、30歳のイーロン・マスクは共同設立した企業であるペイパルから解雇されたばかりである。第二の舞台を求めて、彼は人類を火星に移住させるミッションに着手する。 しかし、宇宙への情熱を持つテック界の大富豪はマスクだけではなかった。アマゾン創設者のジェフ・ベゾスも宇宙熱に取り憑かれている。しかし、ベゾスの星間競技場への第一歩は彼の命をほとんど奪うことになるだろう。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
ビジネスウォーズ「スペースX対ブルーオリジン」のシリーズでは、 技術的ブレイクスルー、莫大な資金、そして強大な引力を持ったカリスマたちによって繰り広げられる、宇宙開発企業間の戦いを描きます。 かつて宇宙開発は国家が主導する領域でした。民間企業にできることと言えば、政府の補助的な仕事と人工衛星を軌道に乗せることぐらいでした。 しかし、およそ20年前から、宇宙開発に新たな風が吹き始め、今では、まるでSF小説のように壮大な野望を抱いた起業家たちが、自らの資金を元に宇宙への道を切り開いています。これは彼らの軌跡を追った物語です。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https…
  continue reading
 
2017年、数ヶ月にわたる高騰の末、暗号バブルは崩壊しようとしていた。しかし、詐欺師や投資家のパニックで市場が崩壊する中、ウィンクルボス兄弟の宿敵マーク・ザッカーバーグが動き出す。彼は、フェイスブックを世界金融の中心に据えるべく、暗号資産への参入を計画していたのである。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
イーサリアムという新しいブロックチェーンが世界に衝撃を与え、デジタル・ゴールド・ラッシュに火をつけ仮想通貨の価格が急上昇。一方、コインベースは何百万人もの新規顧客を奪われ、崩壊寸前まで追いやられる。 そして、株式取引アプリのロビンフッドが仮想通貨世界に満を持して登場する。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
ウィンクルボス兄弟が仮想通貨取引所・ジェミニの設立で戦線に復帰、コインベースのライバルとなる。 一方、コインベースCEOのブライアン・アームストロングは、ビットコイン決済の高速化に奔走するも、中国のビットコインマイナー集団に阻まれる結果となり、描いていた未来は遥かに遠のいてしまう。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
2013年、ビットコインはついに人気を博した。しかし、暗号の信頼性が高まる一方で、ビットコインは、有名人の逮捕、企業の倒産、数百万ドル規模のハッキングに見舞われる。 ビットコイン投資家にとっては高い授業料となってしまった。 しかし、ビットコイン業界を代表する企業が次々と倒産する中、コインベースはライバルのつまづきにチャンスを見出す。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
金融危機に陥ったキプロス共和国の政府が国民の銀行口座に課税する案を出し大混乱を招いたが、それにより世間の仮想通貨への関心は高まり、取引所のコインベースの勢いは増していた。 フェイスブックを巡る法廷闘争でザッカーバーグへの復讐に燃える双子のウィンクルボス兄弟も捲土重来を期すべくビットコインに大きく賭ける。 しかし、兄弟と手を組んだビットインスタントの若き創設者、チャーリー・シュレムの関係は日に日に悪化。そして彼への信頼は大きく揺らぎ、シュレムはやがて窮地に立たされる。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-…
  continue reading
 
2011年末。謎の人物サトシ・ナカモトが革命的なデジタル通貨を作り、ビットコインを利用してオンライン麻薬市場「シルクロード」を開設。違法ドラッグを売買できる闇の起業家が誕生する。 しかし、シルクロードによりウルブリヒトは大富豪にして指名手配者となる。 一方、世界最大のビットコイン取引所であるマウント・ゴックスは、ハッカーの襲撃にあい、セキュリティ対策への信頼が崩壊していく。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
ビジネスウォーズ「仮想通貨戦争」のシリーズでは、 デジタル・ゴールドラッシュと、サイバー金融の無法地帯を攻略しようと動き出す、新興企業間の戦いを描きます。 13年前、ビットコインはまだSF世界の夢物語でした。 しかし、ある男によって革命的なデジタル通貨が誕生します。 これは果たして通貨の未来なのか、それとも人類最大のバブルなのか。 世界の金融システムの根幹を揺るがし、多くの犠牲が伴う、危険な冒険の物語です。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
なぜスニーカーなのか?なぜナイキとアディダスという二大企業が、ナイロンとメッシュの履物にこれほどの資金とエネルギーを注ぎ込むのか?第1話は2015年、ニューヨークで行われたカリスマラッパー、カニエ・ウェストの屋外ライブから始まる。これまで契約していたナイキと決別し、ライバル企業のアディダスと新たに手を組むことをなったカニエ・ウェストはステージ上でナイキに宣戦布告をする。Amazon Musicで独占配信中。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
2000年を目前に控え、トヨタの新社長・奥田碩は未来を見据えていた。 それまで堅実な経営を貫いてきた彼は、大胆にも世界の自動車王であるゼネラルモーターズに戦いを挑みたいと考えていた。 そして、トヨタの新しい方向性を打ち出すために、世界初のガソリンと電気のハイブリッド車の計画を急がせていた。ホンダも独自のエコカーを開発中で、この戦いに参戦しようとしていた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
1980年代、日本の自動車産業に対するアメリカの反発が強まっていた。ホンダはアメリカ初の日本車の工場を造り、トヨタはカリフォルニア州フリーモントにある元ゼネラルモーターズの工場を再生させることで貿易摩擦を回避する。 そして、日本のライバル会社2社は利益率の高い高級車市場に参入するのであった。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
1960年代。トヨタは低価格で信頼性の高い車を作り、若いアメリカ人の人気を獲得。 一方のホンダはクリーンエンジンで販売を伸ばす。 そして2度にわたるオイルショックは、デトロイト製大型車の需要に大打撃を与えた。日本の自動車メーカーは、アメリカの自動車産業の危機に対して政治的な圧力が生じ、売上にブレーキがかかるのでは、と恐れていた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
1945年。終戦を迎えた日本は廃墟と化していた。国民は飢え、都市は瓦礫と化していた。しかし、その廃墟の中から、2つの巨大な自動車メーカーが生まれようとしていた。 1つはトヨタ自動車。創業者の豊田喜一郎はアメリカのフォードに匹敵する自動車メーカーを作ろうと夢見ていた。 しかし、もう1社には茨の道が待ち構えていた。貧しい田舎育ちだった創業者の本田宗一郎は技術と創意工夫で本田技研工業を築き上げてきた。彼は四輪ではなくオートバイの製造からスタートする。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-inf…
  continue reading
 
ビジネスウォーズ「トヨタVSホンダ」は、敗戦の混乱から立ち上がった日本の自動車メーカーが、手頃で高性能な小型車を武器に、アメリカ市場を席巻する様を描きます。 その競争は、やがて高級車ブランドやハイブリッド車の開発競争へと発展。日本が世界に誇る巨大企業が、アメリカを舞台に繰り広げる熱く、真剣な闘いを深掘りします。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.
  continue reading
 
2019年になり、インターネットではユーザーがシーインで購入したアイテムを紹介する動画で溢れかえっていた。しかし、同社が独立系デザイナーからデザインを盗用しているという疑惑が広まり、すべてが順風満帆とはいかなくなった。 一方、元トップショップのブランドディレクター、ジェーン・シェパードソンは、洋服のレンタルという新たな事業を始めるが、果たして洋服のレンタルは本当に環境に優しいのか? シーインはトップショップの買収を計画するが、トップショップは他のオンラインショッピング大手に買収される。 そしてフォーエバー21は、新しいリーダーの元、急速に変化するファッションの世界で新たなスタートを切ろうとする。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy …
  continue reading
 
2018年、H&Mの倉庫は数十億円相当の売れ残り在庫で溢れ、実店舗は苦境に立たされている。しかし、インターネット上では、ソーシャルメディアのトレンドを利用して、売れ筋で超格安の服を数日で作り、顧客の手元に届けるシーインが繁盛している。 また、トップショップのフィリップ・グリーンが虐待、人種差別、セクハラで告発されたことで、かつてトップだった会社は危機に直面。 フォーエバー21もまた、多くの問題を抱えていた。 See Privacy Policy at https://art19.com/privacy and California Privacy Notice at https://art19.com/privacy#do-not-sell-my-info.…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド